DSC00052-1








DSC00054-1








54986






54987




















【舞台挨拶】9/14・21・22『ある船頭の話』追加舞台挨拶(東京、神奈川、大阪、京都、愛知)

◇【舞台挨拶】10/19・20『ある船頭の話』追加舞台挨拶(福山、広島、岡山)


*************

9/13(金)『ある船頭の話』初日舞台挨拶
新宿武蔵野館
18:30の回上映前
登壇者:柄本明、川島鈴遥、村上虹郎、オダギリジョー監督
司会:奥浜レイラ

★遅くなったついでに!?ネットで公開されている動画部分を文字起こし(ここだけ完全版)して入れてあります^^;

<最初の挨拶>

柄本さん:ご来場まことにありがとうございます。この作品は志の高い作品。オダギリ監督は素晴らしい監督です。中身のことを言っても仕方ないので楽しんでください。

川島さん:初めまして、川島鈴遥です。たくさんの方に観ていただけると思うとワクワク、ドキドキです。楽しんでください。

村上さん:こんばんは!村上虹郎です。とても見栄えのするカッコいい現場でしたが、撮影は過酷で、でも死人も出ずにここに来られています。

オダギリ監督:どうも、オダギリです。今日はありがとうございます。
何となく早く初日が来ないかな‥という気持ちと、どこかでもうちょっと待ってほしいという気持ちの両方ありつつだったんですけど、今日から上映ということで、もう開き直るしかないかなと思っています。気に入っていただいて、楽しんでいただければと思います。
短い時間ですが、よろしくお願いします。

なんだかすごく驚いて、ちょっと微笑ましくなってとても感動したのでした‥「早く初日が来ないかな‥」と「もうちょっと待ってほしいという気持ち」という言葉に。だって、いつもオダギリの作品を待っている私(達)の心境と全く同じだったので‥!
ずっと昔から、いつもそう思いながら、あなたの作品が公開されたりオンエアされたりするのを待ってきたんですよ〜(>_<)
今回は監督という少し遠いところに立っているような気もしていたのが、むしろいつもより私達に近いところから一緒に作品を見守っていたのかな‥
勝手な感じ方ですが、そう思えてきたら胸がホッと温かくなりました。

<船頭としていろいろなお客さんを乗せていますが、印象に残っている人は?>

柄本さん:(奥浜アナに)これから観るから言わない方がいいんじゃない?
‥古い友人もいれば大先輩もいて、若い女性もいて、とにかくいろいろです。

ここで、既に出演者の名前は発表されているので‥という風に奥浜さんから促されて、

柄本さん:古い友人というのは笹野高史です。仲悪いんですけれども(笑)撮影中は仲良くやってました。(会場笑い)
とにかく現場が暑いんですよ!足場は悪いし、喋るだけで疲れるんで会話は極力しなかったですね。現場が過酷なんですよ。
(役者さんでない方も出ているという話を振られ)細野さん、素晴らしかったですね。
(芸人さんもいらっしゃいますねと言われ)くっきーさんもいますね。

<ワダエミさんの衣装について>

川島さん:実はさっき、監督から『今日はワダエミさんがいらっしゃっているから、ちゃんとコメントしてね』って言われて緊張しているんですけど‥(笑)
撮影に入る前はカメラの前の自分が想像できなかったんですけど、フィッティングの時に衣装に袖を通すと初めてちゃんと想像できたというか、抵抗なく演じることができて、すごく助けていただきました。


<源三を演じる上でイメージしていたもの>

『オダギリ監督が「狼みたいな何とも言えない顔が好き」という村上さん』と紹介された後‥

村上さん:イメージ‥。(考えて)

『初めて演じる農家という役で』『明治の文明開化というものが大きく』とメモには書いてあるのですが、詳細(繋がり)を忘れてしまいました^^;

村上さん:物も情報もシンプルな時代なので、そういう時代に生きている方がどう生きていたのか、源三は何を考えているのか、バカなのか、そういうことをイメージしました。
最初の脚本では、トイチと源三は同い年くらいの中年二人の役だったんですが、僕が源三をすることになって言葉が変わるのかと思ったら、そのままトイチと対等な生意気な口を利く男として演じることになりました。


柄本さん:いつもタメ口だよな、お前(笑)

村上さん:(慌てて)そんなことないですよ!セリフのせいかと(笑)

オダギリ監督:脚本を書いている時(トイチは)自分にあてて書いてたんですけどね。
でも「中年二人」と言われるとちょっとショックだったんですけど。。(会場笑い)


「中年」という言葉はオダギリの脚本にあったのかなと思っていたのですが、しょぼしょぼと傷心の様子で話すオダギリが気の毒でチャーミングで気の毒でチャーミングで(笑)

------【動画より(文字起こし)】---------------------------------
<キャスティングについて>

オダギリ監督:いやあ〜‥いやあ、ちゃんと事務所を通したと思います(笑)
MC:あ、なるほど。
オダギリ監督:はい(笑)
MC:そうですよね(笑)
オダギリ監督:ええ〜(笑)
(奥浜アナの方を向いて話しながら)あの〜僕自身俳優をやっているから、あの、もちろん同業者の中でも好きな方、嫌いな方、いろいろいるんですけど、好きな人に、声を掛けましたね。
MC:なるほど。
オダギリ監督:はい。
MC:じゃあ今回出てらっしゃる方は皆さん好きな方という風に思っていいですね。
オダギリ監督:はい(笑)(コクコク頷きながら)

<撮影監督クリストファー・ドイルの存在>

オダギリ監督:えっと‥事務所を通し‥(笑)いや、事務所は通してないですけど(笑)、あの、いや、どういう経緯‥ま、いろんな経緯はあったんで、その辺はまぁ、パンフレットでも買ってくれればなと思いますけど。後々ね?
MC:はい。でもとても大事なのはやっぱりクリストファーさんの存在というのは‥
オダギリ監督:クリストファーさん(笑)
MC:はい。クリスさんでしょうか(笑)
オダギリ監督:そうですね!あの、ほんとに素晴らしいカメラマン、撮影監督ではあると思っていたんですけども、やっぱり日本の風景の切り取り方が凄く独特で、僕らが気づかない日本の美しさをしっかりと収めてくれていると思いますし、あぁの〜、画だけ観ると、やっぱり‥日本映画らしからぬというのか、日本なんだけど日本じゃないように感じるのも、その、理由の1つはクリスの画なのかなという気はしてますね。
オダギリ監督:もうあの、余計なことはしたくない、もうどんどん回したいっていう、そういうタイプなので、ま、本人がすごいもう‥あの〜なぁんて言うんですか、待てない性格というか‥もうあの、どんどんやりたがる人なので、だからそのスタイルがそのまま来てるんですね、今回の撮影でも。だからまぁ、結局まあ、慣れとかいうことも(川島さんが)おっしゃってましたけど、それもやっぱテスト重ねるとね、やっぱね、慣れちゃうこともあるし、まぁ‥なんていうんですか、こう、カメラの動きとかが合わなければもう一度ねやればいいだけの話だから、まぁこのスタイルでいっかと思って。はい。そう進めました。

----------------------------------------------------------------------
<ベネチア国際映画祭での反響は>


オダギリ監督:めちゃめちゃよかったですよねぇ?(と、キャストの方のほうに話しかけるも反応がなく)‥あれぇ?^^;
‥あまりの反応の良さに恐縮しちゃいました。「もうそろそろ結構です」(と言いながら固辞するように手を振るジェスチャー笑)と思ったくらいでしたね〜
でも今だから言いますけど、エンドロールが流れた瞬間拍手が始まったんですよ。エンドロールも力を入れていたので、本当はエンドロールまでしっかり観てから拍手してほしかったですね。

音響にもかなり拘ったという話をし、『会場はここ(新宿武蔵野館)もチェックしに来たし、立川とみなとみらいもチェックした』という話もされていました。

<この先多くの映画祭に呼ばれているが>

奥浜アナから『ある船頭の話』がベネチア国際映画祭以降も多くの映画祭から呼ばれているという紹介があり、10月〜11月にかけて

韓国の釜山国際映画祭
カナダのモントリオール・ニュー・シネマ映画祭
エジプトのエル・グーナ映画祭
中国のピンヤオ映画祭
香港アジア映画祭
トルコのアンタルヤ映画祭
ハワイ国際映画祭
台北金馬映画祭(ネット記事より)

‥と出品・上映が続々決定しているとのこと。
奥浜アナが「最初は釜山国際映画祭」と言ったところで、

オダギリ監督:その前に実はエジプト(エル・グーナ映画祭)に行きそうなんです。
でも『時効警察(はじめました)』の打ち上げの次の日の飛行機に乗らなくてはいけなくて、盛り上がりによっては行けないかもしれないですね(笑)

「行けるかどうか心配」ではなく「行けないかもしれない」と既に諦め気味発言(笑)
でもね〜『時効警察〜』の打ち上げはやっぱり思いっきり盛り上がっていただきたいですよねえ〜(>_<) うーん、他人事ながら悩ましいー^^;

オダギリ監督:せっかくいろんな所から呼んでいただいているので、みんなで分け合って行ってもらいたですね〜

川島さん:エジプト、行ってみたいです。

オダギリ監督:(自分は)行けるかどうかわかんないから行く?(会場笑い)
でも今月末だからねぇ〜(笑)

<クリストファー・ドイルさんからのメッセージ>

ここで、撮影クリストファー・ドイルさんからもお祝いのビデオメッセージが。
登壇者のみなさんはステージから降りて、オダギリは右手の通路に立って観客と一緒にスクリーンを観上げています。


------【動画より(文字起こし)】---------------------------------
<撮影監督:クリストファー・ドイルより>
やあ ジョー
柄本さん 川島さん 村上さん そして観客の皆さん 来てくれてありがとう
ジョーには本当に感謝してる
映画への情熱を分かち合うチャンスをくれた
アイデアを形にする責任を共有し 撮影監督という形で私を関わらせてくれた
毎日ジョーが言うんだ "昔の日本映画のように撮りたい""カメラを動かさずワイドに撮ってくれ"と(笑顔)
彼の意図が伝わるように劇場が大画面だといいな
この映画の良さを本当に分かってもらうには スマホの画面ではなく劇場で見てほしい
ジョーのおかげで 日本人ではないがすばらしい経験ができた
この作品には日本の歴史や伝統 国民性に対する深い敬意がこめられていると思う
日本的な作品に参加できて本当に光栄だ
最後に言わせてくれ(屈んでグラスを手にして掲げ)
乾杯(笑顔)

【動画】オダギリジョー監督『ある船頭の話』クリストファー・ドイル初日のお祝いコメント動画(MiramiruTV)(YouTube)(1:33)
----------------------------------------------------------------------

オダギリ監督:いや、ちゃんと喋ってましたね。もっと冗談ぶっこんでくるのかと思ったけど、ちゃんと喋ってましたね。
実はクリスから撮影の後にメールをもらって感激したんですけど、「『ある船頭の話』は我々の2本目の作品だ。あと30本は一緒に作ろう」って。お洒落でしょう〜?外
(国)人でしょう?(笑)
作品を気に入ってもらえたのもわかるし、本当に嬉しいコメントでした。そこまで生きてるかですけどね(笑)

<フォトセッション>
マスコミの後、観客も撮っていいとのことで、わずかな時間、撮影タイム。

<最後の挨拶>

オダギリ監督:クリスの画はでっかい画面で観てもらった方が一番いいですし、音にもこだわって作ったので、ここみたいに音のシステムがしっかりしてるところで観てもらいたですね。
DVD発売しても買わなくていいです。配信が始まっても観なくてもいいです。
スマホやタブレット、DVDだとこの作品の良さは半分になってしまうので、いいと思っていただけたら、周りの皆さんに劇場で観ていただくように勧めてください。