以前、このブログでも紹介しましたが、オダギリがちょこっと出演しているという「ひもかわラプソディ」というショートフィルムを観るために、昨夜、ラフォーレ原宿に行ってきました。
で、そこで私、あるミュージシャンに「加入」して来ました!(笑)
‥というのは冗談ですが、ある意味本当のことだったりもするので!?そのオマケ話は一番最後に‥(笑)


DSC_0040







■6/7(土)「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2014」
ラフォーレ原宿6階 20:00〜21:50

きりゅう映画祭特別製作作品「ひもかわラプソディ」(2014年)
監督・脚本:中村佳代
  出   演:    永山智啓、猪俣ユキ、かせきさいだぁ、オダギリジョー、もたいまさこ、ほか
舞台挨拶  :中村佳代監督、永山智啓、猪俣ユキ、もたいまさこ、KIRINJI

ショートショートフィルムフェスティバルは国内外の4660本もの応募作品の中から、厳選された223作品を上映する映画祭なのですが、鑑賞は全て無料。立派なカタログも無料(ToT)
親切なボランティアスタッフさんで運営され、とても温かい、素敵な映画祭でした。
実は去年、知っている大好きな監督さんの作品が上映されたのに行けず、本当に残念だったのですが、まさか今年オダギリのために来ることになるとは‥。
夜、フラッと行ったにも拘らず、ぽつんと空いていたいい席に案内され、ゲストの方々を間近で見放題という幸せもありました
(ちなみに、「ひもかわラプソディ」は「きりゅう映画祭特別製作作品」ということでの特別上映作品だったため、コンペティションの対象外作品でした)

「ひもかわラプソディ」、25分ほどの作品ですが、オダギリはちらっと出てくるチョイ役かな〜と思っていたら、出演時間は長くはないものの、ある意味しっかり「キャラクターとしての存在感」と、「物語の進行の上での存在感」がある役で、笑いました(笑)。
キーワードとしては「ジェネラルマネージャー」「愛釜」「制服にバイク」「岡野貴司」‥くらいにしておこうかな(笑)。
あと、エンドロールの「協力」というところに「松岡錠司」というお名前がありました。
オダギリ出演の経緯は何かそういう関係だったのかなあ??
簡単な舞台挨拶(とは言っても、観客と同じ高さに立ってという感じ)では、

中村監督:「準備期間がすごく長い作品だったんですけど、撮影から仕上げまでに20日、そのうち(群馬県)桐生(市)での撮影が3日、オダギリジョーさんの(撮影があった)東京が半日」

と言われていました。
私は挨拶に立たれた方々のすぐ近くに座っていたので、目の前のもたいまさこさんにワクワク(笑)。
もたいさんは「それまでは知らなかったんですが、ひもかわ(うどん)大好きになりました」とおっしゃっていました^^
上映中、オダギリの登場シーンでは、じわじわ〜っと『クスクス‥』という空気になり、シーンによっては笑いも起こり(結構ファンも来てるんだなとわかる笑い方でした)、監督から「オダギリジョーさん」という名前が出た時には、司会の方が「本当にオダギリジョーさんなのかなと驚かされるような感じでしたね」(うーん、全然違うかも‥^^;でも、えっ、オダギリジョー?まさかね、え、ほんとに?という風に驚かされますね)というようなニュアンスの話をされていました。

ところで‥会場はラフォーレ原宿の6階。
1階に降りてきたエレベーターに乗ろうとしたところで、同じく乗ろうとしていたやや年配の男性が、「あ〜これ、5階までしか行かない!」と隣の男性に言われ、私も乗るのをストップ。
その方達は「あ、こっちもだ。5階から階段で上がればいいんだ」などと言いながら、次に来たエレベーターに乗り込まれたので、『この人たちも映画祭に行くんだな』と思いながら、他にもいた女性やちょっと若い男性の方たちと一緒に私も乗りました。
エレベーターの中では、1人の人が「〇〇は東京に出てきてからだから30年ぶりくらい!」「30年!?(笑)」などなど話をされていましたが、一緒に乗った女性も笑っている様子だったので、あ、みんな知り合いだったのかな〜などと思いながら到着。
そして、男性がエレベーターのボタンを押して下さっていたので、私は先に降ろしていただき、会場へ。

短編映画5作品の上映が終わり、「ひもかわラプソディ」の監督、キャストが登場されたところで、最後にスペシャルゲスト的に「(音楽を無償で担当して下さった)KIRINJIのみなさんが来て下さっています!」との紹介が。
KIRINJI‥名前は知っていましたが、そんなに詳しくなかった私は、確か2人くらいだったような気がするけれど、メンバーが増えたのかな〜でも(「ひもかわラプソディ」の)音楽、良かったな、などと思いながら、すぐ目に並ばれた方たちを見て‥『‥‥‥‥』。
どうやら先ほどの私は、KIRINJIのメンバーさんが乗り込んだエレベーターに、1人だけ混ぜていただいて乗ってきたようでした‥
オダギリ出演作で音楽を担当されたミュージシャンのメンバーに、数十秒だけ「加入」させていただけた、不思議な密室空間‥でした(笑)。(お顔をちゃんと存じ上げなくて失礼しました〜(>_<))


↓カタログにオダギリ発見!‥と言いたいところでしたが、このタイミングでこのビジュアルの大橋トリオさん!に、ちょっと笑いました(笑)DSC03071