オダギリ、「チア☆ダン」もですが、暑い中、現在国内で自分の監督作品の撮影を頑張っているみたいですよ〜

そのスケジュールもあってかはわかりませんが、一昨日公開され、昨日舞台挨拶があった「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」にオダギリは元々出席予定ではなく、来ないこともわかっていたのですが、初日の様子が見てみたくて行ってみたところ‥会場にはやっぱりお子さんがたくさん
なかなか貴重な空気を体験させていただきました


(先ほどネタバレコメント欄に載せる‥としましたが、やはりこちらに「透明人間」関連部分を中心に載せておきます)

8/25(土)『ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-』公開舞台挨拶
TOHOシネマズ日比谷  10:40の回上映後

登壇者:木村文乃、鈴木梨央、尾野真千子、米林宏昌監督、百瀬義行監督、山下明彦監督
司会:安村直樹アナウンサー

記事にも出ていますが、「透明人間」の山下明彦監督は挨拶での開口一番、

山下監督:(自分の隣を指して)ここに本当はオダギリジョーさんいるんですけど見えませんね。無口な方なので。

と言われ、会場は笑いに包まれていました(笑)

【山下明彦監督】
「(「透明人間」は)どんよりとした作品だったので。(皆さんがどんな気持ちになっているか心配
‥というようなニュアンス)」

作品のイメージも知りたくない人は読まないでください。
↓ ↓
「背景が暗いのは透明人間の心情を表しています。中盤2ヶ所くらい明るくなるのは、期待などを表した。最後パーッと明るくしたかったので、それまでは暗いという差を作った。中盤の2ヶ所はアハ体験みたいにじわーっと明るくなっているので、もう一回見るとわかるかも。
映画通の人は『あざといことやってる』って思ったかもしれないけど、駆け出しなので青いことします(笑)」


ちょっと具体的なお話だったので省略しますが、その後木村文乃さんが「透明人間、どんよりしていると(さっき監督が)仰っていましたが‥」と素敵なお話をされていました。

【他の短編だったらどんな役をやってみたいですか?】

尾野真千子さん
「透明人間やってみたい。田中泯さんが目をつぶって挑んだと聞いて、そういうやり方があるんだ、ただ台本を見るだけのやり方とは違うんだと。だから透明人間やったら‥消せるマント!?(笑)(を使って演じるのがいいかな、風のニュアンス)
『何かをやって声を出す』という勉強になりました」

木村文乃さん
「尾野さんのこてこて大阪弁がいい」‥と「サムライエッグ」のあるシーンで感じたことのお話を。

鈴木梨央ちゃん
「透明人間はストーリー見てみたら見たことない斬新さ。何度も観ると感じ方やとらえ方が違ってくるからまた観たいと思います」

山下明彦監督
「あえて難解にしたんです。頭じゃなくて感覚で観る。1回観ただけじゃわからない、なんとなく見ても面白いけどもう1回観たいという気持ちにさせたかった。だから、狙いどおりですね(笑)」

****************
<舞台挨拶関連記事>
尾野真千子、初挑戦の声優を木村文乃に褒められ大照れ「後でお礼言います」(映画.com)他