5/4(日)公開取材「<生>風とロック 箭内道彦×オダギリジョー」(1)
表参道ヒルズ 13:00〜(14:30)

DSC_00361




(私にはここから下は見えなかったのですが、お聞きしたお話では、下はツナギになっていて、靴は「リバースエッジ大川端探偵社」の試写があった日にも履いていた、スタッズつきの黒のショートブーツだったそうです)

ああ〜今月の間に着手できた‥すすすみません‥(>_<)
考えてみれば、私、100人の中に入れなくて本当によかったのかも。。
でないと、オダギリから見下ろされる位置で、きっとメモを取ることなんてできなかった。
100人とは言っても、ステージの周囲を囲むように座られていたので、列で言えば3列くらい。
その後ろに立っていてもオダギリから数メートルの距離。前に1列人がいたので、そのお陰で気兼ねなく立ちメモも可能に。人もそれほど多くなく、後で考えてみたら本当にラッキーでした。

オダギリ、本当にリラックスして、たくさん喋って、大笑いして、自分で30分も勝手に延長して、こちらまで顔が緩んでくるような雰囲気でした*^^*
過去に、番組の収録の合間に素の顔を覗かせてくれる様子を見たことはあったものの、あんな感じで公の場に登ジョーしてくれるなんて、ほんと、初めてじゃないかなあ
ビールと(笑)、あとはやっぱり相手が箭内さんだったということが、本当に大きかったと思います^^

会話としてはごくごく一部です。
細かい流れを覚えていないところは、言葉だけ書いてます。
会話形式に書いているところも、言葉通りではないところが多々あります。


<ビールとオダギリと箭内さん>

時間ジャストに会場に入ってくる箭内さんとオダギリ。(控えめなキャーという歓声)

箭内さん「キャーというのは初めてですね。松岡修造さんの時もなかった(笑)」
オダギリ「松岡さん、すっごい好きなんですよ。素晴らしいですよ。日本の魂ですよ。」

ビールを飲みながらの対談‥ということで、ビールの話。
このビル内にあるおいしいビール屋さんの店長さんがタダでビールを会場まで持って来てくれるとのこと。
見た目もキャラも面白い店長さんでしたが、ビールを注ぐ見事な実演などをしてくれました。
オダギリも観客も『おお〜!!』と。
更にある実演をしてもらうために、ちょっと飲んでもらえますか → ちょっと飲むオダギリ → もっと飲んでと促され‥→ 「そんなに飲ませるとは思わなかった^^;」 とボヤきながら頑張って飲むオダギリ(笑)。

やっと飲めたオダギリのグラスを手に、店長さんが次のパフォーマンス。
またまたみんなで『おお〜〜!!』
オダギリも一緒に「おお〜!!見せますねえ〜!」と感心していました。

「お酒は強くはないけど長いですね〜」
「んん〜でも寝ちゃうんですよね」
・最近はワインを覚えた。今まではワインを飲んだら頭が痛くなった。でもヨーロッパに行ってから、酸化防止剤が入ってないと大丈夫だということがわかった。
入ってないのをセブンイレブンで見つけて、毎日1本くらい飲んでいる。。とのこと。
(10年以上前にもワインが飲めない、飲んだら悪酔いすると言っていましたね)


<「風とロック」を振り返り‥>
 
思い出でも振り返ってみます?ということで、後ろのスクリーンに映し出される映像を見ながら‥(「風とロック」ではこれまでに二度、オダギリジョーの特集号が出ています)

箭内さん「オダギリさんと初めて会ったのがいつだったか全然覚えてないですね。この時はまだオダギリジョーの間に間が空いてたから‥」
オダギリ「え、今は空いてないんですか?☆(星)とか?」 (会場笑い)

確か、「オダギリジョー」と続けている人、「オダギリ ジョー」と続けていない人などいろいろいると箭内さん。(多分、マスコミ、出版関係などでのことかな)
マネージャーさんに聞いたら、どちらでもいいと言われたそうで、「適当な事務所ですねぇ〜(笑)」とオダギリ(笑)。

ここで急にオダギリのお母様の話を出す箭内さん。
ここから暫くは「僕はオダギリさんのお母さんにはオダギリさん以上に会ってる」などなど、箭内さんとオダギリからお母様関連のディープな話が次々と(笑)。
 
過去にオダギリが表紙を飾った「風とロック」のページをスクリーンで見ながら思い出語り。

オダギリ「(僕)おっしゃれな着物着てるじゃないですか!」
箭内さん「お洒落でしょう?」
オダギリ「いやいや、スタイリストさんが持って来てくれるだけですから」

オダギリ「なんとかスピリチュアルのなんとかちゃんという女子大生が‥チエちゃん?(笑) その人が守護霊を見てくれて、オンエアはされなかった部分なんですけど、その中に1人侍がついていると。『先祖ですか?』って聞いたら、その辺でくっついた侍だ、って(笑)。
でもその侍が『こいつの侍スピリッツはいい』ということでくっついたとか」
 
着物話題で思い出したようで、そんな話もしてくれていました^^
また、スクリーンに映し出されるページを見ながら、自分の写真に「こんな写真(事務所が)よくオッケー出したな!(笑)」などなど‥。
オダギリのコメントもいちいち楽しく、オダギリ自身もケラケラ笑っていました*^^*
 
箭内さん「(映し出される写真を観ながら)カッコいいですよね〜」
オダギリ「いやいやいや、ただの酔っ払いですよ」
箭内さん「カッコいい自分とどんな感じで付き合ってるんですか?」
オダギリ「!?(笑)」(会場も笑い)
箭内さん「朝、歯を磨きながら『やべえ、今日もカッコいいなオレ』とか思うんですか」
オダギリ「そ、そんなの思うんでしたっけ?(笑)」
自分にはわからないけど、悪くないくらいは思ってるのかなどなど、更に突っ込む箭内さんにオダギリも苦笑。。
オダギリ「なんて思ってるんですかねえ。朝ねえ。ん〜〜大体、酒が抜けてないなと思います」
これには箭内さんも納得。
 
 
<デンジャラスオダギリ(笑)>
 
「風とロック」オダギリ号の新しい方では、箭内さんとの対談中に出た”マズイ部分”は、わざわざ文字をマーカーで消すような感じで伏せられていたのですが、

オダギリ「カットじゃなく、消すというのはいいアイディアでしたよね」
と、スクリーンを見ながら。
箭内さん「これ(伏せたところ)、いつか発表したいよね」
オダギリ「うーん、僕が50くらいになったらいいかも」 
オダギリ「‥なんか、箭内さんとだと空気が緩すぎて、余計なことまで言っちゃうんですよねえ〜」
箭内さん「大丈夫ですよ」
オダギリ「ダイジョブじゃないんですッ!(笑)」

もうね、こんな口調初めて聞きました‥!!!!!
大丈夫じゃなく「ダイジョブ」と言ってました(笑)
『箭内さんったら〜!!』という感じで、「(もぉう全然)ダイジョブじゃないんですッ!(プンプン)」というような‥ほんと、可愛かったし驚きました‥(笑)
それを聞いて、「でも(こういう場では)マスコミ批判とかゴールデン批判とか視聴率の話とかもやめましょう」と言い出す箭内さんに、

オダギリ「あははははは!!あはっあはっ!!」
(会場も爆笑)

と大ウケ(>▽<)
しかも、そう言っておきながら、(視聴率が)下がるところまで下がったらスッキリするの?なんて際どい質問で話題を引っ張るのは箭内さん^^;
オダギリ自らも「〇〇の歌」というタイトルを出して、会場中が爆笑(笑)、オダギリが更に関連話題を一部披露してくれたところで、

箭内さん「‥それ以上は踏み込まないように‥^^;」
オダギリあはははは!」

その後、会場内に流れている「風とロックの主題歌」はオダギリさんにも歌ってもらっている‥という話を箭内さんが始めたので、話題を変えたのかと思いきや。

箭内さん「これ(「風とロックの主題歌」の作曲は)、斉藤和義さんが‥奇しくも‥」
オダギリ「あっはははは!(大笑い)奇しくもって!」

箭内さん、斉藤和義さんが同じ年「家政婦のミタ」の曲も担当されたという話から、更にもうちょっと突っ込んだ話をして、オダギリを笑わせてました(笑)。
(ちなみに、オダギリが話したドラマ関連の話題は、『視聴率は低かったけれど、フジテレビの社長賞のようなものをもらった。冒険的な作品だったからとかいった理由で‥』という素敵なものでしたが、なんか不思議ですよねぇ風にオダギリがボヤきそうな気配だったので(笑)、箭内さんが即ストップをかけたのでした‥/笑)


<贅沢なCM上映会>
 
■「KEIRIN 20〇〇」
 
箭内さん×オダギリコラボのCMを観ようということで、まずは「競輪」のCMから。
全シリーズを観ながら思い出話です*^^*
 
・会見のCMを撮ったのがまさに3月11日だった。
オダギリが「マイウェイ〜」の撮影中で、この仕事のために一時帰国していた時だった‥とあれこれ振り返り。
・CMの「記者会見」バージョンでは、大森南朋さんのカタイ喋り口調に笑い出すオダギリ。
オダギリ「(終わってから)あぁれ??南朋さん、あんな喋り方でしたっけ?」
この言い方がトボけたツッコミ口調で笑いました!
「あっはっは!(競輪のCMでは)いろんなことやらされましたよね!(笑)」

■資生堂「UNO」
 
箭内さんとやるCMは即興パターンが多い、UNOなんて凄かったという話から、UNOのCMを観ることに。
 
箭内さん「オダギリジョー、資生堂に就職というようなCMで」
オダギリ「松岡(錠司監督)さんがなぜかいたんですよね。なんでいたんでしたっけ(笑)」
 
などなど、何気なくも懐かしい、面白い話ばかりが出ていました。
オダギリ、クスクス、くっくっと笑ってばかり。
「くだらないっすね」なんて言いながらもちょっと懐かしそう。見ているこちらも幸せな気分でした*^^*
そして、UNOのCMを1つ1つ観ていったのですが、箭内さんが『前半が「オダギリジョーが資生堂に就職」といった内容で作っているので、後半はちょっと艶っぽくオダギリさんに踊ってもらっている』と言われた、その『カメラ目線でのキラキラオダギリ』が流れた途端、
 
オダギリ「あっはっはっは!!あっはっはっは!!」
 
と、マイクの音声でこちらの耳が痛くなりそうなくらいの大声で大笑い(笑)。
そのせいか、その後どのパターンが流れても、最後のオダギリのシーンでは観客からも毎回笑い声が(笑)。
 
オダギリ「面白いんですけど、そら、1年でなくなるでしょう!そりゃそうでしょう!(笑)」
オダギリ「その後は妻夫木くんたちのでしょう?」
箭内さん「オレは呼ばれませんでした(笑)」
オダギリ「二人で切られた(笑)」
 
なんて話をお二人で(笑)。
 
サントリー「ほろよい」
 
大画面の大音量でオダギリのCMを次から次へと観ている不思議。しかも懐かしそうに解説してくれるご本人と。。
ここで、ナレーションを光石さんが担当されていたという話題が。
お二人から光石さんの面白い話題や、一部オダギリが(光石さんとの)「ほろ苦い思い出(笑)」と言っていた話なども出ていました。(がこれは省略/笑)
 
 
<松岡修造さん(笑)>
 
(この対談って)毎回トークはこんな感じなんですか?」と何気なく尋ねるオダギリに、「松岡さんの時はそんな感じじゃなかった」と箭内さん。
ここから話題は(オダギリの大好きな)松岡修造さんの話題へ!(笑)
「松岡さんはもう、客席の中に入って行って、弱気な人とかにガーッと‥」なんて話す箭内さんに、オダギリも「へえ〜〜!!!」と、舞台挨拶やテレビなどではなかなか聞くことのできないテンションで感心していました(笑)。
 
オダギリ「松岡さんが子供に合宿でテニスを教えるみたいなの、あれ泣きません?
(口調にものすごく気持ちがこもってました)
本気で感動しません?
あんなに人の子供を怒る人って‥素晴らしいなと思って」
箭内さん「でも、自分の子供はちゃんと怒れないって言ってましたよ」
オダギリ「ぇえ〜〜人〜間〜(にんげぇ〜ん)(>_<)」 (会場爆笑)
 
この言い方が本当に可愛くて優しくて、ここだけでもオダギリジョーという人のファンになれそうだな!と無意味なことを思いました‥(笑)
あと、松岡さんは「怒れば伸びるとわかっている子にしか怒らない」とも言われていたそうで、
 
オダギリ「‥(錦織)圭くんも(ですよね)‥!へええ〜〜〜」
オダギリ「僕もテニスをやっていたら、ああいう先生に教えてほしかった‥」
 
としみじみ言っていました(笑)。
自分が冷めていて、物事を客観的にしか見られないタイプだから、
 
オダギリ「ああいうド直球な人が大好きっ!なんですよ!」
 
とも熱い口調で。
 
 
<箭内さんに”事故られる”オダギリ(笑)>
 
その後、同じくUNOのCMをやっていた勝手にしやがれ、競輪CM以前にオダギリが知り合いだったという怒髪天などの話も。
箭内さんからも「世間は狭い」という感想が出て、
 
箭内さん「オダギリさんの奥さまもここにいるしね」
オダギリ「(まさかという口調ではあるものの)ぃいるんですかあ!?」

と大きな声で言ってちょっとキョロキョロ(笑)。 
いや、会場内に展示されていて‥ということで箭内さんは言われたようでしたが、結局、そこには展示もされておらず、箭内さんの勘違い。
 
オダギリ「事故られた感じしますよね。一方的にぶつけられた感じ(笑)」(会場爆笑)
 
ここから、箭内さんが奥さんの話をし始めると、「うちの話はいいですよ」と苦笑いするオダギリ。
 
箭内さん「あれっ、隠してるんでしたっけ、奥さんいること!」(会場爆笑)
オダギリ「‥(特別)言ってないですから(笑)」

(‥しかしこの話題には少し後に続きが!/笑)

(2)へ続く。 
【レポ】5/4(日)公開取材「<生>風とロック 箭内道彦×オダギリジョー」(2)