★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト
→【ネタバレ感想OK】 「湯を沸かすほどの熱い愛」 / 「オーバー・フェンス」 / 「ムジカ・ピッコリーノ」 / 「重版出来!」 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

<「時効警察」霧山修一朗メガネ再現復刻企画>をお知らせいただきました。→ 経緯商品紹介


※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

'05情報 1〜7月

【更新】「メゾン・ド・ヒミコ」「SHINOBLOG」公式

■「メゾン・ド・ヒミコ」公式HPが更新されていますね”!
「メゾン・ド・ヒミコ」− 「映画紹介」−「GALLERY」
オダギリは儚げな美しさが、泯さんは毅然とした美しさがありますね〜。一方、柴咲さんは力強く生命力に溢れている感じがとてもカワイイ(笑)。
ダンスホールの写真は、柴咲さんがコスプレしてなきゃプライベート写真!?(いや、ありえないでしょうが表情が‥)と思えそうなくらい。ついついつられて顔が緩んでしまう。

■今発売中のキネマ旬報に、「メゾン・ド・ヒミコ」のOfficial Bookが8月27日に発売と出ていたそうです。(!)
お知らせいただいた値段も発売日もフォトブックとは違うようなので、別モノなんじゃないかと。
や、参ったな!(?)
 
「SHINOBLOG」も更新。
オダギリさんでエスクァイアの取材があった」とありますね。9月発売だそうです〜(一応Scheduleに載せておきますね

■先日お知らせしたTRの李鳳宇さんの回で、「悲しくてやりきれない」が流されたそうです!
見たいなと思いながら昨日は見られなかったので、木曜の再放送(24:00〜)を絶対観るぞ!
 

【レポート】ぴあフィルムフェスティバル編(MovieWalkerレポート)

<追加>
とりあえずここでいいや‥の重大なお知らせ(笑)。
今、パラパラパラ〜とヴォーグを最初から最後まで意味無く捲ったら、一瞬、サブリミナル映像を見たかのように、私の目が『今オダギリに似た人がいたっ!!』と反応。
真相を確かめるべく、必死にページを捲って行ったら‥なんとオダギリでした。
p.63に「今月のヴォーグをつくったクリエイターたち」ということで、私服っぽいサングラスオダギリが載ってます〜!!
特集の中にはいなかったけど、こんなところにいたのね‥
既にお気づきの方もいらっしゃったかもしれませんが、かなりの重大事項かと思われますので、声を大にしてお伝えしておきます(笑)。
 

■PFFのレポートが新しくアップされているとお知らせいただきました。
(MovieWalkerレポート)
このPFFレポートには(1)(2)もありますが、(2)では、第15回PFFスカラシップ作品「水の花」の完成披露試写会に出席している田中哲司さんの姿が見られます〜

【更新】「メゾン・ド・ヒミコ」公式(PRODUCTION NOTE) ほか

■「メゾン・ド・ヒミコ」の公式の、『PRODUCTION NOTE』 が更新されているとお知らせいただきました。
「メゾン・ド・ヒミコ」公式 - ABOUT THE FILM - PRODUCTION NOTE - 犬童監督インタビュー (「メゾン・ド・ヒミコ」への道程) - キャスティングの理由>
で、監督がオダギリについての話をされています。
映像では輝いていても、普段はいい意味でごく普通。
こういう話は、ちょっと思い返しただけでも、阪本監督、井筒監督、松尾スズキさんなどなど、今までたくさんの方がコメントされていましたが、「え〜うそぉ〜想像できな〜い」(誰)というんじゃなく、簡単に想像出来てしまいそうなところが‥‥オダギリのすごいところでもあり、好きなところでもあり(笑)。
あと、私が一瞬射抜かれたようにドキッとしたのは、『どうしたって捨てきれない輝きのようなものが、映画を嘘っぽく見せることもあるかもしれない。でも‥』という、オダギリと柴咲さんについての犬童監督の言葉。
自分でも不思議になるほど、いろいろな思いを抱かせてくれた言葉でした。
この一言で、「犬童監督」ではなく、犬童一心という人のファンになった気がしました。
 
■先日お知らせいただいていた、ビッグカメラ有楽町での『「パッチギ!」DVD発売トークイベント』に関するレポートがありました。
オダギリについての内容はありませんが、DVDの特典映像についてや、以前、このブログでも朝日新聞の記事で紹介した、韓国での「パッチギ!」公開についてのなどの監督のお話があります。
‥で、そう言えば、私のところにも昨日「パッチギ!」DVDが届いていたんだった。
今日観てみる予定ですv
 
続きを読む

ローソン限定グッズ付「SHINOBI」チケット情報

既にご存知の方も多いかと思いますが、先週から発売の「シノビーチサンダル付き前売り券」(笑)に続いて、8月1日(月)からローソン限定グッズ付「SHINOBI」チケットが、全国のローソンで予約受付開始となります。
内容は、
.好撻轡礇DVD 「忍〜運命と宿命〜」付チケット
(チケットは伊賀バージョン)
監督インタビュー、キャストコメント、メイキング映像、主題歌入り予告編、TV アニメーション「バジリスク」などが収録(本編20分/予定)
数量限定/1800 円(税込)
予約期間:8/1 〜9/4 (引渡日:9/15)
 
▲櫂好肇ードセット付チケット
(甲賀バージョンのチケット)
コンセプトデザイナー山田章博氏の書き下ろしポストカード付チケット
5枚セット(内、1枚はシークレット) サイズ:約148×210mm
数量限定/1600 円(税込)
予約期間:8/1 〜9/4 (引渡日:9/15)
 
A換餠δ盟闇箚嫋涎 (チケットのみ)
一般(高校生以上) 1300円(税込) 発券期間:〜9/16
 
これらは、ローソン店内のLoppi、または、インターネット(http://www.lawson.co.jp/)、i-mode(メニューリスト→ショッピング/チケット→iLAWSON)より予約できるそうです。

【雑誌】「VOGUE 9月号」に『オダギリジョーの見たカンヌ』

(下の記事は読みづらいので、もう1回同じ内容です)
■現在発売中の「VOGUE 9月号」に、『オダギリジョーの見たカンヌ』という特集があり、オダギリが撮ったカンヌの写真と、自身で書いた記事が掲載されているそうです。(こんな素晴らしい情報なのに、なぜか公式には載っていなかったような気がしますが‥)
オダギリが撮った写真の一部は、「VOGUE HP」で見られます。
 
■「週刊シネマハンター#8」、時間はそれほど長くはありませんが、ぴあフィルムフェスティバルの表彰式の様子や、オダギリが壇上でコメントしている姿が少し流れていましたね。(レポにも書いた、『役者をやっている時にいつも心がけていることは‥‥』の部分)
ちなみに、先日の「週刊シティー情報」は、別の場所でインタビューを受けているもので、グランプリ作品についてコメントしていました。
また、「フランス映画祭 横浜2005」の特集番組は、オダギリは全員での集合写真的映像に一瞬映っていただけで(笑)、作品の紹介や、出演している役者さんのお話が中心の特集でした。

【雑誌】「VOGUE 9月号」に『オダギリジョーの見たカンヌ』

■現在発売中の「VOGUE 9月号」に、『オダギリジョーの見たカンヌ』という特集があり、オダギリが撮ったカンヌの写真と、自身で書いた記事が掲載されているそうです。(こんな素晴らしい情報なのに、なぜか公式には載っていなかったような気がしますが‥)
オダギリが撮った写真の一部は、「VOGUE HP」で見られます。
 
■「週刊シネマハンター#8」、時間はそれほど長くはありませんが、ぴあフィルムフェスティバルの表彰式の様子や、オダギリが壇上でコメントしている姿が少し流れていましたね。(レポにも書いた、『役者をやっている時にいつも心がけていることは‥‥』の部分)
ちなみに、先日の「週刊シティー情報」は、別の場所でインタビューを受けているもので、グランプリ作品についてコメントしていました。
また、「フランス映画祭 横浜2005」の特集番組は、オダギリは全員での集合写真的映像に一瞬映っていただけで(笑)、作品の紹介や、出演している役者さんのお話が中心の特 集でした。
 
 
  

【情報】お知らせいただいた情報です〜(感謝感謝)

全部転記に近い状態ですが(汗)、たくさんありますv
 
「ぴあフィルムフェスティバル」の表彰式のレポートが更新されています〜(オダギリの画像やコメントも掲載)
当たり前ですけど、自分が見ていたままのシーンを追ってくれているので、改めて感動と熱気を味わえたような気がしました。
受賞者の渋谷さんより頭を下げているオダギリ‥素敵v(笑)
ところで、オダギリのコメントについてなのですが、実はオダギリの受賞作品への感想は「何か」「というか」「そういう」というような表現が多く(笑)、わかりやすくまとめるには難しく、そのまま載せるには一部書き留められなかったところもありで、ニュアンスを変えてしまってはいけないと考えて、私のレポではその部分はカットし、「役者としての思い」を語った部分だけを中心に紹介させていただいておりました。
が、今回のPFFのレポートを見ると、私がカットした部分(だけ)が見事掲載‥(笑)
というわけで、今回のレポートと私のレポのコメント部分を合わせていただくと、ほぼ完璧なオダギリのコメント内容になるかと思います。よろしくお願いします(笑)。
 
ライフの会員情報誌『LIFE NOW』で、「海外出張篇」の撮影レポートなどが見られます。
WEBでPDFファイルがダウンロードできるので本当にありがたいですねっ。(ちょっと重いようですが)
 こちらからどうぞ。→『LIFE NOW
 
■こちらは再び目撃談v
JR御茶ノ水駅の通路に、またまたライフの白黒ポスターが出現しているそうです!(見られたのは昨日だそう)
今回は「現実」「理想」「弱気」「強気」の4種類だとか。
もしかすると、またあちこちに期間限定で登ジョーしているのかな!?
<追加>
JR恵比寿駅、地下鉄日比谷線連絡通路の階段を降りた最初の角にも、白黒二種類ありとお知らせいただきました。1枚は逆さ(!?)になっていたとか‥(笑)
 
7月29日、ビックカメラ有楽町店で「パッチギDVD発売記念イベント」があり、井筒監督がトークショーを行われるそうです!
発売日当日だから、監督のトークも更に熱が入ったものとなるに違いないですね!(‥と無責任に)

【テレビ】カミングスーンTVで「ぴあフィルムフェスティバル」

現在放送中のCSカミングスーンTV 「週刊シネマハンター#8」で、「ぴあフィルムフェスティバル」でのオダギリのコメントシーンなどが、少し取り上げられているとお知らせいただきました!
あまり長くはないようですが、先日見逃された方はチェックしてみてくださいませ!
 
トピック:ぴあフィルムフェスティバル
CS カミングスーンTV  (25分)
(7/25(月)〜初回放送)
7/27(水)16:00
7/28(木)10:00 / 21:00 / 25:00
7/29(金) 8:00 / 14:00 / 19:00 / 24:00
7/30(土)18:00
7/31(日) 9:00  / 16:00

【テレビ】シネフィル・イマジカで「メゾン・ド・ヒミコ」特集

洋画★シネフィル・イマジカで「メゾン・ド・ヒミコ」の特集があるとお知らせいただきました。
CS 洋画★シネフィル・イマジカ
「特集『メゾン・ド・ヒミコ』」(20分)
スタジオゲスト:犬童一心監督
8/12 23:40
8/13 18:10
8/16 23:40
8/22 15:40
 
■『「パッチギ!」の制作日誌2!』がアップされています。
オーディオコメンタリーの収録に、井筒監督、プロデューサーの李さんのほか、阪本監督も参加されたようですね!
パッチギ ! プレミアム・エディション」は今週29日(金)発売ですv 楽しみ〜

【DVD】『不機嫌なジーン DVD-BOX』予約受付中

 
 
■『不機嫌なジーン DVD-BOX』
7/29発売
<収録内容>
DISC-1
第1話 「仁子、恋に迷う!」
第2話 「美しいオスと新しい恋」
 
DISC-2
第3話 「キス!恋愛VS慈愛」
第4話 「…飛べ!恋のモモンガ」
 
DISC-3
第5話 「冬眠ハートに、春一番」
第6話 「恋のアリジゴクとフケた王子様」
 
DISC-4
第7話 「恋の主役と…第三の男」
第8話 「キケンなオス」
 
DISC-5
第9話 「微妙な四角形」
第10話 「プロポーズ!」
 
DISC-6
第11話 「2007年、ロンドン」
【映像特典】
竹内結子インタビュー(予定) / 内野聖陽・大森美香(脚本)対談 / 制作発表 他 
続きを読む

【テレビ】『BS週刊シティー情報』(ぴあフィルムフェスティバル)

こちらに載せるのがやや遅くなってしまいましたが、夕方何気なくテレビをつけていたら、たまたまついていたBS1でオダギリの姿を発見!
どうもPFFの特集だったようですが、ずっとその場を離れていたので、気づいた後観られたのはほんのちょっぴりだけ。
で、慌てて調べてみると『BS週刊シティー情報』という番組で、明日の朝、再放送があるようです!ああよかった‥ 
BS1 <再放送>7/24(日) 7:10〜7:50
 
■あと、「TV navi」の来月予告にオダギリの名前がありました。
どういう内容かは不明ですが、テレビガイド誌は(ニュース以外では)久々ですね。

【書籍・雑誌】「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャルフォトブック・「SWITCH Vol.23」

■以前紹介しましたが、予約受付が開始となりました。
角川書店/平間至(著)
8月上旬発売予定(地域によって、発売日が前後する場合もあり)
 
■オダギリの写真などが4ページ。 現在発売中。
また後で詳細などを書いてみますね。

【映画】「メゾン・ド・ヒミコ」公開日決定(オダギリジョー×柴咲コウ)

おっ、今メンズ・ビューティーンのストンプ篇が流れてた〜(0:18頃)
夏のイメチェン(笑)向け復活なのかな。
 

「メゾン・ド・ヒミコ」の公開日が決定したようで、公式HPで、
8/27 シネマライズ
9/10 新宿武蔵野館、池袋シネマサンシャイン 他
となっていますね。あと、その下の
全 国 順 次 ロ ー ド シ ョ ー
という文字、なんだか『はいはい、順次公開しますから、黙って待っててくださいよ』と言われているように感じた‥私はヘン?^^;
「シネマサンシャイン 他←」もかなり気になるし(笑)。
なるべくたくさんの地域で、一斉に公開してもらいたいなぁ。
 
ところで、最近、ブログの入力画面では、自分の書いた文章が頭に入りにくくなってきた時など、文章をちゃんとまとめきらないまま一旦アップし、その後素早く(?)修正をすることが結構あるのですが、修正中にもかなりの方が見て下さっているようで‥(つまり全然素早くない)‥ほんとお恥ずかしいと言うか申し訳ありません‥
いつもにも増して「なんじゃこの文!?」という時がありましたら、しばらくしてからもう1度見ていただけると、多少はマシになっていると思います‥と言ってること自体図々しいんですけど‥
先ほどもこのパターンで1人冷や汗をかきました。どうぞよろしく‥(?)

【映画】「SHINOBI」予告編UP、ぴあ連載開始

■「SHINOBI」の公式サイトで、予告編がアップされました。
「SHINOBI」公式 - CONTENTS MENU - TRAILER(予告編)
新たなシーンつき、台詞つき、浜崎あゆみさんの歌つき。
いや〜「メゾン・ド・ヒミコ」とはまた違った切なさがありそうです
 
「Weeklyぴあ」で、『SHINOBI SECRET STORY』の連載がスタートするそうですね。
(HPと同じ内容なのかな?)

忍の刃、忍の心〜映画「SHINOBI」への道
<東京版>
7/21(木)(連載1回目)
7/28(木)(2回)
8/4(木) (3回)
8/18(木)(4回)
8/25(木)(5回)
9/1(木) (6回)
9/8(木) (7回)
9/15(木)(8回)

<関西版&中部版>隔週掲載(朧秘話のみの掲載だそうです。なんで〜) 
7/28(木)(連載1回目)
8/11(木)(2回)
8/25(木)(3回)
9/8(木)  (4回)

ところで、今日来た密書でも、『「SHINOBI」組にはダジャレ好きがいるようだ』という内容がありました。‥やっぱり(笑)。
 
■そのほかの話。
先ほど、「TVチャンピオン/シャボン玉世界No.1決定戦」を途中から観たら、選手のパフォーマンスのBGMで、長々と「恋する炭酸水」のワルツバージョンが流されていました。
画的には"オジサマパフォーマー”でしたが‥雰囲気にはピッタリでした(笑)。
 
あと、昨日の朝日新聞の連載で、三谷さんがちょっとだけ「新選組!」話に触れていらっしゃいますね。
続きを読む

【映画】「SHINOBI」公式HP更新

「SHINOBI」の公式HPが更新されていますね!
トップの弦之介と朧がなんというか絵画的(マンガ的?)で美しい‥目になんか入ってますよ?ぴかぴかしたものが?
7/23(土)には前売鑑賞券が発売開始だそうです。
伊賀、甲賀それぞれの紋章入り特製「シノビーチサンダル」がついてくるとか!
SHINOBROG」といい、「シノビーチサンダル」といい‥誰かそういうのが好きな人がいるんだ、きっと(笑)。
まだ見ていない人は、すぐにこちらを開いてビックリして下さい(笑)。→「SHINOBI」公式HP

オダギリ、TR収録終了。(早っ!)→多少訂正

<追記>
■オダギリとは関係ありませんが、今日(18日)夕方から沖縄那覇市で、仲間由紀恵さんによる「SHINOBI」の舞台挨拶があるようですね。こっちも動き出しているんだなー。
オダギリin沖縄も見てみたい気はしますけどね‥なんとなく(笑)。
 

■お知らせ情報を更にお知らせいただいたのですが、15日が締め切り日だったトップランナー観覧募集(私も一応出しましたが‥一応。)、当選者には即日通知が‥じゃなくて、なんと締め切り前に通知は来ていたそうです。(←ココ、ご連絡を頂いて訂正しました)
そして、今日(17日)に、収録が行われたとか。はやっ!!
当たるかどうか悶々とし、外れたら外れたで悶々とし‥なんて期間が長いより、後は待つだけ!なんて、なんだかサッパリしていていいかも(笑)。
放送は、8/21(予定)とのことです。
1ヶ月ちょっとなんてきっとあっという間ですね。楽しみ!!
 
■もう1つお知らせいただいた情報です。
映画・アニメ・CMの全仕事 (2006)」(ぴあMOOK/就職カタログ)に、「SHINOBI」の下山監督のインタビューが掲載、その中で、オダギリの役作りに対する考え方、捉え方に、ほんの少しですが触れていらっしゃるそうです。
読む人のほとんどは、将来の自分や、将来の仕事を考えている人たち‥そう考えると、内容は既出のものであったとしても、どういう風に読まれる内容なのか、ちょっと興味が湧いています。
 

お知らせいただいた情報です。(ヒミコ、SHINOBI)

■まだ「coming soon」が多いのは多いですが、「メゾン・ド・ヒミコ」の公式HPがついに更新!(ホッ/笑) 「予告編」がいいですねぇ(涙)。
公開日がまだハッキリとしていないのが気になりますが、「今秋」→「晩夏」になっていますね。
早く観たいけど‥今はもう少し楽しみに待っていたい気分でもあるかな。 

■現在発売中の「ヒーロー・ヴィジョン19号」に、「SHINOBI」の見開き記事が
掲載されているそうです〜
あと、「SHINOBI」と言えば、以前からいくつか目撃&乗車情報をいただいていますが、「SHINOBI」ステッカーが貼られた(窓の内側に)タクシーが走っているそうですね。
私もよくタクシー乗り場の横を歩いているはずなのに、全然見たことがない‥と言うか、タクシーの方に視線すら向けてない‥^^;
一度くらいはお目に掛かってみたいです。

【テレビ】「スクラップ・へブン」関連映像 ほか

お知らせいただいたジョー報を2つ。
■まずは、「フランス語オンライン講座」のサイトで見られる珍しいオダギリです(笑)。
「サングラス取ってー!」は男性だったんですねぇ!ちょっとびっくり!
(だからあんなににこやかにすぐ取ったというわけか‥ちえっ)
とても面白い話をしてますよ〜
 
■あと、スカパーのカミングスーンTVで、「スクラップ・へブン」の予告と、先日の完成披露試写会の時の映像が流れているそうです。
18(月)までリピート放送があるようですので、視聴可能な方はお見逃しなく!
 
CS カミングスーンTV 「週刊シネマハンター#6」(25分)
7/13(水)16:00
7/14(木)10:00 / 21:00 / 25:00
7/15(金) 8:00 / 14:00 / 19:00 / 24:00
7/16(土)18:00
7/17(日) 9:00  / 16:00
7/18(月)12:00 (終)

【雑誌情報】公式「メゾン・ド・ヒミコ」関連雑誌大量更新!

公式更新してます〜!いきなりの雑誌にびっくり!!(汗)
 
7/05 「FRaU」
7/06 「CINEMA SQUARE
7/10 「MEN'S NON-NO」★
    「Invitation」★     
←ココまでは買った!!
7/20 「Switch」 ★
7/30 「ACTORS STYLE」
 
8/01 「EYESCREAM」 
    「ラ・ヴィ・ドゥ・トランタン」→「トランタン」※
8/03  「TV station」 
8/10 「Invitation」 
8/12 「野性時代」 
8/17 「TV Bros.」 
8/18 「ピクトアップ」 
8/20 「VA(TSUTAYA)」 
    「ロードショー」 
    「キネマ旬報」 
    「COSMOPORITAN」
8/21 「この映画がすごい!」 
8/22 「OZ magazin」 
8/24 「TV Taro」 
 
★印は恐らくオダギリ特集雑誌で、それ以外は全て「メゾン・ド・ヒミコ」関連特集のようですね。
‥しかし、なんて量なんでしょう‥(汗)
 
※公式には「ラ・ヴィ・ドゥ・トランタン」とありましたが、「ラヴィ ドゥ トランタン」が正しいようで、しかも現在は「30ANS(トランタン)」という雑誌名になっているようです〜

【7月スケジュール】

「Schedule」の代わりに、とりあえず7月分の予定をこちらにアップしておきます。
サイドバーのカテゴリーに、『月別スケジュール』を作りましたので、記事が流れても、そちらからご覧いただければと思います。
何か増えましたら、当面はこちらに追記していく予定です。

 
<2005年7月スケジュール>
テレビ・映像 テレビ・映像再放送 雑誌・新聞 イベント DVD・CD
 
7/1(金) ライフカード新CM「海外出張篇」オンエアスタート
      『STORY 8月号』 (光文社)‥「辻仁成のフォト日記」にオダギリの写真
7/3(日) 『オダギリジョーのWinner's Booth #12』(CS EXエンタテイメント) 19:30〜20:00  
7/4(月) 岩代太郎コンサート 音楽絵巻< トークゲスト>Bunkamuraオーチャードホール
      『週刊ポスト 7/15号』(小学館)‥「メゾン・ド・ヒミコ」関連
      『天体観測 #5(再)』(フジテレビ) 15:58〜16:55 
       『オダギリジョーのWinner's Booth #13』(CS EXエンタテイメント) 23:00〜23:30  
7/5(火) 『FRaU 7/20号』(講談社)‥「メゾン・ド・ヒミコ」関連
      『CINEMA SQUARE vol.3』 (日之出出版) ‥「メゾン・ド・ヒミコ」関連
      『FRaU 7/20号』(講談社) ‥オダギリ×柴咲コウ「メゾン・ド・ヒミコ」
      『天体観測 #6(再)』(フジテレビ) 15:58〜16:55
      KTVで『天体観測』再放送(週1)スタート
7/6(水) 『GET ON!8月号』(学習研究社) ‥メンズ・ビューティーン広告
      『朝日新聞(夕刊)』 ‥映画「皇帝ペンギン」コメント
      『天体観測 #7(再)』(フジテレビ)15:00〜15:58 
      『天体観測 #8(再)』(フジテレビ)15:58〜16:55
7/7(木) 『朝日新聞(夕刊)』 ‥映画「ライフ・イズ・ミラクル」コメント
      『天体観測 #9(再)』(フジテレビ)15:58〜16:55
      『オダギリジョーのWinner's Booth #13』(CS EXエンタテイメント)23:30〜24:00  
7/8(金) 『 Invitation 8月号』(ぴあ) ‥インタビュー、写真
      『FINE BOYS 8月号』(日之出出版) ‥メンズ・ビューティーン広告
      『MEN'S NON-NO 8月号』(集英社) ‥「ラフ・シモンズ ミーツ オダギリジョー」
      『天体観測 #10(再)』(フジテレビ)15:58〜16:55
7/10(日)『オダギリジョーのWinner's Booth #13』(CS EXエンタテイメント)19:30〜20:00  
7/11(月)『天体観測 #11(再)』(フジテレビ)15:58〜16:55
       『オダギリジョーのWinner's Booth #14』(CS EXエンタテイメント)23:00〜23:30  
7/12(火)『天体観測 #12(再・最終話)』(フジテレビ)15:58〜16:55 
7/14(木)『オダギリジョーのWinner's Booth #14』(CS EXエンタテイメント)23:30〜24:00  
7/15(金)舞台「SLAPSTICKS」配信開始(cubit club theater)‥視聴料金は1作品ごとに420円
7/17(日)『オダギリジョーのWinner's Booth #14』(CS EXエンタテイメント)19:30〜20:00  
7/18(月)『オダギリジョー第2の故郷フレズノに帰る #1』(CS EXエンタテイメント)23:00〜23:30  
7/20(水)『Switch Vol.24 No.8(2005年8月号)』
スイッチ・パブリッシング) 
7/23(土)『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
7/24(日)『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
7/25(月)『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
7/26(火)『この世の外へ クラブ進駐軍』(WOWOW3) 8:00〜 (123分)
      『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
7/27(水) 『フランス映画祭』特集番組(CSデジタル放送「生活スタイルTV」)0:00〜 1:00 ※
      『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5  483円(税込)で1日視聴可
7/28(木)『フランス映画祭』特集番組(BSデジタル放送「知求チャンネル」)21:00〜22:00 ※
      『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5  483円(税込)で1日視聴可
7/29(金)『パッチギ!』プレミアム・エディション DVD-BOX発売
      『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
7/30(土)ACTORS STYLE SUMMER 2005』(竹書房) ‥「メゾン・ド・ヒミコ」関連
      『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
      『フランス映画祭』特集番組(BSデジタル放送「知求チャンネル」)15:30〜16:30
7/31(日)『血と骨』(CS ch.100 パワープラッツ)7/23〜8/5 483円(税込)で1日視聴可
      『フランス映画祭』特集番組(BSデジタル放送「知求チャンネル」) 0:00〜 1:00
      『フランス映画祭』特集番組(CSデジタル放送「生活スタイルTV」)15:30〜16:30
 
※オダギリ関連映像が放送されるかは不明

【コメント掲載】「運命じゃない人」(内田けんじ監督作品)

またまたオダギリコメント掲載情報ですが、
カンヌ国際映画祭<批評家週間正式出品作品>内田けんじ監督の「運命じゃない人」
のフライヤーにも、オダギリのコメントが掲載されているそうです。
(この作品は、2005年カンヌ国際映画祭批評家週間で「フランス作家協会賞」「金のレール賞」「最優秀ドイツ批評家賞」「最優秀ヤング批評家賞」の4賞を受賞)
本当にたくさんの映画を見ているんだなぁ。
でもそろそろ、オダギリ作品の広告に掲載される、他の有名人の方のコメントも見たい気がしてきました‥(笑)。

【テレビ】今日夕方に『あおもり映画祭』のニュース!(青森テレビ)

青森テレビが見られる地方の皆さんにということで
お知らせいただきました!
今日の夕方、ATVニュースワイドで、先月の「あおもり映画祭」(むつ市での上映会)が取り上げられる予定なんだそうです。(いいなぁ!)
変更等がある可能性はありますが、見られる方は是非チェックしてみてください!

【雑誌】「メゾン・ド・ヒミコ」関連雑誌 他

お知らせいただいた雑誌情報です。
<追加>
■現在発売中の『キネマ旬報』で、またまた山根貞男さんが「夢の中へ」について書かれているそうです。ほんと、最近の山根さんには、私たちまで「お世話になってますっ!」と言いたくなっちゃいますね(笑)。
 
■『メンズダイジェスト』というフリーペーパーに、「オペレッタ狸御殿」の紹介が掲載されているのですが、ラッキーなことにwebでその記事が見られるようです。
ああ〜こういうの(webで見られるの)って大好き〜〜!
メンズダイジェスト(10pに掲載)

■発売中の『週刊ポスト』に、柴咲さん関係で「メゾン・ド・ヒミコ」の記事が載っているそうです。
ちょっとネタバレありだそうですので、ネタバレ×の方はご注意くださいね。
(写真は完成披露試写会のもの)
 
「メゾン・ド・ヒミコ」のフォトブックが8月に発売になるそうです!
また近くなったら、お知らせしたいと思います。
 
■こちらにもオダギリの名前がありました。
「メゾン・ド・ヒミコ」オダギリジョー×柴咲コウ×田中泯
 

【動画】「スクラップ・へブン」完成披露記者会見 他

いろいろお知らせいただいていた情報です。(遅くなりました)
 
以前お知らせしていたサイトで、動画がアップされました。(ってみなさん、もう見てるかもですけど)
■「スクラップ・へブン」完成披露記者会見動画(MovieWalker)http://www.walkerplus.com/tokyo/latestmovie/report/report3541.html
 
■7月9日(土) 17:30〜21:20 『「パッチギ!」DVD発売記念上映+トークショー』
があるそうです。
トークショーのゲストは井筒監督、李鳳宇プロデューサー、四方田犬彦(明治学院大学教授)。
詳しくは「パッチギ!」HPをどうぞ。
 
■現在発売中の『FRaU 7/20号』に「メゾン・ド・ヒミコ」の特集が4ページ掲載されています。
<オダギリジョー×柴咲コウ「涙のあとで」
悲しく愛しいラブ・ストーリー。特別寄稿・渡辺あや(脚本家)>

【映画】7/3『第10回神戸100年映画祭』「パッチギ!」上映

行かれた方がメールで様子をお知らせくださったのですが、なんだか楽しいトークイベントだったようですね‥オダギリの話もチラッと出たりして(笑)。
関西の方は行かれたでしょうか。
このところ、本当に映画祭関連の話題が続いていますが、たとえば「オペレッタ狸御殿」のように、公開前からいきなり海外でバーン!というのも凄いなと思いつつ‥‥産み落とされて大切に公開された後、こんな風に1人でしっかりと歩き続けている作品たち‥という感じも素敵ですね。

【映画祭】「第30回湯布院映画祭」で「スクラップ・へブン」が上映決定

こちらもお知らせいただいた情報です。
8月24日〜28日に九州の湯布院で行われる「第30回湯布院映画祭」で、「スクラップ・へブン」が上映されるそうです。
今のところゲスト等は決まっていないようですが、一足先に「スクラップ・へブン」を見られるだけでも価値ありですね!お近くの方は是非!
 
 
で。全然関係ない話なんですけど。
今日、近くにあるファミレスのガ○トに行きました。
続きを読む

【祝☆】トップランナー出演!オダギリジョー

お知らせ頂いたばかりの情報ですが、トーク関係の番組を毎日チェックしていたところ(エライっ!‥って私のことじゃありませんよ)、トップランナー(NHK)の今後のラインナップにオダギリの名前が挙がっているのを発見されたということで、私も見ました!ほんとに出てました!(笑)
収録日は未定のようですが、現在、観覧者も募集しているようです。
放送予定は8月下旬。詳細はこちらから。

もう、トーク番組に出るなら、是非ともトップランナーに!!
とずっと願っていたので、本当に嬉しいっ!!
今、MCが本上まなみさんと山本太郎さんなんですよね。
2人とも共演したことがある方だし、全くの同世代だから、どんなお話になるのかとっても楽しみ!
嬉しい〜!!

【映画】「スクラップ・ヘブン」公式HP出来ました

「スクラップ・ヘブン」公式HP
青空!とは少し違うけど‥空がきれい。
早く中に入れてー!とドンドン叩きたい気分(笑)。
 
 「STORY 8月号」の『辻仁成のフォト日記』に、カンヌでの「オダギリのうれしそう〜な笑顔」が載っているとお知らせいただきました。
また、その中の『目下の恋人』撮影裏話で、辻さんがオダギリのことを誉めてくださっているんだそうです。

ちなみに、この「目下の恋人」でのオダギリの出演時間はたったの2分。
まるで十代のようなかわいいビジュアルで、若者のイメージの代表というような役でしたが、さすがはオダギリ、たったの2分間でも、若さ故の浅はかさや、中味のない色気、短絡的思考からくる凶暴さなんかをしっかり出していた気がします。
そして、その相手役が「サトラレ」では最高のコンビでもあった杉本哲太さん。(色気を出した相手はもちろん違いますけど/笑)
「サトラレ」を見ながら、この時の2人を思い出して、役者って面白いなぁ‥とつくづく思ったのを覚えています。
ところで、辻さんと言えば、2年に1回くらいオダギリ話題に触れてくださっていますが(??笑)、正直、私は辻さんの作品は‥‥作品は‥‥(汗)。
でも、辻作品でのオダギリにはいつもかなりの衝撃を受けて来たので、今度是非、夜10時枠くらいの辻さんのミステリー作品で、中山美穂さんとでも(おい)共演してほしいなぁ〜!! 
(‥今この瞬間だけの戯言です)

■また、「TV navi」には「新選組!続編決定記念」ということで、山本さんと藤原さんの対談があるそうです。
オダギリの名前も一言だけですが、登場しているそうですよ〜

【レポート】「スクラップ・へブン」完成披露試写会(MovieWalker)

 
またまた「スクラップ・へブン」の新しいレポートをお知らせいただきました。
 
ところで、ヘブンのレポートを読む度思っていることなのですが、
加瀬さんの言われている「オダギリくんは変わっている」って
一体どういうオダギリを指して言っているんだろうかと。
演技に関してのことだけを指して、「変わってる」だなんて言わないような気がするし、
それ以外では、オダギリみたいなごくごく普通の人は珍しいくらいなのに‥
‥なんて書いてる時点で、既に私も普通じゃないんでしょうけど^^;
オダギリの普通=ファンの普通=人の“変わってる”なんだろうかなぁ?
どうでもいい話だとは思いつつ。気が付けばまたいつものように思考がそこに行っていたのでした。

【CM】ライフカード新CM「海外出張篇」スタート!

見ました?見ました?
昨日お知らせいただいていたライフカードの新CM、今日からオンエアがスタートしましたね!
今回は「海外出張篇」。
またまたサイトでも「つづ〜く」の続き(と放送スケジュール)を観られますよ!
というわけで、夜になって帰宅しまして、パソコンを立ち上げようとしたらトラブル発生で、先ほどまで手こずっていた私も、今から観てきます〜(コラ)
 
見ました〜! ビジネスマンオダギリ、独り言多すぎっ!(笑)
あと、派閥の長の犬山課長に引っ張られ、専務にまで見込まれる人物でありながら‥
この人有能そうに見えない(笑)。
しっかしオダギリ、チャーミングすぎ。ここにもCM紹介ありました〜

二度目の「天体観測」と最後の「イン・ザ・プール」。

このところ、かなり通い詰めていたテアトル新宿では、「イン・ザ・プール」の上映が今日で終了‥
というわけで、昨日最後にと観て来ました。
「イン・ザ・プール」は試写も入れて結構観たし、
当面『田口さん切れ』も大丈夫!!!
‥と、現在自己暗示をかけている最中です‥^^;
一方、そのすぐ近所でやっていた「オペレッタ狸御殿」の方は、そう何回もは都合がつけられないまま終わってしまった。無念。「夢の中へ」もあったしな。
でも、私にしてみれば映画三昧の日々だったとも言えよう。満足です。
それにしても、「イン・ザ・プール」はほんと何回観ても面白かった。
伊良部先生に、またスクリーンで会えたらいいな。
 
ところで、関東では記憶の限りでは初めて(??)の「天体観測」再放送中です。
続きを読む

【CS】フランス映画祭横浜2005リポート(「ほっとシネマ」)

CSのMovie Plus「ほっとシネマ」で、「フランス映画祭横浜2005」が取り上げられるようです。
オダギリの登場シーンも映ればいいなぁ。
 
■『ほっとシネマ #73』/フランス映画祭横浜2005 リポート
CS Movie Plus 45分
7/2  11:00(初回)
7/3   18:00
7/4   12:45
7/5   1:20
 
■「スクラップ・へブン」完成披露試写会関係の記事がもう1点ありました。
新しい画像が見られます〜

【雑誌】「spoon 8月号」に「メゾン・ド・ヒミコ」記事

仕事で神保町に向かう途中、ちょっと時間があったので、新宿の本屋に立ち寄る。
さ〜そろそろ‥という時になって、柴咲コウさんの写真に釣られて近づいた雑誌の表紙に「メゾン・ド・ヒミコ」の文字を発見。
わーヒミコの特集〜!でも時間がない‥
結局帰りも遅くなって、本屋に寄れず。
「spoon8月号」に「メゾン・ド・ヒミコ」の特集がありました。
キャストのインタビューや、春彦の写真もあり。(かなりのページ数だった気が) HPはこちらです。
 
■あと、8/18辺りに発売の「ピクトアップ」の表紙が、オダギリ×柴咲さん×田中さんだそうです。
こんなに暑い中、そろそろ冬支度という頃に公開の「メゾン・ド・ヒミコ」に思いを馳せる。
こりゃー早く年を取りますねぇ‥^^;

【再放送】「天体観測」(伊藤英明×坂口憲二×オダギリジョー)

関東では、今日から「天体観測」の再放送がスタートします。
時間も放送話数もバラバラ、放送回数も通常より多く、12話までありますのでご注意下さ〜い。
 
(↓変更等も有り得ますので、念の為当日新聞等で確認して下さいませ‥)
6/28 15:45 #1「再会」 
6/29 15:00 #2「青い絆」  
6/29 15:58 #3「告白」 
6/30 15:58 #4「秘密」 
7/04 15:58 #5「キス」 
7/05 15:58 #6「裏切り」  
7/06 15:00 #7「涙の夜」 
7/06 15:58 #8「迷路」 
7/07 15:58 #9「命の灯」
7/08 15:00 #10「最終章」 
7/11 15:58 #11「友の死」 
7/12 15:58 #12「永遠」 

【記事】「スクラップ・へブン」「メゾン・ド・ヒミコ」

みなさんからいただいた情報です〜m(__)m
 
揃って笑顔の画像は初めてですねv
 
こちらは、「メゾン・ド・ヒミコ」に出演の「洋ちゃん」が、オダギリについて語っていらっしゃいます。
(オダギリが以前、「独特な感受性を持っている」「表現がとても美しい」と褒めていた人です)  
 
あと、コメント欄で、「あおもり映画祭」関連の新聞記事についてお知らせいただきました。
興味のある方は、6/25の記事『【舞台挨拶】ところで今日は「第14回あおもり映画祭」。‥』のコメント欄をご覧下さい。

【記事】「フランス映画祭」「イン・ザ・プール」レポート

このところお知らせ頂き続きなので、自分でもぐるっと見回ったところ2つ見つけました。
なんとか、後で見てもわかりやすいように、記事のタイトルにバリエーションをつけたいなといつも思っているのですが‥あまりに数が多く、いろいろ入り混じっているので、最後はいつもテキトーに‥(汗)。
 
→新しい画像もちらほら。楽しそうですね。
オダギリに比べ、ダバディ氏が長い脚を窮屈そうに折りたたんでいるのが‥なんだか気の毒(笑)。 
(MovieWalker)
→松尾さんが、ほんの一言ですがオダギリについてコメントなさってます。
別のエピソードで映画化されたら、ぜひまた伊良部役を、と言われているのが嬉しい‥
オダギリが出ていなくても、きっと観に行きそうですが、出来れば部分的にオリジナルストーリー(←あっ映画用の)を織り交ぜて、田口さんをツッコミ役で出してほしいなぁ(笑)。

【記事】「カンヌレポート」オダギリジョー、内田けんじ氏ほか

■‥応募と言えば(下の記事から気持ちは続いてます/笑)、もうご存知の方も多いかもしれませんが、「若武者」HPで、若武者Tシャツプレゼント第二弾!始まっていますね。
オダギリの画像もちょっと変わっていますよ〜‥正直、私にとってはTシャツよりも、新しい画像の方が嬉‥
 
あと、お知らせいただいたレポート記事です。
何度も出ているヒミコの会見の様子ですが、照れるオダギリの新たな描写と(笑)、新しいコメントなどが掲載されています。
(CINEMA TOPICS ONLINE Super Report)
 
■こちらは、カンヌレポート。
オダギリのことにも少し触れられていますが、批評家週間に作品を出品された内田けんじ氏のコメントがなんだかいいなぁ。
財団法人川喜多記念映画文化財団HP → 更新履歴「カンヌ映画祭レポート」
 
<追加>
お知らせ分の追加です!
■泯さんとのツーショット、いいですねぇ‥(うっとり)
 
■オダギリ、一応加瀬さんとは、「アカルイミライ」と「pay day」で「共演」はしているんですけども。(←「パッチギ!」も追加)
素朴で素直なコメントにちょっぴり感動‥(笑)

【テレビ】ぐるぐるナインティナイン 「忍 SHINOBI」企画!?

今日の19:00〜「ぐるぐるナインティナイン」で「忍 SHINOBI」の企画がスタートするそうですね。(『その内容が今日明らかになる』ということでしたが)
そう言えば、岡村さんって前も何かの番組から(この番組だったかな??)「踊る大捜査線2」に参加(出演)していた気がする(笑)。
ま、「忍 SHINOBI」は撮影は終わっているからそれは無いにしても、一体何が始まるのか、そして、公開まではこの番組を見続けなきゃいけないことになるのか‥その辺も気になるところです(笑)。
と言う訳で、今晩帰りが遅い方は録画をお忘れなく〜
 
■「ぐるぐるナインティナイン」
日本テレビ系 19:00〜
 
 
とエラそうに書いておきながら、いきなり忘れそうになりました。時計をちゃんと見てなくて(笑)。
番組を見ながら、あ〜これは最後にほんのちょっと予告程度だろうな、と思っていたら、案外真正面(?)から、でも妙〜な取り上げ方でしたね(笑)。
今思い返しても、ビーチバレーメインなのか、仲間さんメインなのか、映画メインなのかよくわからない‥。とりあえず、
ビーチバレ勝ちたいー→仲間さんに応援してもらいたい→だから「忍 SINOBI」を応援だ!
そしたら仲間さんが来てくれて→ビーチバレーだって勝てちゃうぞ!‥という流れ?(笑)
「忍 SHINOBI」公開までまだあと3ヶ月もありますが‥やっぱり、毎週見た方がよさそうかな?(笑)

【映画】「スクラップ・へブン」「メゾン・ド・ヒミコ」特典付前売鑑賞券 発売中

「スクラップ・ヘブン」の前売鑑賞券が、
シネ・アミューズ(渋谷)で、既に発売されているんだそうですね。
1500円、特製ポストカード付き
まだまだ先だと思ってノーチェックでした〜(汗)
 
こちらはもうご存知の方も多いと思いますが、 
「メゾン・ド・ヒミコ」の特別鑑賞券も『劇場窓口限定』で発売中です。
1500円、平間至氏撮影によるポストカードセット付き
公式HPでも見られるとても美しい写真です。

【雑誌】オダギリあれこれ更に追加。

■お知らせいただいた情報ですが、今週発売のTV Bros.に、カンヌ映画祭の記事が掲載されているそうです。
チャン・ツィイーとのツーショット写真(小)とともに、「カンヌ常連候補?」というコメントも。
瞬間、「アカルイミライ」の時にはあっただろう『まさかぁ!』という反応が、自分の中でかなり薄くなっていることに気づく。いやぁこんな日が来るとはなぁ。改めてしみじみ。
 
あと、今日(22日付)の日本経済新聞(第二部)にでっかいライフカードオダギリありです!
6/22『日本経済新聞 第二部
  ※第二部は朝刊に挟み込まれている薄い別紙です
日本経済新聞社
<クレジット産業の広告特集>
ライフカード広告 白黒1/2面 p.3
 
ライフカードHPの壁紙と同じ、ピンクのシャツでカードを持っている、髪が立ったオダギリの写真が1/2面大で掲載。
あと、他のページの『斬新なCMで話題 ブランドイメージの認知度高まる』という記事の中には、『「どうすんの!?俺」とさけぶ若手実力派俳優が印象的なライフカードのテレビコマーシャル。』ともあり。(ちょっと太字にしてみました/笑)
以前、エラい方がライフカードのCMを解説していた番組でも同じことを言われていましたが、CMを含むライフカードのユニークな宣伝戦略は多くの話題を集め、イメージの差別化で他社に先行しているのだそうです。
今日の日経、お持ちの方は捨てないで!
 
一応リアルタイムでは見ないと思う?んですけど、サッカー日本代表、頑張れ〜!!

【雑誌】オダギリあれこれ。

発売中の「ロードショー8月号」に、カンヌのオダギリの写真が小さく載っていました。
 
■「ロードショー8月号」
“はみだしコラム「アジア・スターがカンヌを闊歩」” p.24 写真×1
内容は、外出はやはりしづらそうだったハリウッドスターに比べ、アジアのスターはカンヌでかなり自由を満喫していたというもの。
イ・ビョンホンなんかが普通にその辺を歩いていたり、毎日映画を観に出歩いていたのだろうオダギリに至っては、この記者さんはほぼ毎日遭遇したんだそうです(笑)。
 
6/21『朝日新聞(夕刊)/「夢の中へ」』
またまた山根貞男さんの「夢の中へ」評が掲載。(関東だけかな?)
山根さんってオダギリ作品担当なんでしょうか。いや、そんなことはないのだろうけど(笑)。
それにしても、山根さんの書かれる文章の、すっかりファンになってしまっている気がします。
自分が何度も見た作品だから、細かいことにも頷けてしまう部分もあるのでしょうが、私がこれまで意識して読んできた山根さんの文章は、どれもこれも、まず作品を尊重する姿勢が感じられる。
そして、役者さんを見守る視線がとても温かい。
また、場面の捉え方が驚くほど瑞々しく、踊る心がそのまま伝わってくるような気がする‥のです。
ネタバレになるといけないので紹介出来ませんが、これから「夢の中へ」が公開される地域でも、公開後、この評が新聞に掲載されればいいな、と思っています。
 
■「キネマ旬報 7月上旬号」
“撮影現場レポ「メゾン・ド・ヒミコ」” 2p p.88〜89 
主役2人の写真、監督や役に関するオダギリのコメント、現場のレポなどが掲載。
内容は大体既出のものでしょうか。ただ、このキネマ旬報には他にもチェックポイントが満載。
続きを読む

【関連記事】6/21「スクラップ・へブン」完成披露試写会(加瀬亮×オダギリジョー×栗山千明)

■「スクラップ・へブン」完成披露試写会 関連記事
 
■カミングスーンTVの「週刊シネマハンター#3」という番組のトピックスに「メゾン・ド・ヒミコ」の文字を発見!
恐らくこの間の会見じゃないかなと思いますが(まだ未確認/汗)、一応載せておきますね。
カミングスーンTV 6/20〜6/27 (25分)
 
■また、↓で愚痴っていたら、関東でも「天体観測」再放送があるそうです!
6/28〜「チャンネルα」枠で。
6/28(火) 15:45〜 #1
6/29(水) 15:00〜 #2 / 15:58〜 #3
6/30(木) 15:58〜 #4 ‥‥
分かった分だけ載せましたが、時間が結構不規則なようですので注意してくださいね!

とりあえず中間報告

先ほど、「TOKYOモーニングサプリ」で、昨日の「スクラップ・へブン」完成披露試写会の様子が取り上げられていました。
↓に掲載した内容とは全く違うシーンで、初見の紹介映像もほとんどオダギリ中心でした。
それにしても、今までにないキレっぷり!!
↓の栗山さんのコメント、わかる気が!(汗)
近寄るのは遠慮したいくらい、危険で刺激的で、ものすごいエネルギーを放出する男でした。
そんなシーンを見せられた後で、まったりとしたいつものオダギリのインタビューシーンが流されると、こちらの方がフニャ〜‥(笑)
テツは、普段(?)のオダギリとはものすごいギャップあり!のキャラでした。
 
この後、他局でも流されたらいいのですが、このサプリはまた後ほど簡単にレポしたいと思います。

【速報】「スクラップ・へブン」完成披露試写会(加瀬亮×オダギリジョー×栗山千明)

テレ朝の有料サイトに、今日の「スクラップ・へブン」完成披露試写会の様子がアップされていましたので、一部抜粋して紹介します。
 
<追加>
オダギリは黒のピッタリとしたニット帽に、両袖だけが黒で後は白っぽいトップス、パンツはテレテレとした黒で、裾を黒いブーツに入れている模様です(笑)。
<3人をキャスティングした理由>
李監督:『加瀬くんは“平凡な男”で一番最初に思い当たった。
オダギリくんは、カリスマっぽい一面もあって、自分がなってみたいと思ったから。
栗山さんは、血の通っていない女性ということで‥(笑)』
ユーモアたっぷりの監督の説明に、キャストの3人は含み笑い、会場からも笑い声が起こったそうです。
 
<撮影現場は体力勝負>
で、寝れるときに寝ておけという感じ(笑)‥など、オダギリからは苦労話なども出たようですが、年齢の近い男性3人は、飲みながら語り合ったりもしたそう。
<紅一点の栗山さん>
続きを読む

【再放送】「天体観測」(関西テレビ)

お知らせ頂いた情報(ばかり!)です〜
■関西のお話ですが、7月5日(火)深夜〜「天体観測」の再放送(関西テレビ)がスタートするそうです。
私の記憶する限りでは、関東では「天体観測」、ほとんど再放送されていないんですよね。いいなぁ。
 
■こちらは先日の「フランス映画祭」の記事だそうです。
映像でも仲良く(!?)お話をしている姿が映っていた、お隣りの方とのツーショットもあり(笑)。

■また、明日には次号発売となる(涙)「週刊朝日」に、「メゾン・ド・ヒミコ」完成披露試写会の記事が掲載されていたそうです〜
私も未見の記事なのですが、内容をお知らせくださったので、ちょっとここでも紹介しますね。
写真は、柴咲さん、田中さんのスリーショット。
内容は、オダギリの印象を聞かれた柴咲さんが、テレビなどでも流された「格好よくてすごい」とコメントした場面についてで、隣りのオダギリを凝視する柴咲さんは「男らしく」、その言葉に頬を染めて照れるオダギリは「少女のようだった」‥というようなものだったそうです(笑)。
ほんと、30前のヒゲ面の男性に「少女」だなんて、と思おうとしつつ、「少女のように恥らっているオダギリ」の顔が、既に頭から離れなくなってしまってます‥(笑)

【完成披露試写会】「スクラップ・へブン」加瀬亮×オダギリジョー×栗山千明

■今日、18:30より銀座で10月公開の「スクラップ・へブン」の完成披露試写会が行われます。
出席予定者は加瀬亮さん、オダギリ、栗山千明さん。
一応マスコミ向けの試写のようですが、FCの方で、少ない数ながらFC枠を取ってくれていたそうですね。そうですねって‥私は募集締め切り後まで全然気付いていなかったんですけど‥。
関東以外では、これから「イン・ザ・プール」、「夢の中へ」が公開されるところも多いと思いますので、更に頭がごちゃごちゃしそうですけど‥一番ごちゃごちゃしてるのはオダギリ本人かな?
 
‥というわけで、また明日辺りにテレビなどが取り上げるかどうかというところですね(汗)。
それにしても。この1ヶ月ほどの、表に出るオダギリのスケジュールを挙げてみると、
続きを読む

【舞台配信】「SLAPSTICKS」オダギリジョー×ともさかりえ

演劇コンテンツを配信する「cubit club theater」で、
「SLAPSTICKS」が配信される予定だそうです〜
 
cubit club theater 
日時: 7月15日〜(「SLAPSTICKS」を含む多数の舞台映像を配信予定) 
 
■「SLAPSTICKS」
【作・演出】ケラリーノ・サンドロヴィッチ
【出演】オダギリジョー、ともさかりえ、古田新太、山崎一、金久美子、峯村りえ、廣川三慶、住田隆、村岡希美、吉増裕士、中坪由紀子、坪田秀雄、すほうれいこ、大谷亮介
 
→コンテンツを利用したい方は、「cubit club」に会員登録(無料)すると、1作品420円で、購入日から1週間視聴が可能です。
(視聴にはWindows Media Player 9以降を使用。配信帯域は500kbpsと1Mbps)
 
WOWOWやDVDより安いですし、見たことがない方には「SLAPSTICKS」、お勧めです!
ところで、↑のリンク先の見出しの「伊藤英明や長谷川京子出演の演劇などを配信する‥
」って、ちょっと「んん??誰の何を配信するのかしないのか??」みたいな。
変なトコでウケました‥すみません(笑)。

【映画祭】「第10回神戸100年映画祭」『パッチギ!」上映

■またまたお知らせいただいたローカル(神戸)情報です。
「第10回神戸100年映画祭」の「プレイベント韓流・在日映画特集」で、
井筒監督のトーク付き「パッチギ!」が上映されるそうです!
 
7/3(日) 「パッチギ!」 ゲストトーク:井筒監督  
タイムズメリケン(メリケンパーク・神戸海洋博物館)
11:00〜 →詳細はこちら 
 
私も以前2回ほど、監督&キャスト舞台挨拶付の「パッチギ!」を見たことがあるのですが、テレビで見る姿とはやや違って、監督はとてもシャイな感じのする方(笑)。
話は他のキャストに任せようという雰囲気もあって、“まぁとりあえず見て下さい”というような感じだったのですが、今回は監督お1人がゲストなので、裏話等も期待出来そう‥かな!?
イベントのテーマで言えば、「血と骨」も入っててもよさそうなのにとちょっと残念ですけど(笑)、行ける方は、スクリーンで見られる「パッチギ!」を、是非また堪能して来てくださいv
 
 
ところで、話はコロッと変わりますが、かなりの地域で公開が終了しつつあると思われる(涙)「オペレッタ狸御殿」。
キャストのクレジットに、「山崎樹範」さんと「永瀬正敏」さんという名前があったのはご存知ですか〜?
‥で、あの山崎さんと永瀬さんなんでしょうかね??
どなたか映像で気付かれた方いらっしゃいました?(多分いないと思う‥/追記:永瀬さんの方はたくさんの方がお気づきのようでした‥失礼しましたっ!
ちなみに、クレジット順は山崎さんの方が少し上の方で「狸奴」(だった気が)、永瀬さんがただの「狸」役だったと思います(笑)。
永瀬さんは「ピストルオペラ」に出演されていたし‥そういう繋がりはあるのかもしれませんが、確認出来ずに終わって、かなり勿体ないようなちょっと贅沢なような。複雑な気分です(笑)。

【コメント】「七人の弔」(ダンカン監督作品):オダギリジョーコメント

■テアトル新宿で「イン・ザ・プール」を見られた方は、上映前の予告の中に「七人の弔」という作品があったのを覚えていらっしゃるでしょうか。
この作品に寄せたオダギリのコメントがこちらで見られます。
「七人の弔」http://www.office-kitano.co.jp/7tomurai/ →「コメント」へ
山の川原にキャンプしに来た7組の親子。しかし、その風景の裏に隠されたものとは‥
という作品ですが、オダギリのコメントがどういうことを指しているのか、観て確認してみたい気がしています。
 
■また、ちょっと先の話ですが、7月中旬以降に
スカパー110    990ch (生活スタイルTV)  
BSデジタル放送  999ch (知求チャンネル)
『フランス映画祭 横浜2005』のスペシャル番組があるとお知らせいただきました。
また近くなったら声を掛け合って思い出しましょうー!(?)
 
<追加>
「この世の外へ クラブ進駐軍」
6/24  19:50 (WOWOW2)
7/26  8:00  (WOWOW3)
「あずみ」
6/20 16:30〜19:00(チャンネルNECO)
「血と骨」
7/23〜8/5 ch.100(パワープラッツ) 

【テレビ】「女優チャン・ツィイー〜美は一日にしてならず」再放送

もう何回も載せている気がするんですが(笑)。
「オペレッタ狸御殿」メイキングが見られる「女優チャン・ツィイー‥」が、今度は地上波でまたまた再放送です。
元々は2時間番組ですが、地上波になると必ず短縮。やっぱり難しいんですね‥
■6/19(日)
ハイビジョン特集「女優チャン・ツィイー〜美は一日にしてならず
NHK総合 10:05〜11:00
 
■こちらはもうご存知の方も多いかもしれませんが、
6/24(金)「ぐるぐるナインティナイン」(19:00〜)で、「忍 SHINOBI」を扱った企画があるそうですね。
ってなんだか想像つかない‥(笑)。
管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
をご覧ください。

------------------------
<2017年>
------------------------
【3月】
10(金)
『オーバー・フェンス』DVD&Blu-ray発売
23(木)
『BOTTLATTE CM「日本のオフィスにはリラックスが足りない」篇』オンエア中
------------------------
【4月】
26(水)
『湯を沸かすほどの熱い愛』DVD&Blu-ray発売
27(木)
「ユリイカ5月号」(鈴木清順監督特集にオダギリのエッセイが掲載)
------------------------
【5月】
11(木)
映画『いぬむこいり』にオダギリコメント
------------------------
【10月】
6(金)
『エルネスト』公開
待機作品
映画『エルネスト』
・2017年10月6日TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
映画『南瓜とマヨネーズ』
・2017年11月新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
・監督・脚本:冨永昌敬監督
・原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』
・ハギオ役
・出演:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研 ほか
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ