今更ですが、記事の最後に『web拍手』というものを設定しました。(PCからだけかな?)
こちらはお寄せいただいた記事ですので、PCから読まれた方がいらしたら、よかったら『読んだよ』とそちらを押していただければ嬉しいです。

**************
京都みなみ会館の舞台挨拶の様子を、こちらにお立ち寄り下さっているさわらびさんが送って下さいましたm(__)m(直後に送っていただいたのに、私の都合ですっかり遅くなり申し訳ありません
一応私個人宛てのものでしたが、貴重なQ&Aですので、是非ともとお願いして紹介させていただくことにしました。
印象に残った部分をわかりやすくまとめて下さったため、言葉などはあまり正確ではないかもしれないとのことです^^

【レポ】9/13(金)『ある船頭の話』(武蔵野館)初日舞台挨拶

【舞台挨拶】9/14・21・22『ある船頭の話』追加舞台挨拶(東京、神奈川、大阪、京都、愛知)

◇【舞台挨拶】10/19・20『ある船頭の話』追加舞台挨拶(福山、広島、岡山)

**************
9/22(日) 京都みなみ会館
12:35の回上映終了後
登壇者:オダギリジョー監督


<永瀬さんのキャスティングについて>
今まで共演したことも話したこともなかった。学生の頃から大好きな方だったので是非にとお願いしたら喜んで引き受けてくださった。撮影中も「いい作品になる。頑張れ。」とずっと励ましてもらった。柄本さんとは常に何かの試合前のような緊張感の中にいたので、その場に永瀬さんがいてくださると本当に助かった。完成後もなが〜いメールでお褒めの言葉を頂いた。

<マタギの親方の弔いの着想について>
チベット(?)の鳥葬のイメージ。そういうアジア圈の文化を入れたが海外(ヨーロッパ圈?)の人は理解できるのか?とも思う。バランスをとるためキリスト教文化のマリア像を配置した。

<音楽について>
少ない方がいいと思っていた。できれば三ヵ所くらいでもいいくらい、と。音楽でここは泣くところ、盛り上がるところ、と押し付けたくない。

<”昔、球磨川近くに住んでいた”という年配女性から‥>
『船頭さんに乗せてもらったこともある。あの頃は花嫁さんも船で渡っていた。映像を観てとても懐かしかった。ありがとう』と涙ぐまれながらのお話があり、それを頷きながら聞いたあと、「僕もウルウルしている、と思うでしょ。違うんですぅ。口内炎が痛くて、そのせいです。」と弁解(笑)
本当にウルウルされていたのかは帽子を目深にかぶっておられたので不明(笑)

<最近流行りの商業映画との対比>
(既出のインタビュー等でも語られているお話のほか)今日はこうして沢山の方に来ていただいているが、(観客が多く)入る映画ではないのは分かっている。よくこんな映画に(製作の)お金を出してくれたと思う。でも魂は売らない。映画はもっと色々な、なんでこんな映画を?と思うようなものも創られるべき。
京都に信頼しているプロデューサーがいるが「とてもいい映画だ。私は大好きだ。でも、売れないよねぇ。」と言われた(笑)


そのほか、帽子を目深に被りすぎていて顔の上半分がほとんど見えない状態だったので、写真の撮影タイムに「帽子脱いでください!」とのリクエストがあり。でもそれには「ふふっ、それはできませ〜ん」(笑)

**********
(以下AKI)

‥という感じだったそうです(笑)
やっぱり場所場所で全く違った質問が出るんだなぁと興味深く拝見しました。
最後の帽子の話は私もよく帽子を被るのでわかる気がするのですが、帽子は基本、途中で脱ぐという前提で被ったりはしないんですよね‥髪型的に(笑) だからだったのかな〜と思いました^^
さわらびさん、貴重なお話、ありがとうございました