週末、ある役者さんが出演されていた舞台を観に行ってきました。
その方を知ったキッカケはオダギリジョーさんでしたが(笑)、以降、いろいろな方面で活躍されているお姿は拝見してきていて、7、8年ぶりに舞台に出演されるということで(その7、8年前の作品も観に行っていたこともあって)、これは是非!と行かせていただくことに。

作品は、笑いあり、SFのノリあり、サスペンスあり、親子愛、夫婦愛、まさかの涙ありで、本当〜に面白かったのですが、その前日、私が久々!に何となく観ていたある映画がベースになっている作品だったこと、そして、その作品の軸になっているある重要な年月日が、今の私の大切な恩師(と言っても二十代のイケメンさんですが/笑)の誕生日だったこと‥にちょっとびっくり。
何か縁があって、観るべくして観た舞台だったのかも‥とさえ思えてきたほどでした。


舞台は今年に入って2度目でしたが‥やっぱりいいなあ*^^*
オダギリも5月、驚きの「舞台」話題を提供してくれはしましたが(笑)、ほんと「SLAPSTICKS」の時は幸せでした(>_<)
何が幸せかというと、毎日そこへ行くと「必ずそこで迎えてくれる」ということ(笑)。
そして、「マイクを通さない声」「マイクを通さない(オダギリがたてる)音」が、同じ空間で『空気の振動』として、自分の身体にダイレクトに伝わってくる実感。
オダギリから数メートルの距離で話を聞いたり姿を見たり‥はあっても、これまで一番
<ああ、同じ場所にいて、同じ時間を過ごしているんだ>
と心から思えたのは、後にも先にも舞台での空間だけです。(「SLAPSTICKS」の前には「トークライブ舌」という舞台もありましたが/笑)
ほんと、いつかまたひょっこり?ついうっかり?舞台なんてやってくれないかな。。
なあんて、頭の中で考えるだけでも久々なことを、「ダメ元」モードで思ってしまいました(笑)。

こちらはオダギリから贈られていたお花。
全く何も考えずに行ったので、いきなり目に入ってびっくりでしたが、そうか、そりゃあそうだよね‥とあったかい気持ちになりました*^^*

hana-1






(すみません、とりあえずお名前部分は伏せさせていただきます)