★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト
→【ネタバレ感想OK】 「湯を沸かすほどの熱い愛」 / 「オーバー・フェンス」 / 「ムジカ・ピッコリーノ」 / 「重版出来!」 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

<「時効警察」霧山修一朗メガネ再現復刻企画>をお知らせいただきました。→ 経緯商品紹介


※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

'13テレビ/ラジオ

11/22放送の「都市伝説の女(シーズン2)」の最終話にもオダギリが声で出演

随分前のことになってしまいましたが‥第1シーズンに続いて、「都市伝説の女(シーズン2)」の最終話にも「春樹くん」(オダギリ)が声で出演していましたね
元々は、「都市伝説の女」のプロデューサーさんがオダギリと親しく、長澤さんとは「ぼくの妹」の共演もあっての出演という流れだったと思いますが、何年か経ってもこういう繋がりが続いているというのはやっぱり嬉しいなあ*^^*

前回に出演した際の記事
長澤まさみさん主演「都市伝説の女」最終話にオダギリが声だけ出演



■11/22(金)「都市伝説の女(シーズン2)最終話」
テレビ朝日
加賀春樹役:オダギリジョー

番組ほぼエンディング近く。
都市伝説解明のためだけに捜査に情熱を注いでいるにも拘らず、その美貌と美脚、そしてその性格もあってか!?(笑) なんだかんだで難事件を次々解決してしまう月子(長澤まさみさん)の活躍を買われて、今度は『中国にかぐや姫のミイラがある』という話の捜査のために、CIAに協力することになったというラスト(笑)。(前回はFBIでした/笑)

中国の竹林で捜査?中の月子。携帯が鳴る。
既にエンドロールが流れている。

月子「もしもし」
(オダギリの声)春樹くん「‥やっぱりアメリカは月のことになると必死だねえ」
月子「春樹くん!」
春樹くん「実はアポロが行ってないことがバレると大変だからかなぁ‥」
月子「やっぱりそうだったのね。春樹くん、もう少し詳しく‥!(ピーと雑音)」
月子「もしもし?」

ここで何か発見したらしい捜査員に呼ばれる月子さん。

というようなシーンでした(笑)。
エンドロールも前回と同様、本人の(声)出演より先に「オダギリジョー」という名前が役名なしで登場。
その後、春樹くん(の声)出演、でした^^

【テレビ】『オダギリ夫妻に第二子誕生』関連テレビ

■下の記事にオダギリ夫妻に第二子誕生関連記事を追加しました。

<オダギリ夫妻に来春第二子誕生関連テレビ>
■10/31(木)「グッド!モーニング」
テレビ朝日
(5:15)
<香椎由宇 妊娠5ヶ月でドラマ降板>
サンケイスポーツの紙面を紹介。
(6:44)
<オダジョー・香椎夫妻 第2子来春誕生>
「マイウェイ 12,000キロの真実」初日舞台挨拶の写真で紹介。

10/31(木)「めざましテレビ」
フジテレビ(6:08)
<香椎由宇 来春第2子出産>
サンケイスポーツの紙面を紹介。

10/31(木)「朝ズバッ!」
TBS(6:45)
<香椎由宇 妊娠「クロコーチ」降板>
スポニチの紙面の紹介。

10/31(木)「PON!」
日本テレビ
<オダジョー(37)香椎由宇(26)に来春第2子>
サンケイスポーツの紙面の紹介。

【テレビ】「人類資金」初日舞台挨拶関連

意外と少なめでしたね

10/21(月)「めざにゅ〜」
フジテレビ(4:16/4:56)
<映画「人類資金」初日舞台あいさつ 
オダギリは一番最初、壇上のキャストらを引きで映した際に全身映っていましたが、その後、香取さん〜佐藤さん〜森山さん〜まで移動していたカメラもそこでストップ。あとちょっと右に〜〜でした(>_<)
 
ナレーション:映画「人類資金」の初日舞台挨拶が先日都内で行われ、主演の佐藤浩市さん、SMAPの香取慎吾さんらが登場しました。
 
<佐藤浩市が“悔やんだ”事とは? 映画「人類資金」初日舞台あいさつ>
 
佐藤浩市さん:監督、出演者みんながあの、この映画の完成に向かって、もう、疾走していたっていう。
今日を迎えて、ほんと頭の中が真っ白になっちゃいましてね。正直言ってあの、気の利いたコメントは全く言えないと思います。
 
本編映像とともに作品紹介があり、ロシアのシーンではオダギリの姿も。
 
ナレーション:‥今回、日本、アメリカ、ロシア、タイの4カ国で撮影。総移動距離5万4593kmを地球1周のおよそ1.36倍もの距離を駆け回ったことを知ると、佐藤さんは‥
 
佐藤さん:‥マイル貯めりゃあよかった‥!(笑)
 
香取さんも森山さんも拍手しながら笑っています。
 
ナレーション:‥と、M資金だけに、マイル資金の取りこぼしを悔やんでいた佐藤さんでした。




10/21(月)「めざましテレビ」
フジテレビ(5:50)
<佐藤浩市 4カ国での撮影に後悔が…>
 
ナレーション:旧日本軍の隠し財産M資金を題材にしたサスペンス映画「人類資金」の初日舞台挨拶が行われ、主演の佐藤浩市さんや香取慎吾さん、森山未來さんらが登壇しました。
 
こちらでは引きの映像のほか、ちゃんと森山さんのお隣にいるオダギリまでしっかりと映してくれています^^
 
<佐藤浩市 初日に「感無量」 4カ国撮影は後悔が…>
 
佐藤浩市さん:なんとか、この日を迎えることができて、えーちょっと、僕も感無量なんですけど。(カット)疾走感のある映画になっていたと思います。
 
ナレーション:また、この映画はアメリカ、ロシア、タイ、日本の4カ国で撮影が行われたのですが、総移動距離はなんと5万4593kmだったそうで。
 
佐藤さん:‥マイル貯めりゃあよかった‥!(笑)
 
ナレーション:‥と、少し後悔した佐藤さんなのでした。




■10/21(月)「TOKYO MX NEWS」
TOKYO MX(7:23)

<映画「人類資金」公開初日舞台挨拶 佐藤浩市「疾走感ある映画になった」>
 
ナレーション:映画「人類資金」が先週の土曜日公開初日を迎え、出演者らが舞台挨拶に登場しました。
 
登壇者のバストショットをゆっくり映す映像。オダギリの斜め横顔がとっても端正です。
 
<森山未來&観月ありさ 格闘シーンで苦闘!>
 
佐藤浩市さん:監督、出演者、みんなでこの映画の完成に向かって、もう、疾走してたっていう、疾走感ある映画になっていたと思います。
 
森山未來さん:あの、ヒゲで誰かちょっとよくわからないかもしれないですけど、あの、一応森山未來です(笑)。
 
香取慎吾さん:今日は観月ありささんもいるということで、ほんとに華があって、今日は良かったなと思ってます^^(これは男だらけのプレミア試写会の時と比べて?/笑)
 
観月ありささん:女子ひとり、紅一点で、華を添えられた‥のではないかな、と(笑)。みなさんはどう思っ‥(会場から拍手。嬉しそうに)ははっ(笑)
 
ここで「人類資金」の簡単な作品紹介があり、
 
ナレーション:‥暗殺者を演じた韓国の俳優、ユ・ジテさんは今回都合により残念ながら舞台挨拶を欠席。森山未來さんと観月ありささんは、ユ・ジテさんと格闘シーンでの大変だったエピソードを話してくれました。
 
香取さん:ユ・ジテさんって僕より全然大きいんですよ。(と手を自分の頭の上に挙げて背伸びする香取さん。大きく頷く佐藤さん
未來くんに聞いたら、(肩に手をやって)押さえられてはねのけられなかったって。(森山さんも頷く)
 
森山さん:普通アクションシーンってこう、結構カット割ってね、( ? )を良くしていくんですけど、監督の無茶振りで1分半くらいの長回しみたいなことになったんです。フフ(笑)
 
観月さん:ジテさん、ほんとにパンプアップされて、すぅごい肉体なので、蹴ったりとか殴ったりすると、こっちの手とか足が痛いんですね。
闘うシーンは青あざを作りながら頑張りました。

「7スタライブ」で佐藤浩市さんが「新選組!」話題

10/17(木)「7スタライブ」
テレビ東京
“7スタエンタメ”
で10分ほどの「人類資金」の特集。

先日のプレミア試写会でのカーペットアライバルと舞台挨拶の様子や、阪本順治監督と佐藤浩市さんのインタビューなども。
その中で、佐藤浩市さんが「新選組!」の頃を振り返ってコメントされていました*^^*

<香取慎吾さんについて>

佐藤浩市さん:まあ、僕が「新選組!」の時にやった‥香取くんとはもう10年以上経ってるんで、やっぱりこういう‥あるものを背負いながら生きる大人の男っていうことを演じる世代になったんだなあっていうのが実感ですね。

阪本監督:以前の「座頭市」やった時に、浩市くんが言うように、普段の彼(香取さん)待ち時間の待ち方とか、そういうものを見ていて、なんか今回の役?(で)無理をさせるという気は全くなくて、彼のもう1つの素の部分っていうのを出してくれれば普通にできるかなと、それは思ってましたね。

ご存じの方も多いと思いますが、香取さんはわりと人見知りで、普段は物静かな人なそうですね。
今はわかりませんが、以前はSMAPのメンバー(草ナギさん以外)にも電話番号や住所を教えていないと言われていましたし、「新選組!」の時にも山本耕史さんが何度頼んでも電話番号を教えてもらえず、苦労に苦労して最後は電話番号を盗み出して!?いらっしゃいましたし(笑)(そんな山本さんに香取さんも最後は惚れたことでしょう/笑)

また、佐藤浩市さんがM資金詐欺師の役ということで、『出演者の中で一番騙し易い!と思うのは誰ですか?』という質問がお2人に。そして、その答えが問題に出されます。

阪本監督:そりゃあ〇〇〇でしょ?(佐藤さんに)

佐藤さん:(そうだねえという表情で大きく頷いて)うん。

阪本監督:なんかこう、隙‥あるもんね(笑)。

佐藤さん:うん!

ここで出演者の写真がズラリ。オダギリはもちろん、ヴィンセント・ギャロ、仲代達矢さんの写真までありますが‥‥答えはなんと「佐藤浩市」(笑)。
佐藤さん、「基本的にノーガード」な人間で、自分でも騙されやすい人間だと思う‥とのことでした(笑)。

LAWSON「パスタ屋」CM映像、ラストが違うバージョンも。

今朝「王様のブランチ」をつけていると、LAWSON「パスタ屋」焼きパスタ ラザーニャのCMが。
でもあれ?最後こんなのじゃなかったよね!と確認してみると、やっぱりこれまで見掛けたものと違うものでした!
最初のものは、声に出して言っていたことを「すみません」と恥ずかしそうに謝るもの。
今回見掛けた(録っていた)ものは、ボードに何か書きながら、「今ならお得です」と透明感のある表情でカメラ目線で言うもの。
とってもステキですよ^^


【テレビ】10/4(金)「第18回釜山国際映画祭」『Present For You』関連

■「めざましテレビ」
フジテレビ
(5:53)
<福山雅治 in 初韓国“歓迎されてうれしい”>
<第18回釜山国際映画祭 オープニングセレモニー 韓国・釜山>

ナレーション:福山雅治 韓国に初上陸。
第18回釜山国際映画祭が開幕し、オダギリジョーさん、前田敦子さんらが登場しました。
そして‥(以下「そして父になる」に話題へ)
レッドカーペットを監督と歩く、アフロの上にちょんと帽子を乗せた例のオダギリが数秒だけ(笑)。
斜め後ろから撮った映像ですが、それでもやっぱり!スタイルがとてもいいです


 
■「ZIP!」
日本テレビ(6:40)
<福山、オダギリ、前田敦子 釜山国際映画祭開幕>
<第18回 釜山国際映画祭>
 
最初はずっと「そして父になる」の紹介&映像。その後、
ナレーション:‥さらには、黒いハットとサングラス姿のオダギリジョーさん。
と、めざましテレビとほぼ同じような映像が数秒間。
でも、そのオダギリの姿を見た小窓に映る鈴木杏樹さんが、目を丸くしてびっくり顔になり、その後「へえ〜〜」と笑顔でおっしゃっていたのが印象的でした(笑)。

「旅する音楽」第2回放送!楽しみ!

‥なんですが、私はリアルタイムでは観られませーん(>_<)
なるべく早く追いつく予定ですっ。
よかったら↓こちらに感想をお願いしますv

【テレビ】「旅する音楽」(2013年- /BSフジ)

【テレビ】8/31(土)「明治を駆け抜ける八重と襄」(NHK総合)

あああもうちょっと早く気づいていれば‥
今日の未明から、ネットでも見られる「明治を駆け抜ける八重と襄」(約5分)と多分同じものがNHK総合で3回ほど放送されていたようです。
たまたま録画されていて気づいたのですが、とりあえずもうオンエアは済んでしまったのかも‥すみません(>_<)

【テレビ】8/5(月)「京いちにち ニュース610」(オダギリジョー)

遅くなってしまいました〜


8/5(月)「京いちにち ニュース610」
NHK総合(京都)18:10-19:00
<「八重の桜」 綾瀬さん オダギリさんに聞く>

先日、京都の屋外で行われた会見の様子。2人とも華やかな洋装で、晴れやかな表情をしています。

場面変わって、2人にドラマへの思いを聞きました、ということで、並んで座っている綾瀬さんとオダギリ。
土曜スタジオパークに出演した時と同じ衣装です。(オダギリは手に白手袋/笑)

ナレーション:‥幾多の悲しみを経て、明治という新しい時代を迎えた八重を描く京都編。2人にドラマへの思いを聞きました。
 
綾瀬はるかさん:
やっぱり、八重と襄の出会い‥‥そっからこう、同志社大学の設立とか進んで行くので、私も襄と八重がどういう風にその学校を作って、2人の夫婦の愛を深めて行ってっていうとこは、見ていてとても面白いとこだと思います。
 
オダギリジョーさん:
戊辰戦争や、いろいろな戦いの中で、大切なものを失って傷ついた八重さんが、まあ、襄と出会‥う、ことで、こう〜1つの目標を持ったりとか、同じ夢を追いかける同志になったり、まあもちろん夫婦になって、ってことですけど、その‥
(眉を寄せて考える表情をして)ズタズタになっていた八重が、また、こう‥立ち上がってリスタートするその姿、(手を使って身振り手振りを交えながら)前向きになって幸せになっていく八重っていう、その‥うーん、今までが苦しい時代を重ねた分、幸せな八重を見ていただければなと思いますね。
 
<八重の桜 舞台は京都に>
 
ナレーション:襄は友人への手紙の中で、八重を「ハンサムな女性」と紹介しています。
八重のハンサムぶりは、襄と出会うことでいっそう発揮されます。
 
綾瀬さん:
今までは、ま、ちょっと男勝りとかそういうところだったけど、実際に大人になって、いろんなところを乗り越えて、でも、会津精神というか、その「ならぬことはならぬ」っていう正義感と、八重さんのそういう頑固なところを持ちつつも、新しい時代を柔軟に生きて行く。で、すごい先見の明が2人ともあるから、そこを両方が上手く合わさって、時代の先を歩いて行くっていう。
国っていうのは人のことであって、まず人を育てなきゃいけないとかそういうことも‥なんだろう‥ふふっ(笑)‥ま、とにかく人が、みんながこう希望を持って、その道に向かって行く。ちゃんと夢を持つっていうこととかも、見ててなんかすごい刺激になるんじゃないかなと思いますけどね。
 
ナレーション:幕末を描いたドラマは多い中、明治まで描いたものは少ないというオダギリさん。現代へと繋がる明治を生きる2人から学ぶことは多いと考えています。
 
オダギリ:
結局‥その、こう‥圧政というか、江戸時代の民主的じゃないものの方が、日本人には合ってるっていう方も多いでしょう?
(とインタビュアーに) そういう、民族的なものとして。
それがこう、西洋の列強に、‥うーん、肩を並べるために‥‥西洋の真似をした結果、ま、今の日本があるとして、その当時の‥ま、憲法もそうですけど、そのままズルズルと平成の時代を僕らが生きてるような気がして、‥ま、その、根源が明治にあると思うんです。まずそのスタートが。
その当時の政治家は、非常に頑張ってくれたと思うんですけど、今僕らはそこからこう何を感じるかが、すごく大事なんじゃないかなぁと思うんで。。
 
ナレーション:最後に、新たな舞台となる京都への思いを聞きました。
 
オダギリ:
僕、同志社受けようかどうか悩んだんですよ、高校の時に。結局受けなかったんですけど。なんかそういう、同志社の‥んー‥設立者を演じることが、すごく自分でも、なんか、面白いなあと思いながら参加させてもらってるんですけど。‥受けてもよかったなという気がしますよね(笑)、どうせならねえ?(笑)
 
綾瀬さんの笑い声。
オダギリはインタビュアーさんに向かって話しかけているような、いつになく穏やかで優しい表情です*^^*
 
オダギリ:
それで、自分の学校の設立者を演じる方が、より面白かっただろうなと思いますしね^^ (小さく頷いて)
なんか、あと単純に、覚馬とか‥ま、あの〜槇村(正直)さん
(第2代京都府知事というテロップ)とか、やっぱあの方たちの頑張りが今の京都の石杖になっているんであれば、なんかそれをこう‥同じ作品の中で触れている感覚が、なんかすごく楽しいというか、こうやって京都をみんなで変えて行ったんだなあっていう、なんか新鮮な気持ちで台本が読めますね。

綾瀬さん:
こう、空っぽになった京都っていうところから、どういう町にして行くんだっていうところから始まっているので、あの〜京都在住の方は(笑)、あ、こんな風にして京都が同志社ができたんだなっていうことを、初めて知っていただく方もいるかもしれないし、楽しんで観てもらえるんじゃないかなと思います^^


オダギリが最近よく口にする「夫婦」という言葉がなんだか新鮮で、とても温かく感じられます*^^*
それから、役の上の話であっても「(僕が演じる)襄が八重さんを幸せにしてあげるんだ」という決意のようなものが伝わってくる、そんな話ぶりにも毎回地味に感動(笑)。
大人になったなあ‥(笑)

【テレビ】映画「渇き。」関連(ワイドショー)

今日のスポーツ新聞や情報番組でも「渇き。」の映画化について取り上げていましたね。
役所広司さんが主演する映画の紹介という感じで、他の出演者などについてはまだ触れられていませんでした。

■ 8/7(水)「めざにゅ〜」
フジテレビ(4:58)
<役所広司×中島哲也監督 「このミス」大賞映画化>

役所広司さんが映画「渇き。」に主演することが分かったという日刊スポーツの記事を紹介。
映画の原作は「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した「果てしなき渇き」などという話が紹介されました。(日刊スポーツには出演者の写真が掲載)

8/7(水)「めざましテレビ」
フジテレビ(6:09)
CHO-KAN DO<役所広司 最低最悪の主人公>

役所広司さんが映画「渇き。」に主演というデイリースポーツの記事を紹介。
役所さんが演じるのは性格が破綻した刑事役などといったことが取り上げられていました。

【テレビ】8/3(土)「土曜スタジオパーク in 京都」(綾瀬はるか×オダギリジョー)

8/3(土)「土曜スタジオパーク in 京都」
NHK総合13:50〜14:50
ゲスト:綾瀬はるか×オダギリジョー

天使天使天使!?(>▽<)
ヒゲなしでまさに天使のようでしたね!(笑) 

あと、「ジョー(襄)もがんばんなきゃな‥」にやられました‥(>_<)

大沢あかねさんはご結婚前からオダギリのファンと言われていて(当時はビジュアルが理想だと言われていたので、綾瀬さんの「造形美」発言には内心『うんうん!』だったかも‥笑)、その後『オダギリが映っているVTRをスタジオで観ている大沢さん』『オダギリのVTRにコメントする大沢さん』は観たことはあっても、ファンでいらっしゃるかは確認できずにいましたが‥お知らせいただいた情報によりますと、未だ大ファンでいらっしゃって、今日も緊張してあまり話せなかったんだそうです〜*^^*

(コメント欄に当日の様子をお知らせいただいています)

【テレビ】「シューイチ」でも「人類資金」紹介

昨日朝放送の情報番組「シューイチ」でも「人類資金」が紹介されていました。

■7/28(土)「 シューイチ」
日本テレビ 7:30-9:55
SHOWBIZ PICKUP
<豪華キャスト出演映画「人類資金」>
<佐藤浩市&香取慎吾…「人類資金」映像>
<日本 ロシア タイ ニューヨークで撮影>

映像は以前お知らせした予告編などと同じもののよう。
佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、オダギリジョーなど豪華キャストが出演し、日本やタイなどで撮影が行われたことなどが紹介されていました。

【テレビ】7/25(木)「めざましテレビ」(「人類資金」)

今日の「めざましテレビ」でも「人類資金」が取り上げられていましたね!

■7/25(木)「めざましテレビ」
フジテレビ
(5:53)

映画の本編映像。

<豪華キャスト“10兆円”をめぐる戦い> 
<「人類資金」10月19日公開 配給:松竹>

ナレーション:豪華キャスト“10兆円”をめぐる戦い。
10月公開のエコノミックサスペンス大作、「人類資金」の予告編が完成しました。

<佐藤浩市&香取慎吾ら“10兆円”をめぐる戦い>

ナレーション:この作品は、旧日本軍の手によって隠匿された10兆円とも言われる財宝、M資金をめぐる争いを、国際的スケールで描いています。
キャストは佐藤浩市さん、香取慎吾さん、森山未來さん、観月ありささん、オダギリジョーさんなど、超豪華です。

<原作:福井晴敏 監督:阪本順治 「亡国のイージス」>

‥というもので、オダギリは昨日の「ZIP!」でも流れた頬杖をついているシーンのみでした。
が、その暫く後に、アクエリアスゼロのCMであくび&伸びをするオダギリの姿が(笑)。
最近で観掛けたのはちょっと久々だったので、ほのぼの‥でした*^^*

【テレビ】7/24(水)「ZIP!」(「人類資金」)

7/24(水)「ZIP!」
日本テレビ
“SAKIDASHI SHOWBIZ/豪華キャスト”(5:57)
 
<独占 佐藤浩市×香取慎吾 最新作映像を初公開
 
スタジオ:豪華出演陣の共演で話題の映画「人類資金」の最新映像が届きました。「ZIP!」独占です。

ナレーション:佐藤浩市さん、香取慎吾さん、森山未來さん、観月ありささんなど、豪華キャストが出演する「人類資金」。

映画本編からの映像とメイキング映像が流れます。
香取さん、森山未來さん、佐藤浩市さん、そしてオダギリのシーン。
香取さんについて立っている風の森山未來さん。その場の空気から一線を引いて立っているかのような佐藤浩市さん。そして、オダギリに熱心に話しかけている風の香取さんと、その話を視線を落としながら、困惑の表情で聞いているオダギリ。
以前にも出ていたビジュアルだったと思いますが、オダギリはスッキリ額を出した髪に薄めのヒゲ、上品なグレーのスリーピースのスーツ‥とカンペキです(笑)。

<旧日本軍の莫大な隠し資産 “M資金”をめぐるサスペンス>

ナレーション:旧日本軍の莫大な隠し資産“M資金”をめぐる、男たちの戦いを描いたサスペンスです。

オダギリがロシアヘッジファンド代表なので、恐らくロシアなのでしょうか。
雪景色の中、佐藤浩市さんと並んで歩くオダギリは、襟部分がファーで覆われたコートに、黒のコサック帽のような帽子を被っていますが、顔より帽子の方が大きいくらいです(笑)。(しかしここでも、視線を上げて話している風の佐藤さんと、視線を落としているオダギリの図)
 
ナレーション:映画「人類資金」は10月公開です。
 
************************* 
“SHOWBIZ”(6:36)
 
<独占1 佐藤浩市×香取慎吾 最新作映像を初公開

メイキングシーン。

香取慎吾さん:(オダギリに)一緒に‥財団を手にしてみませんか。(と聞こえます..)

その言葉に、困惑の色をより濃くして、落としていた視線を香取さんに向けるオダギリ。
そんなオダギリの反応を伺い見る佐藤浩市さん。香取さんの後ろで逆に視線を落とす森山未來さん。
別のシーンでは香取さんが佐藤さんに声をかけていたので(いや、もっと重い表現のシーンでしたけど^^;)、そのメンバーでオダギリのところにスカウトに来たという感じなのでしょうか。

ナレーション:まずは佐藤浩市さん。
香取慎吾さん。森山未來さん。そして、オダギリジョーさんなど、豪華俳優陣が出演する映画「人類資金」。(観月ありささん、豊川悦司さんなども映ります)

それぞれのメイキングシーンが映し出されますが、オダギリのものは5時台と同じシーンです。

<ZIP!独占最新映像>

ナレーション:その最新映像が、映画館よりも早く「ZIP!」に届きました。

ナレーション:映画は、旧日本軍の隠し資産“M資金”をめぐる男たちの戦いを描いたサスペンス。
邦画史上最大級のスケールで、豪華俳優陣が緊迫の演技を披露しています。

5時台よりオンエア時間が長いため、より多くの本編シーンが台詞つきで流れていましたが、それを観て聞いているだけでも、スケールの大きい、緊迫感溢れるサスペンスだということが伝わってきました。
オダギリは前出のシーンとは違い、ちょっと前髪が下り、頬杖をついて何か考え込んでいるようなアップのシーンもありました。

【テレビ】6/20(木)「アカデミーナイト」(「リアル〜完全なる首長竜の日〜)

先週は別の作品を取り上げていたので、うっかり消すところでした。
前々回でオダギリのインタビューがありましたので、載せておきますね。


6/20(木)「アカデミーナイト」
TBS 26:29〜26:59
「リアル〜完全なる首長竜の日〜」

<撮影の舞台裏を語る!アカデミーナイト版コメンタリー>

<アカデミーナイト版コメンタリー〜「リアル」編〜>

<超豪華キャストが舞台裏を語る!&ストーリー限界までみせますSP>

まずは「脚本の感想」について‥だったのですが、さすが黒沢監督、という感じだったので、ここは全員のコメントを*^^*

■「脚本の感想」

佐藤健さん:これはヤバい、面白いと思って、読み終わった瞬間、すぐマネージャーさんに「これはぜひ!やりたいです」って言いました。

綾瀬はるかさん:なんかぞくぞくするというか、もう、続きがどうなるんだろうっていうのがすごい楽しみで、最後までわっと(一気に)読んで、すっごい面白い本だなって。

染谷将太さん:台本の‥力がハンパなかったので、それがすごい、読んで興奮しましたね。。

オダギリ:(役の衣装で。一瞬メイキング映像も流れます)
単純に面白いと思いましたね。
二重も三重もこう‥複雑に、夢なのか現実なのかみたいなことが‥絡まっていく作品っていうのは個人的に好きなので、よくこの企画を今の時代に作ろうとしたなあっていう。‥素晴らしいと思いました。

また、


ナレーション:オダギリさんと染谷さんは、主演の二人とは今回初共演。

<初共演!オダギリジョー 染谷将太×佐藤健 綾瀬はるか>

ということで、

■「初対面のエピソード」

オダギリ:いろんなところで、‥(作品を)拝見、してましたし、「うわぁ本物だ」と思うっていう‥(笑)(目尻を下げておかしそうに笑って)
最初に初日に僕、ゾンビになったので、真っ白な、なんか変な感じで挨拶することになって、ちょっとこっち側が申し訳ない気分になりましたね。

【テレビ】6/7(金)「アカデミーナイト」/6/8(土)「シネホリNEWS #67」(リアル〜完全なる首長竜の日〜)

たまたまチェックしていた番組で「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台挨拶のワンシーンを取り上げていましたので、オダギリ部分をレポしますね。

6/7(金)「アカデミーナイト」
TBS
<映画「リアル」大ヒット記念スペシャル!>
<初日舞台挨拶を大公開!>

オダギリジョー
フィロソフィカル・ゾンビ‥役だったんですけど、そのメイクがすごくあの‥独特で、歌舞伎が光っているみたいなものを想像してもらえればいいと思うんですけど。

安東アナ:なるほど〜はい。

オダギリ:ええ、すごく恥ずかしかったです。(会場笑い)


また、映画パーソナリティのコトブキツカサさんが選んだ五つ星ポイントとして、「主役級の脇役陣」というポイントがあり、

『日本映画界を代表する名優が大集結!』(フリップ)

主役の二人はいい役者さんだが、脇を固める方々が主役級なんですよね!ということで、


映画「リアル」のココを観ろ!<脇役陣の多くが主役級>

コトブキさん:まずはオダギリジョーさん。

<オダギリジョー オリジナリティーな道を歩む名優>

コトブキさん:オダギリジョーさんって、他の役者さんで例えられない俳優なんですよね。
なぜならば、完全にオリジナリティーな道を歩んでいるんですよね。
で、最近なんか、「舟を編む」とかいう映画でも、ちょっとなんかね〜C調な上司役、先輩役をやったりだとか、すごく幅の広い役者さんなんですね。

と解説されていました^^



6/8(土)ほか「シネホリNEWS #67」
CS 日本映画専門チャンネル
<「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台挨拶>

ナレーション:黒沢清監督のことを聞かれた中谷さんとオダギリさん。

中谷美紀さん:えっと‥1つ注意がございまして、黒沢清監督は黒澤明さんの息子さんではありません。(会場ちょっと笑い)
これ、海外に行くと大体質問されるんですね。
あの〜『この間観たよ、黒澤明の息子の映画。‥「カリスマ」‥とか、「アカルイミライ」‥とか言われるんですけど、違います!って説明しなくてはいけなくて‥。

安東アナ:そうですか。(会場に向かって)みなさん、是非、胸に刻んでおいて下さい。

中谷さん:はい(笑)。


<沢野役 オダギリジョー>
オダギリ:なんかこう、見透かされてるような気がして‥(小さく頷きながら)
うーん、居心地(イゴコチという風に発音)が‥‥ブフッ、はははははは‥(シーンとしている中、一人体を前に倒して笑う)

安東アナ:居心地が‥?

オダギリ:居心地がどこに‥あ、置けばいいのかがわからないというか。(ちょっと力を込めて)決して悪くはないという‥ええ。(会場笑い)

黒沢監督:みんな3本分くらいのものを詰め込んであるので、ちょっと詰め込み過ぎたかしらという気もするんですが、それを無理矢理1本分にしてありますので、あの〜多分1回観ただけではなかなか一瞬でわからないこととか、え〜多々あるんじゃないかと思いますので、マジで3本分ありますから、‥3回観るとよくわかるかなあと思います!(会場笑い)

【テレビ】6/1(土)「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台挨拶関連

うーん、オダギリが話しているシーンは、私が観られた限りではなかったですね〜
役と名前を紹介されたオダギリは、「え〜何をしゃべったらいいのかわからないんですけど、大体(先に)3人が喋った通りですねえ」というようなことを初っ端言って、確かお客さんに笑われていましたね(笑)。



■6/3(月)「 めざにゅ〜」
フジテレビ(4:55/5:18)
<映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日
中谷美紀 綾瀬はるかの珍エピソード披露>
<綾瀬はるか トイレに行く中谷美紀に‥>
<映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台挨拶>
 
最初、映画館全体の引きの映像から、主に綾瀬さん、佐藤さんの寄りの映像へ。
また、ステージ上の5人の映像もありましたが、オダギリはいずれも引きの映像の時のみ映っていました。
 
■「めざましテレビ」
フジテレビ(5:53)
<佐藤健&綾瀬はるか リアルな質感にびっくり>
<佐藤健&綾瀬はるか 首長竜のリアルさに(驚)!!>
 
■「TOKYO MX NEWS」
TOKYO MX7:11/7:40)
<綾瀬はるか&佐藤健 恋人役で共演>
<綾瀬はるか 中谷を尾行?>
綾瀬さんが屁負比丘尼の説明をしている間に、横で「ふぅん、そうなんだ〜」という感じに頷いているオダギリが端の方に。
 
■「PON !」
日本テレビ(10:28)
<綾瀬はるか トイレで‥
(珍)行動を中谷美紀が暴露>
<映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台挨拶>
まずは、パネルの前にキャスト、監督が立ち、パァン!という音とともにキラキラのテープが舞い上がる‥というシーンから。
その後、ステージでの挨拶シーン。こちらではさらに引きの映像だったため、オダギリがなるほどね、という感じで頷いている姿が映っていました。
 
■「やじうまテレビ」
テレビ朝日(5:41)
<綾瀬はるか(28)“赤面奇行”暴露される>
<映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台あいさつ 
東京・港区 おととい>
 
■「ひるおび!」
TBS(11:10)
<映画「リアル」豪華キャストそろった“完全なる初日”>
<「リアル〜完全なる首長竜の日〜」全国東宝系で公開中>
<おととい 東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズ  映画「リアル〜完全なる首長竜の日〜」初日舞台挨拶>
やはり、映像、コメントともに綾瀬さん、佐藤さんが中心。
ステージ、客席ともに、ロングショットになった瞬間だけオダギリの姿が見られました。

「おしゃれイズム」(ゲスト加瀬亮さん、ユースケ・サンタマリアさん)にオダギリコメント

ちょっと仕事をしながら全仏オープンのフェデラー戦でもつけておこうかなとWOWOWをつけてみたところ、「ただいま現地からの映像・音声が中断しています」と、2012女子シングルス決勝「シャラポワ×S.エラーニ」の試合が差し替えで放送されていたので(現在も放送中)、これはシャラポワが勝つのを知っているしな〜とフラッとチャンネルを変えてみたところ、「おしゃれイズム」に加瀬亮さんを発見!(と、ユースケ・サンタマリアさん/笑)
わ〜こんなのやってたんだ〜!と観始めて暫くしたら、CM前にいきなり

「オダギリジョーから衝撃の情報が」

という文字が目に入り!!
わーーーーーーーーーーー(録画)

‥‥こんな話でした(笑)。


5/26(日)「おしゃれイズム」
日本テレビ
ゲスト:加瀬亮さん、ユースケ・サンタマリアさん

「オダギリジョーから衝撃の情報が」

という表示の後、CMを挟んで。

藤木さん:(情報を)オダギリジョーさんからいただきました。

ユースケ・サンタマリアさん:おっ!

加瀬亮さん:はい(笑)。

画面左上にオダギリの写真と『オダギリジョーさん情報』という文字。

藤木さん:『加瀬さんに笑わせてもらったことは?‥昔一緒に出演した作品で、その時の加瀬くんのギャラはバッグ1つだけだったらしい。』

上田さん:!?!?現物支給だったってこと?ギャラが?

真剣な表情で聞いていた加瀬さんですが、

加瀬さん:(笑って首を振りながら)ぜんっぜん覚えてない‥(笑)

ユースケさん:そんなインパクトのある話なのに?(スタジオ爆笑)

上田さん:ははは!ねえ?

ユースケさん:ねえ?

森さん:(真剣に)バックいっぱいにお金が入ってるってこと?

上田さん:そんなわけあるか!(笑)

加瀬さん:(笑)!

という感じで、加瀬さんのい〜い笑顔で番組は終わりました(笑)。
加瀬さんはもちろん、ユースケさん、藤木さんと、元共演者がズラリと並んでいて、なんだか珍しくすごいタイミングで目撃できた面白い場面でした
‥にしても、え〜〜〜バッグ?(笑)
「アカルイミライ」かなあ‥??(笑)

(あ、今、フェデラーやっと始まったと思ったら、あっという間に中継(時間)が終わりました/笑)

ノンフィクションW「キム・ギドクが愛したアリラン」

WOWOWで現在放送中の『ノンフィクションW「キム・ギドクが愛したアリラン」』で、「悲夢」の紹介とともに、「悲夢」で起きた事故のために、その後キム・ギドク監督が苦しんだ様子などが映し出されています。
私たちとしてはちょっとつらくも思える映像ではありますが(T_T)‥その先に待っていた「金獅子賞」受賞の喜びの瞬間などもあり。
4月には「嘆きのピエタ」公開に合わせて来日されていたようなので、オダギリが東京にいさえすれば、きっと会いに行ったんでしょうね。

ノンフィクションW「キム・ギドクが愛したアリラン」

「アクエリアス ゼロ」新CM「カロリー消費調査員」篇オンエア中

「アクエリアス ゼロ」の新CM「カロリー消費調査員」篇、結構流れていますね!
最近ちょっと寝不足&疲れ気味だった私は、あの最初のあくびシーンを見るだけで、すぐうつってしまいアクエリアス ゼロを飲んでいる時のオダギリのきれいな横顔に見とれて終わる‥を繰り返しています(^^;ゞ

【テレビ】「ピカルの定理」(松田龍平×オダギリジョー)

■4/24(水)「ピカルの定理」
フジテレビ 19:57-20:54
<なでピこJAPAN 又穂希 フリーキック対決>
ゲスト:松田龍平×オダギリジョー

今日は何度か「ピカルの定理」の予告でオダギリを見かけ、本当に放送があるんだな〜とワクワクだったのですが、やっぱり面白かったですね(>▽<)
それにしても、サッカー歴23年という松田さんのインサイドキック、安定感があっていい球筋でしたね
オダギリはサッカーの方では残念だったけど(笑)、いざ蹴ろうとしたらヘンテコな割り込みが入って動揺させられたり!?(笑)松田さんのシュートに感心したり、ピカルメンバーのコントに笑ったりと、かなりいろいろな表情を見せてくれました*^^*
この2人の間だけで言えば、オダギリが結構おしゃべり(というかひと言コメント?^^;)担当になっていたりして、最後の何気ないボケ!?も面白かった‥(笑) 地元岡山話題も出ていましたね。
フリーキック対決は、松田さんの大活躍で、松田×オダギリチームの勝利!
単純に、スポーツウェア姿を見るだけでもいいから、またこういうのに出てほしいな〜

【テレビ】4/18(木)「男おばさんL #47」(松田龍平×オダギリジョー)

なんだか内容以上に長くなった‥細かすぎるのかな^^;

4/18(木)「男おばさんL #47」
CSフジテレビONE TWO NEXT
<デジカム探訪ハイパー>

<マジメに頑張る人は格好よくて面白い 「舟を編む」>

「注目作」ということで、笠井さんがチラシをカメラに差し出すようにして映しながら、「舟を編む」の紹介がスタート。

笠井さん:こういうテーマの映画が、できるんですよねえ。(感心したように)

「日本の映画の裾野の広さを感じますが」と言いながら、これまた「男おばさん」恒例の掌サイズのスチール写真を取り出し、備え付けの小型カメラの前に差し出して、1枚1枚映し出しながらストーリー解説。
その後、ベストセラーとなった原作本の話題が出ると、本を取り出した笠井さん、なんと、

笠井さん:僕ねえ、ずっとねえ、“三浦をしん”かと思ってた。三浦しをんなんだねえ!

‥インパクト大のカミングアウトに大ウケを通り越して一瞬ア然(笑)。いやいやいや‥面白いんですけど!

軽部さん:‥(苦笑)‥もうあの‥ほんとに任せていいのかと。(周囲爆笑)
君に取材、行かせて良いのかという。

笠井さん:いや!今回ほんと困ったのは!松田龍平さん、オダギリジョーさんのお二人、このお二人へのインタビューはやっぱりね!ローテンションコンビですよ。

軽部さん:なるほど!

笠井さん:ローテンションコンビ!

笠井さんがそんな二人にどう奮闘したのか、という紹介とともにVTRへ。

 
<「舟を編む」松田龍平&オダギリジョーにデジカム探訪>
 
「舟を編む」のポスターの前に座っている笠井さん、松田龍平さん、そしてオダギリ。2人の衣装から、どうやら「アカン警察」と同じ日の撮影だったよう。
しかし、オダギリの首回りには、アカン警察の時にはなかった白いギザギザしたレースのようなものが。なんだかサメの歯みたーい(>▽<)なんて思いつつよく見ると‥歯!? やっぱり歯!?
なにかの歯らしきものをアクセサリー(チョーカーというにはちょっと大きめ)にしている様子です 
笠井アナの手には小型のデジタルビデオカメラ。全員を引きで撮っているカメラもちゃんとありますが、主に笠井さんのカメラの映像を中心にオンエアされています。

笠井さん:(自分撮りしながら)「舟を編む」。え〜松田龍平さんとオダギリジョーさんです!

オダギリ松田さん:(頭を下げて)よろしくお願いしまあーす。

笠井さん:や、ほぉんっとにね、面白かった。面白かったっていうより、いい話だった。とても。(うんうん頷いて聞いている松田さんとオダギリ)

松田さん:はい、ありがとうございます。

笠井さん:実際に、石井裕也監督の元での撮影どうでした?

松田さん:撮影面白かったですね。

笠井さん:面白かった?

松田さん:はい。辞書を作るって全然想像できないなと思ってたんですけど‥やってて、辞書っていっても、辞書編集者が言葉を作ってるわけじゃなくて、自分たちが生活の中で、あの‥生み出していった言葉を集めてる仕事だったから‥そういう意味でもすごく、なんだろう‥近いというか、自分とリンクするところがたくさんあって。

笠井さん:あ〜〜そういうことね。そして、オダギリさんはそんな辞書作りが嫌で嫌でしょうがない役じゃないですか?

オダギリ:‥はい。

笠井さん:実際自分でやってみて、どう思いました?

オダギリ:あの〜ほんとにそれぞれの(「それぞれ」という手つきで右手を振りながら)辞書にキャラクターがあって、ほかの辞書とかぶらないようなこと‥ま、意味を書いてたりとか、そこで個性を出すっていう作業は、すごく面白そうだなと思いましたね。

笠井さん:あ〜〜。僕もひとつ辞書を持ってきたんですよ。我々が使う辞書。はい。

そう言いながら、松田さんに緑色の辞書を手渡します。

松田さん:ほぉ〜(オダギリも隣で「ほぉ」という口) 日本語発音アクセント辞典。

笠井さん:そうなんですよ!日本語の発音アクセント辞典。ちょっと開いてみて下さい。
私たちは、こういう辞書を使って、これでアクセントをどういう風に読むのか、「ニヒル」はニヒ・ルって落ちるっていう。「ニブイ」はニ・ブイっていう。こういう風に言う。関西の人はわかんなくなっちゃうので。アメ(雨)なのかアメ(飴)なのかが。

オダギリは松田さんが持つ辞書を横から覗き込み、大きく頷きながら聞いています。

笠井さん:っていうことで、っていうことをやってるんですよ。

松田さん:‥面白いですね。

笠井さん:その中で、言葉って難しいのは、NHKのアクセント辞典でここんところ、これ普通なんて読みます?これ。この漢字のところ。

笠井さんが指差すところに載っているのは「2人組」という文字。

松田さん:‥「ふたりぐみ」。

え、これ、「ににんぐみ」じゃない?普段の生活では「ふたりぐみ」かもしれないけど、ニュースなんかでは「ににんぐみの強盗」って言ってるよね。‥ ←私の心の声

笠井さん:(ふたりぐみ)‥って読みますよね!で、NHKは見てくださいこれ。(隠すように貼っていた付箋をはがし)読んでください。

松田さん:なんですかコレ‥?(笑)(小さな声でオダギリに訊ねる)

オダギリ:(‥!?)‥ひゃはははは(笑)
‥なあんすかコレ?一文字読めない文字がありますよ。

松田さん:ははは!

笠井さん:ええ!?(と覗き込み)なんで?!!

オダギリ:「く」に丸じゃないですか? これ‥

そう言いながら笠井さんを見上げる、ちょっとハの字眉毛のオダギリの表情がかわいい‥
で、それ、鼻濁音だよ〜(笑)

笠井さん:あ!そっか!!ごめんなさい。「く」に丸っていうのは、鼻濁音っていうの。

松田さん:はははは!(更に大笑い)

オダギリ:ああ〜〜〜!(どうやら知ってはいる様子)

笠井さん:「ににん『ぐ』(鼻濁音)み」って言いなさいってこと。

オダギリ:なるほどねえ〜〜〜(かなり感心したように)

笠井さん:あ、ごめんごめん!全然知らなかったね!

オダギリ:あははは!

笠井さん:そりゃ知らないわアナウンサーじゃないんだからさ!(笑) 

オダギリ:ああ〜〜(笑)(まだ面白がっている風)

笠井さん:そうそう!そういう表記なんですよこの辞典は。で、「ににんぐみ」って普通言います?(←ここ、「言わないでしょ」口調で^^;)

松田さんオダギリ:‥‥‥‥。

笠井さん:普通言わないでしょ?

オダギリ:あんま、ないですね〜

笠井さん:しかし、NHKニュースは、どのニュースでも!「2人組(ににんぐみ)の強盗が」って言うきまりで、フジテレビは「2人組(ふたりぐみ)の強盗」なんですよ。

オダギリ:へぇーーー

私もへえ〜〜。やっぱり「2人組」の例には(私が真っ先に浮かんだ)「強盗」という言葉がくっついていて、ちょっとおかしくなりましたが‥しかし、自分が意識せずしてNHK派だったと初めて知った‥(@_@;)

笠井さん:言葉って、だから、局によってもちょっと違ってるんですよ。
そういう中で、「大渡海」のような辞典ができると、我々は新しい辞典はこうなってるっていうことで、今、言葉はこっちなんじゃないかっていう風に、こう、思ったりするんで、皆さん
(が役で演じている)のお仕事はとても重要!‥15年ですよ!?

松田さん:はい。

笠井さん:15年かかった!‥オダギリさん!

オダギリ:はいっ。

笠井さん:15年前何してました? この質問はこれからたくさん出ますよ。

オダギリ:‥「これから」っ‥?^^;

笠井さん:だって今日一番最初に出てくれてるでしょこれ!? 

オダギリ:‥はい^^;

笠井さん:やっぱりたくさん出ますよ。15年前何してたか。

笠井さん、「2人組」からテンションがどんどん上がってきて、いつも以上に前のめりの早口全開!で、少々(というかかなり)押され気味(というかちょっと引き気味!?)の二人‥^^;
そして、畳み掛けるような質問に、「なんか可笑しい‥」「なんだっけ(苦笑)」「えーと‥」などなどいろいろ入り混じった表情を浮かべつつ、宙を見上げ、斜めショットの顎に軽く曲げた人差し指を当てて暫し考えるオダギリは‥なんだかちょっとアイドルみたいなんですけど〜〜〜(>_<)コラコラ

オダギリ:‥アメリカにいましたかね〜

笠井さん:(間髪を容れず)俳優は!?

オダギリ:やってなかったですね。

笠井さん:(間髪を容れず^^;)やってなかったでしょ!?

「2人組」以降の展開は、完全に笠井さんの思い通りに進められようとしているような‥(笑)

笠井さん:アメリカにいて何してたんですか、15年前?

オダギリ:芝居の勉強をしてました。。

笠井さん:芝居の勉強‥。

オダギリ:はい。。

笠井さん:それが今、もうこんな風にして主演の映画にも出ているような状況ですよ。

オダギリ:ははは‥はい。

笠井さん:どう思います?その15年間の自分の道行き。

オダギリ:(左手でポリポリこめかみ辺りをかいて)‥すごいっ(笑)インタビューになってきましたね‥^^;

結構苦笑気味のオダギリに、二人の間に挟まれている松田さんも、ちょっと小さくなりつつ笑っています(笑)。

笠井さん:でも「大渡海」ってそういうことじゃない?(熱弁)
15年間かけてひとつの仕事をしてきた、成し得たっていうね!

オダギリ:それ語ろうと思ったらやっぱ15年かかりますよ。(シレッと)

『やられた』という感じに大笑いする笠井さん。そして松田さん(笑)。

笠井さん:そんなかいな!っていう(笑)。(←そんなにかかるんかいな!ってことかな?)
さあ〜松田さん。松田さんは今、俳優人生何年?

松田さん:僕‥は15の時からなんで、14年ぐらい‥。

笠井さん:14年ぐらいでしょう? この15年どうでした?

松田さん:この15年は‥あの〜短いようで、長かったな。。

オダギリ:(プルプル‥とした後、顔を背けるようにしてくっくっと笑い出す)

笠井さんはというと、ニヤリとした表情を自撮りした後、「‥‥ありがとう。(笑)」と言いますが、オダギリに続いてのローテンション簡潔回答だったからか、『はい、来ました‥(ガッカリ)^^;』的表情に見えました^^;

笠井さん:‥ま、大体そういう答えだよね?うん^^;(横でまだ声なく大笑いしているオダギリ)
でも絶対に聞かれますからね。
カメラの向こうには軽部さんがいますけれども‥

笠井さんのカメラでアップにされる2人。プライベートで撮られているかのようなカメラ目線が2人ともかわいい(笑)。

笠井さん:‥軽部さんに一言。え〜軽部さんは「めざましテレビ」17年かな。「大渡海」よりも長く!蝶ネクタイをつけ続けているのよ

オダギリ:(無言でしみじみ大きく何度も頷く)

松田さん:(ほぉ〜という口をして呟くように)‥すごい。

笠井さん:ね?そんな軽部さんに一言お願いします、松田さんから。

松田さん:(アップで)えーと、あの〜そうですね‥あの‥映画を是非‥あの‥観て下さい。

言い終えた途端、ご本人も、笠井さんオダギリも一斉に吹き出します(笑)。

笠井さん:すごい絞り出したわりには、すごい普通の‥コメントだったね?^^;

松田さん:そうですね‥その、辞書の15年と(軽部さんが)17年間やられてることに、なんか掛けたいなと思ったんですけどね。全然出て来なかったっ‥(笑い出して) 申し訳ない〜

笠井さん:いえいえいいですよ。そんなところが〜またなんかなあ〜こう‥馬締の部分とちょっと重なったりもして、面白いんですよ。
‥さあ!これだけ時間があったんですよ
(オダギリ)先輩!

「さあ!」から既に身を固くしていたオダギリ:‥あははははは!

笠井さん:先輩!俳優としても先輩ですし。軽部さんに一言っ!

オダギリ:はい。‥そうですねぇ〜〜‥あぁの、17年間やられてるというのは、まあ!すごいことですし、一つの仕事にこう‥それだけの時間をかける、その‥‥
(ちょっとニヤッとした表情になったかと思うと‥)
ん〜〜〜、‥‥‥‥ま、やっぱ出て来ないですね。(あっさり)

笠井さん:ひゃはははははは。(大笑いを自撮り)

オダギリ:(一緒に吹き出しながら、前かがみになって大笑い)

笠井さん:(カメラを自分に向け、カメラ目線で)軽部さん!(笑)ま、とにかくね、あの〜みんなそんなに軽部さんに思いはないです、ええ(笑)。蝶ネクタイをつけたまま、20年でも30年でも仕事をしてくださいと!(笑)

ここで映像は、笠井さんと軽部さんのいるスタジオ風景へ。
続きを読む

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.3(オダギリジョー)

DVDと被っているところもあるので、なんだかおかしなことになりそうですが、とりあえず完結させます^^;
こちらより続き。
【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.2 (オダギリジョー)

VOL.3は主に出演者のクランクアップの場面でした。
このドラマには個性豊かなキャラクター(特に男性)が多いですが、素になると表情も喋り方も変わって、急に普通にカッコよく見えたりするのが楽しかった‥(笑)

■「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.3(6分)
BeeTV

オダギリのラストシーンは、ももことのラストシーンそのままだったのかな。

スタッフ:多賀谷役、オダギリジョーさぁん!オールアップになりまーす!

胡坐で座ったまま、頭を下げるオダギリ。お隣で本田翼さんが拍手をしています。
山下監督らしき人が「オダギリさん、これ。」と何かプレゼントを差し出され、「ええ!?」と驚いて紙袋を覗くオダギリ。

オダギリジョー
多賀谷役
多賀谷‥って役を演じてたんですけど、3日くらい前までカガヤだと思ってて‥(笑) (周囲から笑い声)
あぁの、びっくりしました。多賀谷でした。
えー、そのくらいこう、役に没頭できてよかったです。
(周囲「ははははは!」と爆笑)
(ニヤニヤ)‥ありがとうございました^^

ええぇーークランクアップ3日前!?^^;台本に書いていたはずでは‥^^;
でもまあ、自分で「多賀谷」ということもないだろうし、「かがや」と言っていたところで普通に「タガヤ」に聞こえていただろうけど‥

本田翼
ももこ役
えーーとまあ、一番最初のシーンからすごい疲れてて‥あの〜もう、くたぁってしてて、今までやったことのない出だしから始まったんですけど、まあ〜この現場でほんとに、なんだろ、笑いながら泣いたりとか、あとは‥大人のチューしたりとか〜^^あと‥なんだろ、いろんな経験しました!(笑)あははは!
スタッフさんのみなさん、ほんとにありがとうございました!

「舟を編む」CM主要キャストPR編 オンエア中

先日もちょこっと書きましたが、私も昨日録画できました〜「舟を編む」のキャストがPRしているCM
ほんの5秒くらいのCMなのですが、真っ白なバックを背に、前列左から座っている松田さんと宮さん。その後ろにオダギリと黒木さんが立ち、
松田さん:舟を編む。
4人で声を揃えて:是非、劇場でご覧ください。
と言っているものです。
下には「2012年本屋大賞第1位」「舟を編む 大ヒット上映中」というテロップが出ていて、オダギリは雑誌などでもよく見掛けた、アジアンテイストの茶のシャツに黒の薄いカーディガンのようなものを羽織っている格好でした。
バックが真っ白で4人揃って‥なので、インタビューのついで感もなく(笑)、なんだかすごく特別なお誘い(ご覧下さい‥)を受けた気分になりました(笑)。
とりあえず、以前お知らせいただいたのも、私が観たのもテレビ東京のチャンネルで、でしたよ〜

【テレビ】「舟を編む」初日舞台挨拶(ワイドショー)

まだ観ていないものもありますが、今のところテレ東でしか見つけられず。。
最近主演お2人のテレビ番組出演も多かったですし、数日前にはスカイツリー近くで行われた「舟を編む」のイベントのニュースなども、各局結構取り上げていましたもんね〜

■4/15(火)「TOKYO MX NEWS」
テレビ東京
<映画「舟を編む」公開初日舞台挨拶/松田龍平&宮あおいが共演!>

キャストと監督が「舟を編む」のパネルを持って並んで立っているシーンから、グイッと寄って、オダギリ、松田さん、宮さんのスリーショットのアップへ。

ナレーション:松田龍平さんと宮あおいさん共演の映画「舟を編む」の公開初日舞台挨拶が行われました。

<松田&宮 好きな言葉は?>

林香具矢役 宮あおい
こんにちは〜
(お辞儀)
(会場から香具矢ちゃ〜ん!という男性の大きな声に笑顔で)
ありがとうございます(笑)。
初日に足を運んで下さってありがとうございます。

馬締光也役 松田龍平
観れば観るほど味が出る映画だと思うんで、もしよかったらまた、あの〜何回でも観ていただきたいなと思うんですけど。

ナレーション:この作品は、辞書を編集する人たちを描いた感動のエンターテインメント。言葉が重要なテーマとなっているこの作品にちなみ、宮さんと松田さんに好きな言葉をうかがうと。

宮さん:「おもてなし」という言葉が好きです。
お食事に行ったりしても、とても気持ちのいいおもてなしをしていただくと、嬉しい気持ちになりますし、とても、おもてなしをするということも楽しいことだなあと思うので好きな言葉です。

松田さん:あの〜「楽‥しみ」。

松丸アナ:楽し「み」。

松田さん:はい。
結構緊張しちゃうんで、あの〜なんでも楽しんでやりたいなと思って。

松丸アナ:今は楽しんでいらっしゃいますか?

松田さん:今はあの〜映画をもう観てくれた方たちなんで‥ちょっと楽しいです

松丸アナ:‥良かったですv(笑)

松田さん:‥(笑)

【テレビ】4/14(日)「ソロモン流」(映画監督・石井裕也)

いや〜これまでの作品を見ても、若いのに面白い作品を撮る監督さんだなあとは思っていましたが、この番組を観て改めてファンになりました‥

4/14(日)「ソロモン流」
テレビ東京系 21:54〜22:48
<話題作「舟を編む」 映画監督・石井裕也に密着>
<新鋭・石井裕也監督 話題作を生む演出術に密着>

嬉しいことに、「舟を編む」完成披露試写会の舞台挨拶の風景や、撮影現場のメイキングシーンなどもたくさん取り上げてくれていた番組でした。
例えば、馬締さん姿の松田さんと西岡さん姿のオダギリが屋外で監督から説明を受けているシーン。バックにはセミの声がし、2人は日傘を差しかけられています。
また、石井監督からの細かい指示があった後、役者さんの演技がどう変わったか(=OKシーン)が続けて紹介されるシーンもいくつかあり、その中には、出版社の廊下で小林さんとオダギリが松田さんをつかまえて話しかけるシーンも。
監督が松田さんに『〜〜までに時間があってもいいと思う。その間に小林さんとオダギリさんが「やっぱダメか」って間があって、いきなりフッと入って、だから‥』などと説明している様子を、横に立って真剣な表情で聞いているオダギリと小林さん。そしてその本編シーン。
こうやって比べてみると‥改めて、役者さんって集中力と瞬発力、そして繊細さがないとやっていけないな〜(>_<)と(なぜか私まで^^;)怖くなりました。
なんというか、イメージとしてはドラマーみたいな感じ?^^;
心と頭をしっかり連動させて柔軟に保った上で、かつ頭→四肢への指令に瞬発力がないとダメ。でもやたらボカボカ叩くだけでももちろんダメで。
経験の浅い新人の役者さんが、現場で悩み苦しむというのはよく聞く話ですが、なるほどこれについて行くのは大変だろうなあ〜となんだか急に実感。。

<石井監督について>
宮あおいさん:
出来上がった作品を観て一番最初に思ったのは
石井監督、すごいなあ!って‥(笑)
なんか、それが一番最初の感想だったんですよね。

三浦しをんさん:
誰の書いた小説が元かとかっていうのをもう忘れて、
見入って(テロップでは「魅入って」)しまいましたね。

松田龍平さん:
一緒にやったのは1つ(1作品)だけど、
その短い期間に、石井さんのすごい色々な顔を見たなと思うし、
それだけ要は作品に対して全部捧げようとしている。
でもなんか、それ見てすごい安心したし、
信頼出来るなって。。
石井さんを知りたいんだったら、撮影現場行くしかないような気もしますけどね。

現場ではモニターを一切見ず、俳優さんたちの生の演技を常に見ているという石井監督のような人こそが「映画監督」だという現場の声も多いようで、親子以上年の離れていそうなベテランスタッフの方々も、

藤澤カメラマン:
今の監督はよくモニターばっかり見てて、ほんとに、
現場にも顔出さない監督も多いわけでしょう。
それは〜俺なんかから言ったら演出家とは呼びたくないもんね。
もう親子ほどの年の違いだけど、ほんとに同等に付き合える。うん。

孫プロデューサー:
心の動きみたいなものを、若いけども、ちゃんと掬い取れるような技術は持ってます。
精密に(作品を)仕上げていくみたいな‥それはやっぱりすごいよね!

と話されていました。

監督自身のコメントや、出演者のコメントももっとたくさんあり、これまで聞いてきた出演者の方々の監督に関するお話が、一気に理解できたような気がしました。
例えば「若いのにすごい」のはどんな点なのか、「すごく自分の考えていることをしゃべりたい監督」というのは自分の意見を押し付けたいからじゃないんだとか、「細かすぎてむかつく時もある」くらいなのは(笑)、監督側にどんな理由があるのかとか、なぜモニターを見ないのかなども。
そういうことを一切意識せずまた「舟を編む」を観てみたい。でも、一度はそういう監督の演出を全編意識しながら観てもみたい。。そう思わせてくれた番組でした。

【FM】4/9(火)「シネマフル・ライフ」(FM FUKUOKA/松田龍平×オダギリジョー)

4/9(火)「シネマフル・ライフ」
FM FUKUOKA  21:00〜
松田龍平×オダギリジョーインタビュー

番組のMCは今村敦子さんという方です。
「舟を編む」の作品紹介があったあと。

今村さん:松田龍平さんとオダギリジョーさんでーす。こんばんは〜

松田さん:こんばんは〜
オダギリ:こんばんは〜っ‥ふっふっふ(笑) ←なぜかいきなり笑っているオダギリ(笑)

今村さん:(その様子に?)ははは(笑)、よろしくお願いしまぁーす。

松田さんオダギリ:(声を揃えて)よろしくお願いしまぁす。

今村さん:いよいよ、今週の土曜日から公開になります「舟を編む」、拝見させていただきました。
私ですね〜反省しました!なんか今まで、ちょっとこう辞書がおざなりになってしまってて、家にあった辞書はもうそろそろね、捨てようかなって。こう、何でもネットで調べるようになってたんですけど、なんか言葉ひとつひとつとか、紙の感覚とか、そういうのをこう改めて、言葉と辞書の素晴らしさっていうのを再確認できたような気がいたします。
で、今回その、ご出演なさって‥じゃ、まずは松田龍平さんからお伺いしたいんですけれども、馬締さんという役を演じてみて、いかがでしたか。

松田さん:はい。まずでも本を読んだときに、辞書を作る話って面白いなって思って。
それに対して馬締が‥すごく本が好きで、ま、本のオタクなんですけど、言葉はたくさん知ってるのに、その言葉をうまく人に使えないというか、コミュニケーションがほんとに下手な人で、そんな彼が辞書を作るってすごく面白いなと思いました。

今村さん:あの、台詞があまり多くなかったんですけど今回、そのお芝居作りみたいのを何か苦労した点ってありました?

松田さん:そうなんですよね。なかなかその‥言葉をうまく発せない人だったから、どうやってその〜言葉じゃないところで彼の“熱”というか、一生懸命さが出せるかなーっていうのは考えましたね。続きを読む

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.2 (オダギリジョー)

雑誌の付録のDVDはまだ観ていないので、同じかどうかの確認はしていないまま、とりあえず(やりかけたので‥)続きを。(VOL.1に続いて、本田翼さんとオダギリ部分のみです)

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.1(オダギリジョー)

■「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.2(6分)
BeeTV

本田翼
ももこ役

本田翼さん:キャストの方、ひとりひとりのことをちゃんと山下監督は考えてくれていて、だから、なんだろう、ほんとに、自分らの演じてるキャラがブレないですし、その自分が演じてるキャラを、突き詰める‥というかなんだろう、すごく深い、深く理解できました。
監督と話し合って、ほんとに作り上げていけたし、理解もできたと思います。

Q:二人の監督から演出を受けるのはどうでしたか?

本田翼さん:あの〜もちろん、戸惑いもありましたし、でもそれをちゃんと今泉監督に言ったら、あの〜俺はこうこうこうはこうだと思うからとか言って下さったので、すごく何かにつまづいたりとかはしませんでした。

今泉監督とやっぱり山下監督の演出の仕方も若干違うので、そこがまた面白かったです。

グレーのキャップに茶色のジャケット姿で。

オダギリジョー
多賀谷役

Q:二人の監督との仕事はいかがでしたか?


オダギリ:あの〜〜もちろん、自分が思う多賀谷像っていうものが、あ〜真ん中にこう、ある中で、山下監督が思う多賀谷像、今泉監督が思う多賀谷像‥もし、そこが全く違うものであったとしても、そこでバランスを取るのが自分だと思っているので、その、監督が意図するところも、どういうポイントで監督がこういう演出を‥ま、しようとしているのかってところだけがわかれば、あとは自分なりにその〜、多賀谷というキャラクターを通してそれを表現すればいいと思っているので、そんなに、あぁの監督が変わったりとか‥全く価値観の違う人が来たとしても、そこは問題にならないとは思ってます。
やっぱり、そういう話し合いの中から作品は、ま、育つものだと思うので、‥うん、それは大事なことだとは思ってるんですけどね。
ただまあ、みんな同世代の‥男‥っていう、みんながみんな多賀谷のような‥ま、歳の男なので、言い争うこともなく、すごくわかり合いやすかったとは思います。

言葉をそのまま文字にしたので、ちょっとのんびりした感じになってしまったかな?ですが^^;口調はわりとハッキリとした感じです。

撮影の合間。監督と話しているオダギリからは多賀谷さんのほんわかオーラが消えて、普通にオダギリ、普通に相当カッコいい人‥に見えるのが今更ですがスゴイ‥^^;

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.3(オダギリジョー)

【テレビ】映画「人類資金」関連(オダギリジョー)

■下のWEB関連記事に情報を追加しました。


「人類資金」についてのニュース、テレビでも少し流れていましたね。

■4/4(木)「めざましテレビ」
フジテレビ
【CHO-KAN DO】(6:07)
<浩市・慎吾・未來…阪本順治監督最新作>
スポーツ報知の紙面を紹介。紙面1/4以上ある記事に大きな見出しで、「阪本順治最新作 浩市 慎吾 未来 秘密資金迫る」、その下には「オダギリ」の名前も。写真入り人物相関図も掲載されていました。
オダギリは映っていませんでしたが、香取さんが監督から指示を受けているシーンや雪の中でのメイキングシーンが2場面ほど放送されていました。

4/4(木)「ZIP !」
日本テレビ
【SHOWBIZ NEWS】(6:10) 
<佐藤浩市 最新映画 香取・豊川ら豪華キャスト>
<「人類資金」メーキング映像>
「主役級の実力派が勢揃い」ということで、佐藤浩市さん、香取慎吾さん、森山未來さん、観月ありささん、オダギリ、豊川悦司さんの顔写真。
「金融ブローカーが10兆円を盗み出すため世界を巻き込んだマネーゲームが展開される社会派エンターテイメント映画」「10月公開予定」などと紹介。
メイキング映像では、佐藤浩市さん、香取慎吾さん、森山未來さんと一緒に映っているシーン。(服装は黒っぽいスリーピース←映画.comのこちらの服装と同じかな) あと、グレーのスリーピースのシーンも映っていました。

【ZIP! SHOWBIZ MATOME】(7:50)
こちらのコーナーでも簡単に紹介されていました。

【テレビ】3/31(日)「爆笑!大日本アカン警察SP」(オダギリジョー×松田龍平)

みなさん観ただろうし‥とは思ったのですが、貴重なコーナー出演はやっぱり残しておこう!‥ということで、簡単にレポしておきます。


■3/31(日)「爆笑!大日本アカン警察SP」
フジテレビ
<アカンけど美味しい!私だけの食べ方事件>
オダギリジョー×松田龍平

<芸能人のアカン飯 File.01>
<お米を〇〇で炊いて〇〇を掛けると美味しい!?>

ナレーション:お米をアレで炊いてアレを掛けると美味しい!?らしい。
容疑者は、個性派俳優オダギリジョーさん。

「お〜〜」とどよめくスタジオ(笑)。

ナレーション:映画「舟を編む」で松田龍平さんと共演するオダギリさんのアカン飯とは。

「舟を編む」の西岡さんのシーンから、映像は白いテーブル、「舟を編む」のポスター、観葉植物‥というおしゃれな空間へ。テーブルの右側に松田龍平さん、左にオダギリが座っています。
お2人とも衣装ではあるようですが、舞台などよりはちょっとラフな感じも。
先日の「午前3時の無法地帯」の舞台挨拶で既に髪は短かったオダギリですが、撫で付けも留めもせずの自然な短髪がめちゃくちゃいい感じ*^^*

オダギリ:ご飯を『♪ピー』で炊いて、それに『♪ピー』を掛けるというものなんですけど。

それを横で聞いていた松田さんが「ふふふ‥」と小さな声で笑い出します。

松田さん:
(それは)ちょっとハードですねぇ(笑)。
(オダギリに)『♪ピー』で炊くんですか?

オダギリ:そうですそうです^^ 炊くところからいきます。

松田さん:炊くところから‥

オダギリ:はい。

スタッフ:きっかけは?

オダギリ:海外に行く仕事が多かったんですけど、それに似たものが出てきて。。

ナレーション:海外で食べたご飯に入れると美味しいものとは!?
それでは検証開始です。

オダギリ:えー、まず。。

と言いながら、前に置かれていた炊飯器のフタをおもむろに開けるオダギリ。
よく観ると、オダギリの前にはランチョンマットが敷かれ、箸置きにはお箸が置かれています(笑)。
その横で、とりあえずオダギリとその調理の過程!?を見守っている風の松田さん(笑)。

オダギリ:ご飯なんですけど、まあ、2合くらいがいいかなぁと思って。

炊飯器の中には生のお米。

ナレーション:そして、お米と一緒に炊くのは‥

オダギリ:牛乳なんですよね。
(スタジオ「え〜〜〜!」)

テーブル脇から取り出した!?大きなガラスのピッチャーにはたっぷりの白い牛乳。スタジオの様子を映している小窓からも『え〜〜』という声が聞こえてきます。

オダギリ:
(松田さんに向かって)水で炊く代わりに、もう牛乳を使っちゃおうっていう。

松田さん:‥
(にやにや)‥マジっすか!?(笑)

オダギリ:はい。

炊飯器に牛乳を丁寧に注ぎ込むオダギリ。
映像は、ピッチャーを持つオダギリの手越しの炊飯器に注ぎ込まれる牛乳越しの松田龍平さんのおかしそうな笑顔!←このシーンかなり気に入りました〜(笑)

オダギリ:あの〜ちなみに、ちょっと柔らかいぐらいでいいと思うんで‥

松田さん:多めで。

オダギリ:そうですね、ちょっと多めで。

<アカン警察☆捜査メモ☆ コツは牛乳多めで柔らかく炊く>

ナレーション:そして、炊きあがったご飯がこちら!

オダギリが見せてくれている(別の?)炊飯器の中には、見た目は普通の美味しそうな白いご飯。
意識してみれば、ちょっと“ミルク色”に見えなくもないですが‥(笑)

オダギリ:見た感じは普通のご飯でしょ?

松田さん:うん、普通のご飯ですね。

オダギリ:ねえ?

ナレーション:さらに、このご飯に足すのが‥こちら。

再び脇から取り出した器をテーブルの上に置き‥

オダギリ:ココアパウダー‥ふっ(笑)。
(スタジオからは「えーーーー」という声)

ココアパウダーを披露したオダギリも、披露された松田さんもふっふっふっと控えめながらかなり笑っている様子です(笑)。

スタッフ?:どれくらい掛ければ?

オダギリ:あぁの〜どっさりいかない方がいいですね。表面がちょっと‥ココア色になるぐらいな。

<アカン警察☆捜査メモ☆ ココアは掛け過ぎない方が美味しい>

松田さん、ココアをいい具合に振りかけているオダギリを見ながら、横で声を殺して笑っています(笑)。

ナレーション:こちらが、オダギリさんのアカン飯、「牛乳炊きココアご飯」。

<オダギリジョーのアカン飯/牛乳炊きココアご飯>

ナレーション:不思議なことに、ご飯がシリアルになるそうです。果たしてそのお味は?

お茶碗を手に、お箸で一口食べるオダギリ。炊飯器にご飯‥という状況では当然なのに、このメニューをお箸で口に運んでいる様子はなんだか不思議‥(笑)

オダギリ:
‥美味しいです*^^*うん。

立っているスタッフの人を見上げて言っているせいか、「美味しいです」の後にハートマークでもついていそうな、とってもチャーミングな上目使いになっています(笑)。

オダギリ:
(味をしっかり確かめるように宙を見上げながら/笑) ココア風味の〜‥‥饅頭だと思ってもらったらいいですかね。(スタジオ大笑い)

<ココア風味の饅頭?>

松田さん:ふふふふふ!
(身体を折って大笑い)

スタジオから大笑いの声が(笑)。

松田さん:いや〜〜でも‥
(スタッフに)今のところ分かんないですね。フフッ(笑)。

<試食>

ナレーション:全く信用していない松田さんですが、果たしてお味は‥?

お茶碗に入った「ココアパウダーかけ牛乳ご飯」をスプーンでひとさじすくい上げる松田さん。顔は期待と不安が入り混じったようなニヤニヤ顔です(笑)。
そんな松田さんをオダギリも笑みを浮かべながら見守っています。

松田さん:
(モグッとした途端)ふっははは!(笑)

オダギリ:ははは!
(と釣られて?肩をゆすって大笑い)

松田さん:‥あ。うまいですねぇ!

オダギリ:うまいでしょー!?!?

目をまんまるくして、嬉しそうに「でしょー!?」という感じに指を突き出すオダギリは、心なしか顔も紅潮気味でかなりテンションが上がっている様子(>▽<)

オダギリ:うまいでしょ?!

松田さん:(さらに食べ続けている様子で)あぁれ?何かココア風味の饅頭みたいですね^^

<感想一致>

これにはスタジオもオダギリも、そして言った松田さんご本人も大笑いです。


あ〜面白かったv 前日には2時間もの本格ドキュメンタリー番組が観られて、その翌日にはこんなバラエティーなお2人が観られて。幸せ〜〜(>▽<)
オダギリの話すトーンが明るくて、いい感じの普通っぽさがとても素敵でしたね。
松田龍平さんとの空気やリアクションも最高でした

【WEB】「爆笑 大日本アカン警察SP」(フジテレビ)のオダギリアカン飯レシピ(笑)

「爆笑 大日本アカン警察SP」の「アカンけど美味しい!私だけの食べ方事件」にオダギリと松田龍平さんがVTRで出演、オダギリ流アカン飯を披露していましたね〜(>▽<)

■3/31(日)「爆笑 大日本アカン警察SP」
フジテレビ
<芸能人のアカン飯一斉捜査>
『芸能人のアカン飯 File.01/お米を牛乳で炊いてココアパウダーを掛けると美味しい!?』
オダギリジョー×松田龍平


こちらにレシピ!?(‥超簡単な‥)が写真とともに紹介されています*^^*
File 553 オダギリジョー=牛乳炊きココアご飯

いやでも、こういう炊き方、普通にレシピとしてもありますよね〜(ココアパウダーは掛けないかもしれないけど‥)

全く関係ない話ですが‥オダギリが昔、主役を演じた「ぼくらはみんな生きている」というドラマの原作本の中で、全ての記憶を無くし(物の名前、概念すらも)、二度目の“生まれたて”から人生をスタートさせた実在の主人公が、『青いご飯を作ってみたい』と思って、ブルーハワイを入れて炊いてみる場面があるんですよね。(ドラマにはそのシーンは無かったですが)
結果、ちゃんときれいな青いご飯が炊けたのですが‥その場面をふと思い出しました^^

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.1(オダギリジョー)

BeeTVにアップされている「午前3時の無法地帯」メイキング映像(1、2、3)、キャストの方々のコメントや、メイキング映像などが18分あるのですが、とりあえず本田翼さんとオダギリのコメントのみレポします。

■「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.1(6分)
BeeTV

2012年11月15日クランクイン。

職場にいる“ももこ”姿の本田翼さん。

本田さん:ももこ役を演じさせていただきます、本田翼です。
マンガ原作なので、そのマンガは元々読んでまして、是非やりたいなと思ってました。
リハを結構やったので、長い時間やったので、まあなんとなくイメージは掴めてるんですけど、でも、いざ行くぞってなったらやっぱり緊張しますね。
でも、頑張ってももこ演じたいと思います。よろしくお願いします!

みなさん1人1人コメントされているのですが、オダギリのものが一番長かったかも!?(>▽<)
多賀谷さんの衣装のままドラマにも出てくる屋上のソファーに座って、いつものようにゆったりした感じで喋っています(笑)。

オダギリ:えー多賀谷役のオダギリです。
あの、原作を読ませていただいて、まあ感じたキャラクター像みたいなものを、一番‥大切にはしているつもりなんですけども、ももこの疲れを癒す、みたいな〜オアシス的な存在であれば、いいのかなぁという。
自分も、あの〜原作の多賀谷ときっと同じくらいの歳だろうなあと思いますし、若い時に、持てなかった余裕だったりとか、客観性だったりとか、いろいろとこう‥身に着けてきたものがしみ出るというか、そういうのが自然に‥出ていればいいなあとは思います。
パニクるももこと‥ま、なんか、落ち着いている(笑)多賀谷みたいなものをこう想定して、空気としてそういうものが生まれればいいなあとは思っているので、‥まあ!‥感じ取っていただければ嬉しいなということですよね。
んーー原作を読んでない人にもそういう、削られた部分を感じさせられるとまあ、最高ですよね〜
そういう作品をこう‥あのお2人の監督が、どう映像化したのか。なんかそれが、僕もすごく、今から興味、(力を入れて)期待してますし、みなさまと同じような気持ちで観たいと思ってますので、えーま、是非楽しんで観ていただきたいと思います。

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.2 (オダギリジョー)

【テレビ】3/23(土)「知られざる国語辞書の世界 テレビ史上初!ことばサミット」(BS JAPAN)

先週土曜、松田龍平さんも出演するこんな番組があったので、なんとなく録画しておいたところ、予想以上に面白い!!!!内容で、2時間があっという間でした。
番組冒頭、赤い絨毯が敷かれた階段を下りてくるのは各出版社代表の編集関係の方たち。手には自分たちが手掛けられた辞書。普通のサラリーマン風中年の方々(失礼‥^^;)ですが、その画がもうなんともカッコよくて、うわあーーー!!!とイッキ観(笑)。
実は、番組の最後の最後にオダギリ(というか西岡さん)に関する話題が出てきたのですが、その前に、興味深かったエピソードのごくごく一部^^;を紹介しますね。

<追記>
↓この文章を打った後で、4/11に再放送があるのを発見しました^^;
どんな番組?と思われる方は参考に読んでいただいたらいいかと思いますが、よし観てみよう!という方は読まずに観られたらいいかもしれません
知られざる国語辞書の世界(BSジャパン)


■3/23(土)「知られざる国語辞書の世界 テレビ史上初!ことばサミット」
BSジャパン

■まずは、編集者の方々が階段を下りてくる際に流れた、各辞書紹介のナレーション。
これだけでも『わかりやすい〜!!』と感心でした。

『一家に一冊。辞書の代名詞』
「広辞苑」(岩波書店)‥編集者平木さん(男性)

『日本語の伝統を守り抜く。頼れる1冊』
「岩波国語辞典」(岩波書店)‥編集者赤峯さん(女性)

『日本語の今を追い求める。辞書界のワードハンター』
「三省堂国語辞典」(三省堂)‥編纂者飯間さん(男性)

『指名数ナンバーワン。日本で一番売れている辞書』
「新明解国語辞典」(三省堂)‥出版局長瀧本さん(男性)

『古語から専門用語まで。現代人の生活に寄り添う究極の実用書』
「大辞林」(三省堂)‥編集者山本さん(男性)

『全13巻。50万項目を収録する世界最大の辞典』
「日本国語大辞典」(小学館)‥編集者佐藤さん(男性)

『辞書界の超新星。あなたの疑問に答えます』
「明鏡国語辞典」(大修館)‥編集者正木さん(女性)

なるほど〜。私も数冊は持っていますが、こんな風に言われると他の辞書と比べてみたくなりますね。

■<この語釈にはやられた‥辞書界で語り継がれる 知られざる名語釈>
語釈については、本当に興味深い話、笑ってしまう話がたくさん聞けたのですが、例えば「右」という語釈。これに関しては、辞書界では「岩波国語辞典」のものが名語釈という共通認識があるとのこと

「右‥相対的な一の一つ。東を向いた時、南の方、また、この辞典を開いて読む時、偶数ページのある側を言う」(岩波国語辞典)

語釈を手近にありそうなもの(でも無いかもしれないもの)を使って‥ではなく、今、目の前にあるもので説明しているところが「衝撃的だった」とコメントしたのは三省堂の飯間さん。
そんな飯間さんが手掛けた三省堂国語辞典の「右」の語釈はといえば‥「この本を開いた時、偶数ページのある方」。みなさん爆笑です(笑)。
でも三省堂国語辞典としてはもちろん!パクリなんかじゃなく(笑)、「右」の語釈については三省堂は岩波書店を支持しますという「踏襲」なんだそうです(笑)。

■<デコ辞書!?>
「日本語の伝統を守り抜く」と紹介されていた「岩波国語辞典」ですが、紙ケースにはちょっと華やかなピンクの帯とキラキラ反射するストライプが。
それについて訊ねられ、『女子高生に持ち歩いてもらいたいという願いを込めて‥と岩波の赤峯さん(笑)。
辞書がそんな工夫(苦労?)をしていたとは‥と驚き!でした(笑)。

■<辞書に載るにはワケがある 編集者たちが火花を散らす>
どの言葉を載せるか載せないか。当然ながらそういう取捨選択の攻防戦もあるそうです。
で、実際に街で「ワードハンティング」中の三省堂飯間さんにカメラが密着。
映画の「用例採集」の様子とはまたちょっと違い、カメラをぶら下げ、あちこちを覗いてチェックする飯間さんは、フットワークも軽やかでなんだか楽しそうなワードハンティング風景(笑)。
そんな飯間さんが「行きたいところがある」と番組MCの方と向かったのは‥なんとキャバクラ。
実は飯間さん、<キャバクラに行った事がないのに 語釈を書いてしまった苦い経験>があるのだとか‥(笑)
飯間さんが書いたという現在の「キャバクラ」語釈は、

「女性が、横についてもてなす酒場。」

というものなんだそうですが、実際に女性に挟まれ、いろいろな体験(?)をした後新たに書かれたのは、

「若い女性が横についてもてなす、クラブより大衆的な酒場。「―嬢(ジョウ)」」

というもの(笑)。いつか改訂版でこうなるのかな〜

<西岡は‥>
その他、「広辞苑」の挿絵を描かれているグラフィックデザイナーの方の作品や、日本で初めての辞書「玄海」を作り上げた人の話、辞書に使われる紙についてなどなど、まだまだ話題は盛りだくさんだったのですが‥最後、1分半の予告編をみんなで観た後、映画の試写を観てどうだったかという質問に数人の方が答えます。
その中で、三省堂の瀧本さん(50代くらいかな?)という方が、

瀧本さん(三省堂):あの〜私はもうすでに試写を見せていただいたんですが、映画の中で西岡っていうね、人物が出てくるんですが(一部カットさせていただきますが、西岡の仕事の経歴が)私の経歴と全く!同じなので‥

周囲からえーー!!という驚きの声。ここで改めて、「西岡正志/オダギリジョー」という紹介とともに、西岡さんをクローズアップした映像が流れます。

瀧本さん:‥(自分が)西岡のモデルだと、原作者に無断で主張しているんです。(周囲爆笑)
で、西岡が出てくる場面で、何度も原作も台本も読ませていただいたのにやっぱり!‥涙ぐんでしまいました。。

と‥。「お調子者」などと紹介されている西岡さんですが、映画では別の面もいろいろ見せてくれます。
そんな“西岡の思い”といった部分に共感されたんだろうなあ‥と、瀧本さんの言葉に私もじーーーん。
瀧本さんのお陰で、もう一度(二度三度‥/笑)映画を観る日が更に楽しみになってきました*^^*
オダギリにもそういう人がいるということ、是非知ってもらいたいな

【テレビ】「午前3時の無法地帯」スペシャル試写会関連(オダギリジョー)

3/22(金)「Oha!4 NEWS LIVE」
日本テレビ

<本田翼 オダギリジョーと初共演に“緊張”>
<ドラマ「午前3時の無法地帯」配信開始記念イベント>

ナレーション:女優でモデルの本田翼さんが、初主演ドラマ「午前3時の無法地帯」のイベントに登場。今回初共演となったオダギリジョーさんの印象について語りました。

本田さん:(オダギリさんは)すごく、あの、クールで無口な印象があったんですね。

とオダギリの方を振り向くものの、オダギリは下を向いたまま。そんなオダギリを更に覗き込むようにして、

本田さん:あったんですよ。

俯いたまま少し口元を緩めながら大きく頷くオダギリ(笑)。そんなオダギリを見て、

本田さん:ふふふ、はは(笑)。

オダギリ:はい。

本田さん:でも、その、一緒に撮影をやっていて、すごいほがらかに笑う方だなぁと思って、あ、優しい方なんだなって思いました。

ナレーション:一方オダギリさんは。

オダギリ:(本田さんは)芝居を一生懸命‥やっているっていうのが、あの〜初心を‥忘れ去ってしまった僕からすると(ここで本田さんが顔をくしゃっとさせて笑います/笑)、すごく勉強になりました。

本田さん:ははは(笑)。




3/22(金)「チェックタイム」
TOKYO MX

本田さん:私は初主演ということで、ほんとに必死にやらせて頂いたんですけども(一部カット)、働く女子の、え〜恋愛バイブルになったらいいなと思います。

左から山下監督、本田さん、オダギリ、今泉監督の4人でのマスコミ撮影会の様子。

(CM)

<本田翼 初主演ドラマ配信スタート!>

ナレーション:本田翼さん、オダギリジョーさん初共演のドラマ「午前3時の無法地帯」、dビデオ&BeeTV配信開始を記念したイベントが行われました。

<本田翼×オダギリジョー 初共演>

本田さん:私は初主演ということで、ほんとに必死にやらせて頂いたんですけども、是非みなさんに共感を得て、観ていただけたらなと思いますし、働く女子の、え〜恋愛バイブルになったらいいなと思います。

ナレーション:漫画家、ねむようこさんの人気漫画を実写化したこの作品。本田さんはイラストレーターを夢見ながら、仕事に恋に奮闘する、等身大の女性を熱演しています。

本田さんがオダギリに何か話しかけて(促して?/笑)、マスコミに手を振らせているシーン(笑)。

ナレーション:今回、本田さんとオダギリさんは初共演。お互いの印象を伺うと。

本田さん:すごく、あの、クールで無口な印象があったんですね。

本田さん:(オダギリを覗き込むようにして)あったんですよ。

オダギリ:はい(笑)。

本田さん:ふふふ(笑)。(一部カット)一緒に撮影をやっていて、すごいほがらかに笑う方だなぁと思って、あ、優しい方なんだなって思いました。

オダギリ:(本田さんは)すごく、元気いっぱいで‥

本田さん:(横から)ええ!? えっ‥

オダギリ:あ、違いましたっけ?(笑)

本田さん:ははははは!

オダギリ:あ、違う女優さんだったかな?(笑)(一部カット)
芝居を一生懸命‥やっているっていうのが、(一部カット)初心を‥忘れ去ってしまった僕からすると、すごく勉強になりました。

本田さん:ははは(笑)。

テレビ東京で「舟を編む」特別番組

今週のテレビ東京の番組表をチェックしてみると、3/23(土)に「舟を編む」の特別番組がありますね!
『松田龍平、宮崎あおい、オダギリジョーら、映画の出演者たちが“辞書作りの世界”、“言葉の世界”の魅力を伝えます』とあり^^

■3/23(土)映画『舟を編む』公開記念!マジメって、面白い!
テレビ東京 6:15〜6:30


<追加>
BSでも関連番組が。かなり面白そうな内容ですね〜
松田龍平さんもゲストで参加されるようです。

■3/23(土)知られざる国語辞書の世界
BSジャパン 21:00



【テレビ】3/17(日)「カンニングのDAI安☆吉日! #182」(BSフジ)

やっぱり!かどうかはわかりませんが、カンニング竹山さんが「僕らに縁のある、あの人の特番がBSフジで始まるらしいんです」と言っていましたね!(期待‥

■3/17 (日)「カンニングのDAI安☆吉日! #182」
BSフジ
11:00 〜11:30ほか

番組の紹介映像を観ているだけでもワクワクしましたね〜(>_<)
身につけている衣装がステキで、音楽に触れている様子のオダギリの表情もステキでした。。
番組ではこんな感じに紹介されていました。

カンニング竹山さん:僕らに縁のある、あの人の特番がBSフジで始まるらしいんです。

ナレーション:(音楽とオダギリの映像が流れ)俳優オダギリジョーが、モンゴル・インド・インドネシアを旅しながら、それぞれの国で現地の音楽に触れていく。
私たちの今耳にしている音楽は、どこからどうやって伝わって行ったのか。
大陸を越え、海を渡り、音楽がどのように各地で愛され、その国の文化として発展してきたのかを探る、まさに音楽のルーツを探る旅をお届けします。

カンニング竹山さん:オダギリジョーさんのスペシャル番組が、ついに登場するんですね!

という感じで、MCの3人でオダギリと音楽について少し話した後、DAIGOさんも『オダギリさんが現地の音楽を楽しむという番組を、年間を通して“ちょいちょい”放送していく』、3人で『今後のシリーズ化も“ゼロじゃない”?』なんて感じで言っていましたね〜
個人的にドキリとする画もあり、本当に楽しみです〜(>_<)

『「舟を編む」公開記念スペシャル番組』(のオダギリ)が面白かった‥(笑)

この先、各地方でも放送予定だという「“舟を編む”公開記念スペシャル」番組ですが、今朝録画を観てみたところ、オダギリファン的にめちゃくちゃ面白かった〜(ま、オダギリに対する「面白い」のハードルは、世間一般からするとかなり低め設定な気もしますが‥/笑)
キャスト4人(松田さん、宮さん、オダギリ、黒木さん)がインタビューやクイズに参加されたりと、かなり豪華な内容でした。
ただやっぱり、松田さんとオダギリの劇中のやりとりが面白いということで、その映像の一部が紹介されていたりと、ほんの一部ではあるのですが、先に観てしまうのもちょっともったいないかなあ‥と思えるシーンも。。
ただ、堅苦しいシーンばかりの映画じゃないんだよという、強力なPRを担っているパートなのかもしれないですね(笑)。
オダギリの発言部分等を中心に、いずれ番組レポをしようと思っていますが、遅れて放送される他の地域もあるようですので、様子を見て‥にしたいと思っています^^


■「“舟を編む”公開記念スペシャル」
テレビ東京
3/13(水) 26:05〜26:35
3/20(水) 26:05〜26:35
3/27(水) 26:05〜

「みんなのえいが」(TBS)で「リアル〜完全なる首長竜の日〜」のチラシについて

■昨夜放送の「みんなのえいが」(TBS)で、「リアル〜完全なる首長竜の日〜」のチラシが完成したという話題が出ていました。
チラシは公式サイトトップでも見られる、綾瀬はるかさんと佐藤健さんのアップと同じものですが、MCの方のお話でへえ〜!と思ったのは、綾瀬さんと佐藤さんの瞳の中にそれぞれ違うものが映し出されていたこと。全然気づいていなかった!
それぞれが意味するところをMCの方があくまで憶測で話されていましたが、綾瀬さんの瞳には、いわゆる「ネッシー」タイプの恐竜らしきシルエット、そして佐藤さんの瞳には、人の後姿らしきものが映し出されていますね。
私と同じく、もしお気づきでなかった方がいらしたら、公式でチェックしてみて下さいね。

「リアル〜完全なる首長竜の日〜」公式サイト




■黒沢清監督のインタビューが掲載予定だそうです。

3/15(金)「 MOVIEZ 2013年4月28日号」 no-image






MOVIEZ (ムービーズ) 2013年 4/28号 (不定期発行)
東京ニュース通信社
◆映画監督インタビュー
・黒沢清 「リアル〜完全なる首長竜の日」 

【テレビ】2/9(水)「舟を編む」完成披露試写会舞台挨拶(2)

2/9(水)「PON!」
日本テレビ
<松田龍平(29)&宮あおい(27)&オダジョー(37)に突撃>

松田さん、宮さん、オダギリが「大渡海」の化粧箱を持って、恐らく「PON!」の声とともに前に差し出しているシーンの後、ステージに並んで立つキャストの方々と石井監督の映像。

ナレーション:発行部数22万部を突破、2012年本屋大賞を受賞した、三浦しをんさんのベストセラー小説「舟を編む」が映画化。昨日、その完成披露試写会が行われ、主演の松田龍平さん、宮あおいさん、そしてオダギリジョーさんらが登場しました。
完成までに15年かかる新しい辞書を作る編集部が舞台。松田龍平さん演じる主人公馬締が仲間たちとともに辞書作りに奮闘。そんな中、馬締は板前修業中の女性に一目ぼれ。思いを伝えるため、不器用ながらも言葉を編んでいく。言葉と人への愛をうたう感動作です。

<えとう窓口 Wエンジン 突撃!!>

ナレーション:個性豊かな辞書編集部員を演じた松田龍平さん、オダギリジョーさん、そしてヒロインの宮あおいさんに、Wエンジンえとう窓口が突撃で〜す。

えとう窓口さん:映画「舟を編む」はどんな映画でしょうか!

左から松田龍平さん、宮あおいさん、そしてオダギリ。

松田さん:えーっと、辞書を作る、話です。

えとう窓口さん:辞書を作る話‥!

松田さん:‥‥はい(笑)。

えとう窓口さん:‥‥以上でよろしいでしょうか?(スタジオ笑い)

松田さん:辞書を作るのは長い(時間がかかる)んで、2時間じゃ全部できないんです。(真顔)

松田さんの後ろで肩をすくめて笑っている宮さん。オダギリも笑顔です。

えとう窓口さん:えっ。けど、2時間で全部観ちゃわないと‥。ど、どうしましょう?

松田さん:いや、観れます。(キッパリ)

えとう窓口さん:あ、観れるんですね!(笑)
宮さん、なんか見どころとかはありますでしょうか?

宮さん:龍平くんがキュートです。
なん、か‥動きとか、変ですし‥(笑)
(と言いながら、ギクシャク動いてみせる/笑)

えとう窓口さん:‥今も若干変ですよね?

松田さん:‥‥‥(ずっとしていた腕組みをスッと解く/笑)。

えとう窓口さん:いやいやいや!別に腕組みが変とかいうわけじゃないですよ、ごめんなさい^^;
現場の雰囲気って楽しくやられていましたかみなさん?

松田さん:あ。こういう感じで‥‥楽しくやってました。。^^

えとう窓口さん:‥そうは見えないんですけど‥(笑)

このやりとりに、ついに宮さんが身体を屈めて笑い出します(笑)。スタジオも爆笑、オダギリも笑っています。

宮さん:(両手で頬を抑えながら、笑顔全開で)おもしろい‥(笑)

えとう窓口さん:ご自分の性格を、一言言葉で表すとすれば。。

松田さん:そうですね。‥マジメです

えとう窓口さん:ははっ(笑)、あ、普段の松田さんも含めてマジメ!? 

松田龍平さんの役名→<役名 馬締光也>がテロップで。

松田さん:‥‥ハイ。

えとう窓口さん:宮さんは?

宮さん:私は頑固ですかね。

えとう窓口さん:えっ!? ボク的にはそう思いませんが、松田さんどうですか?

松田さん:あ、でも確かに、なんか雰囲気が、あの‥(宮さんを振り返る)

宮さん:ふふっ(笑)。

えとう窓口さん:あ、雰囲気ですか!?  一緒に映画を作られてたけど、「雰囲気」(が頑固なん)ですね!?

このツッコミに松田さんは苦笑い、宮さんは大笑い、オダギリも穏やか〜な感じで笑っています(笑)。

えとう窓口さん:オダギリさんご自身は。

オダギリ:僕はよく周りから言われるのは、‥『適当』(笑)。

えとう窓口さん:あはははははは!!
‥そぉうですか!?

オダギリ:会話が適当すぎるって、よく言われますね。

えとう窓口さん:(え〜でも、という感じで)ちなみに、今は適当じゃないですもんね!?(きちんとされていますよね?)

オダギリ:(目を細めて)若干適当なんじゃないですか〜(笑)

えとう窓口さん:適当!!(笑)

これにはスタジオも大受け(笑)。やっぱりオダギリがなんだかんだで最後は持って行く‥(笑)。
そして、全員で「大渡海」を両手で掲げて、「PON!」という掛け声とともに前に差し出すポーズをして終わり。
オダギリが他のお2人よりちょっと手前(カメラ寄り)に立っていて、なぜか左脚だけ少し前に出して立つというモデル立ちをしていたのが、ちょっとツボでした(笑)。

スタジオでは、「豪華メンバーのところに行かせていただいたね!」というビビる大木さんに、えとう窓口さんは「(今回は)1人でしたから緊張感ハンパなかったんですけど、松田龍平さんが渋めのイメージと違って、キュートでチャーミングだったので楽しくやらせてもらえました」という風におっしゃっていました。

【テレビ】2/9(水)「舟を編む」完成披露試写会舞台挨拶(1)

2/10(水)「Oha!4 NEWS LIVE」
日本テレビ
<「舟を編む」松田&宮ら豪華キャスト登場>

松田龍平さん:僕はすごい、あの、好きな映画なので、みなさん、楽しんでもらえたらうれしいです。

<映画「舟を編む」完成披露試写会>

ナレーション:俳優の松田龍平さんが主演を務める映画、「舟を編む」の完成披露試写会が行われ、女優の宮あおいさんやオダギリジョーさんなどが登場しました。

『完成した「大渡海」』を全員が手にして、キャストのみなさん&石井監督が並んで立つシーン。
これは舞台の上ではなく、客席に降りて、通路に下げられた幕の前に立っているシーンです。
私は偶然、オダギリがよく見える位置にいたものの、監督の様子は直接あまりよく見えなかったので、(恐らく、カンペキなプロ意識から(笑)マスコミのカメラを意識し続けているキャストのみなさんとは違って‥)渡された「大渡海」を、1人俯いていろいろな角度からチェックしている監督の様子がテレビ映像で初めてわかり、『監督、かわいい‥』と思ってしまいました^^;

「舟を編む」の紹介映像。

ナレーション:映画は“辞書作り”という特殊な仕事を通し、成長していく人々の姿を描いた作品。松田さんは辞書作りに没頭する編集部員を演じます。

ナレーション:原作はベストセラー作家の三浦しをんさんが執筆した作品で、去年、本屋大賞に輝き、年間のベストセラー小説にも選ばれました。

宮あおいさん:辞書を引くっていう言葉も、今のほんとに若い人はもしかしたら知らないのかなーと思ったり、携帯とかでピピピって(言葉を)入れたらすぐ出てきますし。

松田龍平さん:何気なく使っている言葉をちょっと違う角度から見れる、いい映画だと思います。




■2/9(水)「めざましテレビ」
フジテレビ
<本屋大賞受賞作 またまた映画化!>
<東京・丸の内ピカデリー2 「舟を編む」完成披露試写会>

ナレーション:4月公開の映画「舟を編む」の完成披露試写会が行われ、キャストの松田龍平さん、宮あおいさん、オダギリジョーさんらが舞台挨拶を行いました。

「舟を編む」の紹介映像。

ナレーション:この作品は三浦しをんさんの本屋大賞受賞作を映画化したもので、辞書の編集部を舞台に、言葉の世界に携わる、個性的な人々と、松田さん演じる主人公の恋模様を15年に渡って描いていきます。
映画のテーマにちなんで、みなさんに、<【辞書】にまつわる思い出を聞いてみたところ・・・>

松田さん:エピソード、あんまりないんですけど‥(笑)

宮さん:んーーーーーー‥特に(笑)、エピソードが‥(ない)‥(笑)

オダギリ:必死で今。。

司会者(女性):はい‥!(この方の方も必死感漂う口調/笑)

オダギリ:‥考えてはみたんですけど(すいませんと司会者さん)英語でディクショナリー(辞書)っていう‥のをおぼえるために、「字を引く書なり」みたいなことを、なんか覚え方として習った気がして‥

司会者:ええ〜

オダギリ:‥なんかそれが、

司会者:ええ!

オダギリ:ちょっと腹立つな〜みたいな(笑)。

司会者:あはは(会場も笑い。実際もそうだったのですが、テレビでもオダギリの隣に立つ松田さんの影が、いかにも「笑っています」風に揺れていました/笑)

会場全体に舞い降りる銀と青のテープ。オダギリも丸い目をして上を見上げています(笑)。

ナレーション:‥と、オダギリさんがなんとかエピソードをひねりだしてくれたのでした。




(以下、映像に関しては、ご本人が話しているシーン、「舟を編む」本編からの映像、キラキラテープが舞っている場面‥と大体共通していますのでその説明は省略^^;)

■2/9(水)「ZIP!」
日本テレビ

女性アナ:まずは、映画の完成披露試写会に豪華俳優陣が勢揃いです。

<この中で一番マジメなのはだーれ?>

松田さん:すごく、あの、何気なく使っている言葉を、ちょっと違う角度から見れる、いい映画だと思います。

ナレーション:松田龍平さん、宮あおいさん、オダギリジョーさんが登場したのは、映画「舟を編む」の完成披露試写会です。
映画は、辞書作りに携わる編集者の奮闘を描いた物語。キャッチコピーの「マジメって、面白い。」にかけて、オダギリさんにこの中で誰が一番真面目なのか聞いてみると。。

オダギリ:自分が一番真面目なんじゃないかと思いますけどね。
(なんとなくニヤリとして表情で)ちゃんとしたことが好きなんですよ。人に対して。
自分に対しては甘いんですけど、人にはちゃんとしてほしいんですよ。

司会者:えへへ‥(多分反応に困っている?/笑)



2/9(水)「チェックタイム」
TOKYO MX

松田さん:何気なく使っている言葉を、ちょっと違う角度から見れるいい映画だと思います。

ナレーション:映画「舟を編む」の歓声披露試写会が行われました。

(CM後)
<映画「舟を編む」完成披露試写会/松田龍平や宮あおいらが舞台挨拶>
<出演者が語る辞書エピソードとは?>

ナレーション:映画「舟を編む」の完成披露試写会が行われ、松田龍平さんや宮あおいさんなど、出演者が舞台挨拶に登場しました。

ナレーション:去年の本屋大賞1位に輝いた、三浦しをんさんの同名小説が原作。15年に渡って辞書を編集した人たちの、言葉と人への愛をうたう、感動のエンターテインメント作品です。
出演者に辞書にまつわるエピソードを伺うと。

松田さん:あんまり勉強が好きじゃなかったんで、あんまり辞書を、ちゃんと読んだことがなくて、だから、エピソードもあんまりないんですけど‥(笑)

宮さん:辞書を引くっていう言葉も、今のほんとに若い人はもしかしたら知らないのかな〜と思ったり。携帯とかでピピピって入れたらすぐ出てきますし。んーーーーーーーー特に(笑)エピソードが‥(笑)

オダギリ:英語でdictionaryっていうのを覚えるために、“字を引く書なり”みたいなことを、なんか、覚え方として習った気がして‥‥。‥‥なんかそれが、ちょっと腹立つな〜みたいな(笑)。

司会者:そんなっ(笑)

オダギリ:なんか(首を傾げながら)そこで別にうまい事言う必要ないんじゃないか(笑)って気持ちも、今、そう感じました。改めて。

この後、スタジオで「いきなり辞書話題を振られても困りますよね」という話となり、男性アナウンサーがご自分の(日本語アクセント)辞典を視聴者に披露されていました(笑)。

(残りは後ほど)

TBS放送の「みんなのえいが」で「リアル〜完全なる首長竜の日〜」が紹介

2/10深夜に放送された「みんなのえいが」(TBS)で「リアル〜完全なる首長竜の日〜」が紹介、予告編も流れました。

2/10(日)「みんなのえいが」
TBS 25:20-26:20
 “謎に満ちた特報ついに完成!/「リアル〜完全なる首長竜の日〜」”

7作品ほどが紹介された中に「リアル〜完全なる首長竜の日〜」も。
予告編のオンエアがあり、杉山アナが「勝手に分析」ということで(笑)、「原作とは設定が違うということで、黒沢清監督らしい衝撃の結末が用意されているはず」「佐藤健さんは真っ直ぐなイメージがあるが、この作品ではかなり屈折した人物を演じている」「綾瀬はるかさんは陽のイメージだが、この作品ではダークな面が見られる」というような話をされていました。

昨日のTOKYO MXの「CHECK TIME」で「午前3次の無法地帯」が紹介

昨日録画していたものをチェックしてみると、 TOKYO MXの「CHECK TIME」という朝の情報番組で、「午前3時の無法地帯」がドラマ化という話題が紹介されていました^^

1/30(水)「CHECK TIME」
TOKYO MX 7:00〜8:00
<dビデオ&BeeTV「午前3時の無法地帯>
<若手女優・本田翼がドラマ初主演!>

内容は、本田翼さんの人気が急上昇という、本田さんと作品のドラマ化話題を取り上げたという感じで、本田さんのインタビューやメイキング映像が中心。
オダギリの姿はドラマの紹介映像のみでしたが、やっぱりカッコよかった‥

「スッキリ!」などで「舟を編む」が紹介

今年度の本屋大賞のノミネート作品が発表されたというニュース関連で、過去に受賞した「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」や「舟を編む」の映像が、「Oha!4 NEWS LIVE」や「スッキリ!」などあちこちで紹介されていました。
また、先週〜今週、「来たれ!辞書部」(テレビ東京)や「まほろ駅前番外地」(テレビ東京)などいろいろな番組内で、松田龍平さんが映画の告知をなさっていますね

ところで‥オダギリ、今週から海外に行くようです。
体調に気をつけて、元気に帰ってきてくださーい

歴史秘話ヒストリア「“ハンサムウーマン”がゆく 新島八重 不屈の会津魂」

昨日の「歴史秘話ヒストリア」(NHK)が、『“ハンサムウーマン”がゆく 新島八重 不屈の会津魂』という内容だったので、観てみたところ、新島八重さんの人物像、生き方のほか、新島襄さんとの出逢いから襄さんが亡くなるまでのエピソードなどもたくさん盛り込まれた内容でした。
今でも京都に保存されている新島旧邸の建物内や、二人の生活、“新島夫婦のほのぼのエピソード”などの紹介もあり(笑)。
そのほのぼのを1つ載せておきますと‥新島襄さんは大の甘い物好きだったそうで、八重さんが学生のために焼いたお菓子も、襄さんがみんな食べてしまうほどだったそうです。
というわけで、八重さんは焼いたお菓子を、家にある鍵付き扉がある戸棚に隠しておいたそうなのですが‥襄さんはその鍵を破り!?やっぱり全部食べてしまった。。のだそう(笑)。

オダギリは甘い物はあまり食べないようですが、甘い物好きというエピソードはドラマにも出てくるかな?(笑)
ちなみに、来週16(水)の放送は、
『白虎隊 奇跡の生還劇 八重とともに戦った少年たち〜』
というテーマでした。

歴史秘話ヒストリア

【テレビ】「『マイウェイ』メイキングドキュメンタリー #1 カン・ジェギュ監督のマイウェイ」(4)

【テレビ】 「『マイウェイ』メイキングドキュメンタリー #1 カン・ジェギュ監督のマイウェイ」(3)


建物の中のある一室。モニターの前にカン監督が座り、監督を囲むようにして立っているスタッフたち。

「オダギリさんが監督のイスに座って 監督がカチンコを鳴らします」
というプロデューサーのソン・インギュさんの言葉に、笑いが起こります。

カン監督:俺が撮影する(笑)

プロデューサー:いや 監督はカチンコを
(周囲から拍手)

プロデューサー:監督がカチンコ オダギリさんが監督イス

笑いながら渋々!?立ち上がるカン監督。

カン監督:最後につれないな(笑) 撮影は俺がしないと!(笑)

そのやりとりを笑って聞いていた軍服姿のオダギリは、言われた通り、さっきまで監督が座っていたイスに着席。背もたれに寄りかかり、前で軽く手を組んだ後、監督がつけていたヘッドホンを首にかけ、監督然とした貫録を漂わせる!?オダギリ(笑)。

<うれしそうに私のイスに座るオダギリ
 (オ〜という監督の感嘆の声入り/笑)監督のオーラが漂う>

それらしく台本を手に取りパラパラめくるオダギリに、周囲からは爆笑が。オダギリも満面の笑み(笑)。
以下、トランシーバーによるやりとりです。

声:監督(←オダギリのこと)2番です

オダギリ:
(イスにもたれ脚を組んで、韓国語で!/笑)『何を待ってる?』(周囲爆笑)

オダギリ:
(韓国語)『早く撮ろう』(周囲爆笑)

<まさか私のものまね?>

モニターに映し出された監督の手の映像を見て

オダギリ:片手で(カチンコ)打てんのかァ?

スタッフ:(横から)ちゃんとできるそうです

オダギリ:レディー カメラ 
(ニヤリとして)アクション!

オダギリ:‥‥カット!

ニヤニヤと見守るスタッフたち(笑)。

オダギリ:
(韓国語で)『もう一度。』

この要求にはスタッフたちも手を叩いて大爆笑!
オダギリもニヤリとしつつも満足げな表情ですが、更に‥(笑)

オダギリ:
(通訳さんに)芝居はいいんだけどォ、カチンコがイマイチだったって言って下さい

通訳さん:(韓国語で)『(オダギリ)監督が 芝居はいいけどカチンコがダメだと言ってます』

またまた起こる笑い声。オダギリもついにつられて全開の笑顔(笑)。

カン監督の声:<
わかりました やり直します>

オダギリ:
(韓国語)『‥ジェジュン 何がダメだ?』

またまた周囲は大爆笑!

<オダギリジョーの鋭いものまねに驚いた>

過去の撮影中の風景。
「ジェジュン 準備状況の確認を」「ジェジュン早く」「おいジェジュン」「ジェジュン何で?」‥と、スタッフの1人“ジェジュン”さんの名前を連呼するカン監督の映像が次々と‥(笑)

<ジェジュンをこき使ったか?^^;>

画面には「この人」という感じでジェジュンさんのアップ(笑)。

オダギリ:‥アクション。

そして、オダギリ監督の撮影は無事(!?)終了。 
沸き起こる周囲の歓声と拍手に笑い出すオダギリ。
スタッフたちの拍手は、部屋の中から部屋に入りきれず外の廊下で待機している人たち(韓国の人だけでなく、いろいろな国の方がいらっしゃる様子)にまで広がっています。
最後のイベント終了。大きな歓声と拍手が起こります。

<ついに最後の撮影が終わった>

部屋から出てきたオダギリを、プロデューサーのソン・インギュさんが待ち構えていたかのように抱きしめます(笑)。
別のスタッフも抱きついて、嬉しそうに「面白かった(笑)」「外で記念写真を撮りましょう」。

明るい屋外。オダギリを次々と抱きしめに来る人たち。
オダギリも笑顔で相手の背中に手を回して、背中をポンポンポンと叩き、韓国語でお礼を言っている様子。
そのうち、オダギリも自ら相手をハグしに行きますが、しているシーン、されているシーン含めて、オダギリの「ハグシーン」を一度にこんなに見せてもらったのは初めてかも(笑)。オダギリも他のスタッフたちもいい笑顔です。

<最善を尽くして走った8か月間>
<俳優 スタッフ全員 後悔はないはずだ>

花束を受け取り、拍手を受けながら、最後に監督と抱き合うオダギリ。
そんな2人に思いっきり振られたシャンパン(?)が浴びせかけられます(笑)。

カン監督:
気分は世界最高です

“長谷川辰雄役 オダギリジョー”:
いやあ、まああんまりよくわかんないですね、まだ。終わった感じもしないし。(シャンパンで濡れた髪を掻き上げながら)まあ‥これから打ち上げ?だけど〜いつも飲んでることだからあんま、変わんないだろうし‥(笑)
まだあと1か月くらいかかるんじゃないですか、終わる気持ちになるっていうのは。(頷きながら)

一応ドイツ仕様の軍服は着ていますが‥映画とは顔が全然違う(笑)。
タレ目な表情で、顔だけまさに「オダギリ」です(笑)。

<映画の中の友情と和合は 私たちにも築かれた>

みんなで集合して記念写真を撮ったところで、プロデューサーのソン・インギュが大きな声で「ちょっと待って!」とみんなの前に出て行き‥

ソン・インギュさん:文化的な差や難しいこともありましたが 初めの頃 オダギリさんから問題点を書いた紙を 1時に呼び出されて
渡されました

何か文字がたくさん書かれた1枚の白い紙を手に、意気揚々と話し出すソン・インギュさん(笑)。

ソン・インギュさん:これを忘れずに面倒を見ると約束して ロケの間 部屋の壁にはってました
今日はこれをお返ししたいと思います
これを見て不便がないように 最善を尽くしてきました
それを理解して認めてください(笑)

そして、『俺たちはできるだけやった!』と言わんばかりの勢いで、オダギリに紙を“突き返す”ような素振りをするソン・インギュさん。周囲からは笑い声。
紙を渡したのは恐らく通訳さんかな?」オダギリは笑いながらその紙(多分、オダギリが言ったことを通訳さんが韓国語にしたもの?)を初めて見るかのように見て(笑)、『確かに受け取りました』という感じで、笑顔で周囲にその紙を掲げて振ってみせます。
そんな場面でどこからともなく『キスしろ キスしろ』というコールが‥!?!?^^;
『え、一体なんで‥』と考える間もなく(←私が/笑)、画面の外からソン・インギュさんがとんで戻ってきて、ガバッと羽交い絞めしたオダギリの頬にブチュー!(笑)
更に、思わぬ口撃!?にすっかり脱力!?したかのようなくしゃくしゃ笑顔のまま、ソンさんの肩に担がれ、グルグル数回回されるオダギリ(笑)。完全にされるがままのその様子は、可愛さのあまり大人に好き放題されている子供のようです(笑)。

そして再び、全員での集合写真撮影シーン。「マイウェイ 大ヒット!」「ファイト!」
その後‥チャン・ドンゴンさんのクランクアップの日かな?『辰雄とジュンシク』のラストシーンのままの2人が、監督を挟んで、スタッフ全員と笑顔で写真を撮っている様子が流れます。
汚れた顔に光る2人の白い歯、そして、それとは対照的な2人の赤い手のひらがなんとも印象的すぎます‥(>_<)

“映画「マイウェイ」より”
♫“アンドレア・ボチェッリ TO END MY WAY”

以下、番組ラストまで「TO END MY WAY」がBGMで流れる中。。
人力車を引くジュンシク、雪景色のソ連の収容所などのメイキングシーンが次々と。

カン監督:
私も相手を信頼して そして自分自身も相手のことを認められるよう 私の価値を実現し 自我を見せて 双方の信頼が構築されてこそ 求める地点に到達できるんです

再び、ソ連の収容所でのシーン。
撮影の合間、笑顔で話す“イ・ジョンデ”と“チュンボク”。
ジュンシクが涙を流すメイキングシーン。モニターを覗き込んでいる鶴見辰吾さんの姿も。
戦場で防火服を着て燃え^^;消火され、やっとの思いでそれらを脱いだ様子の役者さん。
足場も悪く、爆風と炎が追いかけて来る“戦場”を、まさにおみこし仕様にしたカメラを担いで全力で走る撮影スタッフ。
爆音とともにワイヤーで宙を舞う役者さん。
カン監督の笑顔。血のりまみれでも爽やかなドンゴンさんの笑顔。
そして、海から上がってくるオダギリとドンゴンさんの笑顔
(END)


画像を再度アップしておきます。数日したら消しますね。
管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
をご覧ください。
------------------------
<2016年>
------------------------
【11月】
5(土)
映画『続・深夜食堂』全国公開
------------------------
<2017年>
------------------------
【3月】
23(木)
『BOTTLATTE CM「日本のオフィスにはリラックスが足りない」篇』オンエア中
待機作品
映画『エルネスト』
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ