「web拍手というものをつけてみます」とお知らせしたところ、さっそく(PCから?)押して下さっている方がいらしてありがとうございます!*^^*
ついでに私の記事にまでいろいろ押していただいていて、わあ、読んで下さっている方がいらっしゃるんだなぁーと嬉しいです*^^*

【レポ】9/13(金)『ある船頭の話』(武蔵野館)初日舞台挨拶

【舞台挨拶】9/14・21・22『ある船頭の話』追加舞台挨拶(東京、神奈川、大阪、京都、愛知)

◇【舞台挨拶】10/19・20『ある船頭の話』追加舞台挨拶(福山、広島、岡山)



京都のレポを見て、参加していた知人がメモを送ってくれたため、そちらも簡単に掲載させていただくことにしました*^^*

***********
9/14(土) 新宿武蔵野館
10:15の回上映前
登壇者:オダギリジョー監督


・司会進行役は映画会社のアカバネさんという男性

・さっき起きて、今到着したばかり(笑)

・「今日はたくさんの方に来ていただけて嬉しい」というオダギリの挨拶の後、司会の方が間をあけたため妙な空気となり、「すべってる感出そうとしてます!?」と抗議するなど、気心知れているムード(笑)

・司会「昨日はこの映画のキャストでもある次長課長の河本さんと番組の収録だったんですよね」
オダギリ「なんで知ってるんですか?」
司会「ツイッターで(笑) 」
オダギリ「撮影以来久しぶりに会いました。(河本さんは前作『さくらな人たち』にも出演しているけれど)3作目も出せと言われました」

・ベネチアで映画批評家の方のインタビューを受けた。『さくらな人たち』についてもとても詳しく、『ある船頭の話』と比べてどうかという質問があったので、『さくらな人たち』はバカなコメディで、船頭は真面目な作品なので、何を比較するんだろう‥と思ったが、その方曰く、『さくらな人たち』は桜の美しさ、『ある船頭の話』は日本の原風景の美しさが描かれている。あなたは日本の美しさにこだわりを持っていますねと。それで改めて気づかされた。
日本だと型通りの同じような質問が多いのに、海外のインタビュアーは面白いことを訊いてくる。
ここで「今日はマスコミは入ってないですよね」と確認。
「大丈夫。ツイッターに書く人はいるかもしれませんけど」と言われて、「無駄にしゃべったら炎上するからなぁ」(笑)

・『ある船頭の話』の英題が”They say nothing stay the same”「諸行無常と人のいう」だが、海外の方から「でも変わらないものもあるんじゃないですか?」と質問され、まあそうだなと思ったので「いい質問ですねぇ」とごまかした(笑)

・ベネチア国際映画祭の時、街で一般の人たちから「観たよ」と声を掛けられたのは嬉しかった。

・細野晴臣さんは、まさか受けてくれるとは思わなかった。事務所宛てに手紙を書いた。なぜこの映画に細野さんが必要かを説明してお願いしたら、監督本人から手紙をもらって断るわけにはいかないと引き受けて下さった。手紙は書くものだと思った(笑)

・くっきーさんは、十何年か前に河本(さん)と飲んだ時、面白い芸人がいるとまだ全然出てきていない頃に教えてもらった。本当に面白いし、見た目のインパクトがすごい。それでこちらは手紙は書かずに(笑)直接頼んでもらった。

・くっきーさんにはポスターのイラストをお願いするという案もあったがしなくてよかった(笑)

・今の日本映画のポスターって、出演者の顔がバンバン並んでいて、キャッチコピーがどーんとあるというものが多い。この映画のように思いっきり引きの絵で、柄本さんかどうかもよくわからなくて、キャッチコピーもなくて、うっすら英題だけというのはなかなか通らなかったが、そこはアカバネさんが頑張ってくれた。