★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
『時効警察復活・スペシャル/時効警察はじめました』  
『ある船頭の話』
その他→【ネタバレ感想OK】作品リスト(一覧)

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇
携帯用スケジュール

※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

■ 作品別・過去レポなど ■

「輝く女」(BSプレミアム)に綾瀬はるかさん。

今月中旬頃から見掛けるようになったNHK BSプレミアム「輝く女」予告映像で、綾瀬はるかさんの回が紹介されていますね。
前編、後編に分けて綾瀬さんに密着した内容が放送されるようですが、「完全なる首長竜の日」と「八重の桜」のメイキング映像(戊辰戦争のシーンでしょうか。銃を持って戦場を走る綾瀬さんのシーン)なども紹介されていましたよ^^

輝く女(NHK BSオンライン)

■「輝く女」
NHK BSプレミアム
「綾瀬はるか」(前編) 12/2(日)22:50-23:34
「綾瀬はるか」(後編) 12/9(日)22:50-23:34

「八重の桜」完全ガイド本がNHK出版より発売

近日、2013年大河ドラマ「八重の桜」の完全ガイド本(前編)がNHK出版から発売されるとお知らせいただきました。
そういえば、「新選組!」の時にはいろいろなものを買って熟読したなあ‥‥
ああいう時間がまた始まるんだな、と実感としてよみがえってきました


no-image
八重の桜 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)
(12/19発売予定)
【内容】
キャストの配役紹介+インタビュー
ドラマ前半のあらすじ
主要キャストによる座談会
ドラマの裏側が見えるロケ日記
時代の背景がよくわかる歴史特集 など

【WEB】「八重の桜」公式サイト人物相関図にオダギリ追加

新島襄さんがアップされましたね!‥って、もう結構前からだったのかな^^;
私はちょっと久々に見て、今気づきました
ちゃんと「結婚」(相手)「再婚」(相手)で並べられていますね〜(笑)

「八重の桜」公式サイト → 下・人物相関図

【テレビ】今日の「土曜スタジオパーク」でも「八重の桜」会見映像

先週、流れないかな?と予約してハズレだったのですが、うっかり予約をそのままにしていたら、今週ちょこっと会見映像が流れていました!
さっき、確認もせず予約をサッサと解除してしまってから、念の為映像を確認してビックリ(>_<)
もう少し早くにテキパキと解除していたらと思うと‥ぞ〜ッ(@_@;)
時間は以前流れた程度でしたが、内容や映像は少し違いました。



10/20(土)「土曜スタジオパーク」
NHK総合 14:00-15:00
“まるNフラッシュ(まるごとNHKフラッシュ)”

会見場。オダギリの隣の綾瀬はるかさんがマイクを持って、

綾瀬さん:やっぱり、オダギリジョーさんが新島襄さんをやられるということで、‥ジョーつながりで*^^*‥なんか、すごくうれしくなりました‥ハイ!(笑)(照れくさそうに俯きながら。マスコミ陣から温かい笑い)

ナレーション:綾瀬はるか 夫・襄役はジョー!

音声はありませんが、オダギリが何かしゃべりながら、優しい〜表情で吹き出し、それを聞いた綾瀬さんも笑顔になっている場面が流れます。

全員で右手を握って、ガッツポーズしているショット。(オダギリのはただのグーにしか見えませんが‥^^;)

ナレーション:幕末の会津に生まれた新島八重の生涯を描く、来年の大河ドラマ「八重の桜」。その新キャストが発表。
注目の八重の夫、新島襄はオダギリジョーさんが演じます。

画面には、オダギリと綾瀬さんがアップでのツーショット。

<新島襄役 オダギリジョー>

オダギリ:(神妙な面持ちで)とても有名な方だと思うので、えー‥(宙を見上げて)そういうイメージを、えー壊‥さない‥ように、えー‥かつ自分の(大きく息を吸い込んで)新島襄像を描けるように、えー‥やっていけるか、とても心配です。(画面いっぱいにアップになった目と口元に、この一瞬だけほんの少し笑いが浮かびます/笑)

<新島八重役 綾瀬はるか>

綾瀬はるかさん:今日こうして、新たなキャストのみなさんが加わりですね、(カット?)東北のみなさんをはじめ、全国のみなさんに、毎週こう、楽しみだなと思っていただけるような、そういう作品をお届けできたらいいなと思っています!

他のキャストの方の映像も映り‥

ナレーション:高嶋政宏さん、松方弘樹さん、及川光博さんほか、若手俳優のみなさんが出演します。

勝地涼さん、水原希子さん、谷村美月さんの映像も。
全員で並んで、マスコミ撮影のシーン。

ナレーション:大河ドラマ「八重の桜」。来年1月6日スタートです。

【動画】2013年大河ドラマ「八重の桜」第3次出演者発表会見(NHK)

記者会見の様子が全部観られる動画がアップされましたね。

「八重の桜」公式サイト→ 新着情報(第三次出演者発表記者会見の動画公開中!)→ 記者会見の動画はコチラ(コレ見て!ムービー)

直接飛ぶ場合はこちらから→ 【動画】2013年大河ドラマ「八重の桜」第3次出演者発表会見

【WEB】「八重の桜」第三次出演者発表(オダギリジョーほか)(2)

被っている内容のものも多いかと思いますが、新しく出た記事です。
(昨日、最初に記事をアップした段階では、NHKの記事から動画は視聴できなかったため、後で動画のページを追加したのですが、後になってNHKの記事内容が更新されたようで、そのページからも動画が観られるようになっていたようですね。少し遅れて記事を見られた方は『なんで被ってる?』と思われたかもしれないですが‥すみません^^;)

“オダギリ襄”妻役・綾瀬に惚れた!(デイリースポーツ)

オダギリジョー、新島襄と「共通点」…大河「八重の桜」キャスト発表(スポーツ報知)

綾瀬、夫役にオダジョー「名前と役柄もジョー」(サンスポ)

NHK大河「八重の桜」 追加キャスト発表(日刊ゲンダイ)

綾瀬さんの記事。
大河ヒロイン・綾瀬はるかの“特異な魅力” 内藤P「人を安心させる雰囲気がある」(Infoseek woman)

<追加>
オダギリジョー来年大河で綾瀬はるか夫役(日刊スポーツ)

大河ドラマ:オダギリジョーが9年ぶり出演 新島襄役「名前に興味」(毎日jp)

オダギリ“ジョー”つながりで大河出演(デイリースポーツ)

地元の新聞記事。
新島襄役はオダギリジョーさん 大河ドラマ「八重の桜」主要出演者出そろう
(福島民報)

<追加>
オダギリジョーが新島襄…大河「八重の桜」新たな出演者(YOMIURI ONLINE)

【WEB】「八重の桜」公式サイトの登場人物ページも更新

‥って、既に更新されていたんですけど、書き忘れていたので。
ついに「登場人物」ページに「新島襄:オダギリジョー」が加わりましたね〜
「人物相関図」にはまだですが、現時点ではあの相関図には入れにくいでしょうから^^;ドラマの途中で書き換えられたりするのかもしれないですね。

あと、新島襄さんという人については、オダギリのドラマが決まって以降、いろいろ知ったこともありましたが、オダギリの写真下にある解説を改めて読むと、「Joe(ジョー)」と呼ばれ」なんてあってドキッ(笑)。
また、最期に言い残した言葉というのも、なんて洒落ているんでしょうか。。
オダギリが演じる新島襄像にますます期待が膨らみますね*^^*

「八重の桜」公式サイト

【動画】「大河」新島襄役にオダギリジョーさん(NHK NEWS WEB)

5時頃テレビで流れたニュースが動画で観られるようになっていました!
NHKさん、ありがとうvv

【動画】NHK NEWS WEB→ 動画からニュースを見る「『大河』新島襄役にオダギリジョーさん」をクリック

現在、↓こちらの方が直接観られるかも。
【動画】2013年大河ドラマ「八重の桜」第3次出演者発表会見(コレ見て!MOVIE)


NHKのニュースでも「八重の桜」新キャスト発表会見の映像

5時頃のNHKのニュースでも、早速「八重の桜」の新キャスト発表に関するニュースが数分放送されていましたね

来年の大河ドラマ「八重の桜」の新キャストが発表となり、新島襄役にオダギリジョーさんが決まったというナレーションとともに、綾瀬はるかさんのアップから、入場シーン、着席後の様子が紹介され、コメントの紹介はオダギリのみで、

来年の大河ドラマ「八重の桜」
ヒロイン夫役にオダギリジョーさん

“大河ドラマ「八重の桜」
オダギリジョーさん出演”

「襄という名前の共通点に、何かこう‥ひっかかってしまって、えー‥興味を持ちました」
「イメージを壊さないように、えー‥かつ、自分の新島襄像を描けるように
(一部カット?)頑張ります」

という部分が放送されていました。
また、既に撮影は始まっていて、「八重の桜」は来年1月6日から1年間放送されるという紹介などがありました。

【WEB】「八重の桜」第三次出演者発表(オダギリジョーほか)(1)

「八重の桜」のオダギリを含む第三次出演者が、NHKの方からも発表されましたね!*^^*

トップページと新着情報の方に会見の画像がアップされていますね。
「八重の桜」公式サイト



その他のニュースです。

大河「八重の桜」新島襄役発表(NHK NEWS WEB)

オダギリジョーが新島襄に!綾瀬はるか主演大河「八重の桜」新キャスト発表!(シネマトゥデイ)

「以前うちに遊びに来てくれた」!?それはスゴイ〜(笑)
下にもたくさんの画像があります。
オダギリジョー、2度目のNHK大河で綾瀬演じるヒロイン八重の夫・新島襄(じょう)役(映画.com)

綾瀬はるか“2番目の夫”オダギリジョーは「声が魅力的」(Sponichi Annex)

はるか「八重の桜」夫役にオダギリジョー(日刊スポーツ)

こちらの下にもたくさんの画像があり。
分かってはいたけど9年ぶりかああ。。
『オダギリさんの起用理由を「日本にはない雰囲気を出せればと考えた。名前(が一緒なの)は偶然です」』とのことだそうです〜(笑)
オダギリジョー : 9年ぶり大河出演 「八重の桜」で“ジョー”つながり?の新島襄役(MANTAN WEB)

来年の大河『八重の桜』、綾瀬の相手役にオダギリジョー (ORICON STYLE)

綾瀬はるか主演大河、オダギリジョー・水原希子ら豪華新キャスト発表(モデルプレス)

<追加>
来年の大河「八重の桜」新島襄にオダギリジョー(サンスポ)

新島襄にオダギリジョーさん 来年の大河「八重の桜」(中日スポーツ)

え。デイリーはこのタイトル!?(笑) 画像が拡大できます。
オダジョーの自宅を綾瀬はるかが訪問(デイリースポーツ)

オダギリジョーがNHK大河ドラマで新島襄に!綾瀬はるか主演「八重の桜」新キャスト発表!(Infoseek woman)

同志社大設立者・新島襄役にオダジョー 「“じょう”の名に興味わいた」 来年の大河「八重の桜(産経ニュースwest)

新島襄にオダギリジョーさん 来年の大河「八重の桜」(西日本新聞)

3度目大河でミッチー節「明治維新はたとえるなら納豆スパゲティ」(スポニチ)

おお〜高嶋政宏さんがキューピッドなんですね!
高嶋政宏、11年ぶり大河で愛のキューピッド(スポーツ報知)

<追加>
下にも画像あり。
'13年大河ドラマ「八重の桜」にオダギリジョー、勝地涼、水原希子らが出演決定!!(webザテレビジョン)

新島 襄にオダギリジョーさん 大河「八重の桜」新キャスト発表! (NHK ONLINE ドラマトピックス)

来年の大河、新キャスト発表 綾瀬、オダギリは「声が魅力的」(Billboard JAPAN)

「八重の桜」公式サイトと再共演者の方々

「八重の桜」公式サイト

改めてちゃんと見ると‥綾瀬さんをはじめ、西島秀俊さん、松重さんに風吹ジュンさん、長谷川京子さん、西田敏行さん、貫地谷しほりさん、小泉孝太郎さん‥と再共演の方々がたくさん!
「新選組!」からも、池内博之さん、中村獅童さん、生瀬勝久さんなどなど。
そしてなんと、「斎藤一」役に降谷建志さんですね〜!(笑)

オダギリが来年の大河ドラマでヒロイン(綾瀬はるかさん)の夫役!

こちらもびっくりなニュース
オダギリが来年の大河ドラマに出演です!
綾瀬はるかさん演じるヒロインの夫役で、名前も新島襄(ジョー)。(新島八重さんもご主人を「ジョー」と呼んでいたようです/笑)
綾瀬さんとは「リアル〜完全なる首長竜の日」に続く共演ということになりますね。

オダギリジョー、綾瀬はるかと大河「八重の桜」で共演(スポーツ報知)

オダギリジョー、綾瀬はるかと大河「八重の桜」で共演(Infoseek woman)

今夜の「おじゃマップ」のゲストに山本耕史さん

私が気づいたのが今朝なので、既に知っている方も多いかもしれませんが、今日放送の香取慎吾さん(とアンタッチャブルの山崎さん)の「おじゃマップ」のゲストが山本耕史さんですね*^^*
サッカーを観る予定なので録画してみようかと思っていますが、久々の動く!?ツーショット(??)が楽しみ*^^*

■2/29(水)「おじゃマップ」
フジテレビ 19:00〜19:57
ゲスト:山本耕史、ミラクルひかる

オダギリから被災地の向けてのメッセージ(転載)

<追加>
下に動画を追加しました。
また、こちらの記事では絵とメッセージが見られます。

オダジョー、撮影先から絵画で支援(テレ朝news)


 ***********************************
kizuna311 #19 オダギリジョーからの絵 より転載
(今は韓国に滞在中のオダギリですが、地震のあった日、オダギリは日本に一時帰国中でした(>_<))


今回の大震災による深刻な状況に対して、
未だに自分の気持ちの整理がつかず、言葉が見つかりません。
被災地の方々、そのご家族の事を思うと、とても冷静にはいられません。

僕は今現在、韓国で映画の撮影をしていますが、
韓国でも震災のニュースは毎日大きく取り上げられ、
国民の多くが自国の災害のように心を痛めています。
撮影現場のスタッフ、キャストもみんな、
代わる代わる日本の状況を聞きに来たり、心配、応援してくれています。

『我々に何か出来る事はないか?』

それは、国籍や人種を越えた、
世界共通の思いだと再認識したと同時に、
この思いを伝える場として、『kizuna311』に
一枚の絵を載せて頂きたいと思っています。

これは、現場のスタッフ、キャスト、
総勢200人で描き上げたものです。
一人一人が自分の好きな色を持ち、
今の気持ちを塗り重ねていった物です。
撮影の合間を見つけては、それぞれが精一杯の思いをぶつけた結果、
200人の暖かい心が、様々な形を変えながら、一枚の絵となりました。

拙い絵かも知れませんが、韓国からも、とにかく気持ちを届けたい。
一同その思いで送らせて頂きました。
実物は、110cm×80cmと大きく迫力のある絵ですが、
取り急ぎ、写真で送らせて頂きます。

韓国からもこれらの思いが届く事を望み。

オダギリジョー


「一刀斎夢録」/浅野次郎

以前、新聞で記事は読んでいたのですが、書店で「『一刀斎夢録』刊行記念 浅田次郎と新選組の世界」という、とてもお得感のある(?)小冊子を見つけました。
「壬生義士伝」「輪違屋糸里」に続く、浅田版新選組三部作の最終章「一刀斎夢録」(1月刊行)は、そのタイトルからもわかるように斎藤一を主人公とした物語で、
『幕末を生き延び西南戦争に赴いた斎藤一と 土方歳三の遺影を託された少年の慟哭の物語〜
とありました。
「輪違屋糸里」は読んだことはないのですが、「一刀斎夢録」、機会があれば読んでみたいなと思っています。
冊子の内容とほぼ同じものが見られるサイトがありましたので、載せておきますね。
 
浅田さんの作品だと、いつか映画化されるかもしれないですね。
その時は是非‥( ̄一 ̄)
 

一刀斎夢録 上
一刀斎夢録 上
一刀斎夢録 下
一刀斎夢録 下

【テレビ】12/1(水)「デジマガでDA安☆吉日!」(2)

(1)より続き

「アレッ?」「アレッ?」という声とともに、画面に突然現れたのはテリー伊藤さん!
自分で「アレッ」を連発しつつ、笑顔での乱入です(笑)。

オダギリ:あれ、テリーさんじゃないすか!

ちなみに、オダギリはテリーさんが演出したテレビ番組が昔から好きだったようですが、2002年頃には福山雅治さんとテリーさんがMCをされていた番組にゲスト出演したり、デジマガでテリーさんにインタビューをしたり、プライベートでも思わぬ縁??があったりしたそうで、以降テリーさんは、自分の出演番組などでもいつもオダギリに対して好意的なコメントをして下さっています*^^*

阿部さん:わーーー
テリーさん:僕は偶然通りかかっただけですよ(笑)。(周囲爆笑)
オダギリ:えーーーーー(笑)
阿部さん:テリーさん、何持ってるんですかあ?
テリーさん:いや、これですよ。ちょっと見て下さい。

‥と、手にしていたお盆を差し出すテリーさん。
そこには、テリーさんのお兄さんの玉子焼きのお店で、テリーさんがプロデュースされたという「玉子焼きスイーツ」が。
オダギリたちの前にそのお盆を置きながら、

テリーさん:あべちゃん、やせたね!
阿部さん:あ、そうですかあ^^
テリーさん:いい女になったね!
阿部さん:(立ち上がって握手を求めながら)テリーさんだけですそんなこと言って下さるの〜!(><)

2人の様子を、間で頷きながらニコニコと見ていたオダギリにも、

テリーさん:オダギリさんもねえ!
オダギリ:お久しぶりです!なんか‥
阿部さん:黒くなっちゃってね(笑) ←マイペースにオダギリの黒の衣装を突っ込もうとするあべみさん
オダギリ:(あべみさんを振り返り)‥なに!?^^;(いきなり何のこと?という感じで)
更に、黒いオダギリの服について突っ込もうとするあべみさんですが、
テリーさん:これ、衣装じゃないっすか!
と、テリーさんがフォロー^^

テリーさん:オダギリさんはファッションセンス抜群だもんね!
オダギリ
:(しみじみ心からといった口調で)いや、テリーさんに言われたらすごい嬉しいんですよね。
テリーさん:芸能界で一番いいんじゃないの?
阿部さん
:えーー!
オダギリ:いや〜ァ、そん゛な゛ァ〜

フォークの先のスイーツに視線を落としながら、鼻にシワを寄せんばかりの表情で、唸るようにそう返したオダギリの表情には照れと恐縮の色が‥(笑)

テリーさん:(オダギリを指しながら)こんなファッションしてる人いないじゃないっすか!
オダギリ:アッハハハハ!(全開の笑顔) (周囲からも「アハハハハ」と笑い声)
阿部さん:確かになんか‥
テリーさん:いないですよ。
オダギリ:コレ(ヒラヒラとした▲がたくさんついた自分の衣装)でも、阿部さんの子供とかすごい喜びそうじゃないですか。
阿部さん:(オダギリの▲をビヨンと引っ張りながら)ね?触って噛んじゃったりとかしません?
テリーさん:(阿部さんの反対側から、同じようにオダギリの▲をビヨンビヨンと引っ張る)
オダギリ:ちょっと、2人でやめて下さいよ (周囲爆笑)
テリーさん:こういうファッションができるってほんとにいない!
阿部さん:なんかこう、黙っててもすごく絵になる‥

‥と、オダギリのファッションをテーマに語り続けてくれているテリーさんとあべみさんをよそに、照れからなのか何なのか、勝手にスイーツを口に運ぶオダギリに、「←勝手に食べちゃった」のテロップが

オダギリ:(モグモグ)あっ!美味ぁい!!
テリーさん
:美味いでしょ!
オダギリ:(また食べて)うまぁいうまぁいv
テリーさん
:ありがとうございます!

ここから暫くはあべみさんも一緒に試食タイム。美味しそうに食べる2人。
そんな中、唐突に司会進行を再開した(?)BSくんが、<デジマガが、テリーさんの『ザ・ロングインタビュー』の方にロングインタビューを敢行した時のVTR>を紹介。(「ザ・ロングインタビュー」とは、テリー伊藤さんとアナウンサーの八木亜希子さんが、旬のゲストを迎えて本音を聞き出すというトーク番組)
ここで、あべみさんが恐らく7年ぶりの「げっちゅー」を披露してくれます*^^*

2002年3月放送回。デジマガのスタジオに「天才演出家」テリー伊藤さんが登場、続いて、テリーさんがオダギリに対する印象を語るシーンが流れます。

<オダギリジョーに対するイメージは?>

テリーさん:(オダギリさんは)元仮面ライダーという匂いを一切させてないでしょ!?

テリーさんを見つめながら、じっと話を聞いているオダギリの横顔。。

阿部さん:あ〜そうかもしれない。
オダギリ:(何と言ったらいいのかといった感じで)んん〜〜‥
テリーさん:仮面ライダーの人って良いようだけども、仮面ライダーを背負っている人ってたくさんいるわけ!
オダギリ:そうですよねえ〜‥ええ。
テリーさん:だって、フランスのさあ、なんか安アパートに住んでそうでしょ!?
阿部さん:ああ〜!(笑)

この時のオダギリは、ドラマ「初体験」の敦史の時の金髪頭で、眉も細めに整えられ、とても美人さん*^^*
そういうビジュアルもあって、テリーさんも「フランス」というイメージを抱かれたところもあったのかも?
オダギリも笑いながらウンウンと頷いています(笑)。

テリーさん:ほんとそうでしょ!? 高円寺にいないでしょ!?
阿部さん:あ〜、いない(笑)。
オダギリ:(おかしそうに)フッフッフ(笑)。

<阿部美穂子の印象は?>

(続きます)

【テレビ】1/2(日)「大河ドラマ50〜見せます!大河のすべて〜」((NHK BS hi)

■1/2(日)
「大河ドラマ50〜見せます!大河のすべて〜」
NHK BS hi  18:00〜22:00

なんと4時間の長編番組。私はやっと昨日駆け足で観たのですが、オダギリ斎藤シーン、チラチラ映っていましたね〜*^^*
また、「人気ベスト10」の人気投票でも、堂々の第2位だった「新選組!」(10位までの総投票数、なんと10万3千票を超えてます!)
最後の最後、リアルタイム投票で「義経」に1位を譲ってしまいましたが、番組終盤までずっと1位を独走で、リアルタイム人気の「龍馬伝」、高視聴率の「篤姫」、高評価の「伊達政宗」などを抑えての2位ってすごいなあと驚きでした。(一方で、両作品の共通項(主役の方の所属事‥)がちょっと気にならなくもないですが/笑
でも、7年前の作品になるのにこの人気。。10年後20年後も、変わらず上位の人気を誇っている作品になればいいなあと思いました*^^*
ただ、最後の最後での第2位は‥三谷さんはやっぱり悔しがられているかな??(笑)

「あなたの好きな大河ドラマ」ベスト10発表
1位 義経      20867票
2位 新選組!      18369票
3位 龍馬伝        17359票  
4位 独眼竜政宗   12769票 
5位 篤姫       10169票


「新選組!」が番組内で登場したのは‥まずは、他の作品についてコメントされた三谷幸喜さんの作品ということで紹介。
ビビる大木さんが『私くしに幕末の魅力を教えてくれた、ご存じ「新選組!」』とナレーションされていました^^
ピックアップされていたシーンは、「本日より壬生浪士組改め新選組とする!」場面や、黒船来航の場面、勝っちゃん婚礼のシーン、ラストシーン近く‥などなど。(★)
スタジオで、ビビる大木さんが人物写真入りフリップを簡単に解説しつつ、
「三谷さんの新選組!がいいのは、ほんとに生きていた人間たちの実年齢に近い人が演じたんですよ!」(フリップに出ている6人の隊士たちの中には、もちろん斎藤ジョーさんの写真も!)
「だから、すごくリアルに感じられてよかったんですよこれは!」
「いやあ!僕ね!あと3時間くらい下さいっ!」
と大興奮!(笑)

と、ここで↑の(★)のタイミングで三谷さんが語られていた新選組についてのお話を。

<三谷幸喜「新選組!」とボクの青春>
「なぜ新選組を選んだかというと、僕が学生時代に劇団を旗揚げして、先はどうなるかわかんないけどとりあえずやってみようって言って、仲間を集めて作って頑張ってきた、僕の青春時代にすごく重なる部分もあったので、彼らの物語だったらきっと僕にも書けるだろうし、もしかしたら僕が一番ふさわしいんじゃないかとさえ思って。
彼らの目から幕末を描きたかった。ということは、彼らをどれだけリアルに描くかってことが課題になってくるわけで、そこにはやっぱり結構笑いって必要な気がするんですよ。笑いのない人生ってあり得ないわけだから、彼らは、生活をしてたからには笑っていただろうし、楽しいこともあっただろうし。」

でもこの言葉の後に流れたのは、近藤勇のあのラストシーン。。

ナレーション(ビビる大木さん):笑いに満ちた青春ドラマだったからこそ、胸に迫るラストシーン。幕末を駆け抜けた新選組の青春を、あたくし、いつまでも、忘れませんっ!

心の準備なしにいきなり見せられたラストシーン。少しばかり動揺しました(笑)。
当時、『近藤勇の最期の言葉』を香取さんがどんな風に口にするか、楽しみにしていたという三谷さんが、香取さんの演技は本当に予想外で驚かされたと話されていたことなどを思い出し、改めて奥深い作品だったなあと思いました。

大河の見どころ「涙の名場面」というコーナーでは、ピックアップされた数作品の中に「新選組!」からのシーンが。
ここで長めに流されたのは、やっぱり「友の死」の回‥(T_T)
厳しい表情で目を潤ませる斎藤一の姿もありました。

また、渡邊あゆみアナが紹介する「私の愛した大河いい男特集」のトップバッターは、もちろん!?「新選組!」から芹沢鴨(佐藤浩市さん)(笑)。
放送当時の「新選組!」関連番組でも、渡邊さんは佐藤浩市さんにきゃあきゃあ言われていたような‥(笑)
「ニヒルな大人の男の魅力にしびれる」んだそうです(笑)。

番組の最後は「あなたの好きな大河ドラマベスト10」の発表で、「新選組!」は第2位。
放送当時は“これまでにない新しさのある大河ドラマ”という受け止められ方をしていた部分も大きかったように思いますが、新しいだけでなく、長く語られるドラマになりつつあるんだなあ。。本当にうれしいですよね。

【テレビ】12/1(水)「BSフジの10年間すべて見せます!デジマガでDAI安☆吉日!」(1)<再会、そしてGETチューv>

なかなか着手できなかったデジマガDAI安☆吉日レポですが、年末間際になってついに少〜し着手してみました^^;(観られた方も多いかと思いますが)
あまりに長いので、番組レポというよりは、オダギリが出演している場面レポという感じになるかと思いますし、最後まで辿り着くのか、何回になるのかはちょっと不明ですが‥^^;
レポに出てくる阿部美穂子さんは、基本いつでも『ニコニコ顔』での『のんびり』トークとご想像下さい^^
また、読みづらいかと思いますが、時間、パソコンの都合上等で、とりあえず会話の色を変えていないままアップしています。すみません。

では、本年もどうぞよろしくお願い致しますね!*^^*



12/1(水)「開局10周年記念番組『BSフジの10年間すべて見せます!デジマガでDAI安☆吉日!』」
BSフジ 22:00〜26:00
出演:カンニング竹山、安めぐみ、DAIGO、オダギリジョー、阿部美穂子、青木さやか、松田大輔 ほか

番組開始数分後。。
真っ暗なスタジオ。向かって右側のドアが開き、恐る恐るといった感じで入ってきたのは阿部美穂子さん。
左側扉。怪訝そうに(‥な演技で?)入ってきたのはオダギリジョー*^^*

阿部さん:(オダギリを発見し)おーー!!
オダギリ:阿部さんじゃないすか。
阿部さん:あ、オダギリさん、ってオダギー!元気だった?(と言いながら、オダギリにぴょんと近寄り、腕をペシンと叩く)
オダギリ:いやいやどうもどうも。

<2010年8月20日 7年ぶりの再会>

オダギリ:なんか‥
阿部さん:(オダギリの衣装を見ながら)なんか、すごい、すごいなあキミは今日は〜!
オダギリ:いやいやいや。
阿部さん:トゲトゲしてるぞ!

オダギリの黒を基調とした衣装には、大きな▲の飾りがたくさんついています(笑)。

BSくん:オダギリさん、あべみさん、ようこそデジマガへ!

それまで真っ暗だったスタジオがパァッと明るくなると、懐かし〜いデジマガのセットが!
そして、既にスタジオで待機していたらしいBSくんが、クラッカーを鳴らしながら「お帰りなさーい!」と二人を迎えます。(今これを打っているだけで「お帰りなさい」にちょっとじーん‥/笑)
BGMでファンファーレが鳴り、
<デジマガ 7年ぶりの復活>
のテロップ。

阿部さん:あ、BSくんも変わってないと思うけど、ちょっと(銀ピカ衣装の)素材が柔らかくなったよねえ!
BSくん:BSくん2010年バージョンです。
阿部さん:元気でしたかあ?
BSくん:元気でしたよ。
阿部さん:久しぶり〜ちょっと見せて。
オダギリ:(BSくんをちょっとつまみながら)え、こんなんだっけ(笑)。
阿部さん:すごくいいものになりましたねえ。
オダギリ:え?そうすか?デジタル放送にコレ対応してないでしょう^^;
BSくん:何はともあれ、席の方にどうぞどうぞ。
オダギリ:座らせますぅ?^^;(首筋をかきながら顔をしかめて)
BSくん:折角ですから。
オダギリ:やるんっすか?

とりあえず無駄な抵抗を試みているオダギリ(笑)。

BSくん:懐かしいでしょう?このセット。
オダギリ:ま〜そうですね。見たことあるような気がしますね。‥え〜ッ、も、ほんとにやるんだァ^^;

ついにやっと、シブシブMC席に着席するオダギリ。
もちろん、向かって右側のお隣りには、かつての相棒あべみさんも着席です^^

阿部さん:(お隣りのオダギリをじっと見ながら)でもなんか変わってない!オダギ^^
オダギリ:あ、そうっすか?
阿部さん:なんかでも、ここ(自分の両頬を押さえながら)が更に細くなったような気がする。
オダギリ:あれですよ、あの、ヒゲのシャドーですよ。
阿部さん:あ、ヒゲのシャドー。ヒゲという名のシャドー?
オダギリ:そうですそうです。
阿部さん:お化粧してないんですねえ?
オダギリ:してないですよ。ほぼ。‥‥そんな話はどうでもよくないっすか?^^;
阿部さん:久しぶりすぎて‥(笑)。同窓会みたいですねえ
オダギリ:今日同窓会ですよ!
阿部さん:今日同窓会なんだぁ。じゃ何やる?
オダギリ:それは僕が台本も何も読んでないんで‥
阿部さん:
えーーー(笑)(周囲から笑い声) 
でも私も台本に目を通そうとしたんですけど、本みたいに分厚くて、最後まで読んでないですね。
オダギリ:やっぱりねえ〜^^;(顔をくしゃっとさせて)ダメな二人なんっすよ。そら番組も終わりますよ。こんな二人じゃ(笑)。

オダギリの言葉の後に、ダメダメな感じで『ゴーン』と鐘の音が入れられ、周囲からも大きな笑い声が起こっています(笑)。

阿部さん:それで終わった〜?(笑)
オダギリ:(キッパリ)ハイ。
BSくん:二人に当時のことをしっかり思い出してもらうために、VTRをご覧いただきたいと思います!VTRどうぞ!

続きを読む

12/3(金)「朝日新聞(夕刊)」に三谷幸喜さんが龍馬話‥と見せかけて熱い「新選組!」語り(笑)。

チラッと「新選組」という文字を目に留めたまま、すっかりそのままにしていた先週末の新聞を、まとめて一気読み^^;
するとすると、単に名前が出ているだけかと思っていた新選組(新選組!)について、三谷さんが今更のように熱く語っていらっしゃるではありませんか〜(笑)


12/3(金)「朝日新聞(夕刊)」
朝日新聞社
“三谷幸喜のありふれた生活 535 〜龍馬は格好良かったが”

なんというか、三谷さんの見え隠れする本音、乱れる!?心の内側がおかしくて、改めて、三谷さんの「新選組」への思いをワクワクと堪能させていただきました(笑)。
というのも、最初から内容はの繰り返し(笑)。乱れる三谷さんの心。
本心で龍馬と「龍馬伝」を褒めつつも、それはそれとして‥と、“新選組の人たち”と「新選組!」のことを語らずにはいられない三谷さん(>▽<)
どんな感じかと言いますと‥(一応、三谷さんの「新選組愛」を感じる内容にマークをつけてみます。反対に龍馬関連コメントはを)

『大河ドラマ「龍馬伝」が最終回を迎えた。もちろん僕は「新選組!」の脚本家、つまりは幕府方なので、(略)坂本龍馬は敵に当たる。』
   ↓
と最初にご自分の立ち位置をキッパリ明示しつつも、
『とはいっても彼が魅力的な人物であることに異論はなく、一年間、(「龍馬伝」は)たっぷりと楽しませて頂きました。』
とイチ視聴者としての愛あるメッセージ。      
   ↓
‥と思ったら、次の行から、
『もっとも岩崎弥太郎を「アマデウス」のサリエリになぞらえ、ライバルの龍馬に決してかなわない存在とする見方は、僕ら幕府側の人間にしてみれば、ちゃんちゃらおかしい。』
『僕ら幕府側の人間』(!笑)にしてみれば、『所詮、龍馬も弥太郎も勝ち組』じゃん!という思いが最後まで離れなかったとのこと。
   ↓
しかし、やはりこの2人の関係は濃厚でドラマチック。
ただ、坂本龍馬という人はちょっと格好良すぎる。
   ↓
『その点新選組の人たちは違う。不器用で頑張り屋さんなんだけど、それが結果に結びつかないもどかしさが常につきまとう。彼らはことごとく人間的。だからこそドラマにしやすい。』
   ↓
とはいえ、
『「龍馬伝」は、完全無欠のヒーローの龍馬を、あくまでも正面から堂々とヒーローとして描き切った。』
『スタッフ&キャストに敬意を表したい。』
『なんといっても福山雅治はカッコ良かった。ヒーローはこうでなくちゃ。』
   ↓
『と褒めつつ、これだけは言わせて下さい。』

‥も〜う、最初から三谷さんの『よかったよ。もちろんよかったんだけどね!』という戦闘態勢に近い何かが伝わってきていたので(笑)、ここでは思わず「やっぱり来た〜!」と読みながら一人ニヤニヤ(笑)。

ここからは‥
『「龍馬伝」も「新選組!」と同様、かなりフィクションを採り入れていた。なのに「新選組!」ほどバッシングを受けていないのはなぜだ?』
という疑問を掲げ(笑)、平均視聴率は「新選組!」とそれほど変わらないのに(私もそう思っていましたよ!/笑)、当時「新選組!」が「荒唐無稽」「史実無視」「ふざけすぎ」と叩かれたのに比べ、世間の目は「龍馬伝」にちょっと温か過ぎやしないか?と、結構ご不満なご様子(笑)。

三谷さん。私も知っていますよ、当時「新選組!」を批判する人(専門家も一般の人も)がいたこと。
でも、それよりずっと多くの”「新選組!」を絶賛する人たち”がいたじゃないですか。
また、1年を通して観た人はもちろん、途中から観始めたという人からの熱い要望で、放送期間中にDVD化が決定したのは、大河ドラマ初のことだったじゃないですか。
あと、大河ドラマの<続編>というものが製作されたのも、「新選組!」が初めてのことでしたよね(2006年お正月に放送された『新選組!! 土方歳三 最期の一日』)
大河ドラマの歴史の中で、いくつもの「初」を成し遂げた「新選組!」と三谷さんは、「フィクション」というものにも挑戦し、そこで三谷ワールドについて来れなかった人だけがバッシングしていただけのこと。。
つまり、今の「世間の温かい目」に辿り着くまでの流れを作ったのも、やっぱり「新選組!」が最初だったのではないのかな〜と思うんですよね(笑)。

最後。
『そう考えて、ふと気がついた。このイメージの差は、坂本龍馬と近藤勇のイメージの差に重なる。つまり勝ち組はどこまでも勝ち組なのだ。新選組の皆さん、僕はいつまでもあなた方の味方です。』

私は三谷さんの味方です(笑)。

『ただ、バッシングの理由はそれだけじゃないような気がして、この話をラジオ番組で清水ミチコさんにしたところ、「結局は脚本家の人間性の差でしょ」と言われてしまった。大きな意味で、当たっているかもしれません。』

オチまであった。さすが三谷さん(笑)。
(ちなみに、私は「龍馬伝」は3話くらいで脱落。。)

【コメント】「はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た」(2010年)

「はるき悦巳短編全集 力道山がやって来た」(2010年6月30日発売)
小学館
はるき悦巳


帯の推薦文より
続きを読む

【コメント】「1980」(2003年日本公開)

「1980」(2003年公開)
監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:ともさかりえ/犬山イヌコ/蒼井優


フライヤーより

続きを読む

【コメント】「フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2003年)

「フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2003年・日本)
フェデリコ・フェリーニが亡くなって10年経った2003年に、第16回東京国際映画祭協賛企画として開催された映画祭。


フライヤーに掲載のコメントは3人分だけで、そのうちの1つがオダギリのものなのですが、あとの2つはなんとローマン・コッポラ監督と音楽家の大沢伸一さんのもの。
続きを読む

【コメント】「Queen Kong」(2001年日本公開)

「Queen Kong」(2001年日本公開)
監督:フランク・アグラマ
出演:ロビン・アスクイズ/ルーラ・レンスカ/ヴァレリー・レオン



1976年に製作されたものの、いろいろなトラブルに見舞われ、そのまま封印されていた「キングコング」のパロディ映画が、2001年世界で初めて日本で公開(『世界初の歴史的ワールドプレミア公開』とのこと!)された時のオダギリコメント。
私が知っている限りで最古の映画コメントです(笑)。
肩書きもその当時、ご本人が好んで使っていた表現で載せられています^^

リーフレットより

続きを読む

【コメント】「30周年 俳優・光石研〜祝宴7デイズ」(2008年5月)

光石研さんの主演デビューから30周年を記念して!ということで、光石さんを応援する人々によって催された『光石研映画祭』。
その映画祭に寄せたコメントより。(光石研さんは事務所の先輩です)

30周年 俳優・光石研〜祝宴7デイズ

続きを読む

【コメント】「パンチドランク・ラブ」(2003年日本公開)

「パンチドランク・ラブ」(2003年日本公開)
監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演:アダム・サンドラー/エミリー・ワトソン/フィリップ・シーモア・ホフマン/ルイス・ガスマン

フライヤーより
続きを読む

【コメント】「21g」(2004年日本公開)

「21g」(2004年日本公開)
監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:ショーン・ペン/ナオミ・ワッツ/ベニチオ・デル・トロ

リーフレットより
続きを読む

▼Amazonなどで購入可能な過去の雑誌一覧 (4)▲

■過去に発売された雑誌で、ネット(主にAmazon)で購入可能なものを紹介しています。(注:在庫切れ、取扱い終了等になっているものもあるかもしれません)

■他の過去の雑誌リストはこちらから→ 【過去の雑誌】紹介

★最新のものは、ブログ左右のサイドバーをご覧下さい。


【2009年】


■別冊カドカワ 総力特集 井上陽水(09/12/24)
【内容紹介】 井上陽水 MUSIC VIDEO/傘がない/オダギリジョー(出演者メッセージ)”約3/4p大。
(商品説明)


■HIGH CUT Vol.12

韓国のニュースペーパー型マガジン。表紙のほか、グラビアなどB4サイズ×7p。1p大の写真が4点、その他は14点あり、撮影のオフショットなどもあり。


■men's FUDGE 10月号(09/8/24)
【内容紹介】
表紙+“オダギリジョーという名の放浪者”というテーマにぴったりの、海外で撮られたグラビアなど計10p。インタビューのほか、オダギリをよく知るクリエイターの方々が語るオダギリジョーの話など、見応え、読み応え十分の特集。オススメです!


■OCEANS 10月号(09/8/24)
  【内容紹介】
インタビュー&写真で1p。内容は「さくらな人たち」についてや、それを撮った自分について。そうなんだ〜というような話もいくつかあってしみじみ。


■ブレイクの「瞬間」(09/7/17)
【内容紹介】
各分野で輝く55人が語る“自分の冴えなかった時代。R25の人気インタビューをまとめて単行本化したもの。オダギリの話も収載されています。


■GINGER 9月号(09/7/23)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで4p。「さくらな人たち」という作品を通して見えてくるオダギリジョーという存在について、インタビュアーの方が掘り下げて下さっています。


■この映画がすごい ! 9月号(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで4p。「監督小田切譲の頭の中」ということで、「さくらな人たち」について、他の雑誌とはまた違ったことを語ってくれています。


■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。


■spring 8月号(09/6/23)
【内容紹介】
表紙近くにIXY DIGITALの見開き広告。パンフレットにはなかった写真が数点あり。


■+act. mini Vol.5(09/4/24) 「ぼくの妹」特集記事が14p。(内、長澤さんのグラビアが5p)長澤さんのインタビュー2p、現場レポート4p、プロデューサー、脚本家、のインタビューなど2p。盟さんの写真も十数点とたくさん! 【内容紹介】


■cut 09年4月号(09/3/19)
グラビアは最近続いていたものとはガラリと雰囲気が変わり、荘厳な感じすら漂うような表情のアップ2点。インタビューは「PLASTIC CITY」や「さくらな人たち」について。 【内容紹介】


■日本映画HEROES 3(09/3/18)
「PLASTIC CITY」関連インタビューは既出のものと似たような感じ。でも6p中5p分あるグラビアは、癒し系の表情がとてもいいです*^^*  【内容紹介】


■月刊 EXILE 2009年4月号(09/2/27)
「PLASTIC CITY」関連で4p。手にはタバコ。俯いた顔。グラビアの雰囲気がまたちょっと違います。 【内容紹介】


■FINEBOYS 09年4月号(09/3/10)
白黒1/2p。過酷な環境に耐えた撮影を振り返り、「もうこんな文句は言いません」というお茶目な宣言!?(笑)。写真2点。


■GLAMOROUS 09年4月号(09/3/7)
【内容紹介】
写真とインタビューで1p。「PLASTIC CITY」以外のたくさんの話題が盛り込まれた、ちょっとステキな内容。オススメです。


■キネマ旬報09年3月15日号(09/3/5)
オダギリ×アンソニー・ウォンさんのグラビア1p。インタビュー6p。「なんとも微笑ましいやりとり。」とあるように、先輩後輩同士の、そして男同士の楽しげな話が聞けます^^


■CINEMA SQUARE vol.23(09/3/2)
「PLASTIC CITY」インタビュー2p。「プライベートでやってみたいこと」として、「農作業です」とキッパリ。


■PS 4月号(09/3/1)

「好きな本」についての話などで1p。私物と思われる本を持った写真です^^


■MOVIE STAR jp(09/3/4)
【内容紹介】
創刊号で写真、インタビューともに充実の8pのオダギリジョー特集。グラビアは黒田光一さん。最近のオダギリ話題を網羅してくれている一冊です!


■Cinema★Cinema NO.17(09/2/5)
「PLASTIC CITY」オダギリ×アンソニー・ウォン・グラビア、対談2p。父子というよりは、歳の離れた兄か歳の近い叔父さんか‥といった雰囲気^^オダギリの茶系のスーツ姿が素敵。【内容紹介】


■映画秘宝09年3月号(09/1/21)
【内容紹介】
オダギリ初掲載。2pの見開きで写真とインタビュー。「悲夢」の話のほか、オダギリが「最初に観たキム・ギドク監督作」「最近観た映画」などについても話しています^^


■キネマ旬報09年2月上旬号(09/1/20)
【内容紹介】
キム・ギドク監督ロングインタビュー4p。「悲夢」そして役者オダギリジョーについても語られています。また、香川照之さんの「日本魅録」がステキなオダギリ話題!オダギリが話す海外での撮影裏エピソードのほか、「ゆれる」同窓会時のオダギリのいい笑顔も見られますvv


■Cut 09年2月号(09/1/19)
【内容紹介】
オダギリ×キム・ギドク監督対談が2p、グラビアが4p。グラビアはオダギリらしさに溢れた“超正統派”の端正バージョン*^^*また、気取りのない二人のやりとりも楽しくて、二重の意味でニヤリ。


■Rolling Stone 日本版 09年2月号(09/1/10)
【内容紹介】
初の掲載にして表紙、グラビア、インタビューと計4p。目を閉じたアップの写真にキュン。。(笑)影響を受けたミュージシャンについてのコメントなどもあり^^


■Cinema★Cinema no.16
(09/1/8)
グラビア4p分、キム・ギドク監督×オダギリの対談が約1p分。その他「悲夢」記者会見時の写真入りニュースや「たみおのしあわせ」DVD紹介記事など、多数の関連記事が掲載。監督の『ようやく自分が求める俳優に出逢えた気がする』という言葉に感激‥(>_<) →【内容紹介】


■+act. 19 2009(09/1/5)
グラビア4p、キム・ギドク監督×オダギリの対談が2pの計6p。黄葉の屋外、ソファーの室内という正反対のグラビアが素敵。少し大人で頼もしいコメントも^^
【内容紹介】

ジム・ジャームッシュ監督の新作「リミッツ・オブ・コントロール」にオダギリのコメント

ジム・ジャームッシュ監督の新作「リミッツ・オブ・コントロール」に寄せられたコメントの中にオダギリのものもあるとお知らせいただきました*^^*

ジム・ジャームッシュ監督最新作『リミッツ・オブ・コントロール』にコメント到着!(CINEMA TOPICS ONLINE)

続きを読む

オダギリIXY CM「恋する瞳は美しい」が着うたフルで。

別に着うた配信のお知らせ‥というつもりではないのですが(笑)、オダギリのIXY CMで“問い合わせ殺到!”だったそうなので。

Superfly、新曲『恋する瞳は美しい』の「着うたフル(R)」を7 月22 日(水)よりレコチョクにて独占先行配信開始!(News2u.net)

【テレビ】「ハイビジョンスペシャル いま裸にしたい男たち オダギリジョー27歳」(NHK BS-hi)

こちらは、NHK BSハイビジョンスペシャル「いま裸にしたい男たち オダギリジョー27歳」の感想スペースです。
ご覧になった方は是非感想をお願いします*^^*

【初回放送】
03年11月12日(その後もリピートあり)

【再放送】
09年6月8日(月)
NHK BS hi 9:00〜10:50(110分)
「ハイビジョンスペシャル いま裸にしたい男たち オダギリジョー27歳」


■過去に書いた番組レポの一部です。
【いま裸にしたい男たち】番組レポ´↓

▼Amazonなどで購入可能な過去の雑誌一覧(3)▲

■過去に発売された雑誌で、ネット(主にAmazon)で購入可能なものを紹介しています。(注:在庫切れ、取扱い終了等になっているものもあるかもしれません)

■他の過去の雑誌リストはこちらから→ 【過去の雑誌】紹介

★最新のものは、ブログ左右のサイドバーをご覧下さい。


 【2008年】
 ■SWITCH vol.27 No.1 2009年1月号(08/12/20)
【内容紹介】
<特集:オダギリジョー>はなんと30p超の大特集!グラビア、ロングインタビュー、監督、共演者からのコメントに、IXY広告まで!なんだか‥やっぱりいろんな人に見守られている人だなぁなんて改めて思ってしまった。幸せモノだね*^^*

■ピクトアップ#56 2009年2月号(08/12/18)
【内容紹介】
「オダギリジョーwithキム・ギドク」対談4p。内オダギリのアップのグラビアが2p。「悲夢」から写真3点。

■マドリDEエンタテインメント Variety Japan(08/12/17)
【内容紹介】
「夢がつなぐふたりの部屋(悲夢)」4p。映画とは別に、“ジン”のキャラクターのまま撮影されたらしきグラビアが5点。物哀しさの漂う美しいもので、写真集にしてほしいくらい。。

■Sweet09年1月号 (08/12/12)

IXY DIGITAL「キレイ劇的。」篇の第二弾広告が5p掲載。内、オダギリは動きのある全身ショットが4点。お得でステキですv

■日本映画magazine winter2008 Vol.7(08/12/5)
長瀬智也さん表紙。「悲夢」の記者会見の様子を伝える記事が、笑顔の写真3点などとともに1p。「会場に用意された席数を遥かに越える人数の報道陣が詰め掛けた」など、WEBニュースなどではわからなかった様子も伝えてくれている内容。

■キネマ旬報08年12月下旬号(08/12/5)

p.10に「悲夢」記者会見の記事。正面からオダギリを撮った、会見時の大きめの写真が2点。

■ザ★スーツ(08/11/8)

芸能人部門で、資生堂uno広告でのスーツ姿が紹介。

■Cinema★Cinema No.15(08/11/1)
「悲夢」「プラスティック・シティ」が写真数点とともに2/3pで紹介。初めて目にした劇中の写真もあり。

■Invitation 11月号(08/9/24)
【内容紹介】
スタイリスト北村道子さんの特集。北村さんが手がけられたオダギリ作品の紹介のほか、オダギリのグラビアが10p以上。北村さん×オダギリの対談や、他の方が語られるオダギリについての話などもあり。こんな特集をしてくれるなんて期待以上‥(涙)

【「IXY DIGITAL(キレイ劇的。篇)」広告掲載誌】
■東京カレンダー08年11月号(08/9/22)

【「資生堂uno」広告掲載誌】
■MEN'S NON-NO 08年10月号(08/9/10)
■POPEYE 08年10月号(08/9/10)


■Esquire 08年9月号(08/7/24)
【内容紹介】
「アンチという名のモード」というテーマで、原田芳雄さん、小林薫さん、オダギリのグラビア、対談が10p。とにかく3人のバランスがカッコいい特集!

■Invitation 08年9月号(08/7/24)
【内容紹介】
オダギリ×岩松監督の対談が2p。ライターさんの「(「たみお」は全映画ファン必見の傑作」という言葉が嬉しい。。

■FLIX 08年9月号(08/7/19)
【内容紹介】
オダギリ×原田芳雄さんの対談が6p。シブい原田さんの横にいるオダギリが妙に可愛く見える(笑)。とてもいい表情です。

■BARFOUT!08年8月号vol.156(08/7/17)

face to face /岩松了×オダギリジョー

■KING 08年8月号(08/7/11)
【内容紹介】
表紙+原田芳雄さんとの対談6p。居酒屋で世代の違う男二人が、和食、お酒を囲んで気ままに語り合う。そんなリラックスした様子が伝わってくる写真、内容です。

■PHPスペシャル08年8月号(08/7/10)
【内容紹介】
B6サイズ。巻頭インタビュー+グラビア6p。内容は「たみおのしあわせ」「しあわせ」について。その他、岩松監督のインタビューが4p、オダギリイラストやオダギリ直筆の「一文字」紹介も(笑)。

+act. 2008 VOL.16
【内容紹介】
オダギリ+麻生さん+岩松さんの対談、グラビアが8p。ほのぼのオダギリの笑顔が素敵です^^

GYAO magazine08年8月号
【内容紹介】
「たみおのしあわせ」関連インタビュー+グラビア他が6p。作品紹介のポイントが面白い。

■ハーパース・バザー08年8月号

「セクシーな日本のアクターたち」に3p。胸元の開いたネクタイなしの白のシャツに黒のジャケット+雪駄という格好がカッコいい!内容は「たみお」「しあわせ」について。

■ELLE JAPON 08年8月号
【詳細紹介】
日本映画特集号。「オダギリジョー /日本映画の「顔」がいま考えていること」カラー2p。その他、ライターさんの対談でもオダギリの話が出ています。

■Invitation 08年8月号
【詳細紹介】
表紙。「美しい男美しい女美しい映画」特集で、麻生久美子さんと対談&グラビアで4p+1p。リラックスした雰囲気のとても楽しい対談。「悲夢」ポスター写真やIXY広告も。

■GQ JAPAN 08年8月号
【詳細紹介】
表紙、IXY広告2p。「オダギリジョーが語る、80パーセントの自分」インタビュー+グラビア6p。「今」のオダギリがわかる内容です。

■spring 08年8月号

別冊付録に「spring×IXY DIGITALオシャレ・フォトブック」(8p)。26点のオダギリの写真が掲載!(内、手だけが3点/笑)

■cut 2008年7月号

オダギリ特集6p。グラビアはアップを中心に4p、インタビューは「たみおのしあわせ」関連の話を中心に、最近の自分についてをかなりぶっちゃけている内容が2p(笑)。その他、岩松了監督のインタビューも。

■女子に映画

「たみおのしあわせ」特集6p。作品紹介のほか、オダギリと麻生さんのグラビア(2p)や、お二人の対談(2p)なども。「たみお」の写真も多数掲載。

■Cinema☆Cinema No.13
「たみおのしあわせ」オダギリ×岩松監督対談&グラビア計5p。その他、「たみお」紹介1p、完成披露試写会写真など。オダギリの飼っている魚の話がカワイイ(笑)。
【詳細紹介】

■+act.2008 VOL.15
【詳細紹介】
バンコクで撮影されたIXYのCMの裏側特集が2p+広告が2pの計4p。『絶妙な雰囲気を作りあげてはシーンを見事に演じ分け、撮影カットが終わるごとにスタッフ全員から拍手が湧き起こった。』など、撮影中のオダギリの様子も!

■In Red 5月号

他では見られないIXY DIGITALの広告が計5p掲載!オダギリのコロコロ変わる表情が楽しめます!(最後の1枚がお勧め‥)

■ハーパース・バザー07年12月号(韓国版)
【詳細紹介】
撮り下ろしのグラビアほか9pの特集。髪を上げてのアップ、横顔、立ち姿など、日本でもなかなか見られない充実のグラビアがオススメ!

■Esquire 08年1月号
【詳細紹介】
IXYウェブサイトと連動企画の第2弾。オダギリがスペインで撮影した作品が10点、マヨルカ島に佇むオダギリのグラビアが6点ほか10pの特集。久々に半袖美人なオダギリが風景に溶け込んでいます。第1弾に続いて絶対オススメ!!!

「BS熱中夜話 /新選組」アンコール放送、民放、BSでオダギリ作品。

■2週に渡って放送のあった「BS熱中夜話 /新選組」の放送内容の詳細がアップされていますね。
18日放送分<第2夜:詳細レポートはこちら>では、斎藤一さんに関するスタジオのみなさんのコメントや、名場面『この旗が俺を拾ってくれた。俺は一生かけてこの旗を守る!たとえひとりになっても。局長!俺がいる限り、新選組は終わらない』‥なんて台詞の紹介もありますよ*^^*
BSを観られない方は、こちらで番組内容をチェックなさっては。。
年末にアンコール放送もあるそうですよ!

→◇BS熱中夜話

<アンコール放送予定>
12/30(火)
「BS熱中夜話」(NHK BS-2)
15:15〜「新選組」(前編) /16:00〜「新選組」(後編)



■深夜ですが、年始に民放で「叫」と「メゾン・ド・ヒミコ」の放送があるとお知らせいただきました。あと、BSで「時効警察」の放送や「転々」も。

1/1(木)25:05〜「叫」(TBS)

1/2(金)26:40〜「メゾン・ド・ヒミコ」(日本テレビ)

1/3(土)7:30〜 「転々」(WOWOW 193ch)

1/7(水)23:00〜23:55「時効警察」(第1話〜)(BS朝日) 
    →<以降毎週水曜23:00放送>
テレ朝ドラマセレクション

「BS熱中夜話 /新選組(後編)」(NHK BS2) /斎藤一

現在放送中です〜!

*   *   *   *   *  

かつて毎週お名前を見ていた“山村竜也”さんのお顔を見られたことが、先週の一番の感動だったりした私ですが、番組の最後、「あなたにとっての“誠”とは?」という質問に、即、「浅井誠!」と答えたりしていた更にアホな私‥^^;
番組では、史実とドラマの話や感想が入り混じっていたのが、なんだかちょっと不思議な気はしましたが(笑)、でもほんと懐かしい映像満載の嬉しい番組でしたね!

以前募集されていた「語ってほしい好きな新選組隊士は誰?(近藤勇・土方歳三・沖田総司は除く)」の発表があるということで、大河リアルタイム放送時の話題性と人気、それから「語ってほしい」→その後の人生も?=長生きした人?ということを合わせて考えて、私は、
1位山南敬助 2位斎藤一 3〜5位辺りに永倉さん、佐之助、源さん、山崎烝
‥かな〜と思っていたのですが、なんと斎藤一が1位!でしたね。
リクエスト募集が3人単位だったので、史実においてもドラマにおいても、3番目くらいまでには必ずリストに入れたくなる人物、存在だったんだなぁと。
時尾さんの話も出ていましたね。スタジオの反応が一瞬『‥‥!?』という感じだったのがちょっとガッカリ!?でしたが(笑)、考えてみれば当たり前ですね(笑)。

「BS熱中夜話」(NHK BS-2)
<語ってほしい新選組隊士ランキングベスト10>

続きを読む

「BS熱中夜話」(NHK BS2)で「新選組」。

なんだかめちゃくちゃ忙しくて、できていないことが山積みの中、昨日は勝手にしやがれライブでした。
神戸などでは「ラスト・ダンス」の演奏があったということだったので、ちょっと期待していたのですが、今回は「ゼン・サマー・ケイム」の方を!
全く予想していなかったので嬉しかった。。夏の思い出が一気に自分の中に戻ってきた感じでした。
音楽の美しさへの感動とともに、やはり「たみおのしあわせ」のラストシーンがよみがえり‥ちょっと感傷的な気分になりました。
あと、「チェリー・ザ・ダストマン」も。
そういや昨年末、オダギリのビッグニュースが世の中を走る中、私はライブに走って、初めての生「チェリー・ザ・ダストマン」にしみじみしたんだったなぁ。
あれから1年。‥‥早い。。^^;



◆昨日深夜、NHK BS2で放送のあった「BS熱中夜話」のテーマは「新選組」で、「新選組!」からの映像も多数使用したものとなっていました。
昨夜は近藤、土方、沖田さんの3人をメインに取り上げた内容でしたが、来週の後編では、斎藤一をハジメとする(…)その他の隊士にもスポットを当てるようです!^^(来週の予告映像がドカーンと「新選組は終わらない!」の斎藤さんアップ、でした*^^*)
最近家で何かをしながら(仕事とか仕事とか仕事とか‥)「新選組!」のDVDを流していることが多かったので、なんだかものすごーくいろいろな記憶がよみがえってます。
視聴可能な方は是非*^^*

「BS熱中夜話」(NHK BS2)
「新選組」(後編) 12/18(木)24:00〜24:44

【コメント】「メゾン・ド・ヒミコ」(2005年)

「メゾン・ド・ヒミコ」(2005年)
監督:犬堂一心
脚本:渡辺あや

・作品への“メッセージ”が多数掲載されているリーフレットより

公式サイト◇「メゾン・ド・ヒミコ」公式サイト

続きを読む

【コメント】「勝手にしやがれ」結成10周年メッセージ(2007年)

勝手にしやがれ結成10周年へのお祝いメッセージ。
(リーフレットなどに掲載)
続きを読む

【コメント】「orphans」 /TOM WAITS(2006年)

「orphans」 (CD /2006年)
TOM WAITS


Orphans: Brawlers, Bawlers & Bastards



・トム・ウェイツ7年ぶりのオリジナル・アルバム。
・完全生産限定盤の日米同時発売CD3枚組。新曲30曲+未発表曲やカヴァーなど、計56曲。
・94Pブックレット・解説・対訳付 / 海外輸入豪華パッケージ仕様 /オダギリ ジョー氏、武藤昭平氏(勝手にしやがれ)によるコメント付。
(現在は販売終了)
続きを読む

【過去レポ】2002年9月23日「秘密の超爆笑大問題」(最終回)

下書きにいろいろ眠らせていました‥^^;

(このレポートは放送当時に書いたものです)

2002年9月23日「秘密の超爆笑大問題」(最終回)
日本テレビ系

ついに、地上波レギュラー最後の番組となっていた「秘密の超爆笑大問題」も最終回を迎えてしまいました‥。
思えば、各局のバラエティに引っぱりだこだった時も、映画の撮影で、テレビ画面から姿が全く消えてしまっていた時も、連ドラを掛け持ちするほど人気者になってからも、この番組の中では、いつも変わらず、気負いのない姿を見せてくれていたオダギリ。
他の出演者の方からも可愛がられていることがよく伝わって来て、そんなオダギリを毎週見られることが、最高の幸せだったのに‥本当に終わってしまうなんて。(T_T)
ラストを飾るのは
「完全永久保存版 みんなで楽しんだ!総集編SP!」
『出演者、スタッフ達が選んだ名場面SP』
です。

続きを読む

【コメント】「イン・ザ・スープ」(1992年→2007年)

「イン・ザ・スープ」(1992年 /2007年15th ANNVERSARY ORIGINAL CUT上映)
監督:アレクサンダー・ロックウェル
脚本:アレクサンダー・ロックウェル /ティム・キッセル
出演:スティーブ・ブシェーミ/シーモア・カッセル/ジェニファー・ビールス/ジム・ジャームッシュ

●1992年サンダンス・フイルム・フェスティバル
グランプリ審査員特別賞受賞
●1992年ヴェネチア国際映画祭正式参加作品出演

「イン・ザ・スープ」オフィシャルサイト

続きを読む

【コメント】「運命じゃない人」(2004年)

「運命じゃない人」(2004年)
監督・脚本:内田けんじ
出演:中村靖日 霧島れいか 山中聡 山下規介 板谷由夏

公式サイト◇「運命じゃない人」公式サイト


オダギリコメント

続きを読む

映画関連リーフレットのオダギリコメントを掲載していきます。

最近、「運命じゃない人」のリーフレットにオダギリのコメントが掲載されているとお知らせいただいたのですが、そうなんですよね、ご存知の方も多いと思いますが、洋画、邦画を問わず、オダギリってこれまで映画に結構(面白い)コメントを寄せてきているんですよね。
なので、ふと思いつきまして、時々、私の手許にある過去のコメント類を、ブログに掲載して行こうかと思います^^

【過去レポ】2002年9月16日「秘密の超爆笑大問題」

(このレポートは放送当時に書いたものです)

2002年9月16日「秘密の超爆笑大問題」
日本テレビ系

「秘密の超爆笑大問題」も次回223回目でついに終了(涙)。
第1回目の放送は、いきなりの「廃刊誌特集」だったそうで、じゃあ、最後を飾るにふさわしいテーマはと言えば‥!やっぱり「創刊誌特集」なんだとか(笑)。
ゲストはお馴染み「雑誌回の最終回男」(だそうで)花田紀凱さんです。

この番組がスタートしたのは約4年半前。
‥ということで、「ジョー君って4年半前って何やってた?」と尋ねられるオダギリ。
「4年半前は‥‥‥。え‥‥」 暫く宙を見ながら考えます。
「‥役者の養成所‥‥」
「まだ、じゃあプロとしてはまだまだ?」
「全っ然っ。もうぜんっぜん!」 
かなり力を入れて答えています(笑)。
続きを読む

【過去レポ】02年9月10日「スーパーニュース」 (「天体観測」インタビュー)

(このレポートは放送当時に書いたものです)

02年9月12日
「スーパーニュース /文化芸能部」(「天体観測」インタビュー)
フジテレビ系

『伊藤英明・坂口憲二・オダギリジョー 次代を担う3人に密着』

スーパーニュースの吉崎アナウンサーが、「天体観測」の撮影現場を訪ね、主役3人の男性にインタビューを行って下さいました!
まずは1人ずつ紹介。ジャーンという感じの音入り+アップです。
オダギリは斜め方向を向いた端正な横顔のアップで‥*^^*
オダギリ:「僕はねぇ、女性に対してすごくクールですねぇ」
そして<オダギリジョー 26歳>の文字。
どうもタケシともオダギリジョーさん本人のキャラとも思えない妙〜に気取った感じが漂っていましたが‥やっぱりわざと?^^;

撮影前(?)の控え室で、自分たちを追うカメラを意識して、わざとふざけている様子の伊藤さんと坂口さん(笑)。
スタッフと打ち合わせ中の場面を撮られているオダギリを見ながら、ほらほらという感じに笑っている2人に気付いて、

オダギリ:(カメラに向かって)「僕、ほんとなんも無いですよ。ほんとに無いですよ^^;」
伊藤さん&坂口さん:「わはははは!」
坂口さん:「実は“オダジョー密着”(笑)」
伊藤さん:「すごい、ジョー、カッコいいアングルで撮られてるじゃん(笑)」
オダギリ:「あははは!(伊藤さんに)カメラアングルとかもやっぱ考えるんだ?」
坂口さん:「めちゃめちゃアングルに拘ってるよね。ビックリするよ!(笑)」
オダギリ:「だからオンエアいつもカッコイイんだ!(笑)」

これまで「天体観測」のメンバーで、テレビガイド誌、ファッション誌、サブカルチャー雑誌等いくつもの取材やグラビアがありましたが、ムードメーカーの伊藤さん、笑顔の坂口さんの横で、いつもどこかタケシのままのような表情を浮かべていることが多かったオダギリ‥ 
‥というイメージは一体どこへ^^;
続きを読む

「転々」公式ブログで三木監督のブッチャー話、「転々」サントラ着うた&着うたフル配信中

■三木監督が早速先日のトークショーのあぶどら‥じゃなくて、アブドラ・ザ・ブッチャーの話の続きをアップしてくださってます〜!*^^*

『転々』トリビアトークショー 三木聡 meets アブドラ・ザ・ブッチャー(転々のニュースとお知らせ /公式ブログ)



■着うたサイトで「転々」オリジナル・サウンドトラックの楽曲を配信中だそうです!

<うたdeまにあ>
【アクセス方法】
【imode】メニューリスト→着うた/着モーション→TV/CM/映画→うたdeまにあ
【EZweb】カテゴリで探す→着うた→バラエティ→うたdeまにあ

<うたフルdeまにあ>
【アクセス方法】
【imode】メニューリスト→着うたフル→TV/CM/映画→うたフルdeまにあ
【EZweb】カテゴリで探す→着うたフル・ビデオクリップ→TV/映画→うたフルdeまにあ


詳しくはこちらです^^
『転々』サントラ配信中!(転々のニュースとお知らせ /公式ブログ)

【過去レポ】2002年9月9日「秘密の超爆笑大問題」

久々に追加です〜^^;

(このレポートは放送当時に書いたものです)

2002年9月9日「秘密の超爆笑大問題」
日本テレビ系

今夜のテーマは‥日本の性事情に迫る。
いきなりオープニングから『芸能界一のおっぱい星人オダギリジョー』とデカデカと‥(笑)

ゲストは「サトラレ」で共演中のめぐみちゃ〜ん!こと小池栄子さん。
ドラマの清楚な可愛らしさとはうって変わってセクシーでキレイなお姿です。
テーマがテーマなだけに女性には辛そう?という感じですが、しっかり自分を持っていそうな小池さん。
やっぱりこの顔ぶれの中でも‥‥この手の話ではオダギリが一番いじめられそう?^^;

おっぱい星人(※)の話題が出ると、必死の面持ちで当時の解説(言い訳)をするオダギリ。。誤解がない様に!というのがありありです(笑)。
(とは言え、あの時の選球眼ならぬ選胸眼は素晴らしかったよ/笑)

小池さんの胸は本物かニセモノかと聞かれ、小池さんのバスト辺りを改めて見定める風のポーズ。

小池さん:「オイオイ、オダジョー、待ってくれよ〜」
(まさか疑ってるんじゃないだろうねのニュアンス)

オダギリ:「待ってくれよじゃねぇよ〜」「ホンモンだろォ?」
(ちょっとやさぐれ男風の演技入り?)

‥こんなやりとりからも「サトラレ」チームの仲の良さが伺えます(笑)。

(※‥以前の放送で、ビキニ姿の女性を並べ、「どの胸が上げ底でなく“本物”か」を当てるコーナーがあった際、なぜかオダギリだけがあっさり全問(全員)パーフェクト正解(笑)。大盛り上がりするみなさんから「芸能界一のおっぱい星人」というありがたい称号をもらい、女性が胸に入れていたパットまでもらい^^;その時にはまんざらでもなさそうな様子だったのですが‥/笑)

続きを読む

【着うた】「帰って来た時効警察」着うた、着メロ

■「帰って来た時効警察」携帯サイトで、着メロのほか、着うたもどんどん配信されていますね。

【着うた配信曲】
・帰ってきた時効警察のテーマ(前回はシロフォンのような音だった部分が、今回はフルートのような音になっていますね!)
・真加出のテーマ
・プクーちゃんのテーマ (ドラマの中で霧山さんが着信音に使っていた曲)
・プクーちゃんのオープニング
・プクーちゃんのBGM

‥などなど。
「プクーちゃんのテーマ」は無邪気に毒を振りまいているような、癒しとHAZARD紙一重の匂いがするところが好きですv(歪んでる‥?^^;)

チャンネルNECOのフリーペーパー、IXY広告掲載誌ほか。

チャンネルNECOの5月号のフリーペーパーが「ビッグ・リバー」の哲平@オダギリの表紙だそうです。(そのほか、哲平の写真が何枚か掲載)
このフリーペーパーは映画館などに置かれているそうです。

情報カレンダーの方には載せてありますが、チャンネルNECOでの「ビッグ・リバー」放送予定は、5/13(日)のほか、こちらです。
5月の「ビッグ・リバー」放送スケジュール


5/7発売「STUDIO VOICE 6月号」(表紙‥北野武さん)の6pにIXYの広告が掲載されているとお知らせいただきました。
写真は以前「TV navi」の裏表紙に掲載されていたものと同じで、IXYのサイトでダウンロードできる壁紙の右側と同じものです。
TV naviをチェックできなかった方はチャンスですね〜


■ここと同じlivedoorのブログですが、「帰って来た時効警察」4話監督のケラさんのブログと、同じく(今回は)4話に出演された廣川三憲さんのブログに時効関連画像や裏話が出ているとお知らせいただきました!

★ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督ブログ(livedoor Blog)
5/6付‥「帰って来た時効警察」第4話関連画像 ほか

★廣川三憲さんブログ(livedoor Blog)
5/1付‥オダギリ話
5/8付‥「帰ってきた時効警察」こぼれ話

廣川さんの裏話部分は『あれっ?』と思ったものの、それがなんだったのか全然気付いていなかった‥確認確認

【過去レポ】02年7月4日「徹子の部屋」◆淵殴好函Дダギリジョー)

(このレポートは放送当時に書いたものです)

02年7月4日
「徹子の部屋」◆淵殴好函Дダギリジョー)
テレビ朝日系

(2006年12月8日付より続き〜)
『挑戦「オダジョーの部屋」』
「徹子の部屋」では、ゲストの方のリクエストに応えて飲み物を用意するという話から、オダギリが徹子さんに「一番好きな飲み物は何なんですか」という質問をします。
ところが、徹子さんの返事は『水分は余り取らない』という意外なもので、「いや、もう、その辺りがものすごっ知りたいですね!」と目を輝かせるオダギリ(笑)。
「いや、ありえないです」「いや、人間離れしすぎですよ!」等々、時折かなり失礼と思われる言葉を挟みつつ興味津々な面持ちで徹子さんの話を聞いています。
でも汗もかかないと言う徹子さん、女優の鑑の様な人ですねぇ。
《徹》「(水分を取らないと)何か、瑞々しくないですよ、なんかねぇ?」
《オ》「いやいや、それは僕の口からは言えないですけども‥」
こらこらっ!^^;‥しかしなんとあの「徹子の部屋」のスタジオ内から笑い声が聞こえています!
ある意味スゴイ!ある意味コワイ‥!?^^;

その後、好きな食べ物の話をしながら、徹子さんの得意料理を尋ねるオダギリ。
《徹》「一番上手いのはやっぱりお正月の黒豆ですねぇ」
ところがそれを聞いたオダギリ、「くっ・ろっ・ま・め‥‥(笑)」となぜか大ウケ。
「ちょっと‥マイナーですねぇ〜」再びコラコラッ!(>_<) つくづく失礼なヤツです‥本当にすみません、徹子さん‥
そんな失礼オダギリに、寛大な徹子さんは『ふっくらとした「京都の黒豆」を初めて食べた時の感動』を話して聞かせて下さいますが、その作り方を話し始められた途端、今度は何と、「あ、じゃここでちょっとCMです」。
うわー!ちゃんとCMまで仕切らせてもらってるよー!
「随分この方がやるときちん行くわね、CMに。あたくしがやるとなかなか行かないんですよ、CMに。ズルズルしちゃって」
そう笑うおちゃめな徹子さんと、「じゃ、CMです」とカメラ目線で小さく頭を下げるオダギリを残し、画面は本当にCMへ(笑)。
続きを読む

【過去レポ】02年7月4日「徹子の部屋」 淵殴好函Дダギリジョー)

(このレポートは放送当時に書いたものです)

02年7月4日
「徹子の部屋」 淵殴好函Дダギリジョー)
テレビ朝日系

『オダギリジョー「徹子の部屋」に出演!』というニュースが飛び込んで来たのは、忘れもしない6月4日のこと。
あれからちょうど1ヶ月。ついにこの日がやって来ました。
『♪トゥールルッ トゥルル トゥールルッ』(←マンスリーオダギリ風)のメロディーに乗って徹子さんの登場です。

徹子さん:「さて、今日のお客様は、ほんっとに今売り出し中の若い俳優さんでいらっしゃいますけど、仮面ライダークウガというので爆発的な人気が出た方でいらっしゃいます。
オダギリジョーさん、今日のお客様です」

画面左側からオダギリ登場。キャー!ほんとに出てきたっ(>_<)(パチパチパチ)
いつもの様に手を前できちんと合わせてお辞儀をするオダギリ。
この日の衣装は真っ白なスーツで、胸元からは黒のシャツと首に掛けている大きめのクロスがのぞいています。
白と黒でまとめられた、一見シンプルで清潔感のあるコーディネートですが、胸元が開き気味であることと、被っている黒い帽子がオダギリチックなため、爽やかさとはまた違った雰囲気を醸し出していますv (褒めてます、一応v) 
徹子さんが『マンスリーオダギリ』の「オダジョーの部屋」について触れられ、「いやいやいや・・ほんっとにすみません」と恐縮して頭を下げているところでまずはCM(笑)。
続きを読む

【過去レポ】02年9月2日「秘密の爆笑大問題」

(このレポートは放送当時に書いたものです)

02年9月2日
「秘密の超爆笑大問題」
日本テレビ系

全員でのオープニングトークの話題は「夏休み」はどこに行ったか。
リーダーから話を振られたオダギリ、力を込めて「僕、全くなかったです」。
「ちょっと海に行くとかさ、ちょっとプールに行くとかさ。そういうのない?」とリーダーが話を引き出そうとしてくれますが、キッパリと「全く水に浸かったことがないです」。
‥夏が嫌い、花火が嫌い、全く水に浸かったことが無い。でも、一応雑誌のランキングなどでは、海に一緒に行きたい芸能人の3位に選ばれてたりなんかするんですよね、これが(笑)。

今日のゲストは泉谷しげるさん。
テーマは「降って湧いた災難に注目」ということで、「とばっちり事件簿」というものが紹介されます。
その中で、「日本がボイコットしたモスクワ五輪」の感想を求められたオダギリ、困った顔で「ほんっとに覚えてないんですよ」。
そこにボソッと「お前全てが“ボイコット”だもん」と泉谷さんの鋭い突っ込み!(爆笑!)
『ジョー君自体がボイコット』というおかしな結論でスタジオかなりの納得ムード。

‥しかし泉谷さんって意外にオダギリ通!?(笑)

続きを読む
管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
---------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在掲載しておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
◆◆Schedule(2017)◆◆
◆◆Schedule(2018)◆◆
◆◆Schedule(2019)◆◆
◆◆Schedule(2020)◆◆
をご覧ください。

---------------------
【2020年】
---------------------

【4月】
24(金)
『時効警察はじめました Blu-ray BOX』発売
---------------------
【5月】
23(土)
『世界一受けたい授業』(日本テレビ系 19:56〜/オダギリのヘアメイク担当砂原由弥さんが出演、オダギリの画像紹介あり)
---------------------
【6月】
8(月)『令和に蘇る!スポーツマンNo.1決定戦 レジェンド』(TBS系 19:00〜/2001年にオダギリが出演した「芸能人サバイバルバトル」のモンスターボックス17段クリア(2m56cm)のシーンがオンエア)
---------------------
【9月】
9(水)
『ある船頭の話 Blu-ray&DVD』発売
---------------------

映画『サタデー・フィクション(原題:蘭心大劇院)』公開未定
---------------------
【2021年】
映画『アジアの天使』公開(テアトル新宿ほか全国で公開予定)
映画『名も無い日』公開
待機,公開作品
映画『サタデー・フィクション』(原題:蘭心大劇院蘭心大劇院)
・ロウ・イエ監督(中国)
・日本から来た暗号通信の専門家 古谷三郎役?
・出演/コン・リー、オダギリジョー、中島歩、トム・ブラシア、パスカル・グレゴリー、マーク・チャオ ほか
・2017年12月中旬クランクイン、2018年2月下旬クランクアップ
・公開延期
---------------------
映画『アジアの天使』
・2020年秋完成予定、21年春韓国公開後日本公開
・石井裕也監督
・撮影監督/キム・ジョンソン、音楽/パク・イニョン
・出演/池松壮亮、オダギリジョー、チェ・ヒソ
・キャスト、スタッフの95以上%が韓国チーム、ほぼ韓国ロケで撮影
---------------------
映画『名も無い日』
・2018年撮影、2021年公開予定
・124分
・日比遊一監督
・脚本/日比遊一 新涼星鳥
・音楽/岩代太郎
・出演/永瀬正敏 金子ノブアキ 真木よう子 井上順 藤真利子 大久保佳代子 中野英雄 岡崎紗絵 木内みどり 草村礼子 今井美樹 オダギリジョー
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

AKI

デビュー時から役者オダギリジョーが放っていた独特の存在感、いい意味での裏切られ感にどっぷりハマり現在に至る。東京。★を半角@に直して下さい→akiodagirist03★yahoo.co.jp


現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ