★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト
→【ネタバレ感想OK】 「湯を沸かすほどの熱い愛」 / 「オーバー・フェンス」 / 「ムジカ・ピッコリーノ」 / 「重版出来!」 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

<「時効警察」霧山修一朗メガネ再現復刻企画>をお知らせいただきました。→ 経緯商品紹介


※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

独り言

魚喃キリコさんの「南瓜とマヨネーズ」の実写映画化にオダギリ出演

既に去年撮影されていた、今年11月に公開の「南瓜とマヨネーズ」にオダギリ出演です♪
二度目の冨永昌敬監督作ですね!
私は原作を知りませんが、なんか‥またまた‥な役(笑)
あくまで個人的なイメージのみの話でですが‥昔はしなかったような気がする作品のしなかったような役もどんどん増えてきて、本当にいいなぁと思います*^^*
若い頃に一緒に仕事をした監督やスタッフだった方々からの人間関係も広がって、結果、作品選びの幅もどんどん広がっているのかもしれないですね

あと、昨日書こうかなと思いながら‥だったのですが、日本アカデミー賞でも宮沢りえさん、杉咲花さんが最優秀賞を受賞されて嬉しかった。(他の映画賞でもたくさん受賞されていますが)
他のノミネート作で観ていないものもありますが、実際に受賞されてもされなくても、私の中では『これは獲るに値する人たち』とこれまでで一番普通に思えたくらいの母娘だったので



人物相関図あり。
魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」映画化!臼田あさ美、太賀、オダジョーが出演(コミックナタリー)

魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」を冨永昌敬が映画化、臼田あさ美と太賀が恋人役(映画ナタリー)

魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」が主演・臼田あさ美×冨永昌敬監督で実写映画化!(映画.com)

魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』実写映画化 主演は臼田あさ美(CINRA.NET)

魚喃キリコ原作『南瓜とマヨネーズ』臼田あさ美主演で実写映画化 (ORICON NEWS)

魚喃キリコ「南瓜とマヨネーズ」が実写化!臼田あさ美、5年ぶり映画主演(シネマトゥデイ)

「南瓜とマヨネーズ」初の実写化 臼田あさ美が5年ぶり映画主演(スポニチ)

太賀が臼田あさ美の“ヒモ”に!? 恋敵はオダギリジョー「南瓜とマヨネーズ」映画化(Cinemacafe.net)

臼田あさ美、5年ぶり主演 人気恋愛漫画を実写化(モデルプレス)

臼田あさ美主演で「南瓜とマヨネーズ」実写映画化!(ウォーカープラス/ザテレビジョン)

お誕生日おめでとうございます!

未だオダギリが40代に入ったとちょっとピンと来ないまま、あっという間に1年が過ぎてしまいました💦
嵐の前の静けさな今!?ですが、三十代最後の作品「オーバー・フェンス」や「湯を沸かすほどの熱い愛」が高く評価されていたりロングランになっていたり✨
そんな中、まだまだ新しいことに挑戦し続けているオダギリを楽しみに待っていたいですね♡

お誕生日おめでとうございます🎂🎉
よい一年になりますよう✨

今年もよろしくお願い致します。

相変わらず落ち着かず、今までで一番ワケのわからない年末年始でした(>_<)
今もしなければいけないことがあるので、とりあえず1つだけ。。

オダギリ、もうすぐ海外での撮影がスタートするようです*^^*
今年も海外のお仕事が多そう?ですよ〜

では今年もよろしくお願い致します

JR内は「BOTTLATTE」オダギリだらけ*^^*

とりあえず‥JRの車内は「BOTTLATTE」のオダギリだらけです♪
(でも人が多かったので、これで精一杯^^;)

20160322

40回目のお誕生日おめでとうございます*^^*

いよいよ「不惑」の年ですね(^^)
不惑の歳を迎えて、オダギリジョーという人は、これまで以上に俳優としても人としても、本格的に中堅、ベテランと呼ばれる存在になって行くと思います。
そんな中、オダギリはどんな横顔を見せていってくれるのでしょうね。
戸惑い?自信?それともこれまでのように飄々と歩いて行くのかな。
やっぱり変わりなく飄々と‥とも思いますが、そう思っていた三十代でも、真ん中部分は変わらずとも、振り返ってみればいろいろな面で劇的とも言えるステキな変化があったと思います。
ひとりの人としても、俳優としても。
そんなステキにまた気づいていけたら嬉しいな。
私たちにとっても今日はそのスタートの日ですね

お誕生日おめでとうございます


ちなみに‥十年前の2006年は「THE 有頂天ホテル」「ブラックキス」「BIG RIVER」「ゆれる」「パビリオン山椒魚」などの映画が公開、ドラマでは最近話題に出ていた「時効警察」がスタートした年でした(‥つ、ついこの間のことのように思えるのに‥^^;)

ご冥福をお祈り申し上げます

いくつか情報もありますが、この間からどうしても更新する気持ちになれませんでした。
パパの活躍を天国から見ていてあげてね。
〇〇くんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お誕生日おめでとうございます♡

いつも私たちの方がたくさんのプレゼントをいただいていますが(>_<)
「Present Fou You」なんて映画が公開されているこの時期に三十代最後のお誕生日ですね。

三十代最後の年がオダギリジョーという役者さんにとって、何か節目となる重要な年になるのか、それともごくごく普通に通り過ぎて行く年になるのか‥
私はどちらでもいいな。どちらでも楽しみです(笑)
この歳に刻んで行かれた作品をしっかりと追っていきたいと思います*^^*
お誕生日、おめでとうございます

今、金沢に来ています。

昨日から金沢に来ています。
バタバタで来たので、いろいろ途中のままですが💦帰ったらすぐとりかかりますっ^^;  image:94518

ちょっと留守にしています!

すみません、先週から関西にいます。
いくつかニュースがあるのですが(既に出ているもの、多分出ていないもの)、帰ったらアップしますね(>_<)

本年もどうぞよろしくお願い致します*^^*

みなさん、明けましておめでとうございます

去年はドラマ祭りで幸せでしたね〜
でも今年は明けて早々、CSやBSで作品の放送が続き(今晩BSジャパンで「舟を編む」があるようです!下の記事に追記しました)、映画の公開へと続きますね*^^*
去年オダギリが「来年の1月くらいまで潜る」と言っていましたが(今考えたら、暗にロケのことも言ってくれていたんですね、きっと)、この先も浮上し続けてくれたらいいなあ。
今年もオダギリとその作品を楽しみに見守っていきたいですね。

本年もどうぞよろしくお願い致します



そういえば一昨年NHK内で撮影してアップしていなかった今更の写真を(笑)
DSC01322

「午前3時の無法地帯」オダギリ裏話

■下の<スパム対策についてのお願い>もお読み下さいますようお願いします!

ドラマ「午前3時の無法地帯」の撮影裏話として、「多賀谷(たがや)」という役名だったオダギリが、撮影終了直前までずっと「加賀谷(かがや)」だと思い込んでいた‥という話は以前出ましたが、最近、監督のお一人である今泉監督からその関連の話を聞かれた方が、エピソードをお知らせ下さいました!(ありがとうございました*^^*)
 
まずは私の勝手な想像ですが‥
言葉って、自分で発音して自分の耳で聞かない限り、わりと曖昧にインプットされることって多いですよね。(逆に暗記する時は、声に出して自分の耳で確認しながら覚えるということが多いように)
多分オダギリも、『台本で最も自分で声に出して読まないだろう部分=自分の役名』を、「多」=「た」、「賀」=「が」、「谷」=「や」‥とちゃんと意識しないまま、パッと見で「かがや」と思い込んでしまったか、他の人が言った「たがや」を「かがや」と聞いて、以来「多賀谷」が音では「かがや」と変換されるようになってしまったか‥だったんじゃないかな。。
と、そんな風に勝手にオダギリを理解していた私ですが(笑)、それがどういう形でスタッフさん達にバレたのかというと。。

*****************
 
ビルの屋上で、多賀谷さんが「ももちゃん」に携帯でメールを打つシーンで、
 
『ちょっと説明したいことがあるから、今日晩飯でもどう?』

そして、最後に

『多賀谷』

と打つところを、オダギリは「加賀谷」と打っていた!んだそうです(笑)。
それをスタッフに発見されシーンはNG → そのことを指摘され(=オダギリは初めて正しい自分の役名を知り!?笑) → みんなで爆笑

‥という流れだったんだそうです(≧∇≦)

*****************
 
いや〜バレ方のタイミング、状況としては完璧ですね!(笑)
でももしこのシーンがなかったら、オダギリは最後まで「かがや」と思っていたのかな‥!??(笑)
誰も気づかず、後でシーン差し替え!なんてことにならなくて、本当に良かった(≧∇≦)

ちなみに、「メイキング映像」では、

オダギリ:多賀谷‥って役を演じてたんですけど、3日くらい前までカガヤだと思ってて‥(笑) 
あぁの、びっくりしました。多賀谷でした。
えー、そのくらいこう、役に没頭できてよかったです(笑)
ありがとうございました^^

と話し(笑)、上映イベントの挨拶でも、「たがっ(笑)、多賀谷という役を演じてます」と笑いながらもちょっと言いにくそうだった!?オダギリ‥でした(笑)

週末、お芝居を観に行ってきました。

週末、ある役者さんが出演されていた舞台を観に行ってきました。
その方を知ったキッカケはオダギリジョーさんでしたが(笑)、以降、いろいろな方面で活躍されているお姿は拝見してきていて、7、8年ぶりに舞台に出演されるということで(その7、8年前の作品も観に行っていたこともあって)、これは是非!と行かせていただくことに。

作品は、笑いあり、SFのノリあり、サスペンスあり、親子愛、夫婦愛、まさかの涙ありで、本当〜に面白かったのですが、その前日、私が久々!に何となく観ていたある映画がベースになっている作品だったこと、そして、その作品の軸になっているある重要な年月日が、今の私の大切な恩師(と言っても二十代のイケメンさんですが/笑)の誕生日だったこと‥にちょっとびっくり。
何か縁があって、観るべくして観た舞台だったのかも‥とさえ思えてきたほどでした。


舞台は今年に入って2度目でしたが‥やっぱりいいなあ*^^*
オダギリも5月、驚きの「舞台」話題を提供してくれはしましたが(笑)、ほんと「SLAPSTICKS」の時は幸せでした(>_<)
何が幸せかというと、毎日そこへ行くと「必ずそこで迎えてくれる」ということ(笑)。
そして、「マイクを通さない声」「マイクを通さない(オダギリがたてる)音」が、同じ空間で『空気の振動』として、自分の身体にダイレクトに伝わってくる実感。
オダギリから数メートルの距離で話を聞いたり姿を見たり‥はあっても、これまで一番
<ああ、同じ場所にいて、同じ時間を過ごしているんだ>
と心から思えたのは、後にも先にも舞台での空間だけです。(「SLAPSTICKS」の前には「トークライブ舌」という舞台もありましたが/笑)
ほんと、いつかまたひょっこり?ついうっかり?舞台なんてやってくれないかな。。
なあんて、頭の中で考えるだけでも久々なことを、「ダメ元」モードで思ってしまいました(笑)。

こちらはオダギリから贈られていたお花。
全く何も考えずに行ったので、いきなり目に入ってびっくりでしたが、そうか、そりゃあそうだよね‥とあったかい気持ちになりました*^^*

hana-1






(すみません、とりあえずお名前部分は伏せさせていただきます)

「風とロックの主題歌」(オダギリジョーほか)

宣言通り、あまり身動きが取れていませんが、先にこちらを!
先日の公開対談の際にもずっと流れていた、オダギリも参加している「風とロックの主題歌」が公開されました*^^*
作詞は宮藤官九郎さん。作曲は斉藤和義さん。
ヴォーカルにはオダギリと縁の深い方(リリー・フランキーさん、樹木希林さん、長澤まさみさん、浅野忠信さん、成海璃子、EGO-WRAPPIN'の良恵さん、そして、忌野清志郎さん‥!)、邦楽に特別詳しいとも言えない私でもよーく知っている、そうそうたる顔ぶれのミュージシャンの方々((敬称略)サンボマスター、THE BACK HORN、怒髪天、10-FEET、EGO-WRAPPIN'、MONGOL800、グループ魂、RIP SLYME、RHYMESTER、渡辺俊美、BRAHMAN、ザ・クロマニヨンズ、スネオヘアー、音速ライン、高橋優)‥が参加されています。

右側にある「ちょい読み」から、「月刊風とロック 創刊100号記念号」の内容も見られます。
「風とロック」が0円ならこの曲も0円。(CDは販売されていないですが)
値段がないんじゃない。値段がつけられないんだ。
100億円でも売らない。なぜならあなたへのプレゼントだから。‥というのが「風とロック」。
ああ、箭内道彦さん、大好きです!(笑)

<期間限定公開>
「月刊風とロック 創刊100号記念号」(magabon)

オダギリジョー
リリー・フランキー
♪風がびゅんびゅんびゅん
(びゅんびゅんびゅびゅんびゅん)
ロックはゴロゴロ
(ゴロゴロゴロ)

‥お聞き逃しなく!(笑)

とても嬉しい(>_<)

目にされた方もいらっしゃるかもしれませんが‥「リバースエッジ大川端探偵社」の制作スタッフの方が、某所にて
『オダギリジョーさんの怒涛のテレビ東京番組ジャックが連日続いています。』
『皆さんが予想もしないあっと驚く番組に沢山出演します。』
と書かれています。
でも本当に嬉しかったのはそのことじゃなく。
『僕も今までPとしてドラマと映画の宣伝に色々な人に出てもらいましたが、ここまでたくさんの番組に精力的に出演してくれた俳優さんは初めて。』
『正直、驚きと共に、オダギリさんのこのドラマへの意気込みを感じます。』
嬉しい。。

出演番組に関してはまた追って発表があるようです

最強の「ねえ?」(「八重の桜」第36話「同志の誓い」)

新島襄さん@オダギリに関しては、ここがこうなんて話をし出すとキリがないジョー況ですが今回びゅんと射抜かれたのは、下見に行った仮校舎でのシーン。

『大事なのはどこで学ぶかではない。何を学ぶかです、ねえ?』

‥の「ねえ?」。

あれはオダギリジョーという人ならではの「ねえ」でした。
「ねえ」をあんな風に言える人がどれくらいいるでしょう。ねえ?(笑)
絶対の自信と確信を「そうでしょう?」という優しいトーンで包んだ、強く優しい「ねえ?」。
今思い出してもじんわりきます。。

そして、「何かを始めるにはこれくらいがちょうどいい」。
名言だと思います。。



【八重の桜】のカテゴリを追加しました。

襄さんとジョーさんと譲さん。

8/25 第34話帰ってきた男
9/1   第35話襄のプロポーズ

‥と襄さん、そしてジョーさんが本格的に登場しはじめましたね
オダギリ自身もインタビューなどで自分の「役」に対する思いをいろいろと語っていますが、例えそれらの言葉がなかったとしても‥今回オダギリが自分の演技への拘りを捨て(捨て‥は適当ではないかな。拘らず、かな)、実在した人物に思いを馳せながら、その人物像、人間関係、その心の内を、観ている人に大切に届けたい‥そんな風に、人の「思い」を一番に考えて役に取り組んでいることが、すごくすごく伝わってきます。

これまでは、「自分が見つめる役と自分」というディープな世界の中で、じっくりと役と向き合ってこようとしていた感もあったオダギリ。(もちろん!その中には必見ものの優し〜いかわい〜い役もありましたが*^^*)
でも、今回「ジョーさん」と「襄」さんの間には「八重」さんがいて、「八重さんを思う人々」がいて、「視聴者」がいて、そして「譲さん」もいて‥そんな気がするのです。
それら全部と自然な気持ちで向き合おうとしている‥そんな気がするオダギリが演じているのだから、襄さんは絶対魅力的な人になるはず。私には当たり前のようにそう思えます。

自分の黒いところを封印して襄に取り組む‥そんな話もしているオダギリですが、襄さんのよく動く眉毛、まんまるになる目、くしゃっと優しい笑顔、温かい声、それらは全部オダギリそのもの。
これまでのように、自分を役に同化させようとするのではなく、いい意味で、そして結果的に、新島襄さん(という役)がオダギリジョーの持つ雰囲気に引き寄せられているとも言えるのかも。。。今の私はそんな印象を持っています。
こんなオダギリジョー初めて見た!という人も世の中にはいるかもしれないけれど、私たちファンにとっては、むしろオダギリジョーさん本人がたくさん透けて見えてくるような役。
だから、観ているだけで幸せな気持ちになれるのかなあ(笑)。

襄さんが実際に登場するまで、長谷川さんの尚之助さんファンになった人には(仕方ないにしても/笑)認めたくない展開だなんて思われるのかな〜とちょっと心配でした(笑)。
でも大丈夫。
世間の反応は敢えてチェックしていませんが、ジョーさんの襄さんなら、間違いなく八重さんを幸せにして、テレビを観ている人をもあの調子で巻き込んでいってくれることでしょう‥(笑)

7月8月とフェスにも参戦。

そして、大阪と東京のフェスにも参加。
まずは、7月に大阪で行われた「SNIFF OUT2013」(インテックス大阪)。
DSC01264
















DSC01267










ミュージックエリアとアートエリアがあり、ミュージックエリアではライブが聞けたのですが、この日のひと組目のアーティストが1度解散したあと、また復活を遂げたDo As Infinity。
うーん、正直なところ、彼らの曲って「陽のあたる坂道」しか知らないしな〜かなり昔の曲だから数曲の中でやるはずないだろうし‥もうちょっと違うバンドでも良かっ‥と思っていたら。

「次はかなり昔の曲なんですけど。」

そう言われた後、静かに流れ出したアコースティックバージョンのイントロは‥なんと「陽のあたる坂道」!

多分、あの会場の中で一番感動していたのは私だったんじゃないかな‥(>_<)
彼女の美しい歌声と一緒に口ずさんでみました。歌詞、二番までちゃんと覚えてた。
敦史が‥というか、あの頃頑張っていたオダギリの姿が浮かんで、ちょっと涙が出そうでした。
Do As Infinityの日で本当によかった。歌ってくれて本当にありがとう。(そしてごめんなさーい!)


そしてそして。
8月に入って「a-nation  ヒートアイランドカーニバル2013」。(国立代々木競技場第一体育館)
はっきり(余計なことを)言いますと、エイベックスのミュージシャンにもK-POPにも全く興味がない私ですが^^;(でもその日の出演者のひとりだった清水翔太さんほか、みなさんやっぱり上手だった‥!)、最後、BIGBANGからソロ活動を始め、日本のカバー曲を披露されるらしいD-LITEさんとなり‥その1曲目。

‥ん?‥このイントロ‥‥
〜〜 季節外れの‥‥ 〜〜

わあ、「陽のあたる坂道」だーーー(>_<)

なんだかわからないけどすごい。びっくりしました。
やっぱり名曲なんだなあ「陽のあたる坂道」。
そして、やっぱり男性が歌っても本当にいい曲でした。
(D-LITEさんはその他、スキマスイッチの「全力少年」や斉藤和義さんの「歌うたいのバラッド」などもカバーして歌われていました)

今、こんなことを打っていたら聞きたくなってきた。。
家にあるCDを久々に聞くことにします*^^*


DSC01277










DSC01282










DSC01310

休みはないけど夏休み的イベントで。。

7月は恐竜を見たり、人魚を見たりしました(>▽<)
DSC01155-1






















DSC01206









DSC01207










130717_180214

















130717_180107

二つの手。幸せ(笑)。

ちょこっと問い合わせてはみたものの、発見は無理そうなメモのダメージに加え、今週とても忙しく、昼も夜もない‥今も一仕事して帰ってきたとこ‥昨日は何時に寝たっけ、寝てなかったっけ‥みたいな中、一気にテンションが上がるワンシーンについてお知らせいただきました*^^*

武藤さんと飲んでいたらしいオダギリ。
お二人の手。
もしかしたら普通のツーショット以上に嬉しいかも。
あああなんてステキ。。

そんなステキなショットはこちらです。

徹夜明けのような、自分でもかなりおかしなテンションである自覚はあるのですがまあいいや〜(笑)
幸せ〜

「アクエリアス ゼロ」オダギリ、スーパーでも。

近くの大型スーパーにも登ジョー中^^
柱の一面を使っていて、かなり大きいです。

DSC_0096_1

「舟を編む」ちっちゃなネタバレ

「舟を編む」でみなさん気づかれたかな?の小さなネタバレ話題です。

↓ ↓ ↓ ↓続きを読む

今年二度目の武道館

DSC_0013
今回はWORLD ORDER。
スーツ&かっちり締めたネクタイでのパフォーマンスが本当にカッコよかった

2月16日生まれは‥

CDショップに寄った瞬間、「チェリー・ザ・ダストマン」が流れ出し、某有名ファストフードの店の前に(多分毎日更新?)置かれていたボードには

『2月16日生まれの人
性格:思慮深く内向的。自分の内面をじっくり見つめるタイプ。
恋愛:穏やかさの中にもどこかセクシーなムードが漂うのがこの生まれ。』

と書かれてありました。
納得‥

明けましておめでとうございます*^^*

明けましておめでとうございます!
昨年は(も!)本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
今年はみなさんとともに桜満開の一年を過ごしたいと思っております*^^*
本年もどうぞよろしくお願い致しますm(__)m



さてさて‥突然ですが、「『マイウェイ』メイキングドキュメンタリー #1 カン・ジェギュ監督のマイウェイ」のラスト、そのままになっているのを決して忘れていたわけではないのですが‥‥実は、この映像を入れているDVDが再生できなくなってしまい、最後の場面が完成できていないままストップしてしまっていたのでした‥(>_<)
が、年内中になんとかしたい!!と久々にチャレンジしてみると、あっさり復活、やったー!!^^;
本当は年内駆け込みアップもできたのですが、改めて観直してみるととっても幸せな気持ちに‥*^^*
なので、作品は‥(>_<)ですが、年明け、笑顔のオダギリシーンからスタートしよう!ということで、年越しアップにさせていただきます(^^;ゞ

「Hulu」ポスター3種(オダギリジョー)

今月から街や電車内に出現しているHuluのオダギリポスター3種。
期間限定(月末頃まで)でアップしておきますね。

Hulu1

Hulu2

Hulu3

「家族のうた」の台本を偶然入手*^^*

DSC00522

中野での用が済んだあと、ちょっとブラブラしていると、ポスターなどが売っている店でなんと「家族のうた」の台本を発見!
台本は過去の作品でも何冊か持っていますが、こんな風にたまたま目に入ってきたというのは初めてで、置かれてあった2冊のうち、6話のものを買ってみました。(かなり安かったです
パラパラと見ただけでも、こんなシーンなかった(カットされていた?)のでは‥という場面もあり。
「家族のうた」オフィシャルブログなどでも紹介はありましたが、
『こころ、ダイナマイトルームの方に行く』(正義の部屋のこと)
などといった表現もありました(笑)。

続きを読む

8/2(木)スポニチ号外(ロンドンオリンピック/内村航平金・北島4位)

昨日、たまたま号外をもらえたので載せておきます〜v

DSC00451

DSC00452

「家族のうた」ストラップ

「家族のうた」に家族写真を送ってももらえたようなので、お持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、番組の方で制作された「家族のうた」のストラップです。
ピックの裏側には赤い部分と同じ字体で「家族のうた」とあり。
「正義」は多分、オダギリの字ですね*^^*

「家族のうた」ストラップ

ユーロが終わってしまった。。というわけで、伊・バルザレッティのヘアスタイル。

今、仕事がかなり忙しく、夜も昼もない状態に陥っていますが、家にいる限りはほぼ全試合流し見していたサッカー2012年欧州選手権。
(とりあえず、個人的にはスペイン- ドイツの決勝を期待していたのですが、それはかなわず決勝はスペイン- イタリアというカードに。イタリアは満身創痍状態ではあったものの勢いもあり、いい試合になるかと思ったのですが、予想以上に一方的な試合運びとなりびっくりでした。ただ、今大会スペインから唯一の失点を奪っていたのも、グループリーグで既に当たっていたイタリア。やっぱりアジア大会とはちょっと違うレベルの大会だな〜でした
‥で、グループリーグ途中頃から、知り合いの男性が、いわゆる“サムライヘア”をしているイタリア代表のバルザレッティを『オダギリジョー』と呼び始めていることには気づいていたのですが^^;『まあ、確かに髪型は似ているけど』と思いつつ、先ほど改めてバルザレッティのヘアスタイル詳細(笑)を確認してみようと、何気なく検索してみてびっくり。
世間でも『イタリア代表にオダギリジョーがいる!』『バルザレッティがオダギリジョーにしか見えない』等々、思いのほか『オダギリジョーに似ている』と話題になっていたようですね。(顔がそっくりというわけでもないし、あのヘアスタイルでない時には特別似ているわけでもないとは思うんですけど、チョンマゲヘアでプレイしている時はちょっとわかるかなと/笑)
ただ、改めてすごいかもと思ったのは、『オダギリジョーがバルザレッティに似ている』じゃなく、『イタリア人』のバルザレッティがオダギリジョーに似ているという話題のなり方(>▽<)
もちろん、バルザレッティの方が年下という意味でも、後者の方が正しいかとは思うんですけど(笑)。
興味のある方は「フェデリコ・バルザレッティ」でチェックしてみて下さいませ(笑)。

「転々」のロケ地にもなった「いせや公園店」が建て替えのため閉店‥(ToT)

一応ロケ地話題になるかな?なんですが、「転々」でもロケに使われた吉祥寺の井の頭恩賜公園近くの「いせや公園店」が、老朽化を理由に6月末に閉店後、新しく建て替えられることになりました。
先月、新聞にも『昭和レトロな店構えは、フォーク歌手の高田渡ら多くの文化人にも愛された。地元からは惜しむ声も出ている』という記事が載っていましたが、確かに有名人の対談や愛着のあるお店紹介などでも、テレビでよく取り上げられていた店でした。
週末は長蛇の列のようなので、私も今日カメラを持って行ってみました。
が、平日の夕方にも拘らず、やっぱりかなりの行列でした。




IMG_0936-1

この店の前でオダギリと三浦友和さんのコミカルなやりとりが。

IMG_0965-1

IMG_0940-1
持ち帰り用の焼き鳥を焼いているお兄さんたちと横にあるシャッター。
以前撮った時よりずっとお洒落になってる!(それ以降通っても気づいていなかった‥)

IMG_0949-1
店内はこんな感じ。窓の外には井之頭公園の緑。

IMG_0951-2
天井からは陽の光。(屋根が薄すぎて。。)
壁には油でコテコテの扇風機。
二階は畳の部屋がいくつかあり。(有名人の対談などでも結構使用)
(写り込まれた男性の方、勝手にモザイクにしてすみません^^;)

IMG_0952-1
この日のカウンターはおじさまが中心。
焼き鳥は安く、シューマイなどもおいしい。

IMG_0962-1
ホッパーじゃなく(笑)、ホッピー。
店内には一体いつ貼られたポスター??(@_@;)というものもあるのですが、こちらは「レトロ風」なわりと最近?のもののよう(笑)。

IMG_0960-1


掲載画像はかなり小さめにしてありますが、とりあえず、気合いを入れて一眼レフを持参。
目立つかな〜とちょっと思っていたのですがなんのなんの、一番上の画像の左端にも写っていらっしゃいますが、閉店が近いということもあってか、カメラ持参でお店を撮影している人がかなりいました。
そういう意味では‥「転々」もいせやの貴重な姿、歴史を残す作品ということになるんですねえ。。
「いせや公園店」は約1年後「味や値段は変わらず庶民の味方」で、「現店舗の面影は残しつつ」「小ぎれい」な店となってオープン予定だそうです。

「容疑者Xの献身」をキャラメルボックス公演で観てきました。

容疑者Xの献身

劇団キャラメルボックスの「容疑者Xの献身」を観てきました。(なんとチケットが当たり)
最近、「ミステリー界のアカデミー賞」と言わるエドガー賞にノミネートされた(でも残念ながら受賞は逃しましたが‥)ことが話題になっていて、「緻密」「プロットの美しさ」「日本らしさがある」というような評を見て、改めてまた読み返してみたくなっていたところだったので、本当にタイムリーな機会でした。
客演には、テレビドラマなどの刑事役などでよくお顔を見る小林正寛さんや、「相棒」の伊丹刑事でよく知られている川原和久さんも。(このお二人はやっぱり刑事役!)
私は原作も読み、映画も観ていた作品でしたが、舞台でも原作に忠実な世界が再現されていて(でも舞台らしくところどころ笑いも散りばめられていて)あっという間の2時間強でした。
あまりに有名な作品なので、内容を知らずに観に来る人はいてもごく少数かな?ですけど、場面によっては客席からすすり泣きも聞こえ、役者さんの演技はもちろんですが、改めて原作の完成度の高さを痛感させられた、贅沢な時間でした。

「容疑者Xの献身」MWA賞は逃したが…(YOMIURI ONLINE)

東野圭吾さん:エドガー賞候補、作品の魅力 欧米的な文章で心の葛藤見せ新鮮(毎日jp)

【連絡】「仮面ライダークウガ」のセルビデオ(全巻セット+1巻)を無料でお譲りします^^;

ご連絡がありましたので、締め切らせていただきます。ありがとうございましたm(__)m

変わらず品のある36歳で‥*^^*/【雑誌】1/20「クロワッサンPremium 3月号」

お知らせいただいていた情報です。(ありがとうございました!)
現在発売中の「クロワッサンPremium 3月号」コンテンツページ下に<これが私のトキメキvのもと>というコーナーがあるのですが、今月は風吹ジュンさんで、オダギリについてのとても素敵な話をなさっています*^^*
ネットでコンテンツページが見られるところがあったので紹介しておきますが、20日辺りには次の号に更新されてしまうかもしれませんので、お急ぎ下さいね。

「クロワッサンPremium 3月号」(zassi.net)
→左の「3月号」表紙画像下「表紙・目次」クリック → コンテンツページ下(拡大もできます)

「クロワッサンPremium 3月号」
<これが私のトキメキvのもと>
風吹ジュンさんの巻
「オダギリジョーさんの美しい魂に、浄化されています。」


私が初めてオダギリを知ったのは、オダギリが23才の時(>▽<)
私がオダギリを好きになった一番最初のきっかけは、ぶっちゃけ見た目だったり雰囲気だったり話の内容だったり‥でしたが(笑)、「惚れた」が完全に確定したのは、バラエティなどで見せてくれる天然さの中に垣間見えた「品の良さ」が一番の理由でした。
そういう意味では‥時々「俳優を見る目があったんですね」と言っていただいたりしますが^^;実際には好きになった人がたまたますごい俳優さんになっただけ、という感じでしょうか(笑)。
そんなオダギリも今日で36歳。
あの頃から本質的な部分は変わっていないと思っていたけれど、風吹さんに太鼓判を押してもらえて、私の方が風吹さんに誕生日プレゼントをもらえたような気がしたくらい!?(誕生月は全然違いますが^^;)本当に嬉しかったです。
旬な男の36歳、仕事でもプライベートでも素敵な1年にしてもらいたいなあと願っています*^^*

本年もどうぞよろしくお願い致します^^

DVC00041-1










少し前に何気なく撮った空です。
2012年はどんな年になるのかな。
本年もどうぞよろしくお願い致します!^^

銀座の丸の内TOEIでも「マイウェイ 12,000キロの真実」

銀座の丸の内TOEIもこんなことになっています*^^*

DVC00315-1











DVC00316


















DVC00319










DVC00318-1

「ウォーリアー&ウルフ」はパンフなし、ポスターあり、フォトブックは要チェック(笑)

DVC00027-1

やーっと観に行けました!
シネマライズと言えば、「メゾン・ド・ヒミコ」の舞台挨拶があったところ。
あの頃に比べればオダギリも貫禄が出てきたなあ〜なんて思いながら着席するも、みなさんのお話通り人はまばら。。
ただ、上映開始直前にぐるりと周囲を見回してみると‥なんと場内にいる人の半分くらいが年配の男性。しかもかなりの(笑)。
映画ファン、映画通‥いろんな方がいらっしゃるとは思いますが、「今日はなぜこの映画を観に来られたんですか」と、お一人お一人出口調査させてもらいたいくらいでした(笑)。

映画についてはネタバレの方に書くとしまして、もう行かれた方も多いと思いますが、残念ながらパンフレットというものは作られていないようです(T_T)
ただ、劇場のカウンターのようなところに、えらく立派な大きなフォトブックのようなものが置かれてありましたので、忘れずチェックしてくださいね。
どこまで本物かはわかりませんが、表紙はずっしりと重みのある革で、(狼の?)毛皮のようなものまでついていて、中はザラザラした荒いキャンバス生地のページに、映画のスチールが印刷されていました。
B4?A3?とにかく大きく見応え、触り応え!?があります。
オダギリのステキなアップもあり、『(恐らく商品ではないのだろうと分かりつつも)これ、売られていたらどうしよう!?!?(一体いくら!?デカすぎ!?やっぱり買う!?)』と意味なく焦ってみたりしている自分がいました(笑)。

「SUPER MIYUKI MATSUDA」に行ってきました!

バタバタだったこともあり、最終日にやっと行くことができました。
あまり時間のない中だったけれど、やっぱり行ってよかった〜!
パアッと明るい気分になれ、元気をもらえた空間でした。
下は、入口を撮ったらちょっと室内が透けて見えてしまっていたり‥な写真^^;
この右側にもまだまだ空間があって、壁全面に写真パネルが貼られていました。

DVC00017

DSC00283-1










とりあえずのことだけ記しておきますと‥この写真展は、松田さんと“50人の男友達”が、様々なシチュエーションの中で様々な扮装をし、それを写真家のレスリー・キーさんが見事なツーショットコラボ写真として撮り下した、というものでした。(別シリーズとして、松田さんが撮られた人物+車という写真の展示もあり)
そこに、オダギリも「男友達」の1人として参加。
松田さんは色っぽい着物姿でしたが、オダギリも負けないくらい色っぽい感じの着流し姿で(多分そうだったかと‥^^;)、扇子を持って、ニヤリとしたような表情が印象的でした。
で‥ある人のファンらしき人たちが次々に団体さんで来ていて、横でかなり長い間ワイワイガヤガヤしていたのをいいことに(多分、公演帰りの人たちという感じだったのではないかなと)、思わずそのワイワイに紛れて、手にしていたチラシの裏に輪郭線を描いてきました^^;
色も一部しか書き留めず、後で見るとこれは何のライン??ここはどうなっているのか??‥という感じで自分でもよく分からないのですが、とりあえずオダギリの上半身に集中、なんとか「それらしく」色をつけてみたので、「似てない」はお許しいただいて、よかったら雰囲気だけでもどうぞ。。

→ こちら

「銀輪の風」で新CM1分バージョン

月曜23:30〜24:00にBS-TBSで放送中の「銀輪の風」で、早速「勝負服篇2」の1分バージョンが流れていますね*^^*
最後のオダギリの照れ笑い?につられて、一人テレビの前でニヤニヤ。。
まだまだ仕事が山積みなんですが一瞬ホッとできました

JINSの新イメージキャラクターに蒼井優さん

JINSの新イメージキャラクター、蒼井優さんになりましたね。
嬉しいような、ちょっと悲しいような‥;
でもJINSは、私にとってすっかり身近な存在になりました^^

JINSでサングラス&うちわ*^^*

DVC00002-2

JINSで紫のサングラスを購入。
(開けっ放しの)店内が暑いのでは‥と、店員さんが小さめの可愛いうちわを下さいました*^^*

松田選手、頑張って‥

昨日第一報で知った松田直樹選手の病状。
かつての日本代表選手で、ミスターマリノスと呼ばれ、ガッツのあるやんちゃなプレーが印象的だった松田選手。
マリノス一筋だったサッカー選手人生の、そのマリノスから戦力外通告を受けた時には、控えでもいいからカズを一度だけW杯に出してあげられないの!?と思うのと同じくらい、何とかならないの‥と思いました。
でも、彼は自分を育ててくれたマリノスに感謝し、大きなチームからのオファーもあったそうですが、今季からJ2より下の松本山雅FCで第2のサッカー人生を歩むことを選んだ。
何もかもが立派なマリノスとは大違いの試合、練習環境。でも、自分を必要としてくれるその熱意と、地元ファンのチームへの愛に心を動かされ、ここでチームのJ2昇格、そしてJ1入りを目指すと張り切っていた松田選手。
以来、それまで存在も知らなかった松本山雅のJ2入りを密かに応援していました。
原田芳雄さんのニュースもショックでしたが、まだまだ若く、現役のスポーツ選手としてこれから第2ステージを頑張ろうとしていた松田選手のニュースは本当に辛い。
状況はかなり厳しいそうですが、なんとか頑張って乗り越えていただきたいです‥(T_T)

ICUの週刊学生新聞でオダギリジョー作品紹介v

110716_205156


















身内に国際基督教大学(通称ICU)に通っている学生がいるのですが、少し前、彼女が見せてくれた週刊学生新聞なるものの映画コラム欄で、オダギリ作品が2作品取り上げられているのを発見!(笑)

冒頭には、
『どちらもオダギリジョーが主演を務めているので、オダジョーが好きだ!!という方は要チェックですよ!』
文末には、
『(「メゾン・ド・ヒミコの)はかなげな表情が妖艶なオダギリジョー。気になった方は、是非。』
執筆された方は『シュバババ@時効警察復活希望』さん(笑)。
欄外の「つぶやき」には、
『オダジョーをはじめて目にしたのは仮面ライダークウガで主演を務めているところでした。懐かしい。』
そうそう、今、大学生の人はクウガの頃ってまさに小学生。見ていた人も多かったんじゃないかなあ*^^*
『大学生が大学生にススめるオダギリジョー』になんだかちょっとワクワク。
春彦が晴彦になっているところだけちょっと惜しい!けど(崎も‥/笑)、いいもの見せてもらえました

KEIRINオダギリポスターもJRに。

少し前、新宿駅構内で見掛けました^^
上はエスカレーターに乗っている時でブレてしまい;

その少し前には、東京駅構内で柱が全部「奇跡」という光景を見かけたのですが、記事にできていない間に別のものに変わっていました‥

CAM7ZXBD1


CAI0RLVV1

JR車内に「奇跡」ポスター

■2つ下の記事に「奇跡 :是枝裕和監督に聞く「子どもの持っている可能性が大人をちょっと動かす話」(MANTAN WEB)という記事を追加しました。


最近乗ったJRで、続けてこんなポスターを見ました。
上のものはくるりの「奇跡」の歌詞つき。
下のものは著名人の方のコメントつきのものでした^^

kiseki-2









kiseki-1









また、実際に乗られた方からお知らせいただいたのですが、「奇跡」のシアタートレインなるものが山手線を走っているそうですね!
調べてみると、なるほどこんな記事がありました。

山手線で映画「奇跡」シアタートレイン運行中

『秋元康氏・谷川俊太郎氏など著名人より寄せられたコメントを載せたポスターや、豪華キャストとその台詞でデザインしたポスターを車内の窓上やドア横の広告スペースに配しているほか、「トレインチャンネル」では映画の予告映像を放映』とのことで、例え遭遇出来ても、端から端まで各車両を見て回れないとなんだか悔しくなりそうですが‥(笑)
6月2日(木)〜6月16日(木)まで運行予定ということで、明後日までだそうですよ〜

ユニクロでジム・ジャームッシュコラボTシャツ

ちょっと遅れた話題になってしまいますが‥このところ、ユニクロで様々なコラボプリントTシャツの企画をやっているのはご存じですか。
人気イラストレーター、マンガ、アニメキャラクター、人気映画&キャラクター、お菓子からお酒に至るまでの企業コラボなど、本当に面白いものが多いのですが、以前から気になっていたのが「ジム・ジャームッシュ」コラボTシャツと、たくさんのミュージシャンがデザインで参加している「忌野清志郎 Love&Peace&"    "Project」Tシャツ。("      "にはその人が大切に思っているキーワードが入ります)
見に行ってみよう〜!と思いつつも、普段ユニクロに行くことがあまりないため、なかなか行動に移せず先日やっと行ってきたのですが‥
いや〜楽しい!!本当にいろいろなTシャツがある!
思わず「チキンラーメン」(ロゴやデザインそのまま)とか、「なんとか焼酎」なんて書いてあるものまで買いたくなってしまう‥^^;
結局、「忌野清志郎 Love&Peace&"    "Project」は、気になっていた人のデザインがイマイチでやめ^^;予定通りジム・ジャームッシュのものを数着購入。
普段、スタッズやファスナー、ひもやらテープやらがついた変わったデザイン、柄の服を着ていることが多いので^^;今年の節電&猛暑(?)は手拭いバニーちゃんヘアスタイル(過去にこういう記事を書いたことがあります‥)+シンプルTシャツで乗り切ろうと思います(笑)。

UNIQLO/UT ←なんと、今見たら普段1500円くらいするTシャツが790円になってます!(私は定価で買っちまいました‥(T▽T))


110516_125548-1
110516_184414-1
 
Tシャツについている大きめのこのタグがカッコよくて、黒のスケジュール帳の透明カバーに挟み込んで使っています。
オダギリも大ファンのジム・ジャームッシュですが、こんな風に記載されていました。

JIM JARMUSCH
<独自のオフビートでクールな作風が注目され、インデペンデント映画の寵児と称され絶大なファン層を持つジム・ジャームッシュ監督。「パーマネント・バケーション(1980)」、全編モノクロで撮られた「ストレンジャー・ザン・パラダイス(1984)」、「ダウン・バイ・ロー(1986)」の初期3部作の中から記憶に残るワンシーンをTシャツに再現しました。 >

新宿バルト9「奇跡」PR中

DVC00003-2
DVC00002-1
↑こちらは結構大きくなりますが、ちょっと暗かったのでボケ気味かな

週末、新宿バルト9に映画を観に行ったところ、一部コーナーがこんな感じになっていました。
(置かれているテレビではエンドレスで予告が流れ、映画館でももちろん予告が流れ‥)
意外にも、(私が眺めていた時には?)若い男性の2〜3人連れが立ち止まって、このパネルを見ていることが多かったです。

また、以前映画館に置かれていたチラシはB5のものでしたが、現在置かれているものは(先日の試写会でも配られたのですが)、

・B4二つ折り仕様
・表は以前のものと同じ(「奇跡」オフィシャルサイトトップページと同じ)
・中は映画を観た有名人からのコメントや映画のシーン(オダギリも数点‥上のパネル右上の芝生での写真、家で寝ていたところを子供に起こされているシーン)
・裏側はオフィシャルサイト→イントロダクションのページで、最初に見られる家族4人の写真

というものになっています。
(置かれているスペース的なものは、以前に比べてかなり縮小されていたような気もします;)

【テレビ】「MY WAY」カンヌワールド・プレミア関連

全然チェック出来ていませんが、カンヌの様子が朝からちょこちょこやっていますね〜
昨日はやじうまテレビ!、今日はめざましテレビやZIP!などで見かけました。
取り急ぎ携帯から〜!

水のこと。

ちょっと重めの話題を書かせていただきます。
水。最近東日本では、連日の様に水のことがニュースとして流されています。
昔は「天気予報」だけだったのが、「さくら前線予想」に「花粉情報」なんてものももうすっかり定着して‥なんて思っているうちに、今や「放射能情報」に「でんき予報」!?と、近未来の小説かテレビでしか出てこないと思っていたような状況が、現実のものとなりつつある東日本‥(>_<)
でも、東日本以外の人と原発や水のことを話しても、あまりピンとは来ていない様子なことが多いんですよね。。
例えば、関西の身内と話をしても、大きなこととしては心配していても、(私のいる)東京はまあ大丈夫だろう、関西にいる自分には直接関係ないだろう(=自分の身の危険は感じていない様子)‥というようなニュアンスも時々伺える。。
確かに福島の原子炉は停止しているため、そうそう大きなことにはならないはずですが、以前のように燃料棒を冷やし切れず、万一溶け出してしまうようなことになれば、物騒な話ですが、運が悪ければチェルノブイリのようなこと(臨界)が起こらないとも限らず、チェルノブイリでは周囲数百キロが汚染され、何千キロと放射性物質が飛んだ‥ようなことが起こらないとも限らない。
必要以上に怖がってはいけないし、必要以上に先回りして品薄パニックに拍車をかけてもいけない。
でも、無知すぎてもいけないんじゃないかなと(>_<)
今、東日本で騒ぎになっている水の問題も、大人である私は多少数値が高かろうか低かろうが普通に使い、これからも「飲むな」と言われるまでは使って行こうと思っていますが、この問題も、この先どこまで深刻になり、どこまで広がるかはわからないこと。
そうならないよう私自身も心底願っていますが、更にその中で、「極力飲ませない方がいい」とされている乳児がいらっしゃるおうちでは、どれだけ重大で大変なことか。。
ですので、みなさんもご存じの内容は多いかもしれませんが、1つでも「そうか」ということがあればと思い、私が水に関して『なるほど』と思ったことを載せておきます。今は水問題に全く関係のない方も、頭の片隅に留めておいていただければと思います。



<乳児=1歳未満の考え方>
「乳児の1才未満に飲ませないで」となると、1歳1か月ならどうなのか‥などと心配になりそうですが、「主食がミルクだけの赤ちゃんには極力飲ませない」→ 要は、1歳以上で離乳食(水分以外のもの)も取れている赤ちゃんなら大丈夫、と考えればいいようです。

<これまでにも‥?>
水道水の放射性物質については、実はこれまで(今回のような特別なことがない限り)継続的に測ったことがなく、データがないそうです。
つまり、他の国で大きな核実験があった時(>_<)そのほかいろいろなことがあった時‥も数値が一時的に高くなっていたことも過去にはあったかもしれないとか。
というわけで、これまでも私たちは知らず知らずそういうものを飲んでいたかもしれないということで^^;そういう意味では、「検出された数値は大丈夫」と言われている今の方が安全ということもあるかもしれないのかなとも‥?^^;

<安全な水を少しでも増やす方法>
ここからは、乳児がいらっしゃるのにペットボトルの水もなかなか簡単に手に入らないという方に。。(テレビで知った情報と、私が思い付いた方法の合わせ技です(>_<))
最近水に混じっていると騒がれている放射性ヨウ素は、8日置くと半分程度に減るそうです。
つまり汲み置きすれば減らすことができる。
ただ、汲み置きすると水中の塩素も徐々に減り、雑菌が増えてしまう可能性もあるので、例えば冷蔵庫で3〜4日置くだけでも、ヨウ素は半分の半分、約1/4近く減らせることに。
乳児の規制基準は100ベクレル以下ということなので、例えば200という基準を超える数値が出た場合、数日置いておくと150に下げられ、そこで更に、市販のペットボトルの水でその水を割ると(例えば倍の量で増やすと)、赤ちゃんにでも使える安全な75ベクレルの水が倍の量できる‥ということになりますよね?(>_<)
テレビで、配布されたペットボトルの水をそのまま全部使い切っているお母さんたちの映像を見て、水が貴重品という間は、少しでも大事に使えそうな方法を‥と思った次第です(>_<)
ここを見て下さっている方に“乳児”で当てはまる方はいらっしゃらないかもしれませんが‥まだ暫くは「数値」に翻弄されることも多々ありそうですし、そういう地域の方は、極力冷静に(もちろん私も)頑張りましょうね〜(>_<)
(余談ですが、「ヨウ素131は水に溶けた状態であれば、その水を沸騰させることで、濃度を低くすることができる」と言われている外国の専門家もいらっしゃるようですが、国内のテレビなど公の情報ではまだ肯定される内容として聞かないですし、沸騰させると塩素もとび、水の殺菌力が無くなってしまうため、汲み置きはできなくなりますのでご注意下さいね)

ずずさんからのメッセージ

先日はずずさんへのメッセージをありがとうございました。
とりあえずの分を送らせていただいたところ、ずずさんから

<皆さんからのコメントがたくさんで涙しながら読みましたよ、本当に心がほっとまぁるくなりました 嬉しくて嬉しくて・・・・>
<みなさんに本当によろしく伝えておいてくださいね。>
<とりあえず、私は今は今は元気です。>

という内容の長いメールをいただきました(>_<)
ずずさんのいらっしゃる避難所は救援物資も届いていて、みなさんで力を合わせてなんとか頑張られているそうです。
また、ずずさんの地元の自然を愛されて、よく撮影で訪ねられていた冨永昌敬監督がメッセージを送られていたり、オダギリの作品の撮影をたくさん手がけていらっしゃる写真家の平間至さんが救援物資を届けに行かれていたりと、ずずさんの地元に縁のある方たちもとても心配され、応援の気持ちを早速行動に移されているようです(>_<)
ずずさんとずずさんの地元、宮城、そして東北が少しでも早く元気な姿に戻れるよう、私も今、自分にできるだけのことをしながら、この先も応援して行ければと思っています。

みなさんからのエールをm(__)m

ただひたすら震災関連ニュースを見続けていた10日間。。今はニュース以外のテレビも音楽も一切受け付けなくなっているような私ですが‥今日になって、仙台近くに住み、時々このブログにも寄って下さっていたずずさんが被災されていたことがわかりました(>_<)
おうちの場所から津波を本当に心配していたのですが、やはり津波で大きな被害に遭われたようで、ご本人、ご家族は無事だそうですが(本当によかった(>_<))、大変な状況で生活されているようです。。
以前はしまさん→Shimaさん→ずずさんとHNを変えられ、もちろんオダギリジョーファンでいらして、時々BBSの方などに元気な書き込みして下さっていた方です。
もし気になっていたという方がいらっしゃったらと思い、記事にさせていただいています。
ずずさんをご存じの方、知らないけれどエールを送ろうという方、是非コメント欄にお願いします。(ずずさんに送らせていただきます)

その他にも東北にはブログを通じての知り合いの方が何人かいるのですが、私のパソコンが去年ダメになってしまったことでアドレスがわからなくなった方もいて、連絡ができていません。被害の大きい県の方もいるので、私は大丈夫だよ、大丈夫らしいよということをご存じの方がいらっしゃいましたら、メールでも結構ですのでよろしければお知らせ下さいませm(__)m
管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
をご覧ください。

------------------------
<2017年>
------------------------
【3月】
10(金)
『オーバー・フェンス』DVD&Blu-ray発売
23(木)
『BOTTLATTE CM「日本のオフィスにはリラックスが足りない」篇』オンエア中
------------------------
【4月】
26(水)
『湯を沸かすほどの熱い愛』DVD&Blu-ray発売
27(木)
「ユリイカ5月号」(鈴木清順監督特集にオダギリのエッセイが掲載)
------------------------
【5月】
11(木)
映画『いぬむこいり』にオダギリコメント
18(木)
『めざましテレビ』(フジテレビ(6:17)/『エルネスト』情報)
------------------------
【7月】
20(木)
★「JAPAN CUTS 2017」(ニューヨークで開催される北米最大の日本映画祭/『オーバー・フェンス』上映(19:00〜)舞台挨拶及び質疑応答)
第6回「CUT ABOVE賞for Outstanding Performance in Film」授賞式

21(金)
★「JAPAN CUTS 2017」(ニューヨークで開催される北米最大の日本映画祭/『FOUJITA』上映(18:30〜)舞台挨拶及び質疑応答)
------------------------
【10月】
6(金)
『エルネスト』公開(TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー)
------------------------
【11月】
11(土)
『南瓜とマヨネーズ』公開(新宿武蔵野館ほか全国ロードショー)
待機作品
映画『エルネスト』
・2017年10月6日TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
映画『南瓜とマヨネーズ』
・2017年11月新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
・監督・脚本:冨永昌敬監督
・原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』
・ハギオ役
・出演:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研 ほか
-----------------------
映画『人間の時間』(韓国)
・キム・ドンフ監督
・6月初めにクランクイン
・イブの彼氏役(特別出演)
・藤井美菜(イブ)、チャン・グンソク(アダム)、アン・ソンギ、リュ・スンボム、イ・ソンジェ、オダギリジョー、ソン・ギユン ほか
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ