■下のエントリーに、高崎映画祭関連記事を追加しています。


■高崎映画祭に参加された方が、授賞式に参加したオダギリの様子を早速お知らせ下さいました!(フェイさん、ありがとうございます!)

3/28(日)第24回高崎映画祭授賞式
高崎市文化会館
今日17時より、高崎市文化会館で第24回高崎映画祭授賞式が行われ、「空気人形」で最優秀助演男優賞を受賞したオダギリも予定通り参加*^^*(「空気人形」は最優秀作品賞、最優秀主演女優賞、最優秀主演男優賞、最優秀助演女優賞、最優秀助演男優賞を受賞し5冠)
花束贈呈は、オダギリの回だけJA高崎ハムの代表の方からだったそうで、場内も大ウケ&大盛り上がり!だったとのこと‥(>▽<) 主催者側も参加者側も事ジョーをよくわかっていらっしゃる!という感じですよね〜!(笑)

表彰の際に読み上げられた「受賞理由」は、
『人形を生みだす技工士は、最も人形を理解し、また人間を理解している、いわば神に近い存在。このファンタジーと現実を繋ぐ重要な役どころを、冷静さと情の深さを併せ持つ、神聖かつ柔和な人物として演じ上げたところを評価‥』
というものだったそうです。
普段、なかなか受賞理由まで知ることができないので、私にとっても本当に興味深く、嬉しく、納得!のお話でした。

賞状を受け取ってからのオダギリの挨拶は、

『え〜と、ありがとうございます。人生で初めて(主演男優)賞をいただいたのがこの映画祭でした。
毎回ハムを頂けて最高です。
高崎ハムのお陰で僕は生きています。
(場内爆笑)
作品選びとセンスの面で(この映画祭は)僕と合ってるんですね。
高崎映画祭
は、日本で貰える唯一嬉しい賞です!
また頑張って仕事をして、ハムを貰いたいと思います。』

‥というものだったそうで、会場内は当然ながら!? 爆笑&拍手!‥だったそうです*^^*
ちょっとオダギリらしい毒舌も入ってますが(笑)、毎回こんな風に言えるのは、やっぱり本気で嬉しいからなんでしょうねぇ(>▽<)
ただ、オダギリは東スポ映画祭もいつもかなり喜んでいるので、「唯一嬉しい」はやっぱり「ハム」=「唯一本気で嬉しい副賞」ということなのかなぁ?(笑)

それから、記事にも少し出ていましたが、最優秀主演女優賞を受賞された小西真奈美さんが挨拶の中で、「オダギリさんの(パンフレットの)紹介のところで、ハムを貰えると分かり‥」とハム話をリレーされたようですね(笑)。
(記事には『‥来年もハムをもらえるよう頑張る』と言われたとありましたね/笑)
オダギリのハム話を拾ってもらえた!?こと(笑)、そして、オダギリ&小西さんというゴールデンコンビ(笑)が三たび目に見られたこと‥が嬉しかったです*^^*

また、是枝監督が『ペ・ドゥナさんだけでなく、ここに来ているほかの3人も難しい役をよく演じてくれて、監督として感無量』という風に話されていたそうです。
この監督のコメントに、数日前に届いた「空気人形」の特典映像をちょうど見たばかり(よかった!)私も、感無量‥でした(笑)。