★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト
→【ネタバレ感想OK】 「湯を沸かすほどの熱い愛」 / 「オーバー・フェンス」 / 「ムジカ・ピッコリーノ」 / 「重版出来!」 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

<「時効警察」霧山修一朗メガネ再現復刻企画>をお知らせいただきました。→ 経緯商品紹介


※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

'11テレビ/ラジオ

今朝の「めざましテレビ」でファン・ビンビンさん(「マイウェイ 12,000キロの真実」)

12/28(水)「めざましテレビ」
フジテレビ
<目が覚めるほど美しい 中国からやってきた美女>
<オダジョー&ドンゴンと共演 中国の女優 ファン・ビンビン>

「マイウェイ 12,000キロの真実」の映像紹介や、19日の来日会見の様子。

ファン・ビンビン(30)
『監督から「最高の演技を!」と言われて 出演の返事をしたのですから、絶対にやり遂げなければと思いました』

映画の中では天才的な射撃の腕を持つスナイパーを演じているファン・ビンビンさんからは想像もつかないでしょうが‥ということで、以前放送された「サントリーウーロン茶」のCM(ホットホットガール編)が流れます。
中国語?のアラレちゃんの主題歌をBGMに、美女が汗をぬぐいながらカレーをパクパク口に運ぶ、あのCMです^^
スタジオからは『ああ〜』『へえ〜!』という声。

〜CMですごくおいしそうに食べていますよね?
『ウーロン茶は“たくさん食べても飲んだらさっぱりする”ところをPRするから、長時間かけて食べて大変苦しかったんですよ』

<「中国で最も美しい」人気女優ファン・ビンビン>

中国では数々の雑誌の表紙を飾り、「中国で最も美しい50人」の1位にも選ばれたことがあるという紹介があったあと、日本の帽子屋さんが好きということで、皆藤さんと一緒に帽子屋さんに行く映像が。

<中国の人気女優ファン・ビンビン 日本の帽子が大好き!>

〜中国にも帽子のお店があるのでは?
『少ないです。日本のほうが素敵ですよ』
『帽子は時にクールな自分に、かわいい自分にしてくれるし、帽子を変えただけで、自分に違う雰囲気を演出できるの』

連発している「かわいい」はちゃんと日本語で。
大スターなのだから大人買いもできるところを、じっくり迷いながら選び、1万2000円の帽子を『高い!はははは!』と笑ったり。

〜大女優さんなのに高いと思われたりするんですね。
『映画スターがお金を稼ぐのも大変なんですよ(笑)』

<社長やプロデューサーもこなす「才女な女優」ファン・ビンビン>
2007年に個人事務所を設立 プロデューサー業にも演出

〜独立して自分が変わったことは?
『大きく変わりました。1人で対処することが多くなりましたが、自分のスタッフと同じ仕事に関わることは楽しいです』

一緒にいた男性スタッフにも帽子を何度も試着させ、プレゼントするファン・ビンビンさん^^
皆藤さんのコメントも「本当にきれいだった」というものでしたが、紹介映像の中で流れた『ファン・ビンビンさんが表紙を飾った雑誌の数々』の映像が圧巻でした。

【ラジオ】12/23(金)特別番組「シネマストリートスペシャル」/「マイウェイ〜」来日会見

12/23 特別番組「シネマストリートスペシャル」
ラジオNIKKEI 10:00〜10:30
(の一部)

番組MCの方から作品紹介があった後。。

MC:今週都内のホテルで会見が行われました。カン・ジェギュ監督、オダギリジョーさん、チャン・ドンゴンさん、ファン・ビンビンさんのメッセージをどうぞ!

オダギリ:あ、どうもみなさんこんばんは、オダギリです。
なかなか、あの、日本で〜戦争映画って‥あの、ま、作ることもないですし、あまり観る機会がないものだと思うんですけども、あの〜こちらにいるカン・ジェギュ監督は‥ま、「シュリ」とか「ブラザーフッド」とか、日本でも大ヒットした、あの〜韓国でも、歴史に残る監督と言われている監督なので、あの、ぜひ期待してもらえれば嬉しいです。

チャン・ドンゴンさん:(流暢な日本語で)こんばんは、チャン・ドンゴンです。

チャン・ドンゴンさんが韓国語で話す声に、途中から通訳さんの声が完全にかぶり始め‥^^;

チャン・ドンゴンさん:(通訳)日本と韓国でほぼ同じ時期に公開されるということは初めてでしたので、いつもに増して緊張しておりました。またその一方で、とてもみなさんがどう観てくださるのかっていう、そういった期待で胸を膨らませております。
一年近い歳月をかけてスタッフが全員苦労して作った作品ですので、どうぞみなさま、たくさんの愛情と声援をよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

会見の司会者より『アメリカの国立公文書館で見つかった1枚の写真がきっかけだったそうですが‥』という質問があり、

カン・ジェギュ監督:(通訳正確に申し上げますと、実は、ま、6年前にですね、ひとつの出来事がありました。
それはインターネットで1枚の写真が出たんですけれども、その写真というのは、ドイツ軍の軍服を着た東洋人だったんですね。
それが、その人はアメリカ軍の捕虜になっている写真だったんですが、それを素材にしてですね、いろんな形で発表がされたんですけれど、つまり、シナリオがひとつ出ました。それは「D-DAY」という名前でですね、それを題材にしたシナリオが発表されました。
それから、SBSという韓国のテレビ局はドキュメンタリーを制作しました。
また韓国のチョウ・ジョンレイという有名な作家はですね、「おお神様」という小説を書き上げました。
それで私はこのD-DAYというシナリオをまず最初目にしたんですけれども、ほんとに衝撃的で、新鮮な感じがしまして、あと、ドラマチックだなという風に思いました。
しかし私は当時は他の作品を温めていたので、すぐ演出したいという風には思わなかったんですね。
でも、SBSのドキュメンタリーを観てですね、私は驚きました。今の近代史、現代史の中で小説よりもより小説的な、そういう話が存在するんだなあという風に思いまして、それで4年前に私は新しく私の方から書き直して手がけることにしました。

「D-DAY」というのは、以前<映画「マイウェイ 12000キロの真実」の原作シナリオが韓国で小説として出版される>というニュースをお知らせしましたが、その原作シナリオが「D-DAY」と呼ばれているものでしたね。

その後、MCの方から、私もこの会見に出席したんですが‥ということで、「壮大な戦闘シーン」「どんな状況でも生き抜こうとする人間の、まさにマイウェイ=これが私の生きる道という力を与えてくれる、そんな大作映画になっている」など(会場にいる人から)コメントがあったという話もありました。

【テレビ】12/20(火)「マイウェイ 12,000キロの真実」プレミア試写会舞台挨拶&来日記者会見関連

12/20(火)「やじうまテレビ」
テレビ朝日
“テレビ朝日特別映画試写会「マイウェイ 12,000キロの真実」試写会&予告編”(5時15分)
番組内で試写会の案内とともに映画の映像。

“日韓イケメン俳優の“絆” 映画「マイウェイ」舞台挨拶” (5時41分)
女性アナ:続いては、日韓のイケメン俳優の間で生まれた絆を明かしてくれました。

<今回出演を決めた理由>
ファン・ビンビンさん:ひとつは韓国と日本のイケメン俳優と仕事が出来るということです(笑)。

ナレーション:アジアの映画スターが揃い組。オダギリジョーさん、チャン・ドンゴンさんW主演の映画「マイウェイ 12,000キロの真実」の完成披露試写会で、中国の人気女優ファン・ビンビンさんも交え、舞台挨拶が行われました。
この映画は、第二次大戦中の戦火を駆け抜けた実在の東洋人を描いた作品で、9か月間に及んだ過酷なロケで、共演者の絆が生まれたようです。

オダギリ:ちょっとみなさんに自慢が1つあるとするならば!えー、一度あの〜チャン・ドンゴンさんとま、カラオケに行った時に、、無理矢理デュエットを歌わされまして(チャン・ドンゴンさんが「ハハハ!(笑)」と笑っている大きな声
が。続きは一部カットされていて) ‥いいでしょう?(笑)

ナレーション:この通り、すっかり打ち解けた様子。実は、2人の仲が深まったのには、もう1つの理由があったそうです。

<仲を深めたもうひとつの理由>
チャン・ドンゴンさん:それは、僕たち2人とも撮影期間中に子どもが生まれたんです。共通の関心事のおかげで、早く親しくなることが出来ました。


*******************************************
12/20(火)「めざましテレビ」
フジテレビ
“オダギリジョー チャン・ドンゴンとカラオケデュエット”(5時51分)
“オダギリ&チャン・ドンゴン デュエットしたカラオケソングは?”
「エンタイイかもON」の子オーナーで、軽部さんと皆藤愛さんが忘年会シーズン→カラオケ話題でトークした後‥

ナレーション:オダギリジョーさん、チャン・ドンゴンがW主演した映画「マイウェイ 12,000キロの真実」の完成披露会見が行われました。
戦争によって引き裂かれた日韓2人の青年の、友情と宿命を描いた戦争映画ですが。。

オダギリ:それはもう、キツかったですねえ。(カット)この世のものとは思えないということじゃないですかね、その‥酷さが。(会場笑い)

チャン・ドンゴンさん:マイナス17度ぐらいの骨身にしみる寒さの中で撮影したことが、本当につらい記憶として残っています。

ナレーション:さらに完成披露試写会も行われ、舞台挨拶に登場したオダギリさんは、こんなエピソードを明かしました。

オダギリ:チャン・ドンゴンさんとま、カラオケに行った時に、あぁの無理矢理デュエットを歌わされまして(会場爆笑‥オダギリも笑う)(カット)(チャン・ドンゴンさんは)TUBE、チェッカーズ、サザンオールスターズ、徳永英明さんが好きです。(会場笑い)


“オダギリジョー チャン・ドンゴンとカラオケデュエット”(6時41分)
“オダギリ&チャン・ドンゴン「零下17℃はつらかった」”
ナレーション:オダギリジョーさん、チャン・ドンゴンが主演した映画「マイウェイ 12,000キロの真実」完成披露会見が行なわれました。
戦争によって引き裂かれた日韓2人の青年の、友情と宿命を描いた作品なんですが。。

オダギリ:それはもう、キツかったですねえ。(カットされて)この世のものとは思えないということじゃないですかね、その‥ひどさが。 (会場笑い)

チャン・ドンゴンさん:マイナス17度ぐらいの骨身にしみる寒さの中で撮影したことが、本当につらい記憶として残っています。

ナレーション:また、「中国で最も美しい50人」のトップに選ばれたこともある中国人女優ファン・ビンビンも辛かった撮影について。。

ファン・ビンビン:ものすごく寒い日に氷水の中に飛び込んだこともありました。でも現場では私を女の子扱いする方は一人もいませんでした。

ナレーション:で、この映画の見どころについて訊かれたオダギリさんは。。

オダギリ:ま、特に見どころ‥‥とかはもう、書かなくても結構です(笑)。(会場爆笑) とにかくあの、「観てくれ!」っていうことだけ伝わればいいと思ってます(笑)。

チャン・ドンゴンさん:(日本語で)その通りです。(会場爆笑)

ナレーション:さらに、完成披露試写会も行われ、舞台挨拶に登場した2人はこんなエピソードを明かしました。

チャン・ドンゴンさん:撮影中にお互い子供が生まれて、共通の話題ができたので、早く仲良くなれました。

オダギリの下には『今年2月長男誕生』、チャン・ドンゴンさんの下には『去年10月長男誕生』という文字が^^

オダギリ:チャン・ドンゴンさんとま、カラオケに行った時に、あぁの、無理矢理デュエットを歌わされまして(会場爆笑‥オダギリも笑う)(カット)(チャン・ドンゴンさんは)TUBE、チェッカーズ、サザンオールスターズ、徳永英明さんが好きです。

軽部さんたちによるスタジオトークがあり、映画のストーリー紹介、感想なども出ていました。


*******************************************
■12/20(火)「スッキリ!」
日本テレビ
“エンタメまるごと クイズッス”

映画のシーンが流れたあと。

ナレーション:第二次世界大戦末期、ドイツ軍にいた、オリンピック出場を夢見る東洋人兵を描いた韓国映画「マイウェイ 12,000キロの真実」。
この完成披露試写会に登場したのは、日中韓の豪華出演陣!
(キャストが1人1人挨拶する様子が映し出され)オダギリジョーさん、そしてチャン・ドンゴンさん、そして、中国人女優のファン・ビンビンさん!
さあ、撮影は240日(かな?)をかけてアジアからヨーロッパまで横断して行われた過酷な現場だったそうですが、主演のオダギリさんは〜

オダギリ:先週韓国で初めて完成したものを観せてもらいまして、あぁのその迫力にほんとに驚いて‥(カット)今までの映画以上の衝撃を受けるものになるんじゃないかと思います。

ナレーション:え〜だいぶ独特の刈り上げ具合でしたけども、えー、ロケが大掛かりな戦闘シーンの毎日で、氷点下17度の寒さの中でも行われというから、大変だったでしょうねえ!

スタジオからは『へえ〜』という驚きの声。

ナレーション:さあここで、オダギリジョーさんに関するクイズを、じゃあ(ゲストの)南野陽子さんに行っちゃいましょうかね。陽子さん、クイズッス〜

<Q:監督を目指していたオダギリジョーが俳優の勉強をしたのはなぜ?>

撮影カメラの隣りでディレクターズチェアに腰かけ、メガホンを持っているオダギリのイラストが映し出されます(笑)。

南野さんの答えは‥
「スカウトされた」‥×
<オダギリジョーのミス>というヒントがあり→「間違えた教室に入った」‥×
更にヒントがあり、「書類の俳優の方にマルしちゃった」‥○

ということで正解に。
その後「ミス」についての説明があり、「不本意ながらそのまま俳優の勉強をした」という紹介があったところで、

加藤さん:あ!そうか、そのうち好きになっていったんだ!

ナレーション(声):そういうことなんですよねえ!それが功を奏して今のオダギリさんがあるという!運命でしょうねえ!

加藤さん:運命だねえ!面白いねえ!

南野さん:間違えて良かった^^

ナレーション(声):そうなんですよね!間違えてよかったんですよね!ま、監督としてもちょっと観てみたかったですけどね、どんな映画撮るのか。

これを観ていたオダギリファンの全員が『オダギリは映画撮ってますよ〜』と思ったに違いありません‥(笑)
あと、オダギリは昔、南野陽子さんのファンだったと言っていましたよね〜
この展開を知ったら、やっぱり嬉しいのかな〜(笑)

*******************************************
12/20(火)「TOKYO MX NEWS」
TOKYO MX
“遂に完成 映画「マイウェイ 12,000キロの真実」”(15:19)

ナレーション:映画「マイウェイ 12,000キロの真実」が行なわれ、オダギリジョーさんとチャン・ドンゴンさん、ファン・ビンビンさんが登場。

オダギリ:アンニョンハセヨ〜オダギリジョーです。

チャン・ドンゴンさん:(日本語で)こんばんは。チャン・ドンゴンです。

ファン・ビンビンさん:(日本語で)あ〜こんにちは。どうぞよろしくおねがいいたします。(ニッコリ)

ナレーション:この作品は1928年、日本占領下のソウルを舞台に、オリンピックを夢見る2人の青年の絆を描いた超大作。
オダギリさんはチャン・ドンゴンさんのこんなエピソードを話してくれました。

オダギリ:チャン・ドンゴンさんとま、カラオケに行った時に、あぁの、無理矢理デュエットを歌わされまして(お隣りからチャン・ドンゴンさんの大きな「アハハハハ!」という声が/笑)(カットがあり)TUBE、チェッカーズ、サザンオールスターズ、徳永英明さんが好きです。

チャン・ドンゴンさん:デュエット曲は僕が選びました。オダギリさんは音楽に関心があるそうなので、僕が知っている日本の曲を歌うことで、よりオダギリさんと仲良くなれたと思います。

ナレーション:ファン・ビンビンさんに、この映画の出演のオファーを受けた理由を伺うと‥

ファン・ビンビンさん:韓国と日本のイケメンと一緒に仕事が出来ることが、オファーを受けた理由のひとつです(笑)。
これから皆さん、ご覧になれば分かると思いますが、それぞれの魅力をスクリーンで発揮しておりますので、彼らの虜になると思います。

【テレビ】12/16(金)「おすすめ新作映画/マイウェイ 12,000キロの真実」(ムービープラス)

早速観ました!いや〜すごい(>_<)
作品が生まれた背景、ストーリー紹介、本編映像、予告編、メイキング映像、オダギリとチャン・ドンゴンさんのインタビュー、そして何より、凛々しく端正(に冷徹)なオダギリが満載の30分!
チャン・ドンゴンさんはイケメンの代表のような二枚目ですが、この作品のオダギリを見たら、『カン・ジェギュ監督がオダギリジョーを一目見て惚れた』(‥とは言っていない?)と言っていたのも納得だなあ‥としみじみしてしまいました(笑)。
ただ、ラスト以外の部分の流れがかなりわかってしまう番組です。真っ新で観たいなら観ない方がいいかもしれない‥。でも、観ないのはあまりに惜しい‥。そんな特番です(>_<)
ヒゲありでダンディーな貫録(ちょっと違うかも‥)を漂わせているかと思えば、凛々しいヒゲなしさっぱり顔も。
キリリとした短髪もあれば野性的な長髪もあり、1つの作品内でこんなにいろいろなビジュアルを見せてくれたのはこれまでなかった!
映像中心の番組なので、詳細な紹介はできませんが、カンヌ国際映画祭〜釜山国際映画祭辺りで撮られたと思われるキャスト、監督のインタビューがありましたので、その部分だけ抜粋して載せておきます。(それぞれが別の場、もしくは別々の場面で受けているインタビュー映像です)


12/16(金)「おすすめ新作映画/マイウェイ 12,000キロの真実」
CS ムービープラス 1:45〜2:15

***********                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 
オダギリ:今の、日本映画に、‥なかなか見当たらないような、スケールの大きい作品になってますし、ただの戦争映画ではなく‥人間ドラマ。。

ナレーション:「プライベート・ライアン」「レッドクリフ」など、世界13ヶ国から集結したスタッフによる驚異の映像。
今まで決して描かれなかった、ドイツ軍東方舞台から見たノルマンディー上陸作戦とは!?

チャン・ドンゴンさん:(字幕)改めて自分の人生を考え直すきっかけになる映画です。

ナレーション:主演の2人がスタントなしで挑んだ鬼気迫る戦闘シーン。溢れ出す感情、迫真の演技が観る者に迫る!

(釜山国際映画祭の記者会見の席で)カン・ジェギュ監督:戦争という絶望の中で生き抜いた希望の物語です。

**********
カン・ジェギュ監督:戦争という絶望の中で生き抜いたのはなぜなのか。

ナレーション:ひとりで生きられるほど強い人間はいるのか?苦しみを分かち合う仲間はいたのだろうか?生きる希望は?待つ家族は?
監督は、これらの想像を巡らせ、驚愕の真実を元に、日本人と朝鮮人2人の人生を描いた感動の超大作を生み出した。

カン・ジェギュ監督:アジアからノルマンディーまで行くしか道がなかった日本と韓国の二人の青年の姿を通じて、ノルマンディー上陸作戦に参加するしかなかった東洋人の運命を描いています。

***********
ナレーション:‥そして、驚くべき事実は、これらの壮絶なる戦闘シーンは、全てスタントなしで、俳優自身が演じていることだ。
冷徹な日本人兵士辰雄を演じるのはオダギリジョー。

オダギリ:日本にはあんまり、ないタイプのアクション映画というか、戦争映画というか、戦争シーンが多かったんで、あぁの‥毎日‥が、もう、驚きと戸惑いと、‥ほんとにこれ、怪我しないのかなあみたいな不安と(笑)。
まあ〜とんでもない経験を毎日させてもらって‥(笑)

ナレーション:その辰雄に多くの影響を与える朝鮮人ジュンシクを演じるのはチャン・ドンゴン。

チャン・ドンゴンさん:僕はカン・ジェギュ監督の『ブラザーフッド』に出演しているので、他の役者から撮影現場の雰囲気や危険ではないかと聞かれました。
「耳栓をしたほうがいいよ」なんて得意げに答えていましたが、初めての爆破シーンで一番驚いたのは僕でした(笑)。

***********
ファン・ビンビンさん:戦闘シーンの撮影は本当に大変でした。特に爆破シーンでは恐怖を感じました。
ただ、他の俳優さんの一生懸命な姿を見て、私も頑張ることができました。

***********
(かなり見せ場らしきシーンでアンドレア・ボチェッリさんの主題歌「トゥ・ファイン・マイ・ウェイ」が流れ‥!!

(低く穏やかな声で)オダギリ:あの時代にはあの時代の‥環境があって状況があって、僕らがその時代にもし生きてたら、あの‥同じ行動をとったんだろうし、否定することも肯定することも全く僕にはできないんですけど、ただその、普遍的なのはその‥人間の感情や感性で、そこからいろいろなものを、こう、吸収して成長するっていうことは、いつの時代も変わらないと思うので。

***********
チャン・ドンゴンさん:ジュンシクにとって日本、ソ連、ドイツ 3つの軍服を着ることは重要ではありませんでした。
ジュンシクは生きて故郷に帰り、もう一度走ることが夢だったのです。
はっきりとした夢と希望があったから、苦境を乗り越えることができたのです。

***********

【テレビ】11/22「やじうまテレビ」「めざましテレビ」「TOKYO MX NEWS」(「マイウェイ〜」マスコミ向けフッテージ上映&記者会見関連)

遅っ!!‥というわけで、先月21日に行われた「マイウェイ 12,000キロの真実」マスコミ向けフッテージ上映&記者会見(新宿バルト9)関連のテレビレポをとりあえずアップしておきます


11/22(火)「やじうまテレビ」
テレビ朝日(5:20)
猫ひろし(34)にエール オダギリジョー(35)「速くて…」”
(↑ん!? 今これを打ってみて改めて『猫さんってオダギリより若いのか‥』とびっくり/笑)

オダギリがカン・ジェギュ監督とがっちり握手(と言っても、腕相撲式に手を合わせている握手です)をしている、デイリースポーツの写真入り記事を紹介し、

女性アナ:オダギリジョーさんが、主演映画の試写会に登場し、カンボジア代表としてロンドンオリンピック出場を目指す猫ひろしさんを激励しました。

「マイウェイ 12,000キロの真実」特別映像試写会でマスコミ用の写真を撮られているオダギリの映像。
足元は先の尖った靴に、ちょっと細めのヒールはかなり高め。(足元だけ見れば女性かと思うほど)
作品が紹介される間、オダギリのファッションが足元から、そして「マイウェイ 12,000キロの真実」の映像が流れています。

女性アナ:第二次世界大戦下、マラソンでオリンピック出場を志した青年を演じたオダギリさんは、役作りのために、猫さんも師事している谷川真理さんの元でトレーニングを積んだそうなんです。
猫さんの隣りでマシーンで走ったこともあるということなんですが、‥‥今ちょっと映画(の映像)をご覧いただいてますけれどもね。

画面には軍服を着たオダギリの迫力あるシーンが次々と

女性アナ:『ちょっと引くくらいの速さで走っていて、今すごく頑張っていらっしゃるから、カンボジア代表になれればいいなって思いますね』とエールを送ったということです。

もう一人の女性アナ:努力が報われるといいですね〜




11/22(火)「めざましテレビ」
フジテレビ
“オダギリジョー トラウマになるほどの現場に”
“オダギリジョーが弱音を? ド迫力映像初公開”

また、カン・ジェギュ監督とガッチリ握手をしているシーンから。2人ともいい表情です。
新宿バルト9に入場してくるオダギリの映像や、檀上でマイクを持って喋っている様子が流れます。

ナレーション:オダギリジョーさんとチャン・ドンゴンという、日韓を代表する2人が共演する「マイウェイ 12,000キロの真実」の特別映像試写会が行われました。

オダギリ:(力を込めた口調で‥)(撮影現場に)行きたくなくて行きたくなくて。
これからこう、本当に戦争に送られる気持ちが、身に染みて分かる‥そういう、ほんとに役作りの必要のない役だったですね。

その言葉通りの「ド迫力」映像が次々と。軍服姿でキリリとしたオダギリ。かと思えば、汚れてボサボサの姿。炎、吹雪‥と場面はコロコロ変わり、いかにスゴイ映画かがそれだけで伝わってくるようです。

もちろん、チャン・ドンゴンさんの映像もところどころで流れていますが、ボサボサの汚れた姿だと、初めて観た人はオダギリと区別がついていないかも‥なんて思ったり(笑)。

ナレーション:総製作費に25億円かけた映画は、第二次世界大戦下の極限状態で絆を深めた、日韓の男同士の友情を描いています。
試写会ではクライマックスとなる、ノルマンディー上陸作戦の映像が公開されました。

オダギリ:改めて観ると‥こう、震える感じがあって、それは多分トラウマなんじゃないかなと思いましたね、(過酷な)撮影時の。

ナレーション:その迫力の映像を撮るため、ワンシーンに4〜5時間かけることもあったそうで‥

オダギリ:現場では、正直もう、どんだけ撮るんだよこいつ、みたいな思いも、正直!あったんですよ(笑)(監督は穏やか〜な笑いを浮かべてます/笑)
だけど、ま、これ(試写映像)を観せられると、ほんとに、こう‥それでも、監督の求めるものをこう‥どうにか現そうと思って頑張って良かったなと思いましたね。




11/22(火)「やじうまテレビ!」
テレビ朝日
“過酷撮影乗り越え完成 オダギリジョー(35)最新作”(6:41

男性アナ:続きまして、あまりの過酷さに出演辞退も考えたということなんです。

「マイウェイ 12,000キロの真実」試写会のステージ上で。

Q:オダギリさんのどんなところに惹かれ、オファーをしたんでしょうか。

カン・ジェギュ監督:(通訳)ルックスが本当にイケメンですよね。

聞くなり俯き、照れくさそうに苦笑いをしているオダギリ。

ナレーション:オダギリジョーさんが映画「マイウェイ 12,000キロの真実」の特別映像試写会に、カン・ジェギュ監督と出席。未完成のクライマックスシーンを関係者にお披露目しました。

またまた2人のガッチリ握手ポーズのシーン。

オダギリ:台本を読んだときに、ほんっとにこれ酷い作品だなと思ったんですよ。

オダギリは本当に言いたいことがある場合、手前の部分を正直に包み隠さず言うことが多いですが、やっぱり一瞬ヒヤッとさせられる人も多いのではないかなと‥。ほんと、罪作りな人ですねぇ^^;

オダギリ:その、まぁちょっとご覧頂いてわかると思うんですけども、ほぉおんとにっ台本の時点でそのヒドさがもう、ヒドさっていうか酷(こく)さ?‥が描かれていて‥(ああ良かった、伝わりやすく訂正してくれて‥^^;)

ナレーション:この映画は第二次大戦中に日本、ソ連、ドイツの3か国の軍服を着て戦った東洋人の実話を元に描いた戦争映画で、オダギリさんが嘆いた撮影は、9か月間という過酷ロケで行われていました。そして今回は、チャン・ドンゴンさんとのW主演でしたが、その印象については。。

オダギリ:いやもう、すばらしい人っていろんなところでまぁ言わせてもらっているんですけど、なんか、それ以上の表現がなくて‥。
スタッフが‥結局、現場にも200人くらいいたりとか、ま、総勢何百人かもわかんないですけど、まあ、その方々ひとりひとりに、ダウンジャケットをプレゼントしてたんですよ。
なんか、チャン・ドンゴンってここに書いてあるんですけど。
(と自分の膝辺りを指すと、会場には笑いが起こり、その笑いにつられるように)‥ハハ、ハハッ(笑)。

Q:オダギリさんは、チャン・ドンゴンさんにご自身のロゴ入りの何かとかプレゼントしなかったんですか。

オダギリ:(『!?』という表情で眉を寄せ目を見開いて聞いた後)‥なんでしなきゃいけないんですか?(笑)(会場爆笑)
僕のロゴ入り要らないでしょ、別に^^;‥フフッ(笑)。
チャン・ドンゴンさんのはみんな欲しがりますよ。けど僕のはっ(笑)、チャン・ドンゴンさん要らないでしょ別に‥(笑)

男性アナ:‥ま、とは言え、現場の女性スタッフから大人気!だったというね、オダギリジョーさんなんですが、今回の役どころは、少年の頃、マラソンでオリンピックを目指す役どころだったんですねえ。そのため、谷川真理さんにコーチをお願いしていたということなんですが、その谷川真理さん、今、カンボジア国籍でオリンピックを目指している猫ひろしさん、猫ひろしさんのコーチングもしているということで、なんと、猫ひろしさんとオダギリジョーさん、ジムで一緒になったということがあるそうで、隣りで並んで一緒に走っていたということなんですね〜
「猫さん、カンボジア代表になれればいいですね」と語っていました。
映画「マイウェイ 12,000キロの真実」は、来年1月14日公開です。




11/22「TOKYO MX NEWS」
TOKYO MX(15:19)
“映画「マイウェイ 12,000キロの真実」 オダギリジョー「戦争に送られる気持ちだった」”(1:34)

【テレビ】12/14(水)「モーニングバード!」

別件でたまたま録画していた「モーニングバード」で、嬉し悲しな感じで『別人サインに韓国騒然!?』‥と、7分近く取り上げていました^^;
とは言え、内容にはサラッと触れ、あとはスタジオにいる方たちのコメントや感想等が主でしたが‥
あと、会見の様子や舞台裏にいるオダギリの映像が結構流れたので、それはちょっと嬉しかったですが^^;
サラッと紹介しますと‥


■12/14(水)「モーニングバード!」
テレビ朝日
“別人サインに韓国騒然!?”

小松アナ:韓国でも現在人気の俳優、オダギリジョーさんなんですが、昨日韓国で映画の試写会に登場しました。
で、その後に実は謝罪をしているんですが、その原因となったのがこちら‥(と、白紙の色紙を掲げる)
色紙に書いたあるサイン、これを巡って、韓国で大変な騒動になっているというんです。さあ、果たしてオダギリジョーさんは一体どんなサインをしてしまったというんでしょうか。

韓国での『映画「マイウェイ 12,000キロの真実」完成披露試写会』(となっていました)の舞台に上がってくるオダギリの姿。既にステージ上にはカン・ジェギュ監督、チャン・ドンゴンさんの姿もあり、すごいフラッシュです。
オダギリのアップが映りますが、心なしか口元に笑みらしきものを浮かべてもいるような‥
(細かいナレーションは省きます)

マイクを持って話すオダギリ:韓国を侮辱したような行動だ、みたいな報道をされたというのを日本で聞いて、僕自身すごいあの〜驚いたし、ま、ショックだったんですよね。

舞台の裏らしきところで、人に囲まれて立っているオダギリの右側からの映像。
後頭部付近まで映っていますが、少なくとも(下部分は)真後ろまで髪がなくこんなところまで刈られているんだ!‥と感心(笑)。
騒動の経緯を簡単に説明するナレーションがあり、イラストとの合成で、レストランに入り→食事をし→サインを求められるオダギリの様子が再現されますが、この時のオダギリの顔写真のチョイスがなかなかよくて(笑)、かなりかわいく楽しげなオダギリになっています(笑)。
韓国内でのネットで流れている反応が紹介された後、試写会の会見の映像。
後ろについた通訳さんの話を真剣な顔で聞くオダギリ。鼻を触るような仕草のアップなども流れます。

ナレーション:オダギリさんは、昨日ソウルで行われた映画の完成披露試写会に出席。この騒動について、報道陣の前で自ら釈明しました。

マイクを持つオダギリ:(ほんの少し笑みを浮かべたような表情、明るめのハッキリとした声で)本当のことを言うと、ま、もちろん悪意なんてなくて、あの、日本でもおんなじようなことをやってて、あの、他の人の名前を書いたりとか、絵を描いたりとか、なんかその時に浮かんだ言葉を書いたりとか。。

オダギリ:(報道を見て)嫌な気持ちになったりとか、不快な気持ちになった方がいるんであれば、そういう方にはまあ‥申し訳なかったなあとは思うんですけど‥

ナレーション:ちょっとした遊び心から発展した今回の騒動。(テレビにはオダギリのサイン画像に『遊び心』という文字が(好意的な感じで)添えられています) 
オダギリさんの真意は韓国のファンに伝わったのでしょうか。

以下、スタジオにいる方々のやりとりから。(簡単にまとめているものもあります)

赤江アナ:日本だったら「オダギリさん、またまた〜」という風に通じるけれど、字が読めない場合は、これが大好きなオダギリさんのサインとなってしまう。それでわ〜となるのはわからないでもないけど‥(とVTR中に羽鳥さんに話されたそうで、羽鳥さんが代わってコメント)

羽鳥さん:ま、今のオダギリさんの話を聞いても、猛烈な悪意があったとは思えないですけどね。

神田瀧夢さん:髪型も冗談みたいな感じで現れてますしね。

‥とツッコミらしきものをした途端、周囲から「(あれは)お洒落、お洒落ですよ!」「(あなたこそ)冗談みたいな顔してもう〜(羽鳥さん)」と突っ込まれまくるかわいそうな神田さん(笑)。

東ちづるさん:(サインについて聞かれ)人の名前を書くなんていうのはもちろんないけれども、食事をしている時にお店の方がサインを求めてきたら、え、終わってからにしてほしいなあ^^;と思うことはある。
あと、「サインお願いします、ファンなんです‥でもちょっと名前は思い出せないんですけど」と言われたりすると複雑^^;

神田さん:宇治原くんが言っていたんだけれど、普通崩して書くサインを、カチッと誰でも読めるように「オ・ダ・ギ・リ・ジョ・ー」と書いていたら、もしかしたら面白かったんじゃないかと。

うーん??^^;羽鳥さんの反応もかなりイマイチです(笑)。
というか、カチッとした「小田切譲」を緩く「オダギリジョー」に‥はとっくにやっているわけで、そちらの方がずっと面白いと思うんですが。。
あと、オダギリのサインは元々そんなに崩してもいないから、カチッとしたカタカナをカチッと書いてもね‥と内心ブツブツ(笑)。

が、ここで面白い話が!(以前にも聞いたことがあるような気はするのですが)実は羽鳥さんは「他人のサイン」をしたことが一度だけあるんだそうです(笑)。
え〜!!というスタジオの反応。

羽鳥さん:街でインタビューしてる時に、「安住さん、サイン下さい」って言われて(スタジオ笑い)、どうしようかなあと思ったんですけど、その人、間違ったこと言っちゃったと思わせるのも悪いし、多分ね、どこか遠くから来た人なんですよ!東京来たら安住さんに会えるんだと思ってる人の夢を壊したちゃいけないと思って、悩んだ結果、「安住紳一郎」ってサインしちゃったんですよ。

「書いたんですか!」「それ、どうよなあ!」と、和気藹々とした雰囲気で、驚きと笑いに包まれるスタジオ。

羽鳥さん、安住さんにはちゃんと伝えたそうですが、ご本人は知らないままだろうと。
「この場を借りて‥(あのサインをしたのは)私です!」‥と、超カメラ目線の羽鳥さん(笑)。
「僕はサインした上で、よくあるのが『好きな漢字を一文字書いて下さい』というもの。でも全然浮かばなくて、相方の名前の『菅』という一文字を書いたことがある」という宇治原さんに、「でも(それもその人が)期待していたものとは違う^^;」とすかさず突っ込む東さん(笑)。

羽鳥さん:(かなり控えめな口調で)今後、更に(この騒ぎは)広がっていくん、ですかね、我々の感覚だと、まあ、ちょっと、おも、面白いかなって‥(←ちょっと大きくしてみました)

小松アナ:ま、でも釈明していますんでね!‥サインには気をつけよう、という話でした(笑)。


‥という感じで、オダギリの最新映像を交え、なかなか楽しい感じでした
公共の場でもあり、他国の話題でもあり、自分たちもファンあっての身でもあるからか、みなさん結構控えめな反応でしたが、オダギリの話題についてはともかくも、お酒でも飲みながら『こんなサイン(お願い)は困る!』ということについて語り合ったら、かなり言いたいことがありそうな方々だな〜という印象でした(笑)。

docomoの謙さん&オダギリCMに新バージョン「謙さんとジョー/dマーケット」篇、「謙さんとジョー/Xi高速」篇

先ほど、新たなバージョンを目撃!(された方も多いかな!)
またまたコミカルというか、オダギリ(この持ち主)相手では渡辺謙さん(スマートフォン)のキャラがすっかり変わっていますね(笑)。
いや、それぞれの持ち主にそれぞれの謙さん(?)ということで、キャラが違っても当たり前なのかなあ(笑)。
とにかくまたまた楽しいCMでした!

<追記>
docomoのサイトに新CMがアップされましたね!
タイトルは「謙さんとジョー/dマーケット」篇
だそう。
そしてまたまた「こぼれ話」サイコー!!(笑)
なんだか嬉しくなっちゃいますね。

walk with you「謙さんとジョー/dマーケット」篇


ここに書いていたことを消して訂正^^;
タイトルが変わっただけかと思っていたら‥「謙さんとジョー/Xi高速」篇は別モノでした
先ほどテレビで見掛けてびっくり!
一気に2種類の新しいCMを流してくれているんですね〜!!
前シリーズ同様、かなりのヘビーローテーションのようなので、ちょっと録画してみたら2つとも録れていましたよ^^(ひるおびなど)

walk with you「謙さんとジョー/Xi高速」篇

「MOVIE MOVIE SEOUL」(ホームドラマチャンネル)で「マイウェイ 12,000キロの真実」会見映像

お知らせいただいた情報です。
CSホームドラマチャンネルで、釜山国際映画祭の「マイウェイ 12,000キロの真実」の会見の様子が流れたそうです。
明日はスカパー解放デー
明日にもちょうど放送があるので、チャンスですよ〜*^^*

ホームドラマチャンネル/MOVIE MOVIE SEOUL 148

「MOVIE MOVIE SEOUL 148」 (釜山国際映画祭・「マイウェイ 12,000キロの真実」会見ほか)
CS ホームドラマチャンネル

01(火) 前04:00
02(水) 後02:00
06(日) 後06:15
10(木) 前04:00
15(火) 後02:15
16(水) 前04:00
21(月) 後11:15
28(月) 後03:00
29(火) 後02:00


<追記>
同じ番組が衛星劇場でも放送されているとお知らせいただきました。
衛星劇場/「MOVIE MOVIE SEOUL 148」

01(火) 後01:15
03(木) 後10:45
06(日) 後10:30
11(金) 後10:45
13(日) 後10:30
16(水) 後10:30
20(日) 後10:45
22(火) 後10:45
24(木) 後10:30

【テレビ】10/10(月)「第16回釜山国際映画祭」『マイウェイ 12,000キロの真実」オープントークイベント関連

■10/10(月)「めざましテレビ」
フジテレビ
“オダジョー&ドンゴン 釜山でトークショー”
“オダギリ&ドンゴン ビーチでトークショー”
“「第16回釜山国際映画祭」トークイベント 韓国・海雲台ビーチ”
.映画「マイウェイ 12000キロの真実」に出演したオダギリジョーとチャン・ドンゴンが釜山国際映画祭でトークショーを行い、撮影後、監督を交えてお酒を飲んだことなどを話した‥という内容。
「マイウェイ〜」の映像、それからオープントークイベントの様子が流れます。ナレーションで3000人のファンが集まったということも紹介。

オダギリ:僕の人気なんて、そんな大したことないことはちゃんとわかっています。

会場から『そんなことないよ!』という感じに沸き起こる拍手と声援。

オダギリ:(いや、声援を期待したわけじゃなくて‥という感じに手を振り)いや、違うんですよ。(声援を)欲しがっているわけじゃなくて。。

チャン・ドンゴンさん(テロップ):開幕式が終わった後、屋台で監督とオダギリジョーさんと酒を飲んだ。夜中まで爆弾酒を飲みました。


■10/10(月)「ZIP!」
日本テレビ
“日韓人気スター夢の共演”“オダギリジョー in 韓国 ファン3000人集合”
映画「マイウェイ 12,000キロの真実 」に出演したオダギリジョーとチャン・ドンゴンが、釜山国際映画祭のオープニングトークイベントに出席、会場には3000人のファンが集結した‥という内容。
「マイウェイ 12,000キロの真実」の映像が少し流れた後、オープントークイベントの映像が流れます。

オダギリ:イベントで、こんなに人が集まるもんだとは予想もしていなかったので、ちょっとびっくりしています。

チャン・ドンゴンさん:オダギリさんもいらっしゃっているので、開会式が終わってみんなで屋台に行き、夜中まで爆弾酒を飲みました。


こちらの録画がちょっと失敗^^;とりあえず‥の内容です。
■10/10(月)「スッキリ!!」
日本テレビ
「マイウェイ 12,000キロの真実」で共演したオダギリジョーとチャン・ドンゴンが、第16回 釜山国際映画祭に登場‥という内容。
「マイウェイ 12,000キロの真実」でマラソンランナー役を演じたことが縁となって、現在マラソンにハマっているというコメントがありました。


今の忙しさ(私の、です‥^^;)が少しマシになったら、私もマラソン‥じゃなく^^;まずはランニングを始めようと思っていたので、励みになりそう!?!?(>▽<)

【テレビ】「第16回釜山国際映画祭」関連報道(ワイドショーほか)

第16回釜山国際映画祭の開幕を取り上げたテレビです。
一部しかチェックできていませんが、とりあえずのものを。

10/7(金)「めざましテレビ」
フジテレビ
“オダギリジョー&チャン・ドンゴン 釜山国際映画祭に登場”
“オダギリ&チャン・ドンゴン 日韓イケメンin釜山”
オダギリとチャン・ドンゴンさんがレッドカーペットに登場というニュースとともに、作品紹介と映画からの映像など。これまで観たことのないようなシーン、オダギリのアップもあったような?

ナレーション:レッドカーペットでは2000人に迎えられ、感激した様子でした。

マスコミに呼び止められ、レッドカーペット上で立ち止まっている「マイウェイ〜」のみなさん。オダギリも誰に向かってなのか、かなりの笑顔を見せています。
それにしても‥めざましテレビではいつも気になるんですが、また「オダギリジョーさんとチャン・ドンゴンが登場しました」と言っていました。。うーん、何度聞いても耳に引っ掛かる^^;


■10/7(金)「ZIP!」
日本テレビ
“日韓スターに大歓声!”
“オダギリジョー(35)釜山国際映画祭で歓声”
レッドカーペットを歩くオダギリに、レポーターらしき方が声をかけ、映画祭の感想を聞く場面があり、
オダギリ:アジアで一番大きい映画祭ですからね、(雰囲気が)いいんじゃないですか?
という風に答えているシーンが流れました。
別の角度から見て、オダギリが誰かに笑顔を見せて喋っていると思ったのはこの場面だったのかな。
周囲の歓声がかなり騒がしかったものの、私がチェックできた中では、唯一声が聞けた番組でした。


■10/7(金)「モーニングバード!」
テレビ朝日
“釜山国際映画祭出席 オダギリジョー熱烈歓迎”
“映画「マイウェイ」オダギリジョー釜山で熱烈歓迎”

レッドカーペットでの様子と映画からの映像、メイキング映像など。(私は観たことのないものだったような)

ナレーション:日韓合作映画が世界のメディアから注目を集めています。オダギリジョーさんが釜山国際映画祭で熱烈歓迎を受けました。

多分車から降りて?レッドカーペットを歩き始めたところから。オダギリはちょっとカタい表情で小さく頭を下げながら歩いています。チャン・ドンゴンさんはにこやかに手を挙げて。
周囲からは(誰へのものかは不明ですが)歓声や呼びかけるような声も。

ナレーション:来年1月公開の映画「マイウェイ」に主演するオダギリジョーさんが、釜山国際映画祭に出席するため、昨日、オープニングでレッドカーペットに登場しました。

マスコミのカメラを向けられているオダギリのアップ。
「え?」という感じで正面を覗き込み、笑いながら何か答えている様子が映し出されています。
画像で見るよりやはり表情は明るく、楽しんでいる感じの印象もあるかな。

映画の紹介のあと、「マイウェイ」がまだ製作中の作品であるにも拘らず、釜山国際映画祭のメインイベントしての参加が決定しており、これまで明らかにされなかった映像が初公開されるということが紹介され、「製作中なのに?」と羽鳥さんが驚きのコメントを。
メイキングシーンでのオダギリ、本当にケガをしているかのように痛々しい‥(>_<)
でも、コーナーのラストは釜山でのちょっと笑ったオダギリの表情でした。

【テレビ】「第16回釜山国際映画祭」審査員&主演作でW参加関連

一度打ってアップしていたつもりが、どうもいくつかの記事をアップしているうちに消してしまっていたような‥^^;
なのでちょっと簡単に。

朝、とりあえずめざましテレビで

9/30(金)「めざましテレビ」
フジテレビ
<オダギリ・ジョー 釜山国際映画祭W参加>
「オダギリジョーが釜山国際映画祭史上初のW参加」というスポーツ報知の記事を紹介、映画のメイキング映像などがオンエア

という映像を見掛けたので、スポーツ報知を買ってきました。(こちらはWEB記事の内容と同じ)
で、新聞の方はもちろん「オダギリジョー」なんですが、めざましでは「オダギリ・ジョー」になっていて、昔は『まあ仕方ないのかな‥』と思っていたものの、ついつい『なんで今更!?誰がどうして!?』と1人ツッコミしています(笑)。
以前から度々話題にしたことはありますが、どうも最近、またちらほら見かけるようになった?気が‥^^;
今更「オダ・ギリジョー」なんて読まれる心配もない??だろうし(笑)、会社に「カタカナの名前には必ず「・」をつけること!」なんてきまりがあるのかな〜、それともついつい条件反射的につけたくなってしまうだけなのかな〜なんて、最初の「オダギリ・ジョー」から10年以上経っても、プチ腹立ちとおかしさが半々‥の私です^^;

「その顔が見てみたい!夏バテなんてふっとばせ!‥」SP某ランキングでオダギリが1位!?(笑)

結構遅めに帰宅して、何気なくテレビをつけた途端、オダギリの顔が何度もテレビに‥
なので録画もしていないのですが、フジテレビの

「その顔が見てみたい!夏バテなんてふっとばせ!‥SP」
という番組の中の
『日本人が見たい理想の顔!実写版「北斗の拳」は誰?』
というコーナー(?)で、
<「北斗の拳」主要キャラのケンシロウ、ラオウ、トキ、ユリアを演じるなら誰?>
という質問を街角で行い、その結果を発表するというランキング発表が行われていました。
『まさか(北斗の拳に)オダギリなんて入れないでよ〜(>▽<)』と内心1人ツッコミボケ?をしていると‥(ちなみに、キャラ設定がイマイチわからなかったので、(   )内はちょこっと調べて、私が書き足しています)

ユリア
(ヒロイン)
3位 北川景子さん
2位 黒木メイサさん
1位 小雪さん

ラオウ
(北斗神拳継承者候補の1人)
3位 清原和博さん
2位 室伏広治さん
1位 竹内力さん

ケンシロウ
(主人公)
3位 藤岡弘、さん
2位 ケイン・コスギさん
1位 阿部寛さん

という結果に。
更にもう一人の「トキ」(同じく北斗神拳継承者候補の1人)については、街のみなさんは「知的」「優しい」「人格者」等々の感想コメントをされ、

トキ(同じく北斗神拳継承者候補の1人)
3位 谷原章介さん
2位 真田広之さん
1位 オダギリジョーさん

ということで、なぜかこんなところにオダギリが登場!(笑)
残念ながら、結果の前に流れる「なぜこの人を選んだか」の街の人の声をちゃんと聞いていなかったので(どなたか覚えていらっしゃいますか^^;)、なぜオダギリが選ばれたのかはよくわからないのですが、オダギリの写真が「トキ」のイラストと並べられて映っているのを見ると、なるほどとちょっと納得‥!?
「トキ」というキャラの冷静で穏やかな表情、ちょっとキリストのような風貌が『“ぽい”かも‥!』‥でした(笑)。
意外なところでも、人の頭に「オダギリジョー」という人が浮かんだりするものなんですね。。改めて、面白いなあと思いました^^


<追記>
このランキングについて取り上げているコラムがありました。
『(全てのランキングの中で)最も意外でもあり納得がいく結果』としてトキ=オダギリという結果を挙げ、『意外だったが、イメージすると彼こそトキに適役』と書かれていました(笑)。
むかーし漫画でちょこっと見た記憶はありますが、あんまり覚えていない‥
トキ←どんな人だったかなとちょっと興味が湧いてきました(>▽<)

【エンタがビタミン♪】「ケンシロウ役は阿部寛!? 」。北斗の拳、実写化キャスティングが話題に。

<追記の追記>
コメント欄に、私が聞き逃した「オダギリを選んだ理由」をお知らせいただいています
かなり嬉しい*^^*

シルシルミシルでオダギリ。

テレビをなんとなくつけっ放しにして仕事をしていたら、いつの間にか「シルシミシル」がやっていて、いつの間にか仮面ライダーの話題になっていて、普通の仮面ライダー特集番組よりかなり長く、オダギリのシーンが映っていました。びっくり(笑)。
ちなみに、テーマは『イケメン仮面ライダーを大調査 変身時間が一番長いのは?』というもので、歴代のライダー67人を調べたところ(クウガもそうでしたが、最初の変身は状況がまちまちだということで、『一番最初に主人公が自分で意識して変身したシーン』で比較)

5位 仮面ライダー電王(28秒)
4位 仮面ライダー剣(34秒)
3位 仮面ライダー威吹鬼(響鬼)(39秒)
2位 仮面ライダーW(46秒)
1位 仮面ライダー龍騎(54秒)

ということでした(笑)。
昔の仮面ライダーの方が、タメて変身しているような印象があるので、古い作品も入ったりするのかな〜と思ったら、ズラリ並んだのは平成ライダー。
女の子のアニメの変身シーンが長そうのはなんとなく知っていましたが、ライダーもこんなに長かったんだなあ。
こうなってくると、クウガで一番長い変身シーンはどの回のものなのか、ちょっと気になってきた‥(笑)

【テレビ】6/18(土)「王様のブランチ」(是枝監督、まえだまえだインタビュー)

観られた方も多いかと思いますが、最後のLiLiCoさんの話を紹介したくて、とりあえず記事にしたような感じです(笑)。


■6/18(土)「王様のブランチ」
TBS
<瞬間視聴率ランキング>
<今週の映画コーナー「奇跡」>
「週刊視聴率ランキング」の4位が6/10(金)放送の「ぴったんこカン・カン」のまえだまえだ出演の回。
鹿児島中央駅で待つ“おばあちゃん”こと樹木希林さんに会いに行った2人+安住アナが、駅の外で1人フラダンスを踊る樹木さんを見つけ、声を掛けるのを躊躇しているところで、樹木さんがくるりと振り返り‥というシーンが、
『さすが樹木希林さん 奇抜な登場!だった瞬間 16.9%』
でした。ちなみに、
3位は『渡る世間は鬼ばかり/嫁姑の苦悩を知り尽くしたさつきが頼もしかった瞬間 17.2%』
2位は『JIN-仁-/仁先生は坂本龍馬を救えるのか!?だった瞬間 21/3%』
1位は『キリンカップサッカー2011 日本×チェコ/長友選手が大事に至らずザッケローニ監督もホッとしたであろう瞬間 28.6%』
これで4位につけるとはスゴイ

<今週の映画コーナー/本日の特集>では「奇跡」の是枝監督、まえだまえだのインタビューや長めの映画紹介とメイキング映像なども。
(ちなみに、王様のブランチ「ミニシアターランキング」では、現在「奇跡」が1位です!)
こちら→「王様のブランチ」

是枝監督インタビュー。

LiLiCoさん:まえだまえだをキャスティングした決め手っていうのは?

是枝監督:この生命力の、豊かさでしょうかね(笑)。

LiLiCoさん:(ああやっぱり。なるほど。という感じで笑っています)

是枝監督:居ると周りがこう、元気になってくるっていうのは、多分撮っても映るだろうなっていうのはね。

<当初の予定では男の子と女の子の物語>

是枝監督:最初はだから、鹿児島男の子と博多の女の子が、新幹線を見に行って出会うっていう話だったんですけど、この兄弟に会っちゃって、うわー(兄弟の)両方撮りたいと思って、それでちょっと話を‥

<まえだまえだに会ってから兄弟の物語に変更>

LiLiCoさん:あ、変えちゃったんですね!

是枝監督:変えちゃって、兄弟の話にしたんです。

その言葉を受けて、お互い指差しながら(うーん、ダンディ坂野さんのゲッツのポーズと言えばいいのか‥/笑)、元気いっぱいに「イエ―イ!それが奇跡だ〜!」と盛り上がるLiLiCoさんとまえだまえだの3人(笑)。

<映画初主演の感想は?>

旺志郎くん:すごい楽しかったです。しかも演技っていうか、自然な感じだったんで、ほんとそのまんま自分で観てみても、自分やな〜っていうか。

LiLiCoさん:なんでそんなに自然にできてたの?

航基くん:監督が天才やからです^^

LiLiCoさん:ねえ〜!そこですよねえ〜!イエーーーイ!(笑)(とまた3人で声を揃えてゲッツのポーズ/笑)

その後、<自然な演技を引き出す是枝マジック>として『樹木希林さんからの一言も!』という紹介があり、

是枝監督:(樹木さんが)台本読んだんだけど大人のシーンがちょっと多い気がするのよね」って、「子どもが主役だから大人は背景でいいから」「ひとりずつアップ撮ったりしなくていいから 背中でみんな演じられる役者だから」「さらっと撮ってくれたほうが作品の世界としてはいいと思うから」って言われて、なんてカッコいいんだろうと思いましたけど。

旺志郎くん:名シーンのような。‥それを裏で言ったのがちょっともったいないくらいですね。

LiLiCoさん:アハハハハ!

映画の映像が流れ。。

是枝監督:日常の中にあるかけがえのないものの大切さみたいな、そんなものに気づく、気づける映画になったんじゃないかなと思ってますので、えー、ぜひ劇場で観ていただければと思います。

スタジオ。

LiLiCoさん:是枝監督の「奇跡」なんですけども、(試写等では観たんですが)私、昨日また観に行ったくらい好きで!映画館はとても温かい笑いに包まれてました。
なんか‥映像もそうなんですけど、台詞とか、すごい気持ちのいい余韻に‥結構居心地がいいんですよね、ずぅーっと。観ていて。
奇跡っていっぱい起こってるんですよね、毎日小さな奇跡があって、それで私たちがいる。やっぱり努力すれば奇跡も起こるんじゃないかなあとは私も思います。ぜひ!映画館で観ていただきたいと思います!



ちなみに、『ぴあの初日満足度ランキング』で「奇跡」は5位。

1 ゴーカイジャー ゴセイジャー スーパー戦隊199ヒーロー大決戦
2 星守る犬
3 X-MEN:ファースト・ジェネレーション
4 アリス・クリードの失踪

‥と、最初からかなりの期待を持って観に行くタイプの作品に続いての5位なので、かなりの位置ですよね。

【テレビ】6/13(月)「奇跡」初日舞台挨拶関連(ワイドショー)

まだチェックできていなものもありますが。。

■6/13(月)「めざにゅ〜」
フジテレビ
<まえだまえだ “大御所”のアドバイスに…>
「奇跡」舞台挨拶のまえだまえだ2人の挨拶と、樹木さんの「(2人は)普段もうるさい」コメント、それに対するまえだまえだのツッコミシーンなど。

■6/13(月)「めざましテレビ」
フジテレビ
<映画「奇跡」初日 樹木希林 あいさつで苦言>
「こんな世の中、大人が自覚を持たないと」という樹木さんのコメントを、内田裕也さんの件に絡めて紹介。
そういう取り上げ方を結構している局は多かったですが、樹木さんはそんなつもりはなかったんじゃないかな〜^^;

■6/13(月)「ひるおび!」
TBS
<夫をチクリ!?“大人が自覚を持たないと…”>
スポーツ新聞の記事を紹介し、まずは内田裕也さんの話題から。そしてやはり「大人が自覚を持たないと」という樹木さんのコメントをピックアップ。

■6/13(月)「ワイド!スクランブル」
テレビ朝日
<樹木希林が漫才指南 内田裕也には…?>
舞台挨拶での「私みたいな役者は子どもの背景で撮ってくれるといい」というコメントから、映画の映像紹介。そして、樹木さんの「(2人は)普段もうるさい」コメントなど。


一番面白かった「スッキリ!!」は少し詳しく‥(笑)

■6/13(月)「スッキリ!!」
日本テレビ
<主演まえだまえだ映画 樹木希林もタジタジ>
映画の映像が流れ(気のせいか!?オダギリのシーンが中心!)、舞台挨拶の映像も。
レポでは正確に書けていないので、映像をそのまま書き起こしますと‥

MC:まえだまえだのお二人、役者として、是非アドバイスを。
樹木さん:あ、もうずいぶんしましたよ、もう。わりかし、普段もうるっさいんですよ、ワーワーワーワー。今日は、ここ(ステージに)立ってるから、(喋るのも)順番だからね、静かだけど、うるさーいの。
旺志郎くん:だって子供やもん。(MC、会場爆笑)
樹木さん:漫才でも「間」っていうのが大事なんだから、で、それを真剣に私が大人としてアドバイスしました。うん。でも、全然ね、全然聞いてない。
航基くん:でもまあ子供なんで。はい。
旺志郎くん:はしゃがんかったらストレスたまるもん。(会場笑い)
樹木さん:大人よりしっかりしてます。

スタジオでは、「樹木さんの言うことを聞いてないのがいい」などとコメントが。。

そして、まえだまえだに関するクイズが、女性の方に出題。(どなたかわからず‥)

<弟・旺志郎 オダジョーに緊張のワケ?>

Q:まえだまえだの弟旺志郎くんは人見知りしない明るい性格なんですが、今回映画で共演したオダギリジョーさんに初めて会った時、緊張してしまったそう。その緊張した理由とは一体なんでしょうか?

「奇跡」のトップページでも見られるオダギリが画面いっぱいに*^^*

女性:あまりにオダギリさんがカッコよかったから!

MC:違うんです。しかしいい答えですねぇ〜。これねえ、子供らしいのよ。

女性:子供らしい?

MC:そう!オダギリさんが今まで何やってたかって知ってれば出る答えなんだよね。

女性:あ!昔、の‥戦隊もの?(違ーう!)なんかその、見てたものに出てたヒーローだったから!

MC:正解ーーー!正解は、オダギリさんが仮面ライダークウガだったからなんですね〜

<正解 オダギリジョーが仮面ライダークウガだったから>

画面には「奇跡」トップページのオダギリの顔に、変身ポーズのイラストを合成したオダギリの姿が(笑)。
雰囲気じゃなく、ちゃんとクウガの変身シーンを観て描いたものとわかるイラストにはちょっと感心‥(笑)。

MC:なんでも旺志郎くんは仮面ライダーの大ファンで、オダギリさんは2000年に仮面ライダークウガを演じていたため、旺志郎くんにとっては憧れの人で、会った時に緊張してしまったということです。

ここで、テリー伊藤さんが、「オダギリさん、変身したのかな。」と、さりげなくも危険なツッコミ(笑)。

MC:いやっ、さすがにその日は変身できなかったんじゃないですか

加藤さん:でもっ、クウガだもんね!*^^*

MC:クウガです!

加藤さん:見たらね。クウガがいる!って。

MC:思うわけですよ。それで緊張しちゃったと。

その後は藤岡弘さん話題がちょこっと出ていました(笑)。

旺志郎くん、リアルタイムでクウガを観ていたはずはないので、DVDとか持ってるのかな〜(笑)
「奇跡」の中でも関連話題(セリフ)があるので、是枝監督が生の会話や話題を作品に取り込んでいるということがわかりますね。

めざましどようび映画通オススメランキング1位に「奇跡」&まえだまえだ出演

今日のめざましどようびの「サキユキ☆エンタランキング」(今週末のオススメ映画)で、ある試写会で行われた映画関係者によるランキングで「奇跡」が1位、万博公園でのインタビューや、メイキング映像などもありました!
人気シリーズや実力派俳優&動物、シェイクスピア作品とオスカー女優‥などなどを抜いての1位はすごいなあと。
わざわざ万博公園でインタビューが行われたものの、『撮影はオール九州ロケ』という2人の言葉もありました(笑)。

1位「奇跡」
2位「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」
3位「星守る犬」
4位「テンペスト」
5位「赤ずきん」

「ぴったんこカン★カン」で「奇跡」紹介(ゲスト:まえだまえだ)

以前お知らせした「ぴったんこカン★カン」にまえだまえだの2人が出演していましたね〜
本当に見ているだけで顔が緩んでしまっている自分に気づく(笑)。
最後の最後に“おばあちゃん=樹木さん”も登場したものの、続きは来週ということで、もう1週「奇跡」関連の内容が続きます。(是枝監督の撮影裏話などもあるとか?)
JRの駅などでも「奇跡」のPRをするなど、しっかりしている2人ですが、安住アナと旺志郎くんが手を繋いで走っているのを見て、ああまだやっぱりちっちゃいんだな〜と思いました^^

「Oha!4 NEWS LIVE」で「奇跡」紹介

今日の「Oha!4 NEWS LIVE」の「イチオシネマ」で「奇跡」が紹介されていました^^
(映画の映像とストーリー紹介が中心)

【テレビ】6/7(火)「ZIP!」(オダギリジョー)

今朝の「ZIP!」でオダギリのインタビューとメイキング映像が流れていました。

■6/7(火)「ZIP!」
<SHOWBIZ TODAY/パパ・オダジョー初の父親役>
パパ・オダジョーって‥なんだかメキシコ人(?)みたい‥(笑)

女性アナ:続いては、オダギリジョーさんをZIP!が直撃しました。

ナレーション:パパになったオダギリジョー。初の父親役に挑戦。

<1児のパパ・オダギリジョー(35)初の父親役に挑戦>

オダギリ:(映画の中の)子供たちの姿を見ているとなんか、恥ずかしくなるくらい、こう、生き生きとしてて‥

オダギリのアップから一瞬映像が引くと、「奇跡」のパネルの前で椅子に座って話しているオダギリのお隣りには、いつもより背筋を延ばした前田航基くんと、いつも通りの感じの旺志郎くんが座っています(笑)。
オダギリと2人の服装を見ると、多分完成披露試写会の後に撮ったものかな?

オダギリ:久しぶりに、すごいいい映画を観たなあっていう気持ちになれましたねぇ、最後。。

ナレーション:オダギリさんと、漫才コンビまえだまえだが親子を演じた映画「奇跡」が、今週末公開になります。

この時流れている映像がなんだか珍しい!
オダギリと航基くんが2人揃って同じように、開いた右手を上方に挙げて、何かを言いながら(音声なし)その手を揃って『それからこっち』という感じで左に移動させています。
その動作の後、何か言いながらオダギリが航基くんに視線を向けているので、2人で何かの位置か順番の確認をしているような感じ?
オダギリが子供と一緒に何かをしているシーンは最近ではかなり珍しいので、そういう意味で貴重シーンです(笑)。

「奇跡」の紹介映像とストーリーがあり、

ナレーション:‥オダギリさんは、初めての父親役に挑戦しています。

健次パパ(劇中で2人はパパとは呼んでいないんですけど‥):
「世の中には無駄なもんも必要やねん。全部に意味があってみ?息苦しいで〜?」

オダギリと香椎さんの写真が並べて映り、

ナレーション:オダギリさんは私生活でも今年香椎由宇さんとの間に第1子となる男の子が誕生し、パパになったばかり。まえだまえだのお二人から見て、父親、オダギリジョーさんはどうだったんでしょうか。

完成披露試写会の映像。

旺志郎くん:めっちゃカッコよくて(と言いながら、手で縦長の楕円を描いています。オダギリの全身像表現かな?/笑)、スラーッとしてて‥

2人の横で前かがみになり、視線を下に落としながら聞いていたオダギリが、「スラーッ」のところで、苦笑いして何か言いながら(「スラーッて‥」みたいなことを言っている感じですが、正確には聞き取れず)身体を起こし、かなりタレ目のまま頭に手をやって笑っているのが映っています(笑)。

旺志郎くん:‥で、いろんな話をして、「それ何?」って聞いたら、ギターの弾くアレ(ピック)って言ってくれたり、なんか、いろんなことしゃべってて、すごい優しかったです。

ここでは、オダギリと子供たちが映っているシーンのメイキング映像がいろいろ。
ふざけている風の旺志郎くんに、ギターを抱えて笑っているオダギリの姿や、父子のシーンのメイキングが流れています。

オダギリ:あんまり(父親役なのに)仲良く‥こう、遊んであげたりはできなかったんですけど、それがまたなんか自分のプレッシャーにもなっちゃって、きっと‥お二人以上に、僕の方が、緊張して芝居に臨んでいたんじゃないかなと思います。(うんうんうんと頷く)

再び畳に座ってギターを弾いているオダギリのメイキング映像。
横では旺志郎くんが楽しそうに演奏に参加?しています(笑)。

そしてスタジオ。右から関根麻里さん、MAKIDAIさん、桝アナウンサー。

関根さん:弟の旺志郎くんはですね、ほんとの家族みたいになれて撮影が楽しかったと語っていたそうです〜。なんかいいですよね、ああいう親子‥ねえ?

桝アナ:オダギリさんの関西弁がなんか、すごい新鮮でまた‥ステキでしたね。

MAKIDAIさん:新鮮でしたね〜

スタジオ全体に広がる『うんうん』という同意の仕草(笑)。

関根さん:こちら、映画「奇跡」は今週土曜日全国公開です!

【テレビ】6/6(月)「めざにゅ〜」(ゲスト:まえだまえだ)

■下の下の記事に新しく出た「奇跡」関連記事を追加しています。



昨日の「めざにゅ〜」の「ハマ♪SONG+」のゲストはまえだまえだ。
楽しいインタビューに加え、「奇跡」の紹介やメイキング映像、オダギリの映像などもありました。
インタビューはオダギリとは関係のない内容ですが、「息子たち」の話があまりにのびのびと可愛かったので(笑)とりあえず載せておきます。

■6/6(月)「めざにゅ〜」
フジテレビ
<ハマ♪SONG+>

ゲストに対する街の人の声。

「すごくかわいいよね、関西弁のね」
「小さいのにすごいよね」「達者だと思います」
「一生懸命やってるからカッコイイですよね」
「ま、すごく面白いですよね。ちゃんとネタもできているのですごいなと思います」

ということで、ゲストはまえだまえだの2人。
まえだまえだのハマ♪SONG+はファンキーモンキーベイビーの「あとひとつ」なんだそう。
その理由は、
航基くん:「聞いていて勇気づけられる、頑張ろう、みたいな」
旺志郎くん:「リズムが好き」
などなど。
音楽自体は100で言うと、旺志郎くん「95.5」、航基くん「94.32」くらい好きなんだそうです(笑)。
なぜ100でないかというと、「バラードとかは歌詞の意味が深いのが多いので、考えるだけじゃ分からないから」。なるほど‥(笑)。

ここから「奇跡」に関するインタビュー。
まえだまえだのインタビュー映像のテロップは大抵標準語で出されていますが、あれじゃあやっぱり感じが伝わらない‥ので、ほぼしゃべっている通りです(笑)。

Q:撮影は大変だった?
(旺志郎くんは基本いつでも全開で全力なハイトーンボイスで、身振り手振りも表情も全開です/笑)

旺志郎くん:いえいえいえ!もうすっごい楽しかったもん。

航基くん:監督は自然にっていうのがコンセプトっていう考え方なんで‥
旺志郎くん:(被るように)だからほんまに普段のことやってるだけで!
航基くん:そのまんま楽しめたんで、もぉうぜぇんぶ!楽しかったです!

旺志郎くん:しかも!台本がなくて、あんま覚えようとせんでも、その3分前とかにパッと監督が(台詞を)言ってくれるから、それまではもぉうめっちゃ気楽に遊べたし、
航基くん:もぉうなーんも考えんでいいから!

Q:是枝監督はどんな人でしたか?

航基くん:アンパンマン顔というかそんな感じなんで、すっごい!もう見た目が落ち着くんですよ(笑)。

旺志郎くん:(この辺りから2人とも身をよじりながら熱弁/笑)もうだってもう〜!めっちゃもう、見ただけで「あ、この人怖い」とは想像できひんから。

航基くん:いい感じに“ぽっちゃり”してはるからこう‥全体的に丸っこいから、すっっっごい!もう明らかに“優しいオーラ”が出てるから!

旺志郎くん:だって、いっこも怒らへんねんで!

ずっと元気いっぱいの2人ですが、『街の人からまえだまえだにQ』の質問コーナーでは「静かになっちゃいました(ナレーション)」とのこと。一体どんな質問が‥と思ったら。

Q:好きな人はいますか?(街の人からの質問)

(声のトーンがガタ落ちで表情なく)
旺志郎くん:いないです。。
航基くん:いないですね。。

本当に、なんだかうちのテレビの画面まで暗くなったような気がしたくらいの、テンション下げ幅MAXな2人に思わず笑ってしまいました‥(笑)

インタビュアーの男性の声:いないんですか?

基くん旺志郎くん:(コクッと頷き)イ。

男性の声:もうず〜っと?

航基くん:ず〜っと。
旺志郎くん:ず〜っと。

航基くんの話では、基本的に男子とサッカーやってる方が好きなんだそうですが、

航基くん:でも!めっちゃ最近女の子で(サッカーが)上手い子とかいてるじゃないですか!だから、若干憧れたりはするけど、だからといって好きかと言われるとそうじゃないなあっていう。。

男性の声:じゃあ、初恋はまだまだ先だね?

航基くん旺志郎くん‥うん‥。(声のトーンガタ落ち/笑)

男性の声:初恋ってわかる?

(急に表情が明るくなって←ツッコミどころを発見?)
旺志郎くん:‥初めての恋やろ?だってそんなん、もう文字がそうやん!
航基くん:文字がそのまんまじゃないですか!(笑)

Q:大きくなったら何になりたい?(街の人からの質問)

これに対しては、前にも何かで言っていましたが、旺志郎くんは「外車の中古車屋さん」。
理由は『新車販売店だったらその会社以外の車には乗れないけれど、外車の中古車屋さんだったらいろんな車に乗れる』との納得のもの。「とにかく車!車大好き!」とうことでした。(オダギリと車の話をすればよかったのにね。ってしたかな)
お兄ちゃんは「科学者とか」。でも「まだ言うても12年しか生きてないから、知らん職業とかもいっぱいあると思いますし」とまたまた納得の答え(笑)。

Qえ、じゃあ漫才師、役者の道は‥?

航基くん:だって‥今は好きやけど、将来何かがきっかけで嫌いになるかもしれへんし、しかもずぅーっと出させてもらえるとも限らへんし。。

旺志郎くん:(力を入れて)だから分からへんもんやねん!って将来(というもの)は。人生まだまだ長いからこれからまだ考えていくねん。コツコツと。

インタビュアーを諭すかのような口調(しかも正論)に、男性もタジタジ‥という、まえだまえだらしい終わり方でした(笑)。



この兄弟には、ほんと双子のような2人の会話のリズムや呼吸があるなあ〜と改めて感心。
しかし、旺志郎くんはともかくも、航基くんに関しては、大人の事情を察して!?タレントとして「(これまでもずっと)好きな女の子はいない」と言っているような気もしました‥(笑)

【テレビ】6/4(土)「ズームイン!!サタデー」で是枝監督、まえだまえだのインタビュー

■6/4(土)「ズームイン!!サタデー」
日本テレビ
<公開1週間前のシネマ>

「奇跡」の紹介と、監督とまえだまえだの2人へのインタビュー、メイキング映像など。

●「奇跡」の秘密その1:まえだまえだとの出会い
まえだまえだの2人に合わせ、脚本を変えたという監督のお話。
旺志郎くんに「1日で書き換えたというのがすごない!?よくそういう発想が出たなと」と言われ、ありがとうございます、と返す是枝監督が面白かった。

●「奇跡」の秘密その2:脚本を見せない
子供たちの撮影は完全フリートークで、好きに動いてもらって、面白いなと思ったら撮るという監督のお話。
旺志郎くんも「演技しているというよりそのまんまの自然な感じだった」という風に言っていました。

●「奇跡」秘密その3:樹木希林さんの孫娘
完成披露試写会の会見の映像。
内田伽羅ちゃんは他の子役とは違って、納得してからでないと演じないというタイプだったそうで、毎回必ず恵美(伽羅ちゃんの役名)の気持ちを確認しに来ていたと監督。
それに対し、旺志郎くんは「そんなんしてたん?めっちゃご丁寧に」と驚きの様子で、航基くんも、自分たちなんか勝手に解釈してやってた、(それが)合ってるかどうかもわからんのに‥と。
ある意味、2人の天才ぶりが伺えるコメントに感心‥でした(@_@;)

KEIRIN2011「勝負服篇」テレビでもオンエア中

KEIRIN2011「勝負服篇」、テレビでもオンエア中ですね!
ひるおび!などで15秒バージョンが流れていました。

【テレビ】映画『奇跡』公開記念特番 “Directors Anthology” 是枝裕和#1 /#2

■映画『奇跡』公開記念特番 “Directors Anthology” 是枝裕和#1/#2
CS 衛星劇場

#1と#2を観て印象に残ったところを。

ところどころで、映画「奇跡」からのシーンや予告編、メイキング映像などが紹介。

「奇跡」という言葉から是枝監督が思い浮かべたという作品を、是枝監督自身が解説。
監督が挙げたのは
「緑の光線」
「白夜」
「動くな、死ね、甦れ!」
「コクーン」
「コンタクト」
の5作品。(これらは今後衛星劇場で放送されます)

インタビュー収録の1週間前、母校である早稲田大学を訪れる是枝監督。
早稲田大学は私にとっても縁のあるところなので、興味深く見ました。
大学のキャンパスで監督は、

在学中はほとんど学校に来ていなかった。
だから愛校心もなにもなく、当時はそういうものに嫌悪を抱いていた。
大学で部活などはしていなかった。少しだけバレーボール同好会に入っていたけれど、すぐにやめた。
中高とバレーはやっていた。セッターでキャプテン。体育会系と言うと熱い感じがするから言わないけど、体育会系だった。
少年時代は、ずっと学級委員をやっていて、まとめ役で勉強もできてスポーツもできて、先生からの信頼も厚くて‥という子。あんまり面白くない子。
家にお金がないことは子供心に分かっていたから、子供らしい我儘を言った記憶がない。

‥など、自分の生い立ちや学生時代について話されます。
ここで、話の内容とは関係なく、その話しぶりとでもいうのか‥そういうところで、ふと、もしかしたらオダギリに似ているところを持っている人なんじゃないかなと感じました。
オダギリは是枝監督の現場が好きだと言っていますが、そういうものをどこか感じて安心できるのかもしれないな。
なんとなくそう思いました。

映画「奇跡」については、

まえだまえだの2人の無限の才能とピュアな魅力に、まさに“奇跡”を感じた。
子供のバイタリティが僕のコントロールを越えて、はじけるような映画になるんじゃないかと思った。
書いたものよりはるかに(出来上がったものは)面白い。演技というものからはみ出している。
でもそれは「想定外」ではなく、そういうものを撮りたいと思ってキャスティングした「成果」。

僕が描く子供は、あんまり子供らしい子供は自分の中からは出てこない。
今回の主人公も大人以上に大人のことをよく見ていて、あんまり子供子供してない。
それは多分、僕の子供時代が反映されていると思う。

などと語られ、主役の2人についてももっと語られたのですが‥私は「映画」を見て→「この特別番組」を見て→「奇跡PV」を観たら、映画を観た時には特別意識しなかったところで涙が出そうになったんですよね。
ネタバレという感じの話では全くありませんが、改めて是枝監督が描いたことを意識してしまったというのか。。
どういう作品なのか伝わってしまう部分もあるかもしれませんので、とりあえずここから先はページを変えて(色も変えて)おきますね。

続きを読む

くるり「奇跡」PV録った!

‥とつい、喜んで書いてしまいましたが、先ほど音楽チャンネルをつけていたら、なんと、くるりの「奇跡」のPVが流れ始めて慌てて録画!!
でも、最初が少し欠けてしまったので、他の番組を調べてみたら、この先まだまだ流れるようです*^^*
とりあえずのオンエア予定を載せておきますが、万一間違っていたらいけないので、確認してみて下さいね^^;


<「奇跡」(くるり)オンエアスケジュール>
■スペースシャワーTV■
SPACE SHOWER RECOMMEND JAPAN
2011/05/23  06:00〜07:30

MORNING HITS
2011/05/24  08:00〜09:00

SPACE SHOWER RECOMMEND JAPAN
2011/05/24  16:00〜17:00

SPACE SHOWER RECOMMEND
2011/05/24  21:30〜22:00

■スペースシャワーTVプラス■
ベストヒット!パーフェクトランキング50
2011/05/22  12:00〜17:00

ベストヒット!パーフェクトランキング50
2011/05/28  05:00〜10:00

【テレビ】「MY WAY」カンヌワールド・プレミア関連(2)(ワイドショー)

「MY WAY」カンヌ製作会見関連(テレビ)の続きです。
今日は「王様のブランチ」でも取り上げていましたね〜
「モーニングバード」では、カンヌで公開された映像がほぼ全部紹介されていました。


初めて聞くチャン・ドンゴンさんのコメントシーンがあったので、チャン・ドンゴンさんのファンの方にとってはより貴重な番組だったかも(笑)。

■5/21(土)「王様のブランチ」
TBS
<Weekly デミダス/オダギリジョー チャン・ドンゴン カンヌで映画製作発表会>
オダギリとチャン・ドンゴンさんのツーショット写真の横には、
-----------------------------
オダギリジョー(35)
岡山県出身
チャン・ドンゴン(39)
ソウル出身
-----------------------------
「日本・韓国」じゃなく、岡山とソウルなんだ〜と、ちょっとニヤニヤ。
でも、マイクを持って話すオダギリのアップのバックに「MY WAY」の重々しい音楽が流れ出すと‥それだけでもう、ああすごい作品に出ているんだなあと実感(>_<)

ナレーション:オダギリジョーさん、韓流スター チャン・ドンゴンさん、そして、中国の人気女優、ファン・ビンビンさんらが出演する、映画「MY WAY」。その製作発表会見が、映画祭で沸くカンヌ市内で行われました。

チャン・ドンゴンさん(字幕そのまま)皆様にお会いすることができてとても良かったです。
あ〜(と言いながら後ろをちょっと振り返り)でもちょっと座る場所を間違えてしまったようです(笑)。
いま後頭部がすごく熱いです(苦笑)。(頭の後ろを手で撫でながら)

なるほど‥。会見では、左からチャン・ドンゴンさん、監督、オダギリ、ファン・ビンビンさんと座っているのですが、それぞれに通訳が付いているため、日差しの強い側の端にいたチャン・ドンゴンさんは、(通訳さんと共に)「MY WAY」巨大看板の外側にはみ出て(?)しまったんですね〜(笑)

<初共演!コミュニケーションは?>

ナレーション:国際色豊かな顔ぶれですが、コミュニケーションはどうやってとっているんでしょうか。

オダギリ:チャン・ドンゴン氏はすごく、あの‥すごくすごく優しい方だったので、もう、安心できましたし、ファン・ビンビンさんはすごくきれいな方だったので、それだけでもう、十分なコミュニケーションかなと思います。(周囲から笑い声。会場には日本のマスコミも多かったんだなとわかりました)




(改めてこちらに載せます)

■5/17(火)「モーニングバード!」
テレビ朝日
<日韓のスター 豪華共演>
<豪華共演!チャン・ドンゴン&オダジョー>

会見のオダギリコメントの長さも、映画のシーンも裏話等も、これが一番充実していたかなと。
また、カンヌのニュースとは別に、番組内で偶然JINSの大特集も!
JINSオダギリもたくさん映ってお得な感じでした。

スタジオ。男性アナがメインMCお二人に「MY WAY」について、「韓国史上最高額という総製作費21億円」「2人のイケメン」「オダギリジョーさんと韓流四天王チャン・ドンゴンさんの豪華共演作の映像が、カンヌで初公開」「3分間という短い映像に1分の拍手が鳴りやまなかった」などと紹介。

チャン・ドンゴンさん:良い天気の中で、皆様にお会いできることができてとても良かったです。

ナレーション:日本時間の昨日、カンヌ国際映画祭が行われているフランス・カンヌにて、韓国映画「MY WAY」の製作会見が行われ、俳優チャン・ドンゴンさん、オダギリジョーさんらが登場。

オダギリがスタスタといった感じで会見上に入場してくるシーンや、着席後、一人水を飲んでいるシーン(笑)、そして、4人が並び、カメラで撮影されている様子が、マスコミの少し後方から映されている(つまり、撮られている様子がよくわかる)という、ちょっと珍しい映像です。

<映画「マイウェイ」
●現在撮影中の未完成作品
●世界9か国・150媒体のメディアが注目>

ナレーション:実はこの作品は、現在撮影中の未完成作品。にも拘らず、世界中から、150以上ものメディアが集結するという、注目の作品!
それもそのはず、総製作費が韓国映画史上最高の21億円!

ここで、ファン・ビンビンさん→オダギリ単独の巨大看板が大写しに‥

ナレーション:更に、日韓を代表する俳優と、中国のトップ女優ファン・ビンビンさんも加えた、日中韓の豪華共演作なのです。

(Q:言葉の壁で大変だったことは?)
オダギリ:チャン・ドンゴン氏はすごく、あの‥すごくすごく優しい方だったので、もう、安心できましたし、ファン・ビンビンさんはすごくきれいな方だったんでそれだけでもう、十分なコミュニケーションかなと思います。(かすかに微笑んでいるような表情/笑)

ナレーション:そんなオダギリさんでしたが、映画については、こんな意味深発言が。。

オダギリ:毎日死にそうになって‥あの‥ほんとに苦しい毎日を、ここ7か月ほどえー、韓国で撮ってきました。

残りの撮影で)まだまだ“死にそう”が続くんだろうなと思ってます。

こぉれだけ苦しい目に役者があう作品もめずらしいんじゃないかと思うような作品なので、見ていただく‥のも、あの、心苦しいんですけども‥

カン監督、オダギリのお隣りに座ってるんですけど‥^^;
スタジオからも当然ながら、「ええ〜」というような反応が。

ナレーション:‥と、思わずこぼしてしまうほど過酷だったというこの作品。
昨日、カンヌでその映像が3分間だけ初公開。その映像がこちら!

<カンヌで初公開された映像を大公開>

メイキング映像を含む「MY WAY」の映像が流れ始めます。

<オダギリジョー「毎日死にそう‥」そのワケは>

ナレーション:手がけたのは、「シュリ」「ブラザーフット」などで知られるカン・ジェギュ監督。
第二次世界大戦のさなか、運命に翻弄されながらも生き抜いた、日本と朝鮮の兵士を描く、実話に基づいた作品。

オダギリ:毎日こう‥爆発があったり、あぁの銃を撃ったりしていると、ほんとに、次の日はもう休みたいなと思うし、撮影もうこれで終わればいいのにって何度も思ってたんですけど‥(かすかに目が笑ってます)

あああ、この続きに結構普通にいいこと言っていたはずなのに、モーニングバードではここまでしかない‥
「MY WAY」の3分間映像は引き続き流れています。

ナレーション:俳優歴10年を越えるオダギリさんに、ここまで言わしめた映画「MY WAY」。
その撮影の裏側とは、一体どんなものだったのでしょうか。

<過酷な撮影の裏側とは?>
スタジオ。
男性アナウンサーの方が、羽鳥さんたちに「2人はマラソンランナーのライバルという役だったので、とにかく走るシーンが多かったため過酷だった」と説明し(本当にこの説明でいいのだろうか‥??)

男性アナ:迫力のシーンも含めて、この「MY WAY」は2012年の新春に公開される予定です!


           

同じく「モーニングバード」から。
その後、「からくりサーチ」というコーナーでは、

<一式4990円〜!激安メガネのウラ側>

という、20分近いJINSをメインとした「アイウエア」特集がvv
安さと品質を維持するため、どんな工夫や改善がされているのか。専門的な話からなるほど〜というちょっとしたところまで、いろいろな興味深い話があり、JINSの店内が映る度、あちらこちらにオダギリが映るしで*^^*ついでに録れたにしては、とても嬉しい特集でした。

コーナーの後半のスタジオ。
JINSに取材に行き、自分に合わせた新しくメガネを作ったという男性アナが、早速新調した黒縁のメガネをかけています〜

男性アナ:みなさんいかがでしょうか!

羽鳥さん:ほ〜ぅ。いや、あの、さすがJINSというか‥フィットしてて‥ちゃんとしてるから‥あんまり(画的に)面白くないというか。
(普通に)イケちゃってるというか。

男性アナ:メガネなんですからっ!面白い必要がどこにあるんですか!(笑)
しかもですね、これ、更に言いますと、JINSのイメージキャラクター、オダギリジョーさんなんですが‥

ここで、スタジオ内のスクリーンにドーンと「Air frame4」の優しい目をしたオダギリの巨大アップが。モーニングバード、今日2度目の登ジョーです(笑)。
そのオダギリに並ぶようにして立ち、

男性アナ:このオダギリジョーさんと同じタイプのものを、今回作らせていただきましたあ*^^*

(確かに同じだ‥でもやっぱり違う‥/笑)

羽鳥さん:あ〜〜‥それはしょうがないですねぇぇ

男性アナ:ま、ですから今回‥‥「しょうがない」って!?!?

羽鳥さん:素材が違いますから(笑)。

男性アナ:しょうがないって!(笑)

羽鳥さん:そこはしょうがない。

男性アナ:素材、メガネは一緒ですよ!

羽鳥さん:(冷静に)メガネは一緒ですけど何かが違いますねぇ。

男性アナ:あれ、違います?^^;

羽鳥さん:そこはしょうがないです。(キッパリ)

こちらの期待以上に(笑)「違う」ということにこだわりを見せてくれた!?羽鳥さんが面白かった‥(笑)
ここから、メガネのお値段(4990円)の話題となり、スタジオのみなさんもそれぞれメガネを着用したりしていました。

【テレビ】「MY WAY」カンヌワールド・プレミア関連(1)(ワイドショー)

私がチェックできたものです。

5/16(月)「やじうまテレビ!」
テレビ朝日(5時台)
<オダギリジョー(35)「死にそう‥」韓国映画でカンヌに登場>
<映画「マイウェイ」製作記者会見 フランス・カンヌ>
第64回カンヌ国際映画祭の記者会見の席で、オダギリがコメントしているシーンが流れました。

オダギリ:毎日死にそうになって、あの、本当に苦しい毎日を、ここ7か月ほど、えー韓国で撮ってきました。あと1か月でラトビア撮影で全部が終了となるんですが、まだまだ“死にそう”が続くんだろうなと思っています。

オダギリ:チャン・ドンゴン氏はすごく‥あの‥すごくすごく優しい方だったので、もう、安心できましたし、ファン・ビンビンさんはすごく綺麗な方だったんでそれだけでもう、十分なコミュニケーションかなと思います。


■5/17(火)「めざましテレビ」
フジテレビ(6時台)
<カンヌ大絶賛 オダジョー ドンゴンと共演>
「オダギリ劇ジョー」という見出しの、スポーツ報知の記事が紹介。
作品の映像が少し紹介され、『上映の後、1分間の拍手が起こった』という話題が。
会見の様子も少しだけ流れました。


■5/17(火)「ZIP!」
日本テレビ(7時台ほか)
<カンヌ国際映画祭の裏側>
カンヌのジョニー・デップの映像から始まり、豪華なハリウッド・スターたちの映像が次々と。いつもわかってはいるけれど、改めて、オダギリもこんなところに行っていたんだなあとちょっとドキドキ。
‥と思ったら、いきなり「MY WAY」のスリーショット。
ほんと、美男美女ぶりだったら、きらびやかなハリウッド・スターにだって全然負けてない*^^*(しかし、左から「チャン・ドンゴン」「ファン・ビンビン」「オダギリ・ジョー」と、お二人に習って!? オダギリまで名前に「・」付きになってるのがおかしい‥/笑)
オダギリがマイクを持って話している会見のシーンが流れ、

ナレーション:韓国映画「MY WAY」の記者会見では、オダギリジョーさんと、チャン・ドンゴンの(あれ?オダギリは「さん」でチャン・ドンゴンさんは呼び捨て?^^;)日韓のスーパースターも登場しました。

ここからは、<カンヌ国際映画祭の裏側 ということで、まず注目は審査員。
今年はユマ・サーマン、ジュード・ロウなどが審査員を務め、審査委員長はロバート・デニーロ!
また、審査員のスケジュールはかなり過酷だそうで、

11:00 ミーティング(前日観た映画について、3〜4時間話し合う)
17:00 審査対象となる作品の1本目を鑑賞
19:00 審査対象となる作品の2本目を鑑賞
22:00 夕食

‥という映画漬けの日々を、映画祭が開催されている11日間毎日繰り返すのだそうです。

<カンヌ国際映画祭の裏側◆‥はパーティ。
映画祭が開かれている夜は、ホテルや豪華客船を貸し切るなどして、連日至るところで盛大なパーティが開かれているとのこと。

ナレーション:オダギリジョーさんやチャン・ドンゴンさんも(と思ったら今度は「さん」づけ/笑)、200人を集めて賑やかな夜を過ごしました!
(「200人でパーティー」のテロップと、チャン・ドンゴンさんとの会見前ツーショット写真)

200人って「MY WAY」のキャスト・スタッフの数とぴったりですが‥全員が来たというわけではないにしても、スタッフもかなり来ていたんでしょうか。

<カンヌ国際映画祭の裏側>は、『今年は日本作品が台風の目?』ということで、コンペティション部門に出品されている作品のほか、「ある視点部門」「監督習慣」などに、日本(人)関係の作品が計7作品出されているとのことでした。


■5/17(火)「モーニングバード!」
テレビ朝日
<日韓のスター 豪華共演>
<豪華共演!チャン・ドンゴン&オダジョー>

会見のオダギリコメントの長さも、映画のシーンも裏話等も、これが一番充実していたかな。
また、カンヌのニュースとは別に、番組内で偶然JINSの大特集も!
スタジオにはJINSオダギリのアップやJINSメガネも出てきて、お得な気分でした。
(こちらの詳細は(2)にアップします)

【テレビ】5/6「奇跡」完成披露試写会関連(ワイドショーほか)

(下の動画の記事に、動画を追加しました)

まだほかにもあるのですが、とりあえず。。
キャストの方のお話には、舞台挨拶時のお話と、舞台裏で受けた取材でのお話部分があります。
そうそう、2人の父のオダギリは‥2度目のカンペキ「関西弁」でした*^^*
 
 
■「ZIP!」
日本テレビ 6時台
 
<オダギリジョー 初の父親>
<オダギリジョー(35)父になって初の父親役>
 
MC:続いては、オダギリジョーさんが初の父親役に挑戦。ベタぼめに思わず笑みが浮かびました。
 
マイクを持った前田航基くん:(オダギリさんは)意外としゃべって下さいました。
すごく、こう、かっこいいじゃないですか!
 
そう話す航基くんの後ろで、神妙な顔つき+照れ隠しの目÷2‥のような表情で(笑)鼻をポリポリしているオダギリ。
映像を観ているらしい小窓に映るスタジオのみなさんは、航基くんの「意外と」という言葉や、そんな2人の様子にかなりウケている様子です。
 
航基くん:(ニコニコ大きな声で)すごく、男前なんで、なんかこう、もっと、静かでシュッ!としてるイメージがあったんですけど、男前でしゃべって下さったんで〜もう、すごい方やなあと思いました。
 
そのコメントに周囲は爆笑、航基くんの後ろに座っていたオダギリも、身体を前に倒すようにして、声を立てずに大笑い。
顔はかなり真っ赤で、目尻は思いっきり下がり、子供にも負けないくらいカワイイ顔です(>▽<)
そのお隣りにいた樹木希林さんも、大きな口をあけてのけぞるようにして笑いながら、まるで本当の孫か息子!?を見守る身内のように、ステキな笑顔でオダギリの背中にポン、と優しく手を掛けています(笑)。
 
ナレーション:漫才コンビまえだまえだとオダギリさんが親子を演じた映画「奇跡」の記者会見が行われました。
 
映画より、旺志郎くんとオダギリのシーン。。
 
龍之介の父(オダギリ)「あんなあ?世の中には無駄なものも必要やねん。」
 
ナレーション:映画は、両親の離婚によって別々に暮らす兄弟が、家族一緒に暮らすことを信じて奮闘する感動作です。
父親を演じたオダギリさんは(この時、足元からアップでオダギリを映し上げる(?)映像。テレビカメラさん、いい仕事してますな〜*^^*)今年2月、香椎由宇さんとの間に第1子となる男の子が誕生。心境の変化はあったんでしょうか。
 
オダギリ:役者‥を始めて、初めて父親役、ということで、それだけでも、あの、初めての経験だったので‥ま、私生活と比べるなんてもう全然、もう、出来ることもなく。。
 
 
 
 
■「めざましテレビ」
フジテレビ 6時台
<樹木希林 孫娘と初共演>
<オダギリジョー 樹木希林ら 自信作完成に…>
 
軽部さん:是枝裕和監督の最新作、「奇跡」の完成披露試写会が行われ、主演のまえだまえだをはじめ、初めての父親役を演じるオダギリジョーさんら、豪華キャストが登場しました。
 
舞台に全員が並んだ全員ショットや、マスコミ用の撮影で、「奇跡」のプレートを持ったまま(後ろのテレビカメラに向かって手を振ってと言われ)子供たちが手を振る様子など(昨日も思ったのですが、その後ろの大人たち(もちろんオダギリも!)笑顔を浮かべていて、なんともいい雰囲気)‥が映ります。
 
航基くん:ま、もう監督が、「世界の是枝監督」なんで、ほんと、もう自信を持って、おもしろい映画だと言えると思います!
 
達者な航基くんの言葉に、並んで立っていた是枝監督とオダギリが、全く同じタイミングで慌てたように俯き、同じように笑いをこらえているのがかなりおかしい‥(笑)
 
航基くん:え〜このあとご覧になっていただくと思うんですが、絶対面白いです!
 
オダギリ:(まえだまえだの)この2人の‥後に挨拶する自分が‥もぅ怖くてしようがないんですけども、毎回(笑)。
 
改めて映像で見ると‥オダギリが「この2人」と言ったからか、オダギリの方をじっと見上げていた航基くんが、「自分が怖くてしょうがない(笑)」と言ったところで、安心したようにパァッと笑顔になっているのがよくわかり、かわいかった‥^^
 
「奇跡」のストーリー紹介があり、内田伽羅さんと樹木希林さんのエピソード紹介へ。
 
樹木さんが、「奇跡」のオーディションを受けさせるため、羽田空港まで伽羅ちゃんを送って行って、一人で飛行機に乗せて‥という話をされている間、隣りでずっと柔らか〜い笑顔を浮かべながら、小さく頷きつつ、積極的に話を聞いている風のオダギリ。
 
樹木さん:あたし(が)ついて行くと旅費が出ないっていうからね‥
 
ここでも一人、『あはは!』と控えめに、でもしっかりと笑っていたオダギリ。
やっぱり「オカン」だから?‥それに加えて、やっぱりいい雰囲気の現場だったからなんだろうなあと感じました^^
 
 
 
 
■「スッキリ!!」
日本テレビ
<映画「奇跡」“まえだまえだ”にオダギリジョーもタジタジ?>
  
航基くん:まさか主演をやらしてもらえるとはほんと思ってなかったので、もう、ここに立ってること自体ね、ちょっとクサくなっちゃうんですけど、「奇跡」かなと思います。
 
スタジオ内からは口々に「おっきくなったね〜」という声が。
舞台挨拶の時の音声なしの映像や作品の紹介があり、キャストの顔ぶれに「豪華だね〜キャストがね〜」という驚きの声も。
 
航基くん:最初の方に出てくることとかが、結構あとの方に響いてきたりするんで、ほんっとにもう、一字一句見逃さないように見ていただけたら楽しいかなと思います。
 
旺志郎くん:初映画で初主演と聞いて、ちょっとびっくりして大丈夫かなと思ったけど、やってるうちにみんなも優しくしてくださって、すごい!楽しい映画になったと思います。
 
MC:そんな2人のお父さん役を演じたのが、今年2月にお子さんが誕生し、パパになったばかりのオダギリジョーさんで〜す。
 
足元〜オダギリのアップが映し出されたところで、テリー伊藤さんの「いいね!」と声が*^^*
 
オダギリ:この2人はほんっとにすごくて‥あの〜まずこの2人の後に挨拶する自分が、も、怖くてしょうがないんですけど、毎回(笑)。
 
スタジオ:あははは!

スタジオのテリーさん:やりにくいよなあ!(笑)
 
オダギリ:自分がいかにダメかというか、も、この挨拶の時点でもうダメだなという感じがあるんですけど(笑)。
 
オダギリのコメントにウケつつ、“この2人の後じゃあ確かにやりにくい”というオダギリへの共感の空気が、スタジオに漂っています。。(笑)
 
MC:さあ!今回加藤さんに“オダギリジョークイズッス”で〜す!
 
加藤さん:あ、僕ですかあ!わかりました〜
 
MC:今回の映画のタイトルは「奇跡」。記者会見で『これまでの人生で起こった奇跡的な出来事は?』と聞かれたオダギリジョーさん。この質問に対して‥
 
オダギリ:朝、ハンバーガーを食べたら■■■(伏字にピー音)
 
MC:さあ、オダギリジョーさんがハンバーガーを食べた時に起こった奇跡的な出来事とは一体なんでしょうか。
 
加藤さん:えーーーーっ!
 
答えはCMの後‥ということで、CM後。
オダギリ問題が出題されてから、数分間、映像はずーっとオダギリのみこれは素晴らしいコーナーです*^^*
奇跡というよりは、「あり得ないこと」「嫌な方の奇跡」等々のヒントがあった後‥答えは(ネットの記事にも触れているものはありましたが)
続きを読む

【テレビ】4/2「メレンゲの気持ち」(ゲスト:まえだまえだ 他)

以前、まえだまえだのお二人が「メレンゲの気持ち」に出演した際、オダギリについても話していたので、その部分だけ紹介しますね。



■4/2(土)
「メレンゲの気持ち」
日本テレビ 12:00〜13:30

MC:久本雅美、松浦亜弥、臼田あさ美
ゲスト:井ノ原快彦、まえだまえだ、河北麻友子

*   *   *   *   *   *   *   *   *

映画「奇跡」(是枝監督)に2人が主演しているという話になり‥

久本さん:出演してるメンバーがまあーすごいな!

兄・航基くん:はい

久本さん:オダギリジョーさんがお父さんで‥

会場から「へえ〜」とも「ええ〜」ともつかない驚きの声。。

お母さんが大塚寧々さん、おじいちゃんが橋爪功さん、おばあちゃんが樹木希林さんという超豪華なキャストであることが紹介された後、

久本さん:オダギリジョーさんってどんな人やった?

まえだまえだの2人の斜め下辺りにオダギリパパの画像が登ジョーし、
<オダギリジョーが父親役>
というテロップ。

兄・航基くん:っとね〜(宙を見上げて)なんか〜なんか、めっちゃ男前じゃないですか

久本さん:めぇっちゃ男前!!!

兄・航基くん:だから、めっ〜ちゃくちゃ物静かでしゃべらへんのかなと思ってたんですよ。

イノッチ:うん!うん!

兄・航基くん:すんごいしゃべってくれて、

弟・旺志郎くん:こう座ってて本読んだりとかしてそうやったけど^^

兄・航基くん:そう、なんか(そんなことを)してそう(なイメージ)やったけど、しゃべってくれはって〜(弟横で大きく頷く)

イノッチ:へえ〜!

兄・航基くん:なんか‥男前でしゃべれたら もうすごいなあ思て!
(=男前な上に話もできる人ってもうすごいなあと思った)

全員:アハハハハ!

久本さん:男前でしゃべれんねんもんなあ〜! 
オダギリジョーさんとはどんな話したん?

兄・航基くん:航基はでも‥あんまり会わなかったんですよ。
ストーリーが別れ別れになっててっていう物語なんで、
だから、航基、あんまり会わなかったんですけど、最初の衣装合わせの時とかの時に〜(声が大きくなって)‥仮面ライダークウガだったじゃないですか。

久本さん:ああ〜せやせやせやせや!

兄・航基くん:で、あの〜そのこと言いたかったんですけど、なかなか切り出せなくて‥(笑)

全員:アハハハハ!

<意外と気さくなオダギリジョー>
のテロップ

兄・航基くん:(その時には)1回しか会ってないから、もう、しゃべりはらへんって思い込んでたから、なかなか行けなかったんですけど、結構ちょろちょろ〜っとしゃべってくれはって、短い時間だったんですけど、その中で最大限にしゃべって下さって‥^^(スタジオ内爆笑)

久本さん:ちゃんと気ぃつこうてくれはったんやな〜!

*   *   *   *   *   *   *   *   *

いや〜「最大限にしゃべって下さって」なんて子供に喜んでもらっている時点で、かなり気を使ってもらっている側なのでは‥と思うんですけども
仮面ライダークウガのやりとりは、もうちょっと突っ込んで航基くんの話を引き出してもらいたかったなあ〜(笑)
弟の旺志郎くんの方がオダギリといた時間は長そう?なのに、航基くんが一生懸命喋っていたのはやっぱりお兄ちゃんだからかな^^
来年航基くんは中学生になるそうですが、まだまだ可愛かったです。

思わぬところ?でオダギリ続き^^

一昨日、WOWOWで録画しておいた岩松了さん作・演出の「シダの群れ」を観たら、岩松さんの作品紹介の中で「時効警察」が。
昨日は、こちらも録画しておいた「今、日本を最も面白くする企業家たち」という、ジェイアイエヌの田中社長を取り上げた番組を観てみると、JINS CMについて語られ、オダギリのポスターなどが掲示されている店舗のほか、JINSのCMも流れていました。
そして今朝、たまたま「ボクらの時代」(瑛太さん×松田隆平さん×新井浩文さん)を観たら、新井さんの出演作として「ゆれる」のオダギリが。。
少し前には、ある場所で山崎一さんと隣り合った席に座る機会があったりもし*^^*JRで「奇跡」のポスターを見かけたりと、意外にオダギリに遭遇できている日々です^^

ちなみに、JINSの田中社長のお話は、以前こちらの記事でも紹介しましたが、『業績悪化からの再生ということに取り組む中で、CMを含むPR戦略に資金をつぎ込んだ』という話から、『オダギリジョーさんを起用して普通のCMを作るというのではつまらない。オダギリさんに「私は軽い男です」と言わせたら、ドキッとするのではないかなと思った』というようなお話をされていました。
ただ、栗山さんの「私は軽い女です」には「(女性に?)私は軽い女ですと(言わせると)は何事!」という“お叱り”もあったとか(笑)。
田中社長は「それはある意味視聴者に“刺さった”のではないか」とおっしゃっていましたが、思っているだけでなく即実行!というパワーのある視聴者ってやっぱりいるんだなあ‥とある意味感心(?)しました(笑)。

BS「銀輪の風」で「KEIRIN2011」60秒バージョンCM

BSで自転車競技の番組があると聞き、とりあえず予約録画しておいたところ、なんと「KEIRIN2011」の60秒バージョンのCMがオンエアされていました。
来週もしてくれるのではないかと思うのですが‥一度チェックしてみて下さいね^^

「銀輪の風」
毎週月曜日 BS-TBS
23:30〜24:00

4月のテレビ

■「あずみ」
日本映画専門チャンネルHD
4/3(日)18:00〜20:40
4/18(月)23:00〜25:30

■「さとうきび畑の唄」
TBSチャンネル
4/23(土)12:00〜14:20

【テレビ】オダギリジョー第一子誕生報道関連(「スーパーニュース(文化芸能部)」ほか)

オダギリ&香椎夫妻に第一子誕生というニュース、昨日、テレビでもちょこちょこやっていましたね!
全部観られていないと思いますが、私が観た中では「スーパーニュース」の文化芸能部が一番良かったかな、と思うので、そちらだけちょっと詳しく紹介しておきますね。

2/9(水) 第一子誕生報道関連番組

■「ズームイン!!SUPER」
日本テレビ
6時台 <オダギリジョーさん(34)香椎由宇さん(23)に第一子誕生>
7時台<オダギリ 香椎夫妻に第1子>
香椎さんのコメントや仕事復帰の時期について、テロップなどで簡単に紹介。

■「スーパーモーニング」
テレビ朝日
<オダギリジョー・香椎由宇夫婦に第一子の男児誕生>
香椎さんの出産のニュースと仕事復帰について紹介。

■「DON!」
日本テレビ
<オダジョー感激!香椎由宇(23)第1子出産><香椎由宇(23)第1子出産 男の子誕生にオダジョーは>
「ワラライフ」完成披露試写会の際の香椎さんのコメント映像を紹介。番組のゲストで「ワラライフ」の監督でもある木村祐一さんが「(映画の撮影中、香椎さんは)どんどん幸せそうな顔になっていった」などとコメント。



■「スーパーニュース」
フジテレビ
文化芸能部。“俳優の細川茂樹さんが結婚”というニュースのあと‥

ナレーション:‥その、幸せいっぱいの細川さんも演じた仮面ライダーの先輩で、パパになったのはオダギリジョーさん。

<パパになった“オダジョー”香椎由宇が長男出産>

画面二分割で左にオダギリのアップ。(仮面ライダークウガ(2000年)のテロップ)
右に細川さんのアップ。(仮面ライダー響鬼(2005年)のテロップ)

ナレーション:オダギリさんは、香椎由宇さんと2008年に結婚!

今度は<2008年に結婚 待望のパパ・ママに!>とテロップ入りで、左がオダギリ、右が香椎さんの二分割「映像」です*^^*
オダギリの映像はめちゃくちゃ笑顔のもの

ナレーション:結婚3年目でママになった香椎さんは‥

<香椎由宇(23)のコメント
  元気な男の子が無事誕生しました。これからこの子と一緒に過ごす時間がとても楽しみです>

と、テロップとナレーションで紹介。

ナレーション:オダギリさんと香椎さんは、11歳の年の差結婚。

ここで、突然2007年の結婚発表会見の時の映像が流れ出し‥

<2007年 香椎との結婚発表で‥>
オダギリ:僕はひとりっ子なんで、兄弟がいればいるで多分その良さもあるでしょうし‥その辺りは‥あの〜ま、話し合って、決めていきたいとは思いますけども。。その、まあ、‥できる限り、良き父親になれるように‥
(言葉は続いていたはずですが、映像はここまで。オダギリの口調は舞台挨拶の時などと違って!?^^;やや早口でキッパリしています^^)

うわあこの映像を盛り込んでくれるとは‥
というかいい意味で、心の準備なく、当時の記憶や感動を鮮明に呼び起こされてしまった感‥(>_<)

何回目かのオダギリ&香椎さんの二分割静止画面。
カメラ目線のオダギリのいい笑顔^^

ナレーション:母子ともに健康で、香椎さんの所属事務所は‥

<香椎の所属事務所
 育児状況や体調と相談しながら 仕事を再開したい>

ナレーション:‥としていまあす。‥そして!

ここで、ロッテガーナチョコレートのイベント映像の長澤まさみさんと武井咲さんが映し出されたので、もう次の話題に移ったんだなと思ったら。。

ナレーション:オダギリさんの妹役をドラマで演じた長澤まさみさんも祝福〜

<ドラマでオダギリさんの妹役を演じた 長澤まさみ(23)>

長澤さん:本当におめでとうございます*^^* (頭を下げて笑顔全開)


細川茂樹さん→オダギリ→長澤まさみさんと関連づけてのニュース紹介は素晴らしすぎる‥(笑)
しかも「仮面ライダー」はテレ朝、「妹役」はTBSと、フジテレビには何の関係もないのに‥(笑)
おめでたいニュースと不意打ちだったオダギリ会見時コメント映像、そして、長澤さんの祝福コメント映像。
フジテレビの心遣い(?)にプラスアルファのカンゲキでした(笑)。

<追加>
タイトルはオダギリに全く関係ありませんが(笑)、長澤さんのコメントに触れたニュースがありました〜

長澤まさみ「恥ずかしくてずっと心に秘めてたんですよ」 (スポニチアネックス)

「ネプリーグ」で河本さんが「オダギリジョー!」

なんとなくつけていたテレビから「仮面ライダー」という言葉が聞こえたので、はっと観てみると、「ネプリーグ」で、
『仮面ライダー1号、仮面ライダークウガ、仮面ライダー響鬼、仮面ライダーカブト、仮面ライダー電王を演じた俳優をフルネームで5人すべて答えろ』
という問題が。
解答者のトップバッターは「恐妻家チーム」(笑)の次長課長河本さん!で、大きな声で

「オダギリジョー!」

やった!いい場面観られたっ!(>▽<)
でも、次のガレッジセール ゴリさんが全く答えられず、問題はそこで終了‥(笑)
ガレッジセールのお二人なら、「オダギリジョー」は答えられたかもしれないけど、やっぱり河本さんの大きな声が嬉しかったな〜*^^*

↑ ここでついでの余談を。。
かなり昔の話ですが、オダギリが「笑っていいとも」の「犯人は誰だ!」というコーナー(「犯人」は顔を見せず、「犯人」の関係者が「犯人」についてのエピソードやヒントを紹介、レギュラー陣に「犯人」を当ててもらうというコーナー)に出演した際、まだまだ「代表作は『プラセク』」という頃ではあったものの、相当なヒントがありながらも(名前がカタカナ、とか^^;)、結局は(コーナー始まって以来初で^^;)誰にも当ててもらえなかったということがあったんですよね〜
で、その当ててくれなかったメンバーの中にガレッジセールのお二人が(笑)。
ここで問題となるのは、クウガの製作発表の際、ガレッジセールのお二人がオダギリを取材していた過去があったということ^^;
いい意味で、当時のヒーロー青年と目の前のお洒落な青年が結びつかなかったのかな、という感じでしたが、オダギリに「お二人にはお会いしたことがある」的なことを言われても、お二人は暫くポカーン‥^^;
その後、やっと思い出してくれた(というか、結びつけてくれた)お二人はかなり驚いていましたが‥河本さんが答えなかったら、ゴリさんは「オダギリジョー」と言ってくれたかな〜??(笑)

【テレビ】12/1(水)「デジマガでDA安☆吉日!」(2)

(1)より続き

「アレッ?」「アレッ?」という声とともに、画面に突然現れたのはテリー伊藤さん!
自分で「アレッ」を連発しつつ、笑顔での乱入です(笑)。

オダギリ:あれ、テリーさんじゃないすか!

ちなみに、オダギリはテリーさんが演出したテレビ番組が昔から好きだったようですが、2002年頃には福山雅治さんとテリーさんがMCをされていた番組にゲスト出演したり、デジマガでテリーさんにインタビューをしたり、プライベートでも思わぬ縁??があったりしたそうで、以降テリーさんは、自分の出演番組などでもいつもオダギリに対して好意的なコメントをして下さっています*^^*

阿部さん:わーーー
テリーさん:僕は偶然通りかかっただけですよ(笑)。(周囲爆笑)
オダギリ:えーーーーー(笑)
阿部さん:テリーさん、何持ってるんですかあ?
テリーさん:いや、これですよ。ちょっと見て下さい。

‥と、手にしていたお盆を差し出すテリーさん。
そこには、テリーさんのお兄さんの玉子焼きのお店で、テリーさんがプロデュースされたという「玉子焼きスイーツ」が。
オダギリたちの前にそのお盆を置きながら、

テリーさん:あべちゃん、やせたね!
阿部さん:あ、そうですかあ^^
テリーさん:いい女になったね!
阿部さん:(立ち上がって握手を求めながら)テリーさんだけですそんなこと言って下さるの〜!(><)

2人の様子を、間で頷きながらニコニコと見ていたオダギリにも、

テリーさん:オダギリさんもねえ!
オダギリ:お久しぶりです!なんか‥
阿部さん:黒くなっちゃってね(笑) ←マイペースにオダギリの黒の衣装を突っ込もうとするあべみさん
オダギリ:(あべみさんを振り返り)‥なに!?^^;(いきなり何のこと?という感じで)
更に、黒いオダギリの服について突っ込もうとするあべみさんですが、
テリーさん:これ、衣装じゃないっすか!
と、テリーさんがフォロー^^

テリーさん:オダギリさんはファッションセンス抜群だもんね!
オダギリ
:(しみじみ心からといった口調で)いや、テリーさんに言われたらすごい嬉しいんですよね。
テリーさん:芸能界で一番いいんじゃないの?
阿部さん
:えーー!
オダギリ:いや〜ァ、そん゛な゛ァ〜

フォークの先のスイーツに視線を落としながら、鼻にシワを寄せんばかりの表情で、唸るようにそう返したオダギリの表情には照れと恐縮の色が‥(笑)

テリーさん:(オダギリを指しながら)こんなファッションしてる人いないじゃないっすか!
オダギリ:アッハハハハ!(全開の笑顔) (周囲からも「アハハハハ」と笑い声)
阿部さん:確かになんか‥
テリーさん:いないですよ。
オダギリ:コレ(ヒラヒラとした▲がたくさんついた自分の衣装)でも、阿部さんの子供とかすごい喜びそうじゃないですか。
阿部さん:(オダギリの▲をビヨンと引っ張りながら)ね?触って噛んじゃったりとかしません?
テリーさん:(阿部さんの反対側から、同じようにオダギリの▲をビヨンビヨンと引っ張る)
オダギリ:ちょっと、2人でやめて下さいよ (周囲爆笑)
テリーさん:こういうファッションができるってほんとにいない!
阿部さん:なんかこう、黙っててもすごく絵になる‥

‥と、オダギリのファッションをテーマに語り続けてくれているテリーさんとあべみさんをよそに、照れからなのか何なのか、勝手にスイーツを口に運ぶオダギリに、「←勝手に食べちゃった」のテロップが

オダギリ:(モグモグ)あっ!美味ぁい!!
テリーさん
:美味いでしょ!
オダギリ:(また食べて)うまぁいうまぁいv
テリーさん
:ありがとうございます!

ここから暫くはあべみさんも一緒に試食タイム。美味しそうに食べる2人。
そんな中、唐突に司会進行を再開した(?)BSくんが、<デジマガが、テリーさんの『ザ・ロングインタビュー』の方にロングインタビューを敢行した時のVTR>を紹介。(「ザ・ロングインタビュー」とは、テリー伊藤さんとアナウンサーの八木亜希子さんが、旬のゲストを迎えて本音を聞き出すというトーク番組)
ここで、あべみさんが恐らく7年ぶりの「げっちゅー」を披露してくれます*^^*

2002年3月放送回。デジマガのスタジオに「天才演出家」テリー伊藤さんが登場、続いて、テリーさんがオダギリに対する印象を語るシーンが流れます。

<オダギリジョーに対するイメージは?>

テリーさん:(オダギリさんは)元仮面ライダーという匂いを一切させてないでしょ!?

テリーさんを見つめながら、じっと話を聞いているオダギリの横顔。。

阿部さん:あ〜そうかもしれない。
オダギリ:(何と言ったらいいのかといった感じで)んん〜〜‥
テリーさん:仮面ライダーの人って良いようだけども、仮面ライダーを背負っている人ってたくさんいるわけ!
オダギリ:そうですよねえ〜‥ええ。
テリーさん:だって、フランスのさあ、なんか安アパートに住んでそうでしょ!?
阿部さん:ああ〜!(笑)

この時のオダギリは、ドラマ「初体験」の敦史の時の金髪頭で、眉も細めに整えられ、とても美人さん*^^*
そういうビジュアルもあって、テリーさんも「フランス」というイメージを抱かれたところもあったのかも?
オダギリも笑いながらウンウンと頷いています(笑)。

テリーさん:ほんとそうでしょ!? 高円寺にいないでしょ!?
阿部さん:あ〜、いない(笑)。
オダギリ:(おかしそうに)フッフッフ(笑)。

<阿部美穂子の印象は?>

(続きます)

インターネットラジオで高寺さんが「大魔神カノン」出演のオダギリ関連エピソード

お知らせいただい(てい)た情報です!(ちょっと遅くなりました^^;)
インターネットラジオに「大魔神カノン」プロデューサーの高寺さんが出演され、最終話に出演したオダギリについても語られています

特撮列伝「大魔神カノン 後編」vol.57(そこ☆あに) 
→ 下のラジオのダウンロードボタンをクリック

38分頃 〜「仮面ライダークウガ」に関する話題
45〜55分頃 〜オダギリが「大魔神カノン」に出演することになった経緯や撮影の裏話など


後ほど、高寺さんのお話の内容を追記する予定です。
    ↓   ↓   ↓

続きを読む

【テレビ】1/2(日)「大河ドラマ50〜見せます!大河のすべて〜」((NHK BS hi)

■1/2(日)
「大河ドラマ50〜見せます!大河のすべて〜」
NHK BS hi  18:00〜22:00

なんと4時間の長編番組。私はやっと昨日駆け足で観たのですが、オダギリ斎藤シーン、チラチラ映っていましたね〜*^^*
また、「人気ベスト10」の人気投票でも、堂々の第2位だった「新選組!」(10位までの総投票数、なんと10万3千票を超えてます!)
最後の最後、リアルタイム投票で「義経」に1位を譲ってしまいましたが、番組終盤までずっと1位を独走で、リアルタイム人気の「龍馬伝」、高視聴率の「篤姫」、高評価の「伊達政宗」などを抑えての2位ってすごいなあと驚きでした。(一方で、両作品の共通項(主役の方の所属事‥)がちょっと気にならなくもないですが/笑
でも、7年前の作品になるのにこの人気。。10年後20年後も、変わらず上位の人気を誇っている作品になればいいなあと思いました*^^*
ただ、最後の最後での第2位は‥三谷さんはやっぱり悔しがられているかな??(笑)

「あなたの好きな大河ドラマ」ベスト10発表
1位 義経      20867票
2位 新選組!      18369票
3位 龍馬伝        17359票  
4位 独眼竜政宗   12769票 
5位 篤姫       10169票


「新選組!」が番組内で登場したのは‥まずは、他の作品についてコメントされた三谷幸喜さんの作品ということで紹介。
ビビる大木さんが『私くしに幕末の魅力を教えてくれた、ご存じ「新選組!」』とナレーションされていました^^
ピックアップされていたシーンは、「本日より壬生浪士組改め新選組とする!」場面や、黒船来航の場面、勝っちゃん婚礼のシーン、ラストシーン近く‥などなど。(★)
スタジオで、ビビる大木さんが人物写真入りフリップを簡単に解説しつつ、
「三谷さんの新選組!がいいのは、ほんとに生きていた人間たちの実年齢に近い人が演じたんですよ!」(フリップに出ている6人の隊士たちの中には、もちろん斎藤ジョーさんの写真も!)
「だから、すごくリアルに感じられてよかったんですよこれは!」
「いやあ!僕ね!あと3時間くらい下さいっ!」
と大興奮!(笑)

と、ここで↑の(★)のタイミングで三谷さんが語られていた新選組についてのお話を。

<三谷幸喜「新選組!」とボクの青春>
「なぜ新選組を選んだかというと、僕が学生時代に劇団を旗揚げして、先はどうなるかわかんないけどとりあえずやってみようって言って、仲間を集めて作って頑張ってきた、僕の青春時代にすごく重なる部分もあったので、彼らの物語だったらきっと僕にも書けるだろうし、もしかしたら僕が一番ふさわしいんじゃないかとさえ思って。
彼らの目から幕末を描きたかった。ということは、彼らをどれだけリアルに描くかってことが課題になってくるわけで、そこにはやっぱり結構笑いって必要な気がするんですよ。笑いのない人生ってあり得ないわけだから、彼らは、生活をしてたからには笑っていただろうし、楽しいこともあっただろうし。」

でもこの言葉の後に流れたのは、近藤勇のあのラストシーン。。

ナレーション(ビビる大木さん):笑いに満ちた青春ドラマだったからこそ、胸に迫るラストシーン。幕末を駆け抜けた新選組の青春を、あたくし、いつまでも、忘れませんっ!

心の準備なしにいきなり見せられたラストシーン。少しばかり動揺しました(笑)。
当時、『近藤勇の最期の言葉』を香取さんがどんな風に口にするか、楽しみにしていたという三谷さんが、香取さんの演技は本当に予想外で驚かされたと話されていたことなどを思い出し、改めて奥深い作品だったなあと思いました。

大河の見どころ「涙の名場面」というコーナーでは、ピックアップされた数作品の中に「新選組!」からのシーンが。
ここで長めに流されたのは、やっぱり「友の死」の回‥(T_T)
厳しい表情で目を潤ませる斎藤一の姿もありました。

また、渡邊あゆみアナが紹介する「私の愛した大河いい男特集」のトップバッターは、もちろん!?「新選組!」から芹沢鴨(佐藤浩市さん)(笑)。
放送当時の「新選組!」関連番組でも、渡邊さんは佐藤浩市さんにきゃあきゃあ言われていたような‥(笑)
「ニヒルな大人の男の魅力にしびれる」んだそうです(笑)。

番組の最後は「あなたの好きな大河ドラマベスト10」の発表で、「新選組!」は第2位。
放送当時は“これまでにない新しさのある大河ドラマ”という受け止められ方をしていた部分も大きかったように思いますが、新しいだけでなく、長く語られるドラマになりつつあるんだなあ。。本当にうれしいですよね。

【テレビ】12/1(水)「BSフジの10年間すべて見せます!デジマガでDAI安☆吉日!」(1)<再会、そしてGETチューv>

なかなか着手できなかったデジマガDAI安☆吉日レポですが、年末間際になってついに少〜し着手してみました^^;(観られた方も多いかと思いますが)
あまりに長いので、番組レポというよりは、オダギリが出演している場面レポという感じになるかと思いますし、最後まで辿り着くのか、何回になるのかはちょっと不明ですが‥^^;
レポに出てくる阿部美穂子さんは、基本いつでも『ニコニコ顔』での『のんびり』トークとご想像下さい^^
また、読みづらいかと思いますが、時間、パソコンの都合上等で、とりあえず会話の色を変えていないままアップしています。すみません。

では、本年もどうぞよろしくお願い致しますね!*^^*



12/1(水)「開局10周年記念番組『BSフジの10年間すべて見せます!デジマガでDAI安☆吉日!』」
BSフジ 22:00〜26:00
出演:カンニング竹山、安めぐみ、DAIGO、オダギリジョー、阿部美穂子、青木さやか、松田大輔 ほか

番組開始数分後。。
真っ暗なスタジオ。向かって右側のドアが開き、恐る恐るといった感じで入ってきたのは阿部美穂子さん。
左側扉。怪訝そうに(‥な演技で?)入ってきたのはオダギリジョー*^^*

阿部さん:(オダギリを発見し)おーー!!
オダギリ:阿部さんじゃないすか。
阿部さん:あ、オダギリさん、ってオダギー!元気だった?(と言いながら、オダギリにぴょんと近寄り、腕をペシンと叩く)
オダギリ:いやいやどうもどうも。

<2010年8月20日 7年ぶりの再会>

オダギリ:なんか‥
阿部さん:(オダギリの衣装を見ながら)なんか、すごい、すごいなあキミは今日は〜!
オダギリ:いやいやいや。
阿部さん:トゲトゲしてるぞ!

オダギリの黒を基調とした衣装には、大きな▲の飾りがたくさんついています(笑)。

BSくん:オダギリさん、あべみさん、ようこそデジマガへ!

それまで真っ暗だったスタジオがパァッと明るくなると、懐かし〜いデジマガのセットが!
そして、既にスタジオで待機していたらしいBSくんが、クラッカーを鳴らしながら「お帰りなさーい!」と二人を迎えます。(今これを打っているだけで「お帰りなさい」にちょっとじーん‥/笑)
BGMでファンファーレが鳴り、
<デジマガ 7年ぶりの復活>
のテロップ。

阿部さん:あ、BSくんも変わってないと思うけど、ちょっと(銀ピカ衣装の)素材が柔らかくなったよねえ!
BSくん:BSくん2010年バージョンです。
阿部さん:元気でしたかあ?
BSくん:元気でしたよ。
阿部さん:久しぶり〜ちょっと見せて。
オダギリ:(BSくんをちょっとつまみながら)え、こんなんだっけ(笑)。
阿部さん:すごくいいものになりましたねえ。
オダギリ:え?そうすか?デジタル放送にコレ対応してないでしょう^^;
BSくん:何はともあれ、席の方にどうぞどうぞ。
オダギリ:座らせますぅ?^^;(首筋をかきながら顔をしかめて)
BSくん:折角ですから。
オダギリ:やるんっすか?

とりあえず無駄な抵抗を試みているオダギリ(笑)。

BSくん:懐かしいでしょう?このセット。
オダギリ:ま〜そうですね。見たことあるような気がしますね。‥え〜ッ、も、ほんとにやるんだァ^^;

ついにやっと、シブシブMC席に着席するオダギリ。
もちろん、向かって右側のお隣りには、かつての相棒あべみさんも着席です^^

阿部さん:(お隣りのオダギリをじっと見ながら)でもなんか変わってない!オダギ^^
オダギリ:あ、そうっすか?
阿部さん:なんかでも、ここ(自分の両頬を押さえながら)が更に細くなったような気がする。
オダギリ:あれですよ、あの、ヒゲのシャドーですよ。
阿部さん:あ、ヒゲのシャドー。ヒゲという名のシャドー?
オダギリ:そうですそうです。
阿部さん:お化粧してないんですねえ?
オダギリ:してないですよ。ほぼ。‥‥そんな話はどうでもよくないっすか?^^;
阿部さん:久しぶりすぎて‥(笑)。同窓会みたいですねえ
オダギリ:今日同窓会ですよ!
阿部さん:今日同窓会なんだぁ。じゃ何やる?
オダギリ:それは僕が台本も何も読んでないんで‥
阿部さん:
えーーー(笑)(周囲から笑い声) 
でも私も台本に目を通そうとしたんですけど、本みたいに分厚くて、最後まで読んでないですね。
オダギリ:やっぱりねえ〜^^;(顔をくしゃっとさせて)ダメな二人なんっすよ。そら番組も終わりますよ。こんな二人じゃ(笑)。

オダギリの言葉の後に、ダメダメな感じで『ゴーン』と鐘の音が入れられ、周囲からも大きな笑い声が起こっています(笑)。

阿部さん:それで終わった〜?(笑)
オダギリ:(キッパリ)ハイ。
BSくん:二人に当時のことをしっかり思い出してもらうために、VTRをご覧いただきたいと思います!VTRどうぞ!

続きを読む
管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
をご覧ください。

------------------------
<2017年>
------------------------
【3月】
10(金)
『オーバー・フェンス』DVD&Blu-ray発売
23(木)
『BOTTLATTE CM「日本のオフィスにはリラックスが足りない」篇』オンエア中
------------------------
【4月】
26(水)
『湯を沸かすほどの熱い愛』DVD&Blu-ray発売
27(木)
「ユリイカ5月号」(鈴木清順監督特集にオダギリのエッセイが掲載)
------------------------
【5月】
11(木)
映画『いぬむこいり』にオダギリコメント
------------------------
【10月】
6(金)
『エルネスト』公開
待機作品
映画『エルネスト』
・2017年10月6日TOHOシネマズ 新宿ほか全国でロードショー
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
映画『南瓜とマヨネーズ』
・2017年11月新宿武蔵野館ほか全国ロードショー
・監督・脚本:冨永昌敬監督
・原作:魚喃キリコ『南瓜とマヨネーズ』
・ハギオ役
・出演:臼田あさ美、太賀、オダギリジョー、浅香航大、若葉竜也、大友律、清水くるみ、岡田サリオ、光石研 ほか
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ