★現在、海外などからのスパムコメント対策として、PCからコメントを頂く場合、認証が必要な設定にさせて頂いています。お手数をお掛けしますが、どうぞよろしくお願い致します(>_<)

◆作品についての感想を語り合いましょうv
→【ネタバレ感想OK】作品リスト
→【ネタバレ感想OK】 「湯を沸かすほどの熱い愛」 / 「オーバー・フェンス」 / 「ムジカ・ピッコリーノ」 / 「重版出来!」 / 

◆オダギリ話題でもそうでなくてもOKです。お気軽にどうぞ。 ◇ B B S ◇

<「時効警察」霧山修一朗メガネ再現復刻企画>をお知らせいただきました。→ 経緯商品紹介


※ブログに掲載している文章、画像、イラスト等の無断引用、転載はご遠慮下さい。

■■ 2008年 ■■■

【WEB】「PLASTIC CITY」オフィシャルサイトがオープンしていました。。

ちょっと忙しくて、メールその他、お返事できていなくてすみませんm(__)m

■まだ準備中のようですが、「PLASTIC CITY」のオフィシャルサイトがオープンしているとお知らせいただきました。
「PLASTIC CITY」のオダギリのビジュアルはかなり男性的なのに、表情は子供のような、ものすごい美人さん(?)のような(>_<)

「PLASTIC CITY」オフィシャルサイト


■こちらでもブログが更新されていますね!

「悲夢」オフィシャルサイト →News Blog

梅田ガーデンシネマで「プラスティック・シティ」

大阪でも3月公開なんですね。
もうご存知だったかも?ですが、「プラスティック・シティ」が梅田ガーデンシネマHPに出ていました^^

梅田ガーデンシネマ

現在発売中の「週刊新潮 2009年1月1・8日新年特大号」にオダギリ話。

12/24発売の「週刊新潮 2009年1月1・8日新年特大号」p.163に、松岡錠司監督の「贅沢な時を求めて」というコラムがあるそうなのですが、今回松岡監督がその中で、「オダギリジョーとのバタフライの会を結成」ということについて語っていらっしゃるそうです〜
(今日買おうと思っていたのに買えなかった。。)

ヒューマントラストシネマのサイトで「プラスティック・シティ」の画像

ヒューマントラストシネマ(旧アミューズCQN、シネアミューズ)のサイトで、「プラスティック・シティ」のポスター(?)が見られるとお知らせいただきました!
シンプルな色と、物憂い感じのオダギリの眉がいいなv

ヒューマントラスト → 上・上映作品&近日公開作品 → 「PLASTIC CITY」クリック



それにしても‥以前、お話でお知らせいただいてはいましたが、シネカノン系の2劇場の名前がほんとに変わっちゃったんですね〜(T_T)
アミューズCQNの方は「悲夢」関連で変わったことは知っていましたが、やっぱりシネアミューズもだったんだ。。
シネ・アミューズは、オダギリが本当に気合いを入れて取り組んでいた「アカルイミライ」の公開館だったから、とっても思い出深いんですよね‥。
映画館はあるのでいいですけど、名前が変わるってやっぱり寂しい‥。

飯島愛さん。

悲しいニュースに便乗して過去の記事を‥というようなことはやめておこうかなと思っていたのですが、オダジョーという言葉があったので。

追悼・飯島愛さんと映画…裸の天使役や「プラトニック・セックス」には加勢大周やオダジョーも(シネマトゥデイ)



過去の関連記事の一部です。
ヴィジュアル的には「嫉妬の香り」の「誠」の頃でした。

飯島愛原作 映画「プラトニック・セックス」完成披露記者会見&完成披露試写会
飯島 愛『プラトニックセックス』映画化!(All About)
飯島愛原作 映画「プラトニック・セックス」公開初日舞台挨拶

続きを読む

【雑誌】「HOT CHILI PAPER Vol.50」に「悲夢」予告篇DVD

こちらの「HOT CHILI PAPER Vol.50」に「悲夢」関連記事と下でお知らせした「悲夢」オフィシャルガイドブック情報、それから「悲夢」予告篇入りのDVDがついているそうです!

HOT CHILI PAPER Vol.50(DVD付)
HOT CHILI PAPER Vol.50(DVD付)

「エグザイル/絆」で来日したアンソニー・ウォンの単独インタビューに。。


December‥ 先月「エグザイル/絆」のために来日されていたアンソニー・ウォンさんの単独インタビューの中で、こんなオダギリについてのコメントがありました。(VAと同じかな?画像は本文とは関係ありません^^;)


続きを読む

1月末「悲夢」オフィシャルガイドブック発売

お知らせいただいた情報ですが、 「悲夢」のオフィシャルガイドブックが1月末、エイチ・シー・ピーの方より発売になるそうです!
内容は、
レスリー・キー氏によるオダギリジョー撮り下ろしグラビア
キム・ギドク監督ソウル独占ロングインタビュー
キム・ギドク監督×オダギリジョー対談
出演者、スタッフインタビュー、映画ロケ地ガイド
‥などだそうです。
個人的には、オダギリとは二度目?となるレスリー・キー氏の撮った写真が楽しみ^^
また詳しいことがわかり次第お知らせしたいと思います。

【雑誌】12/20『SWITCH Vol.27 No.1 2009年1月号』

12/20「SWITCH Vol.27 No.1 2009年1月号」

SWITCH vol.27 No.1(スイッチ2009年1月号)特集:オダギリジョー[新しい自分の愛し方]
SWITCH vol.27 No.1 2009年1月号
スイッチ・パブリッシング
表紙
“IXY DIGITAL広告”
 表紙裏見開き2p

<特集 オダギリジョー>

“FROM EDITORS /ロードムービーが始まる” モノクロ1p p.5

“オダギリジョー /dazzling red”(グラビア) p.20〜33(モノクロ12p カラー2p)

“ODAGIRI JOE LONG INTERVIEW /新しい自分の愛し方” p.34〜39(グラビア1p、テキスト5p)

“ODAGIRI JOE IN BRAZIL /奪われ続ける視線” p.40〜43(グラビア3p、テキスト1p)

“キム・ギドク監督 /オダギリジョーが「悲夢」にもたらしたもの” p.44〜46(「悲夢」写真&キム・ギドク監督インタビュー)

“イ・ナヨン” p.47(「悲夢」 写真&イ・ナヨンインタビュー)

“旅が残す足あと /IXY DIGITAL×Switch” p.48〜49(グラビアほか)


数え間違いでなければ、表紙、広告も入れて34ページの大特集!!
特集という言葉は、やっぱりこういうことを言うんだよね、なんて一人心の中で力強く頷いてみたり。
先に『見落とさないで〜』ということで、p.5の「ロードムービーが始まる」というページについて。
パラパラ‥と捲ったとき、『‥あれ?オダギリの手?』と思って手を止めるとやっぱりそうでした。
グラビアを撮られたフォトグラファーの方の「さくらな人たち」などについてのステキなお話も載っていますので、どうぞお見落としのないよう。
続きを読む

「悲夢」初日に映画館にてプレゼント。

「悲夢」初日、新宿武蔵野館とヒューマントラストシネマ渋谷にて「悲夢」を鑑賞された方に<「IT'SDEMO × Himu コラボウォーター」をプレゼント(限定数)>だそうですね。

「悲夢」公式サイト → News

【WEB】「悲夢」会見記事追加

■内容は既出のものですが、下の番組をチェックをしている時に偶然見つけた「悲夢」の記事です。

『悲夢』会見にキム・ギドク監督と主演のオダギリジョーが出席、互いの信頼感で作品への自信をアピール(韓流マガジン)

「BS熱中夜話 /新選組」アンコール放送、民放、BSでオダギリ作品。

■2週に渡って放送のあった「BS熱中夜話 /新選組」の放送内容の詳細がアップされていますね。
18日放送分<第2夜:詳細レポートはこちら>では、斎藤一さんに関するスタジオのみなさんのコメントや、名場面『この旗が俺を拾ってくれた。俺は一生かけてこの旗を守る!たとえひとりになっても。局長!俺がいる限り、新選組は終わらない』‥なんて台詞の紹介もありますよ*^^*
BSを観られない方は、こちらで番組内容をチェックなさっては。。
年末にアンコール放送もあるそうですよ!

→◇BS熱中夜話

<アンコール放送予定>
12/30(火)
「BS熱中夜話」(NHK BS-2)
15:15〜「新選組」(前編) /16:00〜「新選組」(後編)



■深夜ですが、年始に民放で「叫」と「メゾン・ド・ヒミコ」の放送があるとお知らせいただきました。あと、BSで「時効警察」の放送や「転々」も。

1/1(木)25:05〜「叫」(TBS)

1/2(金)26:40〜「メゾン・ド・ヒミコ」(日本テレビ)

1/3(土)7:30〜 「転々」(WOWOW 193ch)

1/7(水)23:00〜23:55「時効警察」(第1話〜)(BS朝日) 
    →<以降毎週水曜23:00放送>
テレ朝ドラマセレクション

【雑誌】『マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan』『ピクトアップ#56 2009年2月号』

■もうかなりの方がお持ちかな?ですが、現在発売中の「weeklyぴあ」表紙裏にuno広告が掲載されています。


■12/17「マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan」

マドリDEエンタテインメント Variety Japan (バラエティ・ジャパン)
マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan
リード・ビジネス・インフォメーション
“巻頭特集:2009年超話題作の舞台 早くも魅惑のあの場所へ /夢がつなぐふたりの部屋「悲夢」” カラー4p p.50〜53

少々ギョッとするものもありますが、映画のワンシーンからではなく、“ジン”として存在しているオダギリの姿を切り取った‥というようなスチール写真が5点。
1枚1枚が大きめなので、とても見応えあり。
ちょっと物哀しいものになるかな‥だけど、佇まいや陰影が本当に美しいので、是非「悲夢」写真集のようなものを出してもらいたいな!と思ってしまった。
あと、「ジンの家はカフェ(で撮影)」と監督がおっしゃっていますが、そういえば以前韓国の方から、「オダギリさんの役の家はお店で撮影していた」と知らせていただいたことがありました。
本を買う前、「マドリ」ってなんだろう?‥と思い、「ドリ」というアクセントで読んでいたのですが、『部屋を見れば、主人公の人となりがわかる!』とあったので、なるほど「間取り」のことなんだ‥!と(笑)。
そう言われると余計、どんな家?どんなカフェ?と気になってくる。そのチェックも楽しみです。
「マドリ」の特集p.92には、「THE有頂天ホテル」のホテルアバンティの間取り図もあり^^



12/18 「ピクトアップ#56 2009年2月号」

ピクトアップ 2009年 02月号 [雑誌]
ピクトアップ #56 2009年2月号
ピクトアップ
“PICT LIFE DVD /「たみおのしあわせ」” カラー1/3  p.36 ‥来年2月に発売される「たみおのしあわせ」DVDの紹介。写真2点。
“オダギリジョーwithキム・ギドク /日々の違いを確実に受け取ること” カラー4p p.44〜47

表紙近くのコンテンツページに小さ〜な写真が2枚。
バックナンバーのページ(p.105)に、オダギリが表紙だった「ピクトアップ#34」の写真。

【WEB】IXY DIGITALサイトで<Eyes of JOE ODAGIRI><旅が残す足あと>

IXY DIGITALのサイトが更新されているとお知らせいただきました。
またまた素敵なコンテンツですよ〜(>_<)

Canon /IXY DIGITAL /SPECIAL →Eyes of JOE ODAGIRI /旅が残す足あと

「BS熱中夜話 /新選組(後編)」(NHK BS2) /斎藤一

現在放送中です〜!

*   *   *   *   *  

かつて毎週お名前を見ていた“山村竜也”さんのお顔を見られたことが、先週の一番の感動だったりした私ですが、番組の最後、「あなたにとっての“誠”とは?」という質問に、即、「浅井誠!」と答えたりしていた更にアホな私‥^^;
番組では、史実とドラマの話や感想が入り混じっていたのが、なんだかちょっと不思議な気はしましたが(笑)、でもほんと懐かしい映像満載の嬉しい番組でしたね!

以前募集されていた「語ってほしい好きな新選組隊士は誰?(近藤勇・土方歳三・沖田総司は除く)」の発表があるということで、大河リアルタイム放送時の話題性と人気、それから「語ってほしい」→その後の人生も?=長生きした人?ということを合わせて考えて、私は、
1位山南敬助 2位斎藤一 3〜5位辺りに永倉さん、佐之助、源さん、山崎烝
‥かな〜と思っていたのですが、なんと斎藤一が1位!でしたね。
リクエスト募集が3人単位だったので、史実においてもドラマにおいても、3番目くらいまでには必ずリストに入れたくなる人物、存在だったんだなぁと。
時尾さんの話も出ていましたね。スタジオの反応が一瞬『‥‥!?』という感じだったのがちょっとガッカリ!?でしたが(笑)、考えてみれば当たり前ですね(笑)。

「BS熱中夜話」(NHK BS-2)
<語ってほしい新選組隊士ランキングベスト10>

続きを読む

08年12月〜09年1月「悲夢」関連雑誌情報更新です。

公式の雑誌情報が更新されましたね!

オダギリジョーオフィシャルサイト

■雑誌情報

<2008年12月>
12/20 SWITCH 2009年1月号(Vol.27 No.1) 
SWITCH vol.27 No.1(スイッチ2009年1月号)特集:オダギリジョー[新しい自分の愛し方]
SWITCH vol.27 No.1(2009年1月号)
特集:オダギリジョー 新しい自分の愛し方

詳しい内容はこちらから→ Switch


<2009年1月>
1/6 Cinema☆Cinema  ‥キム・ギドク監督×オダギリジョー対談の予定

1/6 +act. 19 ‥「悲夢」
no-image
+act. 19(予約可)




1/10 Roolling Stone日本版2月号 ‥「悲夢」no-image


Rolling Stone  日本版 2009年2月号(予約可)



1/19 Cut 2月号 ‥「悲夢」

1/21 映画秘宝3月号 ‥「悲夢」

(1/21 ピクトアップ ‥「悲夢」)→となっていますが、現在発売中の「ピクトアップ」にもオダギリの記事が掲載のはず‥。2号連続?それとも間違い?
↓今発売中のものはこちらです。
ピクトアップ 2009年 02月号 [雑誌]
ピクトアップ 2009年2月号


<2009年2月>
2/5 GYAO magazine 3月号 ‥キム・ギドク監督×オダギリジョー対談の予定

2/8 CREA3月号 ‥「悲夢」


★公開直前weeklyぴあ「悲夢」
★公開直前シネマトゥデイ「悲夢」

‥というものもありましたが、これはいまひとつ不明??

「マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan」に「悲夢」関連記事が4p

「マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan」という雑誌に、カラーで4ページ「悲夢」の記事が載っているそうです。(内1ページはキム・ギドク監督のインタビュー)
この雑誌はこれまでに買ったこと、あったかな?
ほんと、いろいろな雑誌がありますねぇ‥

マドリDEエンタテインメント Variety Japan
マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan(08/12/17発売)

【雑誌】「Sweet 09年1月号」にIXYオダギリが4ページ

いつも買っているという方がお知らせくださったのですが、現在発売中の「Sweet 1月号」の巻頭近くのページに、IXYの広告が5ページ掲載されています*^^*(内、オダギリが写っているのは4点→4ページ)
多分、先日「JRのドア横スペースにIXYオダギリ」とお知らせしたものと同じかな?
IXYのサイトでダウンロードできる“スクリーンセイバー”と同じ衣装で、バシッとカメラ目線のもの、見上げるような角度のもの、スクリーンセイバーのようにジャンプしているもの、ジャケットを羽織って見返り美人のもの‥などなど。
どれもステキですが、何かを飛び超えようとしているかのようにジャンプしているフォームが本当にステキ!!で、暫くぼんやり眺めてしまった‥。

sweet (スウィート) 2009年 01月号 [雑誌]sweet  2009年1月号

【雑誌】「日本映画magazine winter2008 vol.7」に「悲夢」記者会見記事

現在発売中の「日本映画magazine vol.7」に「悲夢」の会見の記事が1ページ掲載されているとお知らせいただきました。

日本映画マガジン 7 (OAK MOOK 258)
日本映画magazine vol.7 (OAK MOOK 258)


■「日本映画magazine winter2008 vol.7」
オークラ出版
“SCOPE★SCOPE /オダギリジョー初の海外作品は苦くも美しい愛の物語” p.50 カラー1p 

写真は会見時のものが3点、映画から1点で1/2ページほど。
キム・ギドク監督と写っているオダギリの表情が自然で、笑顔もステキです。
あと、会見の二人のコメントを、その様子とともにまとめたテキストが1/2ページ。
『(「悲夢」の記者会見)会場に用意された席数を遥かに越える人数の報道陣が詰め掛け、本作に対する関心の高さが窺えた』とあり、改めて、そうだ、キム・ギドク×オダギリジョー作品なんだ!‥と思いました。

TSUTAYAの「VA」でアンソニー・ウォンさんがオダギリコメント /下高井戸シネマで「たみおのしあわせ」

■下の記事に、お知らせいただいたIXY広告情報を追加しました。

こちらもお知らせいただいた情報です*^^*

■「プラスティック・シティ」で共演したアンソニー・ウォンさんが、TUTAYAのフリーペーパー「VA」のインタビューの中で、「最近、『PLASTIC CITY』でオダギリジョーと共演したが、彼はとてもいい男だったよ!」と言われているそうです。私もまだ見られていませんが、楽しみv

年末〜年始にかけて「たみおのしあわせ」が下高井戸シネマで上映されるそうです。(しかも1月2日は映画の日ということで1000円デーだそう!)
外は寒いけど、映画館の中では一気に初夏の気分に引き戻されそうですね。

たみおのしあわせ」
12/27(土)〜1/4(日)(12/31、1/1は休館)
19:05〜の回のみ上映

下高井戸シネマ→ SCHEDULE 

オダギリ広告引き続き展開中

<追加>
大阪のヨドバシ梅田の1階付近の柱もIXYオダギリだそうですね。(前もそうでしたね〜)
また、梅田ダイビルの地下1階にある「キヤノンプラザ梅田 /キヤノンギャラリー梅田」でも、IXY広告に逢えるそうですよ!(キヤノンギャラリーは梅田のほか、東京数箇所、札幌、仙台、名古屋、福岡などにあります)



■週末、大阪阪急梅田駅改札前の円柱の柱が、全部IXYオダギリだと、オダギリファンではない人から知らせてもらいました(笑)。 で、先ほどJRに乗ったら、ドア横の広告スペースがオダギリでしたよ〜少なくとも2バージョンはありました^^ (いつも東京と大阪のことしかわからずすみません。。)

シネマート六本木で「アカルイミライ」。

お知らせいただいた情報です〜

黒沢清監督の「トウキョウソナタ」が今日から公開となる関係から、でしょうか。シネマート六本木で今日(13日)から「アカルイミライ」が上映されるそうです。

シネマート六本木→下・近日公開作品「アカルイミライ」
12/13(土)〜19(金)
11:30の回のみ

「たみおのしあわせ」メイキング

スタイルジャムのブログの方で、現在制作中の「たみおのしあわせ」DVD特典映像についての紹介が出ていますね!
<セル版、レンタル版の両方に特典として入るコメンタリー音声はなんと!岩松監督、オダギリさん、麻生さんの豪華な三人>とのこと‥!
よく「二人」というものはありますけど、三人は本当に豪華!楽しみですねぇvv

『たみおのしあわせ』メイキング(Stylejam live live live!!)


たみおのしあわせ [DVD]
たみおのしあわせ [DVD](08/2/6発売)

関西でもIXYクリスマスバージョン

大阪地下鉄梅田駅などにも、クリスマスバージョンのポスターが掲示中と聞きました^^

【雑誌】「Cinema★Cinema No.15」で「悲夢」「プラスティック・シティ」が紹介

■現在発売中の「Cinema★Cinema No.15」のp.24に、「悲夢」と「プラスティック・シティ」の紹介記事が2/3pほど掲載されています。
写真は、「悲夢」は初めて見るキレイな色のものも含めて3点、「プラスティック・シティ」は2点掲載です。

no-image
Cinema★Cinema 15

【雑誌】「キネマ旬報12月下旬号」に「悲夢」記者会見記事

現在発売中の「キネマ旬報12月下旬号」に、「悲夢」記者会見の記事が1p掲載されています。(p.10、大きめの写真が2点)
「キネマ旬報2月上旬号」には監督のインタビューが掲載予定だそうです。

キネマ旬報 2008年 12/15号 [雑誌]
キネマ旬報 2008年 12/15号

IXY DIGITALのクリスマスバージョン看板が出現中

昨日(もう一昨日かな)、例によってJRのホームで見たのですが、IXYのクリスマスバージョン(オダギリに多分変化はない気がしますが、クリスマスっぽいシーンで女性が写っているもの)の看板が出現中のようですね!
そういえば、CMもいつの間にかクリスマスバージョンに変わっていますね〜(こちらもオダギリ部分は同じで、女性のシーンだけが違うような感じ?)

閉館するシネカノン神戸で「転々」「ゆれる」「パッチギ!」などが上映(12/6〜)

下の記事に、とりあえずで載せていた情報の追記をしようと、シネカノン神戸について調べていてビックリ!
ええ〜シネカノン神戸って閉館するんですか!?
私は行ったことはないですが‥単館系の映画を上映してきた映画館なので、オダギリ作品もたくさんお世話になってきたはずなのに‥悲しいなあ(T_T)

でも、最後にとっても素敵なイベントがあるようです!
『5年間、ありがとうございました』ということで、シネカノン神戸では、12/6(土)より連日『シネカノン神戸ベストセレクション』という上映会を開催、『5年間に及ぶ上映作品の中から厳選された傑作・46作品を日替わりにて連続上映』とのこと。
「転々」「ゆれる」「パッチギ!」のほか、キム・ギドク監督作品なども上映されるようです。しかも料金は500円均一‥!
神戸近くにお住まいのみなさん。是非是非、シネカノン神戸の最後を盛り上げていただければなあと思います‥!(T_T)(私も行きたい)


◇「シネカノン神戸ベストセレクション」
12/6(土)〜12/20(土)
(★)10:00/(A)12:30/(B)15:30/(C)18:30
特別感謝料金500円均一(当日券のみ)

上映作品の詳細はこちらから。(すごいラインナップです!)
シネカノン神戸 →下の方「シネカノン神戸ベストセレクション」


例えば、わかりやすいオダギリ繋がり(?)のある作品を少し紹介しますと‥

続きを読む

12/18発売の「ピクトアップ#56」にオダギリ /「ザ★スーツ」にunoオダギリ

■12/18(木)発売の「ピクトアップ#56」にオダギリの記事が掲載されるそうです!
こちらのオフィシャルサイトで小さめの画像が出ています。

ピクトアップ



■もう一つ。こちらもお知らせいただきました。
現在発売中の「ザ★スーツ」という本の芸能人部門トップのページで、unoCMのオダギリのスーツ姿が紹介されているそうです〜

ザ☆スーツ
ザ☆スーツ

【WEB】狂おしいほど切ない、愛しい人に出会う夢 オダギリジョー主演「悲夢」初日決定

こちらの記事では、公開日が2/7(土)になっていますね。

狂おしいほど切ない、愛しい人に出会う夢 オダギリジョー主演「悲夢」初日決定(CINEMA TOPICS ONLINE)


しかし‥気になるのはなぜ「描かれております」?
誰が書いた文章なんだろう?(笑)

追記しました。「梁石日“血”の咆哮」(NHK)オンエア中 /「ゆれる」が二本立て

■「血と骨」の原作者、梁石日さんや著書「血と骨」を取り上げた番組「知るを楽しむ」がNHKでオンエア中です。
1回目の放送は終了していますが、10日にリピート放送があり。
(1回目の放送では、映画に関する話題は特に出なかったそうです。詳しい内容はリンク先で)

「知るを楽しむ」 (NHK)
12月 
梁石日“血”の咆哮(全4回)
第1回再放送12/10 5:05〜5:30



■↓内容を訂正しました。
明日から三軒茶屋中央劇場にて、「ゆれる」が「フラガール」と2本立てで上映だそうです。

12/6(土)〜12/12(金)
「ゆれる」「フラガール」の2本立て
三軒茶屋中央劇場

「悲夢」日本語Trailerとネイルシール

himu


















↑ 肝心のシール部分がよく見えませんが、前売りについていたネイルシールです。
さまざまな形をした白い蝶とクリンクリンとした模様(?)です。


■「悲夢」オフィシャルで日本語の予告映像がアップされていますね。
オダギリの日本語の台詞になんだか鼻の奥がツーン^^;

「悲夢」オフィシャルサイト →Trailer

「悲夢」モバイルオフィシャルサイト

「悲夢」オフィシャルサイトのトップページに、モバイルサイトのQRコードが表示されていますね。(今気づいた‥)

「悲夢」オフィシャルサイト(右下)

11/29(土)深夜に関西テレビで「イン・ザ・プール」

■下の記事に、「悲夢」関連ニュースを1つ追加しました。


■明日土曜深夜に、関西テレビで「イン・ザ・プール」のオンエアがあるそうです。

11/29(土)翌1:50〜「イン・ザ・プール」
関西テレビ(番組表)

やっぱり、ゴールデンタイム枠やお昼枠とは違って、深夜枠なんだ〜とおかしくなってしまいました。(いろんな意味で当たり前‥?)
「ハッピーフライト」にフジテレビが関わっていることと、田辺誠一さんが出演なさっている作品だからかもしれないですね!(ありがとう田辺さん!)

貴重な民放放送なので、初めて観る方はもちろん、観たことがある方も、リアルタイムで観られたらいいのになぁ(って私は観られないのに無責任‥)と思いつつも、翌日日曜とはいえ、ちょっと遅いですねェ^^;
ただやっぱり、オンエア視聴とDVD視聴って、例え録画したものであっても、気分が全然違う(笑)。
自分でもヘン!と思いつつ、私がよくやるのは、DVDは持っているのにそのDVDはあまり観ず、オンエア分(もしくはわざわざ録画したもの)を嬉々として視聴すること。。
なんか‥特別、その作品や誰かのファンでなかったとしても、この放送を楽しみに待っていた人がいたかもしれないなぁ!とか、たまたま観た人が『よかった』と思っているかもしれない!とか、この視聴がキッカケで、作品や「オダギリジョー」に興味を持った人がいるかもしれない!‥なんて、どこかで一緒に(?)観ている人のことを、あれこれ考えながら観るのが、未だにほんと、大好きなんですよねぇ‥^^;

あと、余談の余談ですが‥たまたま家にいた時、たまたまテレビをつけていた‥というだけなのに、最近、朝の情報番組や夕方の報道番組(特にフジテレビ系列)のBGMで、「オダギリ作品サントラ」使用場面に遭遇する率がやたらと高くてビックリ!です。
例えば「新選組!」「時効警察」「仮面ライダークウガ」「THE有頂天ホテル」「オペレッタ狸御殿」「ビギナー」などなど‥。(別番組で数回耳にしたものもあり)
「クウガ」サントラ話題は度々出している気がしますが、「クウガ」放送終了直後から、『フジテレビ情報番組での犯罪ニュース報道で、「クウガ」サントラが使用されている率』ってかなり高かったんですよね。。(ほとんどグロンギバージョンばかりですが)
で、最初は『わ〜v』と喜んでいたのですが、そのうち『そればっかりもどうなの‥』『また使ってる‥』となり‥。
でも、最近ではそれももう超えて、『よっぽどのハマり曲だと思われているんだ〜^^』『フジテレビ内にクウガファンがいる?*^^*』‥なんて、勝手に思い込んでます‥(笑)

【WEB・動画】「悲夢」記者会見(オダギリジョー&キム・ギドク監督)

<11/26付記事追加
『悲夢』のキム・ギドク監督とオダギリ ジョーが会見(47NEWS)



下にあるページ番号をクリックすると、記事の続きが出てきます。

オダギリジョーと3大映画祭の制覇に期待がかかるキム・ギドク監督の描く恋愛とは?(日経トレンディネット)


こちらは記事と動画。38分の動画に比べたら‥ですが、通訳さんの声がかぶっていないので、キム・ギドク監督の生の声がじっくり(?)聞けます(笑)。

【動画・来日記者会見】日韓の才能が終結した映画「悲夢」 キム・ギドク監督×オダギリジョー 仕事を超え親友になった2人の男 (MovieWalkerレポート)(3分45秒)

【動画】「悲夢」記者会見◆淵ダギリジョー&キム・ギドク監督)

大きめの画像がとても素敵です。(下にもたくさんあり)
また、40分近くもの動画が観られます!*^^*

【動画】「悲夢」会見 オダギリジョー×キム・ギドク監督 (JANJAN)(38分39秒)

【WEB】「悲夢」記者会見(オダギリジョー&キム・ギドク監督)

更に追加分です。
(下の記事に「悲夢」記者会見の動画を1つ追加しました。)

『悲夢』会見でキム・ギドク監督、オダジョーが「相思相愛」(朝鮮日報)

こちらでは会見の詳細が。
キム・ギドク監督オダギリジョー主演「悲夢」記者会見(K-PLAZA.com)

こちらはお知らせいただきました。下にも写真があり。拡大される画像の大きさにびっくり!
男優のオダギリジョーが出席した映画『悲夢』の記者会見。(TimeWarp)

オダギリジョーの出演に韓国人女優の出演依頼が殺到!監督が明かす(@ぴあ)


スタイルジャムのブログの方では、「悲夢」取材のために用意されたオダギリの衣装が画像で紹介されています^^
『悲夢』オダギリさんのお洋服(stylejam live livel ive!!)

こちらには会見の様子を横から撮られた写真がアップ。
『悲夢』記者会見(stylejam live livel ive!!)

【動画】「悲夢」記者会見(オダギリジョー&キム・ギドク監督)

動画です^^

【動画】
<追加>
これは下のものとは違うシーンです!
オダギリジョー 初の本格ラブストーリー(YOMIURI ONLINE 芸能動画ニュース)


オダギリジョー 夫婦円満の秘けつは?(YAHOO!JAPAN)

オダギリジョー 夫婦円満の秘けつは?(時事通信)

【WEB】「悲夢」記者会見(オダギリジョー&キム・ギドク監督)

「悲夢」会見記事の追加です。
内容はほぼ同じようなものですが、画像がちょっと違うかな。

オダギリジョー 夫婦愛は「遠距離でも」(デイリースポーツ)

オダギリジョーぶっ飛んだ内容の「夢日記」 (スポニチ)

下に画像あり。
オダギリ ジョー「離れているからこそ」(サンスポ)

キム・ギドク監督がオダギリジョーの知られざる一面を暴露!「悲夢」会見(eiga.com)

ちょっと変わったアングルの画像。
オダギリジョーさん、渋谷で主演映画の会見−夫婦仲の「秘訣」も披露(シブヤ経済新聞)

オダギリジョーの意外な「企業秘密」を、韓国のキム・ギドク監督が明かす(ハリウッド・チャンネル)

11月末「悲夢」前売り券発売

「悲夢」のオフィシャルサイトの「News」で前売り券情報や「About the Movie 」→「Introduction 」「Story」などが更新されていますね。

「悲夢」オフィシャルサイト

【WEB】「悲夢」記者会見(オダギリジョー&キム・ギドク監督)

今日行われた「悲夢」記者会見の記事です。
「監督はとてもいい人。撮影をしているより飲んでいる時間のほうが長い。親友のような感じ」という言葉はなんだか嬉しいですね*^^*


<追加>
とりあえず明日の放送予定にオダギリの名前は出ていませんが、「ズームイン!!SUPER!」サイトのエンタニュースにオダギリの話題が出ています。
ズームイン!!SUPER!

<追加>
いい笑顔ですね。。「相思相愛」なんだそうですよ〜奥さまと‥ではなくてキム・ギドク監督と(笑)。
オダギリ ジョーが、妻への愛を語る!! 『悲夢』記者会見(GYAO)

オダギリ ジョー、アントニオ猪木で胃もたれ!?『悲夢』記者会見(シネトレ)



「日本に対する愛情が深まった」という話はらしくてステキ。
「ラブストーリー」というアピールの仕方については‥こちらもやっぱりらしいなぁ^^;
オダギリジョー嫌いなラブストーリー初挑戦 “親友”キム・ギドク監督最新作『悲夢』主演(VARIETY JAPAN)

<オダギリジョー>遠距離結婚は順調 秘けつは「思いやり」 映画「悲夢」記者会見(YAHOO!JAPANエンターテインメント)

オダギリ“韓国の鬼才”に主演指名される(nikkansports.com)

オダギリジョーの“夢日記”はぶっ飛び(スポーツ報知)

ステキな写真がたくさんv
オダギリジョー、主演の韓国映画「悲夢」をPR(YOMIURI ONLINE)

画像が更に更にたくさん!
オダギリジョー:遠距離結婚は順調 秘けつは「思いやり」 映画「悲夢」記者会見(毎日jp)

笑える‥(笑)
オダギリジョーのぶっ飛んだ夢日記は、アントニオ猪木を食べ過ぎた? (シネマトゥデイ)

オダギリジョー、新婚生活に言及「思いやりが大切」(ORICON STYLE)

本日午後より「悲夢」の記者会見(オダギリ、キム・ギドク監督)

WEBニュースなどにも出ましたので、こちらでもお知らせしておきます。
本日15:00〜都内で「悲夢」の記者発表が行われます。
オダギリとキム・ギドク監督が出席予定です。

12/20発売の「SWITCH Vol.27 No.1」にオダギリ特集

12/20発売の「SWITCH Vol.27 No.1」にオダギリの特集があるとお知らせいただきました。
<オダギリジョーが俳優として追い求めていきたいものとは何なのか><現在の彼の姿と声を伝える>
楽しみですね!

「SWITCH」次号予告
Vol.27 No.1(2009年1月号)
特集:オダギリジョー 
SWITCH

現在「SHINOBI」放送中*^^*

現在、日テレ系で「SHINOBI」の放送中です。
感想などありましたら、こちらへお願いします*^^*

【ネタバレ感想OK】 「SHINOBI」(2005年)


先日紹介した日テレのサイト(下の記事に記載)のほか、こんなページもありました。
久々に解説を読むと新鮮‥!

【スペシャル】仲間由紀恵・オダギリジョーが織り成す愛と戦いのドラマです。(テレビドガッチ)

「狼災記」撮影終了

オダギリが無事撮影を終えて、今週帰国したようです^^

【WEB】「AFIフェスト2008」記事に「プラスティック・シティ」感想

先日紹介した「AFIフェスト2008」の続報記事に、「プラスティック・シティ」についての観客の感想が少し出ていました。
「破壊的」には思わず笑ってしまいましたが、「オダギリジョーも魅力的」は嬉しい。

小泉監督『ガチ☆ボーイ』ハリウッドにガチンコ勝負 /AFI閉幕「異星から来た生き物」凛子やオダジョーの新作も上映(VARIETY JAPAN)

「日経エンタテインメント!2008.12」にIXY DIGITAL広告ほか

お知らせいただいた情報です。

◆現在発売中の「日経エンタテインメント!2008.12」の表紙から2枚目のページに、IXY DIGITALの広告が1p掲載されています。
カメラを手にカメラ目線でアップのオダギリ、です^^

◆こちらはまだ見ていないのですが‥
「GYAO magazine」のp.67に「悲夢」の鑑賞レポートが1p掲載、「ジョーさんの色気がひしひしと伝わってくる」作品ということだそうです。
また、現在発売中の「cut」のヴェネチア映画祭レポート内にも「プラスティック・シティ」評が載っているそうですよ。(こちらは「珍品」ということだそうです/笑)

CS GYAOで「悲夢」特集

■こちらも昨日知らせていただいていたのですが、パソコンを開けられていなかったので‥すみません。。
現在、CS GYAOの「KOREA ENTER' 24 /#44」という番組で、「悲夢」が取り上げられているとお知らせいただきました。
私もまだ観られておらず、4分程の内容だそうですが、やはり素敵(当たり前?)なんだそうですよ(笑)。

「KOREA ENTER' 24」#44
CS GYAO
【コリア・シネマ】キム・ギドク×オダギリジョー×イ・ナヨン「悲夢」

11/5(水)<初回放送>〜11/11(火)

【今日以降の放送】‥私が番組表で確認したものですので、ご視聴の際は再度番組表をご確認ください。

11/7(木)13:30 - 14:00 
11/8(土)20:30 - 21:00
11/9(日)14:30 - 15:00
11/10(月)21:30 - 22:00
11/11(火)11:00 - 11:30

【WEB】キム・ギドク監督が「悲夢」で監督賞を受賞 /「狼災記」オダギリとマギーが談笑

■数日前、韓国で「韓国映画評論家協会賞(映評賞)」の授賞式があり、キム・ギドク監督も「悲夢」で監督賞を受賞、韓国では初めて(の受賞)なんだそうです!

国外では大きな賞も受賞されたりと、人気、評価の高いキム・ギドク監督作品ですが(といいながら、私もそれほどたくさんは観られていませんが‥でもつい最近「絶対の愛」を観ました‥)、韓国内では酷評されたりと、一時期、監督も(国内での作品の扱いに)憤慨なさっている時期がありましたよね‥。
そういう意味でも、「悲夢」はキム・ギドク監督の中でちょっと特別な作品になるかも?しれないですね。そうだったら嬉しいなぁ。

ソ・ジソプ、スエ、映評賞で俳優賞受賞(Innolife.net)


■こちらは「狼災記」の記事。写真があればよかったなぁ。

『狼災記』オダギリジョーとマギー・Qがたばこで談笑(東亜通信社)

◆◆ Schedule(2008年) ◆◆

・こちらは、ブログに掲載している大まかな「Schedule」の過去分(2008年1月〜)保存欄です。
(このページへは、右・サイドバー「Schedule」にあるリンクから飛べます)

・2004年1月〜2007年12月までの詳細なものについては、申し訳ありませんが、現在アップしておりません。(2000年〜2003年のものは旧サイトにあり)

・雑誌の内容や掲載ページ数などについては、左サイドバーの「関連商品」紹介欄か、各年の「雑誌 /新聞」カテゴリーに掲載している‥かもしれません^^;

<2008年>

【1月】
24(木)
GQ JAPAN3月号


 【2月】
15(金)
★「第31回日本アカデミー賞授賞式」出席(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で優秀主演男優賞受賞)
16(土)
32歳&ご結婚おめでとうございます。
22(金)
衣裳術(北村道子/リトルモア)
23(土)
第31回日本アカデミー賞授賞式<完全版>(CS日テレプラス&サイエンス 18:00〜21:30 )
27(水)
「サッド ヴァケイション」プレミアム・エディションDVD
29(金)
第31回日本アカデミー賞授賞式(BS日テレ19:00〜21:00 )


【3月】
2(日)
★「第17回東京スポーツ映画大賞授賞式」出席16:00〜(「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」で主演男優賞受賞)
3(月)
第17回東スポ映画大賞関連ワイドショー&スポーツ紙他
8(金)
第31回日本アカデミー賞授章式<地上波版再放送>(CS日テレプラス&サイエンス 23:00〜25:00)
13(木)
チャンネル北野eX#142(CSフジテレビ721 22:00〜23:00)再放送あり・3/2付記事
17(月)
 キヤノンスペシャル(TBS系 21:00〜22:54) IXY DIGITAL CM
 20(木)
第31回日本アカデミー賞授章式<完全版>(CS日テレプラス&サイエンス 15:00〜18:30)
29(土)
とことん!石ノ森章太郎 /仮面ライダークウガ特別篇(BS-2 20:00〜翌3:00 )


【4月】
?(?)
IXY DIGITAL カタログ新バージョン
4(金)
日経エンタテインメント!5月号(IXY DIGITAL広告2p)
7(月)
In Red 5月号(IXY DIGITAL広告5p)
15(火)
「たみおのしあわせ」完成披露試写会(13:00〜 オダギリは欠席)
16(水)
スポーツ新聞各紙(「たみおのしあわせ」関連記事)
23(水)
スポーツニッポン(「Plastic City」関連)
「転々」プレミアム・エディション(DVD)


【5月】
1(木)
+act.2008 VOL.15(IXY DIGITAL CM特集)
21(水)
この映画がすごい!(p.68に「プラスチック・シティ」関連オダギリエピソード)
24(土)
Invitation 7月号(「たみおのしあわせ」レビュー)
30(金)
Cinema★Cinema NO.13(「たみおのしあわせ」オダギリ×岩松監督対談&グラビア)


【6月】
2(月)
日本映画navi08夏(p.100「たみおのしあわせ」紹介)
4(水)
GYAO Magazine 7月号(「たみおのしあわせ」岩松了×麻生久美子対談、オダギリエピソード)
5(木)〜15(日)
「たみおのしあわせ」写真パネル展(京急百貨店・上大岡駅「たみおのしあわせ」タイアップキャンペーン
6(金)
日本映画magazine vol.05(p.101に「たみおのしあわせ」紹介1p)
7(土)
In Red 7月号(IXY DIGITALの広告3p)
19(木)
女子に映画 花より男子ファイナル特集号(「たみおのしあわせ」オダギリジョー×麻生久美子対談、現場ルポなど)
cut(「たみおのしあわせ」インタビュー&グラビア6p)
20(金)
ニューヨーク・アジアン映画祭(6/20〜7/6) /現地時間20日に「たみおのしあわせ」ワールド・プレミア(「転々」「サッド ヴァケイション」なども上映)
23(月)
spring 8月号(特別付録IXY  DIGITAL 5COLORS冊子)
24(火)
Invitation 8月号(表紙、オダギリジョー×麻生久美子対談)
GQ JAPAN 8月号(表紙、インタビュー)
28(土)
ELLE Japon 8月号(インタビュー2p他)
ハーパース・バザー8月号(インタビュー3p)
30(月)
BOOM R25(インタビュー3p)


【7月】
1(火)
+magazine 8月号(インタビュー1p)
2(水)
「Then Summer Came」 /「たみおのしあわせ」サウンドトラック(アーティスト:勝手にしやがれ)
4(金)
GYAO magazine 8月号(グラビア、インタビュー6p)
5(土)
+act.2008 VOL.16(オダギリ×麻生さん×岩松さん対談。8p)
10(木)
PHPスペシャル2008年8月号(巻頭インタビュー /オダギリジョー6p他)
11(金)
KING 8月号(原田芳雄さんと表紙、対談6p)
16(水)
★J-WAVE SPECIAL PREVIEW「たみおのしあわせ」試写会(スペースFS汐留 /18:30開場19:00開演 /ゲスト:岩松了)に登壇
17(木)
Barfout!08年8月号vol.156(岩松了×オダギリジョー対談)
17(木)〜8/1(金)
JR山手線に「たみおのしあわせ」号
19(土)
☆「たみおのしあわせ」公開初日(シネスイッチ銀座、新宿バルト9 ほか全国順次ロードショー)
★「たみおのしあわせ」初日舞台挨拶
10:40〜の回上映終了後
登壇者:岩松了監督、オダギリジョー、麻生久美子、原田芳雄、小林薫
13:40〜の回上映前
登壇者:オダギリジョー、麻生久美子、原田芳雄、小林薫
FLIX 08年9月号(オダギリ×原田さん対談6p)
20(日)
Theサンデー(日本テレビ 8:00〜9:55 /徳光さんと縁側対談)
mom(イオンカード会報誌 )
スポーツ新聞各紙(「たみおのしあわせ」初日舞台挨拶関連記事)
21(月)
「たみおのしあわせ」初日舞台挨拶関連ニュース(やじうまプラス、ズームイン!!SUPER!など)
22(火)
しあわせコンシェルジュ第9回目(7/16・J-WAVE試写公開収録/ネットラジオ)ゲスト出演
24(木)
Weeklyぴあ 7/31号(表紙、オダギリ特集9p)
Esquire 9月号(原田芳雄×小林薫×オダギリ対談、グラビア10p)
Invitation 9月号(岩松監督×オダギリ対談2p)
30(水)
★岩松了のオールナイトニッポン(ニッポン放送 25:00〜27:00)に生放送でゲスト出演


【8月】
21(木)
☆資生堂UNO /TVCM、雑誌宣伝プロモーションスタート(TVCMは9月上旬〜)
8/27(水)〜9/6(土)
第65回ヴェネチア国際映画祭 /「Plastic City」コンペティション部門出品、上映(オダギリは欠席)
28(木)
weeklyぴあ9/4号(「uno パワーモーション」見開き広告掲載、「さくらな人たち」紹介)


【9月】
9/4(木)〜13(土)
トロント国際映画祭 /「Plastic City」が特別上映
5(金)
資生堂「uno パワーモーション」CMオンエア開始
10(水)
MEN'S NON-NO10月号(「uno パワーモーション」広告)
POPEYE 10月号(「uno パワーモーション」広告)
18(木)
weeklyぴあ 9/25号(「uno パワーモーション」広告)
20(土)
「Canon IXY DIGITAL 920IS」新CMオンエア開始
「   〃   」新パンフレット
22(月)
東京カレンダー11月号(IXY DIGITAL(キレイ劇的。篇広告)
24(水)
Invitation 11月号(グラビア、対談ほか)


【10月】
6(月)
★「悲夢」プロモーションのため訪韓(取材、舞台挨拶など)
広告批評330号 2008.10(資生堂uno CM関連記事1p+1/2p)
9(木)
★「悲夢」韓国で公開
10(金)頃?
風とロック10月号(資生堂uno CMより写真110点 2p)


【11月】
1(土)
Cinema★Cinema No.15(p.24に「悲夢」「プラスティック・シティ」紹介記事)
4(火)
日経エンタテインメント!2008.12(巻頭近くにIXY DIGITAL「キレイ劇的。篇」広告1p)
5(水)〜11(火)
「KOREA ENTER' 24」#44(CS GYAO/キム・ギドク×オダギリジョー×イ・ナヨン「悲夢」
8(土)
ザ★スーツ(資生堂uno広告のスーツ姿が紹介)
20(木)
★「悲夢」記者会見(15:00〜セルリアンタワー東急ホテル/出席者・キム・ギドク監督、オダギリジョー)
21(金)
「悲夢」記者会見関連ニュース ワイドショー放映(「ズームイン!!SUPER!」「めざましテレビ」など)
「悲夢」記者会見関連ニュース スポーツ新聞ほか掲載


【12月】
4(木)頃〜
IXY DIGITALのXmasバージョンのCM、駅看板などが展開
5(金)
キネマ旬報12月下旬号(p.10に「悲夢」記者会見関連記事1p。写真2点)
日本映画magazine winter2008 Vol.7( 「悲夢」記者会見関連記事1p。写真3点)
11(木)
「BS熱中夜話/新選組(前編)」(NHK BS2/24:00〜24:44)
12(金)
Sweet2009年1月号(IXY広告「キレイ劇的。」篇Xmas ver.が5p)
17(水)
マドリDEエンタテインメント VARIETY Japan(「悲夢」関連グラビアなど4p)
18(木)
ピクトアップ#56(オダギリジョーwithキム・ギドク対談4p)
「BS熱中夜話/新選組(後編)」(NHK BS2/24:00〜24:44)
20(土)
SWITCH Vol.27 No.1(オダギリジョー特集ほか全34p)
24(水)
週刊新潮09年1月1・8日新年特大号(p.163の松岡錠司監督のコラムにオダギリ話)

 

管理人への連絡
《関連商品》







***************************
【その他過去の雑誌】
↓タイトルをクリック
***************************
■FREECELL特別号18 (13/3/30)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平さんとオダギリの写真やインタビューがなんと18pも!!!

■観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88(13/3/29)

『総勢73人が語る 極私的作品論』が集められた1冊。オダギリは写真とインタビューで4p。

■smart 2013年5月号(13/3/23)
【内容紹介】
ステキなモノクロ写真とともにインタビューが3p。「舟を編む」についてや、人生のターニングポイントやプライベート、ファッションなどについても語っています。

■シネマスクエアvol.50(13/3/21)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×オダギリジョー写真&インタビューほか6p。「午前3時の無法地帯」や 「舟を編む」完成披露試写会の記事なども。

■Cut 2013年4月号(13/3/19)
【内容紹介】
「舟を編む」松田龍平×宮あおい×オダギリジョー 写真&インタビュー4p。「午前3時の無法地帯」山下敦弘監督×オダギリジョー 写真&インタビュー2p。

■世界最古の洞窟壁画 忘れられた夢の記憶 [DVD](12/12/21)
現存する最古の洞窟壁画がある南仏ショーベ洞窟の内部を撮影した、貴重なドキュメンタリー作品。日本語ナレーション(吹替)はオダギリ。

■小説 仮面ライダークウガ (講談社キャラクター文庫)(発売延期) 【内容紹介】
平成仮面ライダーシリーズの12作が小説化。第一回配本にオリジナル脚本家荒川稔久さんが手掛けたスピンオフ小説「小説仮面ライダークウガ」が登場。(発売延期。時期未定)

■家族のうた DVD-BOX(12/10/17)
【内容紹介】
2012年4月期フジ連続ドラマ。特典映像(ディスク1枚・74分)はメイキング集/「Going」Full ver./「月光」正義ver./PRスポット集など。

■マイウェイ 12,000キロの真実
Blu-ray & DVDセット(初回限定生産)
(2012/6/6)
【内容紹介】
オダギリジョー×チャン・ドンゴン主演。初回限定盤はブルーレイ、ボーナスDVD特典映像ディスク付きの3枚組仕様!

■深夜食堂 第二部【ディレクターズカット版】[DVD](12/4/27)

DVD3枚組・第二部(第1話〜10話本編+特典映像)収録。【特典映像】メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップ・オープニング ほか

■深夜食堂 第一部&第二部【ディレクターズカット版】[Blu-ray]
ブルーレイBOX4枚組・第一部(1〜10話)、第二部(1〜10話)を収録。【特典映像】第一部‥メイキング、小林薫 × 松岡錠司スペシャル対談、幻のレシピ ほか/第二部‥メイキング・ドキュメンタリー、ノンテロップオープニング ほか

■ウォーリアー&ウルフ[DVD]
(12/4/3)

原作井上靖×主演オダギリジョー×衣装ワダエミの歴史超大作。

■塀の中の中学校[DVD]
(12/2/10)

2011年モンテカルロテレビ祭・テレビ・フィルム部門・ゴールデンニンフ賞(最優秀作品賞)、モナコ赤十字賞、最優秀男優賞(渡辺謙)を受賞。平成22年度文化庁芸術祭参加作品。

■奇跡【限定版】 (初回限定生産) [DVD] (11/11/9)
【内容紹介】
本編ディスク、特典ディスクの2枚組。メイキング、インタビュー、ブックレット、ポスターのほか、初回映像特典も。

■奇跡 [Blu-ray] (11/11/9)
【内容紹介】
ディスク1枚。通常映像特典のみ。

■奇跡/オリジナル・サウンドトラック (11/11/9)
【内容紹介】
くるりによる映画「奇跡」オリジナルサウンドトラック。全17曲。

■大魔神カノン DVD通常版 第12巻 (11/8/26)
【内容紹介】
オダギリが最終話にヒロインの兄役で出演。収録は25話「彼遠」、26話「歌恩」(最終話)。

■CREA 8月号 (11/7/7)
【内容紹介】
「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。2人から貴重なプライベートでの話も出ていて、2pながら読み応えあり。

■CINEMA SQUARE vol.39(11/7/1)
【内容紹介】
『オダギリジョー×チャン・ドンゴン~ハードな撮影と国境を超えて、日韓映画界を背負って立つふたりが“戦友”になった』/「MY WAY」インタビュー&写真がカラーで2p。オダギリのリラックスした表情が印象的^^

■奇跡(CD)(11/6/1)

くるりによる映画「奇跡」主題歌。マキシシングル500円。

■奇跡(単行本) (11/4/27)

映画「奇跡」を単行本化したもの。是枝裕和原案、中村航著。文藝春秋、224ページ。

■「熱海の捜査官」DVD-BOX(11/1/26)
■「熱海の捜査官」Blu-ray BOX(11/1/26)
【内容紹介】
3時間の豪華特典映像は、主要キャスト座談会(78分)ドラマの真相に迫る秘蔵メイキング、三木監督と椎名林檎さんの対談、YouTubeで話題となった「包帯少女」の動画や提供クリップ集のほか、オーディオコメンタリーなども!
また、ドラマ内で使用された登場人物の顔入りトランプも封入v

■「熱海の捜査官」オフィシャル本(10/9/18)

オダギリや栗山さんのグラビア&ロングインタビューのほか、南熱海市観光ガイドマップ、小ネタ満載の全話ストーリー解説など、「熱海の捜査官」をディープに楽しめる一冊v

■「熱海の捜査官」単行本(10/9/18)

ドラマ「熱海の捜査官」の小説本。三木聡監督監修。

■「熱海の捜査官」オリジナル・サウンドトラック(10/9/1)

「熱海の捜査官」オリジナルサウンドトラック。27曲収録。

■ゲームセンターCX 24 〜課長はレミングスを救う 2009夏〜
(10/8/27)[DVD]
09年にCSで放送された「ゲームセンターCX」がDVD化。番組内で流れた、番組の大ファンというオダギリのコメント(とその周辺)がかなり面白いv オダギリ、このDVDも買うのかな?(笑)
★【オダギリのコメント紹介】

■クイック・ジャパンvol.91(10/8/12)
【内容紹介】
「熱海の捜査官」17pの大特集号。撮影現場潜入レポートのほか、オダギリ、栗山千明さん、横地Pのインタビューなど。

■「深夜食堂」ディレクターズカット版DVD-BOX(10/4/23)
【内容紹介】
ディレクターズカット版。特典映像はメイキング映像、スペシャル対談、劇中ミュージックビデオ、秘蔵映像、全料理アルバム、写真館ほか。

■クイック・ジャパンvol.89(10/4/13)

「深夜食堂」特集。オダギリのインタビューも。

■空気人形 豪華版[DVD](10/3/26)
【特典内容】
第24回高崎映画祭で5部門受賞作。【初回特典】特典ディスク(メイキング、舞台挨拶、カンヌの記録、プライベート映像集など)。オダギリのメイキング映像などもあり。ライナーノーツ(8P)、フォトブック(16P)なども。

■men's FUDGE 5月号(10/3/24)
【内容紹介】
「オダギリジョー 砂漠の街へ」L.A.で撮影されたグラビア7p+インタビュー1p。アメリカの埃っぽい乾いた空気も眩しい陽の光も、衣装とともに自分にしっかり取り込んでしまえる人。カッコいい!

■平成イケメンライダー91(09/12/22)
【感想】
ライダー俳優91人を紹介した本。オダギリに関する話は14p+前書きに2p。デビュー直後からオダギリを自分の目で見守ってきた方が書かれているとわかる内容。主観ではなく、事実だけを温かく並べてくれているという構成に好感!

■SWITCH vol.28 No.2(10年2月号)(10/1/20)

オダギリジョー[演出を越える価値]/「This is REAL〜NHK-BSドキュメンタリー・コレクション」についてのインタビュー2p。アップと全身の写真2点。

■「ぼくの妹」DVD-BOX(09/9/16)
【特典紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のDVD-BOX。ディスク6枚組。
【初回限定封入特典】プレミアム・フォトブック【映像特典】番組宣伝イベント番組多数、キャストインタビュー、メイキング、SPOT集など【音声特典】キャストによる最終話コメンタリー

■「Plastic City」DVD(09/9/4) 【特典紹介】
中国、香港、ブラジル、日本合作作品。【初回特典】はスリーブケースと豪華フォトブック。その他、予告篇、記者会見、舞台挨拶映像などもあり。

■「悲夢」DVD(09/8/28)
【特典紹介】
韓国の作品に初主演した作品。特典映像は、インタビュー、メイキング、初日舞台挨拶、記者会見、トレーラーなど!

■「さくらな人たち」DVD(DVD)
(09/7/17)
【特典紹介】
監督:小田切譲
オダギリ自身が監督、脚本、撮影、編集、音楽の全てを手がけた、65分の短編映画。次長課長の河本準一さんのほか、河原さぶさん、山田浩さんなどが出演。
【特典】メイキング(35分)、コメンタリー(65分、オダギリジョー、河本準一、河原さぶ、山田浩)監督舞台挨拶(19分)、予告篇

■SWITCH vol.27 No.8(09/7/21)
【内容紹介】
インタビュー&グラビアで2p。「さくらな人たち」インタビューのほか、「空気人形」inカンヌの記事なども。

■「ぼくの妹」オリジナル・サウンドトラック(09/6/10)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」のオリジナル・サウンドトラック。22曲収録。

■ふたり(09.5.27)
【内容紹介】
TBS系連続ドラマ「ぼくの妹」主題歌「ふたり」が収録されている“いきものがかり”のシングルCD。

■24 CITY & PLASTIC CITY(09/3/11)
【内容紹介】
半野喜弘さんが手がけられた「PLASTIC CITY」「四川のうた」2作品のサウンドトラック作品集

■「悲夢」オフィシャルガイドブック〜HOT CHILI PAPER PLUS 10(09/1/28)
【内容紹介】
グラビア、監督×オダギリ対談、インタビュー、ロケ地ガイド、プロダクションノートなど約100p。ネタバレあり。レスリー・キー氏による撮り下ろしグラビアの、普段見られないような視線は必見!

■「たみおのしあわせ」DVD(09/2/6発売)

24%OFF。本編+特典ディスクの2枚組。特典ディスク(100分)には、オダギリのオフショットを含むメイキング映像、インタビュー、完成披露舞台挨拶、初日舞台挨拶映像‥など。

■「Then Summer Came 」(08/7/2発売)
【詳細紹介】
アーティスト:勝手にしやがれ
「たみおのしあわせ」サウンドトラック。エンディングテーマを含む全20曲収録。

■「転々」プレミアム・エディション(08/4/23)

【特典紹介】
画像は初回限定版。三木監督によるコメンタリーの他、初回版の特典ディスクにはメイキング映像、インタビュー、完成披露試写、初日舞台挨拶の映像等あり。

■衣裳術(08/2/22)
【詳細紹介】
映画(「アカルイミライ」「メゾン・ド・ヒミコ」など)やCM等でオダギリの衣裳を数多く手掛けているスタイリスト、北村道子さんの作品集&インタビュー。オダギリ他未公開写真約80点掲載。192p。

■「サッド ヴァケイション プレミアム・エディション」DVD(08/2/27)
【特典紹介】
監督、プロデューサーによるコメンタリー、メイキング、ヴェネツィア映画祭ドキュメンタリー、初日舞台挨拶、インタビュー 他。

■「転々」オリジナルサウンドトラック(07/11/7)
【曲目紹介】
音楽は坂口修さん。「転々」ワールドが全23曲収録。

■「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」DVD(2枚組) (07/10/24)

2枚組。本編ディスク142分。特典ディスクには「長編メイキング、予告、TVスポット集」などが収録予定。封入特典に24p(予定)のスペシャルブックレット付き。

■「蟲師」大友克洋完全監修 蟲箱(DVD)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典のほか、特典DISC(SP対談、舞台挨拶、ベネチア映画祭、キャストインタビュー他)、封入特典(初稿シナリオ、画コンテ、大友監督書き下ろし解説書他)など、多数の特典あり。

■「蟲師」DVD(通常版)(07/10/26)
【詳細紹介】
通常版特典(映像特報‥特報、劇場予告、TVスポット、キャストインタビュー)あり。


■SLAPSTICKS(07/9/19発売 /初回発売はPARCOで02年)
【詳細紹介】
03年1〜3月に東京、大阪で上演されたオダギリ主演舞台。作・演出はケラリーノ・サンドロヴィッチ氏。切なくて愛しい、大好き!な作品です。観ていない方は是非DVDで!176分。

■「帰ってきた時効警察」DVD-BOX(07/9/28)
【特典紹介】
未放送映像を大量に復活させた特別版本編。番外編ドラマ、キャスト&スタッフによるトーク、オーディオコメンタリーなど。初回特典として「誰にも言いませんよカードセット」も!

■「帰ってきた時効警察」単行本


角川書店、540ページ。「時効警察」第2弾のノベライズ本。

■「帰ってきた時効警察」オフィシャル本(07/6/9)
【詳細紹介】
太田出版、全176ページ。当然ながら「帰ってきた時効警察」の全てがギッシリ。

■「帰ってきた時効警察」オリジナルサウンドトラック(07/5/23)
【詳細紹介】
2枚組。全35曲収録。

■「叫」プレミアム・エディション

メイキング映像、アナザーエンディング、黒沢監督ロングインタビュー、12pのブックレットなど

■「HAZARD /デラックス版」DVD (07/4/25)
【特典紹介】
【特典】監督による音声解説、メイキング映像(35分)、初日舞台挨拶(10分)、劇場予告篇、TVスポット。オダギリってやっぱりカッコいい‥。

■「パビリオン山椒魚 プレミアムエディション」DVD (07/4/25)

【本編特典】オーディオ・コメンタリー、劇場予告篇、TVスポット
【特典ディスク】メイキング映像、インタビュー集、MUSIC ON!TV製作のメイキングSP、ライナーノーツ

■大友克洋「蟲師」映画術(07/3/24発売)

まるで写真集か美術書のような「蟲師」公式ビジュアルブック。128p。
・写真は劇中のシーンのほか、別撮りされた写真が多数掲載。メイキング写真なども。
・シーンごとの関連写真やエピソード、メイキングシーン、カットシーン、セリフ紹介、VFXやイラストなど、様々な角度から紹介。【07/3/29付で紹介】

■「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック(07/3/28発売)

映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」の名場面を収めたオフィシャルガイドブック。

■東京タワー オカンとボクと、時々、オトンMOVIE ピュアでセンチメンタルなフォトブック

『映画の名場面写真をセリフと共に掲載』『出演者たちが想いを語ったインタビュー』『原作ファンからのメッセージ』などを収めたビジュアルブック。

■小説「蟲師」

劇場公開作品「蟲師」をもとにしたノベライズ。214p。

■「ゆれる」DVD (07/2/23)

メイキングの他、2006年カンヌ国際映画祭での様子や、オダギリ×香川照之インタビュー、特報・予告編・TVスポット‥など。
【初回特典】「ゆれる」ブックレット(カラー/封入) /DVD BOX‥初回版のみアマレーケース、プレスシートを収納するBOX仕様 /ピクチャーレーベル。

■実写映画「蟲師」オリジナル・サウンドトラック (07/2/28)
エイベックス・トラックス
音楽:��蠹臻�明


■「ビッグ・リバー」DVD

(06/12/22)
【初回特典ディスク】(62分)‥メイキング映像や未公開映像、インタビューを中心に、海外ロケをリラックスしながら楽しむオダギリの様子がたくさん見られます。
【06/12/26付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」Annex

一応「映画解説本」となっていますが、「パビリオン山椒魚」の裏側(かなり美しい)を、こっそり覗かせてくれる美しい写真集という感じ。切なくてカッコいい芳一ショットが見られます。
【06/10/19付で紹介】

■「four years ago」
(06/10/27)

2002年秋にNYと東京で撮影された「HAZARD」。その撮影期間中に撮られた写真を収めた写真集。約100ページ。シンの顔つきをした精悍なオダギリが、様々な横顔を見せてくれています。
【06/11/5付で紹介】

06/10/4
「WHITE」(ヴォーカル盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.Amuse
2.i don't know (F902is CM Song)
3.雨音
4.Inst. H.
5.t.
6.雨音 (2001 demo version)

「BLACK」(インスト盤)
アーティスト:オダギリジョー
1.バナナの皮
2.Gr.For The Film
3.HAZARD
4.鼓動
5.老人と椅子

1‥映画「バナナの皮」より
2、3‥映画「HAZARD」より
4、5‥映画「さくらな人たち」より
【06/10/5付で紹介】
(8月にアルバムタイトルが「A」「B」→「WHITE」「BLACK」に変更)


■「パビリオン山椒魚」オリジナル・サウンドトラック(06/9/16)

菊地成孔氏による主題歌「KEEP IT A SECRET」を含む23曲が収録。【06/9/11付で紹介】

■「パビリオン山椒魚」単行本
(06/9/25) /冨永昌敬


■オペレッタ狸御殿 デラックス版
(06/10/25)
プレミアム版には未収録の映像(05年プサン映画祭映像、メイキング、特報ほか)が約30分収録。 【06/9/7付で紹介】

■ブラック・マジック・ヴードゥー・カフェ(06/9/20)
勝手にしやがれニューアルバム。初回限定盤にはアーティスト・コラボ企画3部作(「チェリー・ザ・ダストマン」含む)のミュージックビデオDVD付き!

■チェリー・ザ・ダストマン (06/8/23)


初回盤(左がオダギリ)

通常盤(左手前がオダギリ)
アーティスト:勝手にしやがれ+オダギリジョー
<曲目>チェリー・ザ・ダストマン(ボーカル)/アーバン・カウボーイ(ギター&コーラス)/座興の皮(作曲、ギター)‥初回盤と通常盤でジャケットが違います。

■実録 パビリオン山椒魚!
(06/8/25)

キャストインタビュー、メイキング、劇場予告編などを収録した40分のプロローグDVD。
【06/7/1付で紹介】

■ゆれる(06/6)

映画「ゆれる」の脚本も手掛けられた西川美和監督の単行本。

■ブラックキス(初回限定版)
(06/7/28)

2枚組。未収録テイクやCGメイキング等のほか、ポストカードなどの特典も。(オダギリのものもあり)【06/8/6、6/3付で紹介】

■「ゆれる」サウンドトラック
(06/7/5)

アーティストは“カリフラワーズ”。主題歌の「うちに帰ろう」ほか10曲収録。【06/6/18付で紹介】

■Alaska 星のような物語〜写真家 星野道夫 はるかなる大地との対話
(06/10/27発売)

06年にNHKハイビジョン特集としてオンエアされた写真家星野道夫氏のSP番組。田中哲司さんが出演され、一部ドラマ仕立てになっています。ナレーションはオダギリほか。

■Alaska 星のような物語 思索編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 感受編(写真家星野道夫)

■Alaska 星のような物語 希望編(写真家星野道夫)

写真家星野道夫さんがカメラに収めたアラスカの風景。その風景をNHKのハイビジョンカメラが追った番組。美しい写真+映像にオダギリのナレーションが添えられています。
【06/8/4、5/29付で紹介】


■世界遺産 インド編 (06/6/28)

【収録内容】アジャンター石窟群/タージ・マハル
オダギリがナレーション(タージ・マハルの回のみ)を担当した「世界遺産」のDVD化第一弾。

■「THE有頂天ホテル」スペシャル・エディション(06/8/11)

本編+特典ディスクの2枚組。
メイキング、未公開シーン、インタビュー、イベントレポ、美術、フォトギャラリーなどが収録!
【06/5/12付で紹介】

■「時効警察」オフィシャル本
(06/5/26)

この面白さはありきたりな表現では紹介出来ないとサジを投げました。「時効警察」(とオダギリ)を愛する全ファンの方にオススメ!
【06/5/30付で紹介】

■「時効警察」DVD-BOX
(06/6/23)


全9話/全5巻。
【特典(予定)】未放送映像を復活させた特別版本編、主演2人による各話解説、+監督でオーディオコメンタリー、クランクアップ風景、PRスポット集ほか特典映像満載! 更に初回版には、「誰にも言いませんよカード」全9種、そーぶくんステッカーなどv
【詳細は06/5/13付で紹介】

■時効警察(ノベライズ)

ドラマ全9話完全ノベライズ化。映像を超える面白さもアリ。
【06/3/21付で紹介】

●「時効警察」サウンド・トラック


全21+1曲。予想以上に音が本格的でビックリ。実物大「誰にも言いませんよ」カードなど初回特典あり。【06/2/15付で紹介】

●「スクラップ・ヘブン」DVD(3/24発売)

本編117分+映像特典(メイキング映像、未公開シーン、座談会、サウンドトラック(音声))など。
詳細は【06/2/11、3/26付で紹介】

「SHINOBI」DVD(06/2/18)
●SHINOBI プレミアム版

本編+伊賀版特典DISC+甲賀版特典DISC+シークレットDISC
・SHINOBI十人衆カード10枚
・シークレットカード2枚
・伊賀・甲賀ご紋入りTシャツ
・吸盤手裏剣
・撒き菱ピンズ(伊賀・甲賀)
・蛍火の巾着(柚子入浴剤入り)
・「SHINOBI秘伝の書」
★初回限定生産のみの特典→【05/12/21付で紹介】

●SHINOBI 伊賀版
本編+伊賀特典ディスク
・伊賀鍔隠れ五人衆カード
●SHINOBI 甲賀版
本編+甲賀特典ディスク
・甲賀卍谷五人衆カード


●「メゾン・ド・ヒミコ」特別版DVD(3/3発売)

【特典DISC】SPパッケージ、コメンタリー、メイキング、未公開シーン、舞台挨拶、キャストインタビュー、オダギリ&柴咲TOKYO FM出演映像、オダギリ主演短編映画「懲戒免職」等収録。
【05/11/20、06/3/7付で紹介】


●「夢の中へ」DVD
(10/28発売)


オダギリは1人で3役。役と演技の振り幅が見事で、特に長回しでの演技は圧巻。
【05/10/31付で紹介】

■「SHINOBI」ビジュアルブック

ストーリー+メイキング。片面は弦之介アップのダブルジャケット。監督×オダギリの対談、キャスト、スタッフインタビュー等。メイキングも充実の144p。
【05/9/28付で紹介】
■「スクラップ・ヘブン」SPECIAL PHOTO BOOK

全120p。監督・キャストインタビュー各4p、メイキングノートのほかは全ページ写真。加瀬さんのオダギリコメントに感激です。
【05/9/18付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」オフィシャル・ブック

インタビュー、シナリオ完全収録、秘蔵グラビアなど全220p超。
【05/9/2付で紹介】

■「メゾン・ド・ヒミコ」Official Photo Book

「メゾン・ド・ヒミコ」写真集。卑弥呼の傍にいる春彦が哀しいほど美しい。

●【その他過去の雑誌】
その他、過去の商品については、上のリンクか
●右サイドバー →「カテゴリー別」(雑誌・DVD・CDなど)
でご確認下さい。
サーチする:
Amazon.co.jp のロゴ
最新コメント(感謝ですv)
書  庫
Schedule
★テレビの再放送は「カテゴリー別」より「テレビ番組情報」をご覧下さい。
------------------------
★過去のSchedule(申し訳ありませんが2007年以前は現在アップしておりません)
◆◆Schedule(2008)◆◆
◆◆Schedule(2009)◆◆
◆◆Schedule(2010)◆◆
◆◆Schedule(2011)◆◆
◆◆Schedule(2012)◆◆
◆◆Schedule(2013)◆◆
◆◆Schedule(2014)◆◆
◆◆Schedule(2015)◆◆
◆◆Schedule(2016)◆◆
をご覧ください。
------------------------
<2016年>
------------------------
【11月】
5(土)
映画『続・深夜食堂』全国公開
------------------------
<2017年>
------------------------
【3月】
23(木)
『BOTTLATTE CM「日本のオフィスにはリラックスが足りない」篇』オンエア中
待機作品
映画『エルネスト』
・2016年8月中旬国内クランクイン、9月2日〜10月中旬までキューバで撮影。
・阪本順治監督
・キューバの医学校に留学中、チェ・ゲバラと出会い、ゲバラの革命軍に「エルネスト・メディコ(医師)」の愛称で参戦した実在の人物フレディ役
・2人の没後50年にあたる2017年秋公開予定
-----------------------
カテゴリー別
QRコード
QRコード
管理人プロフィール

現在の閲覧者数:

  • ライブドアブログ