★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト(一覧)
→【ネタバレ感想OK】 『緑色音楽』  / 『エルネスト』  / 『湯を沸かすほどの熱い愛』 / 『オーバー・フェンス』 / 『ムジカ・ピッコリーノ』 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

'14雑誌/新聞

「表紙でふりかえるキネマ旬報」にオダギリ

現在発売中の「キネマ旬報」創刊95周年記念ムックの第1弾、「表紙でふりかえるキネマ旬報」にオダギリが取り上げられているそうです!

私はまだ未購入なのでお知らせいただいた内容ですが、約1700点ものキネ旬の表紙が並び、「表紙の中の気になる顔」というコーナーでは新旧問わない世界のスターの中からピックアップされたオダギリのページがあり、これまで飾った表紙の写真や、「オダギリジョーこそは21世紀ならではのスターの先駆け」との紹介もあるそうですよ*^^*

うちにはかなりの数のキネ旬がありますが‥感慨深いなあ(>_<)

表紙でふりかえるキネマ旬報 (キネマ旬報ムック) [雑誌]
キネマ旬報社
2014-10-29

表紙でふりかえるキネマ旬報 (キネマ旬報ムック)

12/1(月)「朝日新聞」に藤田嗣治さんの記事とオダギリインタビュー

今日の「朝日新聞」<文化の扉>が1/2面の大きさで藤田嗣治さんの特集、その中にオダギリの写真&インタビューもありましたね!

こちらは朝日新聞のデジタル版の記事。
登録者でないと全部は見られませんが、記事の一部と新聞に乗っている表や絵、オダギリの写真などは見られます。

(文化の扉)はじめての藤田嗣治 反対狙い、独自のスタイル確立(朝日新聞DIGITAL)


■12/1(月)「朝日新聞」
朝日新聞社
<文化の扉/藤田嗣治> 
23面 1/2ページ

<いかに目引くか考えた>
俳優 オダギリジョーさん
(一部抜粋)
『藤田は絵、僕は芝居ですが、自己表現という点では共通点を感じる。』
『僕もアメリカで俳優の養成学校に通っていたころは、げたをはいたり、ランドセルをしょったりした。ビジュアル的な、日本的個性みたいなものを通して、自分をアピールしたかったんでしょうね。
藤田の場合、世界中の画家が集まるパリの中で、注目されて初めて、作品を見てもらえる。みんなの目をいかに引くかを、すごく考えたんだろうなと思います。』
『なぜ戦争画を描いたのかは、一番ひっかかったところです。国に背くことは考えられない時代だったのと、それを利用して自分の表現の場を作ろうとしたのでしょうか。そういう藤田の太さ、強さを描き切れればいいと思います。』

11/12(水)朝日新聞(朝刊)「ひと」欄で『FOUJITA』プロデューサーさんが紹介 

11月12日(水)の朝日新聞(朝刊)2面の「ひと」欄に、『FOUJITA』のプロデューサーであるクローディー・オサールさんが取り上げられているとお知らせいただきました。

朝日新聞のデジタル版で、最初の部分をほんの少しと写真が見られます。

(ひと)クローディー・オサールさん 藤田嗣治を描く日仏合作映画のプロデューサー

(本文より一部転載)
『「アメリ」などのヒット作を手がけ、独のビム・ベンダース監督らとも組んだことがあるが、アジアの監督とは初めてだ。』
『過激な恋愛を描いた「ベティ・ブルー」は当初見向きもされなかったが、監督の才能を確信し、自己資金も投じて完成させた。』

「アメリ」にヴィム・ヴェンダースに「ベティ・ブルー」。。
本当に凄い名前が並んでいるなあと思いました‥。
そんな人が、『「自分を豊かにしてくれる人」と決断した。』のが小栗監督であり、「FOUJITA」という作品だったそうです。


「仮面ライダー平成vol.1 仮面ライダークウガ」(講談社/仮面ライダーOffcial Mook)

これまで何度となく発売されている仮面ライダー関係の本ですが、この本では「現在」の葛山信吾さんが「一条薫」を語られ、脚本の荒川稔久さんやアクション俳優の富永研司さん、白倉伸一郎さんなど東映の方々なども作品を振り返られています。(葛山さんは見開き2ページ!)
40ページ足らずの薄い本ですが、細かいところにまでクウガ愛を感じる本です。
(相変わらず爽やかな笑顔の)葛山さんのインタビューでは、「オダギリ君」という名前も何度か登ジョーしています*^^*

仮面ライダー 平成 vol.1 仮面ライダークウガ (平成ライダーシリーズMOOK)仮面ライダー 平成 vol.1 仮面ライダークウガ (平成ライダーシリーズMOOK)
講談社
2014-10-25

「CINEMA SQUARE vol.66」「Cinema★Cinema SP. 2014 autumn」に映画「深夜食堂」現場レポート

現在発売中の「CINEMA SQUARE vol.66」と「Cinema★Cinema SP. 2014 autumn」に映画「深夜食堂」の現場レポートが載っているとお知らせいただきました!
オダギリの写真(や後者には役名など)も掲載されているそうですよ〜(私はまだ見られておりませんが


シネマスクエアvol.66 (HINODE MOOK63)シネマスクエアvol.66 (HINODE MOOK63)
日之出出版
2014-09-19







Cinema★Cinema(シネマシネマ) SP.2014autumn
学研マーケティング
2014-09-19

【雑誌】「DVD&ブルーレイでーた2014年9月号」

DVD&amp;ブルーレイでーた 2014年 9月号 [雑誌]
KADOKAWA/エンターブレイン
2014-08-20


現在発売中の「DVD&ブルーレイでーた9月号」に、「リバース エッジ 大川端探偵社」DVD&ブルーレイ発売を記念したインタビュー記事が見開きで掲載。(p.76〜77)
作品からの写真が4点、雰囲気のあるキャスト3人の写真が1点、オダギリの撮りおろし写真が1点。
探偵という役柄について、芝居についてのほか、大根監督、そして石橋蓮司さんについて、ステキな話をしています*^^*

【文庫本・サントラ】「アリスの棘」文庫本(前編・後編)、サウンドトラック

百瀬しのぶ
宝島社
2014-06-11


百瀬 しのぶ
宝島社
2014-07-24




「Domani 8月号」にオダギリ

「Domani 8月号」の「Domani的大人文化部」コーナーにオダギリが1ページ載っているとお知らせいただきました!
「今月の要注意男子」なんだそうです^^


Domani (ドマーニ) 2014年 08月号 [雑誌]

「GLOW 8月号」にオダギリインタビュー

「GLOW 8月号」にオダギリの記事が2ページ掲載されているとお知らせいただきました^^
「GLOW男子写真館」というコーナーだそうです。

GLOW


GLOW (グロー) 2014年 08月号 [雑誌]

「「madame FIGARO japon(フィガロジャポン) 8月号」にオダギリ

「madame FIGARO japon(フィガロジャポン) 8月号」にオダギリのグラビア&インタビューが掲載されているとお知らせいただきました。

阪急コミュニケーションズ
2014-06-20



madame FIGARO.jp

<追記>
こちらに掲載写真がアップされています*^^*
フィガロジャポン(twitter)

【雑誌】5/27(火)「SPA!6/3」(表紙:オダギリジョー)

今日発売の「SPA!」の表紙がオダギリです*^^*

SPA! (スパ) 2014年 6/3号 [雑誌]
扶桑社
2014-05-27


5/27(火)「SPA!6/3」
扶桑社
表紙
“PEOPLE this week File.03 今週の表紙 オダギリジョー” カラー1p p.7

ちょっと長めの前髪が色っぽいです
インタビューでは「会社で働いてる(人の)ほうがすごいですよ」と言い、「SPA!」だからいいかなということで、パパとしてお子さんについても少しだけ語っています*^^*

【WEB】「月刊風とロック創刊100号特別号」も公開

先日、ネットでも見られるとお知らせした「月刊 風とロック 創刊100号記念号」(16ページ)ですが、風とロックさんが以前から宣言されていた通り、「月刊 風とロック 創刊100号特別号」(148ページ)の方もmagabonのサイトで公開されました
こちらにはオダギリの写真も掲載されています*^^*

ちなみに、記念号はイベント会場やタワレコでも配布されたのですが(あっという間に無くなったようですが)、特別号は限定日に限定会場のみで配られたものでした。

magabon/風とロック

こちらの83ページ目にオダギリの写真が16枚分割で!
写真で見ると、リリーさんとは別録りだったんですね。

【新聞】5/7(水)「読売新聞(夕刊)」(オダギリジョー)

5/7(水)付「読売新聞(夕刊)」に連ドラに関するオダギリの記事が掲載されていたとお知らせいただきました*^^*
私は見られていないのですが、詳細な内容をお知らせいただきましたので、紹介させていただきますね。


5/7(水)「読売新聞(夕刊)」
“主要キャスト掛け持ち出演:民放4月期の連ドラ” 11面

「8」も「6」も、ではなく八面六臂の活動を見せているのがオダギリジョー。テレビ東京系「リバースエッジ大川端探偵社」に出演し、さらにフジテレビ系「極悪がんぼ」、TBS系「アリスの棘」と民放3本に出演中だ。
 そんな離れ業ができるのも、「リバースエッジ」の撮影が昨年末に終わっていたから。テレビ東京の宣伝担当者は、「役柄やドラマの色合いが違い、それぞれの良さを楽しんでもらえると思う」と話す。』
(「オダギリジョー3本」の見出しで、3つのドラマの写真が2枚掲載。谷原章介さんの写真も2枚。)

【掛け持ちが増えている理由】として、
「人気上昇中の若手や準主役級のベテランなど、誰もが使いたくなる役者に出演のオファーが集中してしまう」(民放プロデューサー)
「(略)準備期間がない中、スタッフ間でイメージを共有するのが楽だし、求める通りの役柄を見せてくれるという点で同じような人になってしまうのでしょう」(テレビドラマ研究家)

‥というコメントなども紹介されていたそうです。
テレビドラマ研究家の方のコメントは、どういう人だったら「求める通りの役柄を見せてくれる」ということなのかちょっとわからないですが、つまりは、オダギリジョーという人は誰もが使いたくなる役者、ということに尽きるのでしょうね*^^*
ニュアンスとしては、作り手が役者さんに頼りすぎている?といった感じの記事だったそうですが、私たちにしてみれば、頼りすぎ万歳〜♪ですねっ(どんなまとめ方‥でも本心/笑)

【雑誌】4/24(木)「UOMO 6月号」4/26(土)「+act. mini vol.25」(オダギリジョー)

uomo (ウオモ) 2014年 06月号 [雑誌]
集英社
2014-04-24


■4/24(木)「UOMO 6月号」
集英社
“CLOSE-UP オダギリジョー/すべてを洗い流して、一度ゼロに戻したかった” 
カラー3p p.211〜213

内容は「リバースエッジ大川端探偵社」関連のインタビュー、写真は1ページ大のもののほか3点+ドラマから1点。
写真が‥‥ステキですよっ!(>_<)
髪の長さもパーマもちょっとのびた感じになっていて、髪型もビジュアルも全然違うのに、なぜか「メゾン・ド・ヒミコ」の春彦を思い出してしまった、アンニュイかつ透明感のあるような感じ*^^*
あと、「大根監督からオダギリジョーさんへの質問」というコーナーがあり、それがとても興味深いです。
例えば『幼少の頃に観たトラウマ的な映画はありますか?』『身体に1つだけタトゥーを入れるとしたら、どこにどんなものを入れますか?』(この質問は昔にも答えていたことがありますが)『印象に残っている探偵モノの映画、ドラマは?』『オダギリさんの最後の晩餐は何がいいですか?』‥などなど。
‥最後のはいつものやつですけれどね*^^*(笑)




4/26(土)「+act.mini vol.25」
ワニブックス
”Interview with Joe Odagiri /オダギリジョー”
 カラー6p p.20〜25

グラビアが4ページに渡って。なるほど、この後髪を切ってUOMOスタイルになったんだなあ
衣装は「出会いたい 感動の名店」(←雑誌名ですよ)の時と同じ、スカートのような白のロングシャツにショートブーツ。ですが、上半身だけ見ると、一番上まできちっと留められたボタンにニットのカーディガンと、普通に男っぽくてステキです*^^*
インタビューはやはり「リバースエッジ大川端探偵社」から。
でも、ドラマの話というよりはオダギリ自身の話が中心で、知ってはいたけれど初めての表現だな、とか、気づいてはいたけれど、初めて言葉にしてくれたんじゃないかな、なんて話も多々あり。
私がそうでもあり、そうでもないかもとも思ったのは「アイドル的なオダギリジョー」に関する、オダギリ自身の感想(笑)。
やっぱりそんなこと思っていたんだ、でもそれで楽になったんだ。
けどやっぱり、そうは言ってもあなたはスターには違いないのだから‥‥そう思いつつも、ご本人が気にせずやれるようになったのなら、それは本当にいいことなのかもしれないな。
そうそう、小さく載っているオダギリのプロフィール。小さなスペースにめちゃくちゃ作品名が盛り込まれていて驚き&感心しました(笑)。

今日発売の「+act.mini vol.25」にオダギリインタビュー

本日発売の「プラスアクト ミニ25号」にオダギリが取り上げられているとお知らせいただきました!

プラスアクト
オダギリジョー 『モテキ』『まほろ駅前番外地』を生んだテレビ東京深夜枠で、オダギリジョーがテレビドラマに帰ってきた!

+act. Mini (プラスアクトミニ) vol.25 (+act. 2014年 6月号 増刊)
+act. mini (プラスアクトミニ) vol.25 (+act. 2014年 6月号 増刊)
ワニブックス
2014-04-26

【雑誌】4/23(水)「TV Bros. 2014年4月26日号」

今日4/23(水)発売の「TV Bros. 2014年4月26日号」はオダギリが表紙です!

表紙はこちら→TV Bros.

【雑誌】3/20「エンタミクス5月号」3/25「出会いたい感動の名店」4/1「EYESCREAM5月号」

詳しい感想を書きかけていたのですが、やっぱり時間がなく、発売ギリギリになってしまっているので、とりあえずの内容を〜m(__)m



■「エンタミクス 2014年5月号」
KADOKAWA
”どーなの?春ドラマ(主人公に聞こう!)” 
p.22〜
(「極悪がんぼ」 p.28 ‥ですが、何もなし(笑))
「アリスの棘」 p.29 ‥相関図に小さいプロフィール写真。
「リバースエッジ大川端探偵社」p.31
オダギリの撮りおろし写真が2点と役の写真が3点&インタビュー。
写真はかなり端正な顔つき*^^* 
作品についてのほか、「下町について」「好きな探偵」「大川端探偵社に依頼してみたいこと」について語り、最後にかなり面白いこと(私にとって興味深いと思うこと)を言っています(笑)。


出会いたい感動の名店 (東京カレンダーMOOKS)

■「出会いたい感動の名店」
東京カレンダー
”浅草の名店で「粋」を味わう”
 カラー3p p.15〜17
衣装は黒のレザージャケットの裾からふわっとしたスカートのように白のロングシャツを出し、黒のパンツに黒のブーツ。写真は1ページ大のグラビアが1点。浅草の「浅草 1文」で「江戸ねぎま鍋」を食べている写真が2点。その他2点。
食べ物やお酒、居酒屋などのお店、「リバースエッジ大川端探偵社」などについて、ゆっくりじっくり語っています。


EYESCREAM  2014年5月号
スペースシャワーネットワーク
2014-04-01
EYESCREAM (アイスクリーム) 2014年 05月号 [雑誌]

■「EYESCREAM  2014年5月号」
スペースシャワーネットワーク
“VISION JOE ODAGIRI”
 カラー1p p.5
1ページのグラビア&「リバースエッジ大川端探偵社」取材内容。
でも、真っ赤な衣装に深い緑とベージュの背景が本当に素敵です(>_<)

“SPECIAL INTERVIEW WITH JOE ODAGIRI” 2ページ p.98〜99
「リバースエッジ大川端探偵社」のインタビュー。サブタイトルは「深夜枠のテレビではどんなことにでもチャレンジできる可能性が残っている」。
オファーが「最初はプロデューサーの方からお手紙をいただいた」というものだったという話をはじめ、「リバースエッジ大川端探偵社」という作品について、そこから関連した自分の話などを語っています。


■「TVぴあ 4/12→4/25」
ぴあ
表紙とCONTENTSのページに小さな顔写真
”春ドラマVoice オダギリジョー” カラー1p p.95
他の雑誌とはまた違う、杢グレー〜黒のシックな衣装。「リバースエッジ大川端探偵社」のインタビュー。「第2話には際どいシーンがあり、原作に近い印象を与えると思います」とのことです(笑)。
(この号はもう販売されていませんm(__)m)

「TVぴあ 4/12→4/25」にオダギリ(「リバースエッジ大川端探偵社」)

お知らせいただいた情報です(最近、なかなかこまめに本屋さんに行けていないので、とてもありがたいです。みなさん、ありがとうございます!)

■現在発売中の「TVぴあ 4/12→4/25」に、「リバースエッジ大川端探偵社」関連のグラビア&インタビューが1ページ掲載されているそうですよ*^^*


※雑誌情報は、雑誌の販売地域などによっても内容差があったりする場合もあるため、これまでは一応自分でも確認した上で載せていたのですが、最近なかなかすぐにチェックできていないこともあってとりあえずお知らせいただいた時点で先に掲載させていただいていますm(__)m

「エンタミクス5月号」「出会いたい感動の名店」「EYESCREAM 5月号」にオダギリ関連記事

お知らせいただいた雑誌情報です。
全然本屋さんに行けていなかったので私もありがたいです〜(>_<)
ドラマがたくさんあるので、これからはテレビガイド誌も要チェックですね


エンタミクス 2014年 5月号 [雑誌]

「主人公に聞こう!どーなの?春ドラマ」というコーナーの中に1ページ掲載されているそうです!
↓こちらに記事の内容が紹介されています。

新ドラマ主演のオダギリジョー、ウィキペディアに逆ダメだし?(エンタミクス)

‥いきなりですが、ああスッキリ〜(笑)
実はウィキペディアの件は、間違っていることは一応わかっていたのですが‥ご本人は当然ながら何もコメントされないし(笑)、間違いにしてもなんでこんな話が‥?というところで、1%くらい『本当なんてことがあったりするのかな?』と思っていたんです^^;
でもやっぱり間違いだったんですね。
まさかこんなに時間が経ってからこんな話題を出してもらえるとは〜でした(>▽<)



出会いたい感動の名店 (東京カレンダーMOOKS)
東京カレンダー
2014-03-25


「オダギリジョー 浅草の名店で「粋」を味わう」という3ページの特集


スペースシャワーネットワーク
2014-04-01


巻頭コラムの「SPECIAL INTERVIEW」がオダギリだそうです。
EYESCREAM.JP

3/29(土)「読売新聞」朝刊 BS試写室にオダギリ

昨日の「読売新聞」朝刊「BS試写室」に、「旅する音楽」が紹介、オダギリの写真もカラーで掲載されているそうですね!
読売新聞の方はお見落としのないよう〜*^^*

雑誌「CGWORLD vol.188」に「Present For You」

現在発売中の「CGWORLD 4月号 vol.188」という雑誌に「Present For You」の特集ページがあるようですね。
内容の一部がこちらから見られます。

■3/10(月)「CGWORLD vol.188」

CGWORLD ORDER.JP
      ↓
下の方に
<HOT STUFF>
・ダンデライオン流、オリジナルコンテンツ展開
・映画『Present For You』
・The Foundry「NUKE 8.0」
      ↓
とあり、その下で「Present For You」の記事4ページ中2ページ分見られます。
このページを見る限りは、やはり主にCGの紹介記事かな?という感じなので、私はまだ買っていませんが。。


CGWORLD (シージーワールド) 2014年 4月号 vol.188








ワークスコーポレーション
2014-03-10

「大空港2013」パンフレット

そういえば、WOWOWで「大空港2013」のパンフレットプレゼントのキャンペーンがあり、今年に入って送られてきたのですが、すっかり忘れていました。
写真、内容はほとんどネット等に既出のものですが、A4大で12ページもある映画パンフレットのような立派なものだったので、とても嬉しかったしステキな記念になりました。
早くディスク化されるといいですね。

DSC02622










DSC02626





DSC02627

韓国の雑誌「CINE21 No.943」の表紙がオダギリ

現在韓国で発売中の雑誌「CINE21 No.943」の表紙がオダギリです。
中を確認してから紹介したいなと思っていたのですが、スマートフォンのアプリで電子版を購入できると教えていただいたので、記事にしておきますね。
私はやっぱり紙がいいので、現在雑誌を注文中なのですが、まだ届いていません〜

こちらで表紙が見られます。 ◇CINE21

【雑誌】「BARFOUT! 222」「Pen 2014年2/15号」(オダギリジョー)

こちらで素敵なオダギリが見られます^^
DAILY BARFOUT!

2/19(水)「BARFOUT! 222」
BARFOUT! 222 堂本剛 (Brown’s books)




 




BARFOUT! 222 堂本剛  [単行本]
幻冬舎
“FEAUTURE ODAGIRI JOE” 4p p.58〜61

しっかりとした紙のこの雑誌を開いた途端、しっかりと紙の匂いがしてドキリとした。
こういうのなんだか久々な感じ。
そういう雑誌のオダギリはやっぱりいいな。

というわけで、オダギリのアップのグラビアが3ページ!
最初の2枚はモノクロ。
顔に色を塗っている?くわえたタバコから立ち上る煙が不思議なコントラストをつけている?
一瞬そんな風にも見えた、光と陰が浮かび上がらせるオダギリの男っぽい表情。
写真端に写りこんでいる左手も何か言いたげで気に入っています。
カラーは‥文句なくのシャープな二枚目オダギリ(笑)。
まっすぐ見上げる目から、誰もが暫く目が離せないのでは‥(笑)
そしてインタビューが1ページ。
インタビューの対象は「4月より放送のドラマ24『リバースエッジ大川端探偵社』に主演するオダギリジョー」。
オダギリの作品や役の感じ方、捉え方、そして、「共謀」した大根監督との関係性すら、既にハードボイルドな空気を醸し出しているような気がしました。
オダギリが言う「どこか可愛らしく見えたりするような」登場人物と、「台詞の呼吸や、一瞬の目の動きとかでやってみたい」と思った探偵との出会いがどんな物語を生み出していくのか。楽しみです。



■2/1(土)「Pen 2014年2/15号」
Pen (ペン) 2014年 2/15号 [おいしい弁当]





阪急コミュニケーションズ
“29人がこっそり教える、私の好きな弁当。/01オダギリジョー(俳優)/宿六のおにぎり” 2ページ、p.24、25

考えてみれば写真がとっても珍しい。陽に照らされてキラキラ輝く緑がガラス越しに映る室内で、オダギリが椅子に腰掛けて脚を組み、リラックスした様子で笑っています。
その視線の先には、自分が手にしている1つのおだぎり‥いやおにぎり。(コラ)
何の瞬間なんだろう。会話をしていたのかな。
それともおにぎりを手にした瞬間なのかな。
見ているだけでこちらも幸せになれるような優しい笑顔です。

宿六のおにぎりは「リバースエッジ大川端探偵社」の撮影中、プロデューサーさんが朝食として買ってきてくれたものなんだそう。すぐ食べておいしい、持って帰って食べてもおいしかったとのこと。次、浅草に行く機会があったら食べてみたいな。

2/19発売の「BARFOUT!」にオダギリ

お知らせいただいた情報です*^^*
2/19発売の「BARFOUT! 222」にオダギリのインタビューが4ページあるようですよ〜

BARFOUT! 222 堂本剛
BARFOUT! 222 堂本剛 [単行本]
FEATURE
オダギリジョー(4ページ)

2/1(土)発売の雑誌「Pen」にオダギリ

友達が知らせてくれた情報です。2月1日(土)発売号「Pen」の「おいしい弁当。」特集にオダギリも取り上げられるみたいですよ〜

Pen → News(2014.1.14 Info)
<29人が語る、「私の好きな弁当」。
 *オダギリジョー*河北麻友子*小山薫堂*持田香織*尾上松也*宮本恒靖>

阪急コミュニケーションズ
2014-02-01


管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
◆◆Schedule(2017)◆◆
をご覧ください。

------------------------
<2017年>
------------------------
【10月】
2(月)
★『YOUは何しに日本へ?』(『エルネスト』関連)
4(水)
★ニュースシブ5時(NHK総合 16:50-18:10/『エルネスト』▽ゲバラの時代を演じて オダギリジョー生出演)
★『「エルネスト」スペシャル』(InterFM897 20:00-21:00/ゲスト:オダギリジョー、阪本順治監督)
6(金)
『エルネスト』公開(TOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー)
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
---
7(土)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズららぽーと横浜9:05〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズ新宿12:00〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(TOHOシネマズ日本橋13:45〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、永山絢斗、阪本順治監督)
---
8(日)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(京都市/TOHOシネマズ二条10:20〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(堺市/MOVIX堺12:40〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(西宮市/TOHOシネマズ西宮OS 15:50〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(大阪市/TOHOシネマズなんば16:30〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
---
9(月祝)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(広島市/TOHOシネマズ緑井9:20〜上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(広島市/サロンシネマ ?〜回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(名古屋市/伏見ミリオン座ミリオン1 16:50〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
---
10(火)
★『4SEASONS』(Kiss FM KOBE 7:30-11:00 インタビューゲスト:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『南瓜とマヨネーズ』完成披露試写会(新宿武蔵野館/登壇者:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督)
11(水)
★『muse beat』(@FM80.7 11:30〜13:00/ゲスト:オダギリ、阪本順治監督)
13(金)
★『〜JK RADIO〜TOKYO UNITED』(J-WAVE 6:00-11:30 /ナビゲーター:ジョン・カビラ/オダギリのおすすめの一曲The White Stripesの「Seven Nation Army」が紹介)
「『エルネスト』オリジナルサウンドトラック」発売
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
14(土)
★『エルネスト』公開記念舞台挨拶(有楽町スバル座 10:30〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
「Ginza Net T imes vol.54」(フリーペーパー、表紙、インタビュー)
16(月)
映画『緑色音楽』上映(ヒューマントラストシネマ渋谷/10:30〜12:00)
---------------
10/20(金)京橋テアトル試写室 18:00〜19:00
10/21(土)日本シネアーツ社試写室 11:30〜12:30
10/28(土)アットシアター新宿16:00〜17:00
11/2(木)イオンシネマみなとみらい 15:30〜16:30
11/9(木)映画美学校 試写室15:30〜16:30
---------------
20(金)
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
21(土)
★『王様のブランチ』(TBS 11:59- /「買い物の達人」のコーナー)
27(金)
『ムジカ・ピッコリーノ 特別編〜アリーナの旅立ち〜』(NHK Eテレ17:35-17:45 全4回/ドクトル・ジョー役)
29(日)
★『ボクらの時代』(フジテレビ 7:00-7:30/オダギリジョー、中谷美紀、オードリー若林)
30(月)
★『世界ナゼそこに?日本人〜知られざる波乱万丈伝〜』(テレビ東京 21:00-21:54)
------------------------
【11月】
3(土)
★『エルネスト』舞台挨拶(アップリンク渋谷 12:25〜の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『エルネスト』舞台挨拶(アップリンク渋谷 15:10〜の回上映前/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★『稲垣・草剪・香取3人でインターネットはじめます「72時間ホンネテレビ」』(Abema TV Abema Specialチャンネル 18:30頃5分ほど出演)
9(木)
『刑事ゆがみ(第5話)』(フジテレビ22:00-/横島不二実役)
11(土)
『南瓜とマヨネーズ』公開(新宿武蔵野館ほか全国ロードショー)
★『南瓜とマヨネーズ』初日舞台挨拶(新宿武蔵野館 8:30の回上映後/登壇者:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督)
★『南瓜とマヨネーズ』初日舞台挨拶(新宿武蔵野館 11:15の回上映前/登壇者:太賀、オダギリジョー、冨永昌敬監督)
16(木)
『刑事ゆがみ(第6話)』(フジテレビ22:00-/横島不二実役)
18(土)
★スペシャルライブ<勝手にしやがれ20th Anniversary Special「勝手二十祭」>(恵比寿リキッドルーム/ゲスト出演:オダギリジョー)
20(月)
★『白色女孩 The White Girl』がHong Kong Asian Film Festivalでクロージング上映/閉会式出席
24(金)
★『全力!脱力タイムズ』(フジテレビ 23:00-/ゲスト)
26(日)
★広島国際映画祭トークショー(『エルネスト』15:00の回上映後/登壇者:オダギリジョー、阪本順治監督)
★広島国際映画祭「ヒロシマ平和映画賞2017」授与式(阪本順治監督、オダギリジョー)
待機作品
映画『エルネスト』
・2017年10月6日TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
映画『緑色音楽』
・2017年10月16日、20日、21日、28日、11月2日、9日に上映会あり。
・グリーンリボンキャンペーンで制作された映画。村上虹郎・工藤夕貴・オダギリジョー他が出演
-----------------------
映画『南瓜とマヨネーズ』
・2017年11月新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
・監督・脚本:冨永昌敬監督
・原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』
・ハギオ役
・出演:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研 ほか
-----------------------
映画『白色女孩 The White Girl』
・11/20 Hong Kong Asian Film Festivalでクロージング上映
-----------------------
映画『人間の時間』(韓国)
・キム・ドンフ監督
・6月初めにクランクイン
・イブの彼氏役(特別出演)
・藤井美菜(イブ)、チャン・グンソク(アダム)、アン・ソンギ、リュ・スンボム、イ・ソンジェ、オダギリジョー、ソン・ギユン ほか
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ