4/13(土)「舟を編む」初日舞台挨拶
丸の内ピカデリー1
9:30の回上映終了(/13:00の回上映前)
登壇者:松田龍平、宮あおい、オダギリジョー、黒木華、伊佐山ひろ子、小林薫、石井裕也監督
司会進行:松丸友紀アナウンサー(テレビ東京)

 
着席早々、おや?
おお〜この感じはちょっと久々‥というのは、席の両側をガッチリ(まあまあ若い?)男性に固められたから(笑)。
みなさん、単独で来られている方々のようで、見ると更にそのお隣も男性。
宮あおいさんも黒木華さんもいるしな〜‥あ、伊佐山さんも!(笑)(映画ではある意味、伊佐山さんが一番いい味出されていましたね/笑)
ここ数年で言えば、鑑賞時の映画館で年輩の男性に(席を空けて)挟まれたことはありましたが‥ちょっと新鮮な感じでした(笑)。

私が参加したのは9時半からの上映の回。
映画が終わり、マスコミの準備が整ったところで、ステージ向かって左側のドアからみなさん入場です。
オダギリとの共演率も高い小林薫さんをこれまでで一番近くから拝見することができ、うわーステキ〜とテンション(笑)(いや、他のみなさんもみんな好きなんですけど‥)
オダギリは、先日放送された「旅する音楽」で着ていそうな!? 大きな一枚布に手と首を通すところを作り、そのドレープを生かしたという感じのシンプルなデザインの衣装+黒いブーツ。
渋い感じにヒゲはありますが、髪はさっぱり撫で付けてあって、顔の印象はどちらかというとスッキリ精悍な感じです。
ステージには、左から石井和也監督、伊佐山ひろ子さん、オダギリ、松田龍平さん、宮あおいさん、黒木華さん、小林薫さんの順で立たれます。
(石井監督の服のグレー、伊佐山さんのオフホワイト、オダギリの赤錆色に近いブラウン、松田さんのグレーベージュ、宮さんのエメラルドグリーン、黒木さんの(白×)紺、そして、小林さんの黒‥といったみなさんの衣装の色が、並ばれるととてもステキで、見事に調和して見えたのが印象的でした*^^*)
司会進行役は、完成披露試写会の時と同じ、テレビ東京の松丸友紀アナウンサーです。

松丸アナ:みなさまから一言ずつご挨拶とお好きなシーンをお願いします。

(以下、映画のシーンの描写が詳細な部分に関しては、一部色を反転(白に)させていただいています)

松田龍平さん:今日はありがとうございます。初日を迎えられて、すごく幸せです。
楽しんでいただけましたか。
(会場から拍手)
観れば観るほど味が出る映画だと思うので、よければまた何回でも観ていただきたいなと思います。
僕は『最後、香具矢に「これからもよろしくお願いします」って言うところがすごい好きです。辞書は完成したけど、人生はこれからも続いていく。
辞書作りも新しい言葉がどんどん生まれて終わらない‥なんかそういう映画なんだと思ったし、すごくいいシーンと思いました。
 
宮崎あおいさん:こんにちは〜(香具矢ちゃ〜ん!という掛け声がかかり)‥ありがとうございます(笑)。初日に足を運んで下さってありがとうございます。観終わった方の前でお話をできるというのは嬉しいです。
私は、馬締さんが香具矢と会った翌日、『会社で恋という語釈を書いた紙がポッケに入ってるのを、オダギリさんに見つかった時の仕草』がすごい好きです(笑)。


ここで、映画での馬締さんの仕草を真似て説明していた宮さんが可愛かった。
ただ、映画を観た方ならわかるかと思いますが、実際は『「恋」の語釈ではなく、馬締にとっての恋→「香具矢さん」の語釈で、西岡さんに見つかったのではなく、自らチラリとした‥というシーンでしたね(笑)
私もここの馬締さん萌えです(笑)。←人生で初めて使った「萌え」(笑)

オダギリ:え〜今日はあの〜ジャッキー・チェンの映画が公開なのに(会場笑い)、こっちを選んでいただいて、ほんとに感無量です。(会場クスクス)
え〜〜‥あ、好きなシーンは、CMにもなってますけど、あの〜馬締が香具矢に告白をする、玄関で、あのシーンがやっぱり観てて、こう‥なんとも言えない感じになりますね。
(言葉の続きを待つ周囲の空気を感じて?/笑)‥‥なんとも言えないです(笑)。 

多分‥言葉に言い表せないような気持ちですという意味と、これ以上なんとも言えないですを引っ掛けている?^^;
あと、オダギリ、また同日公開映画のこと言ってる〜(笑)と思ったのですが、昨日生出演した「王様のブランチ」を観ると、番組内でジャッキー・チェンの映画紹介をバッチリやっていたので、舞台挨拶直前にTBSでその情報を仕入れたんでしょうね(笑)。
 
黒木華さん:観て下さってありがとうございます。
私が好きなのはオダギリさんもおっしゃった、香具矢さんに「好きです」って言うところなんですけど、被ったので‥あ!観覧車のシーンもすごい好きです。『そういうことじゃないのに辞書で調べようとしたり、それを見ている香具矢さん』がすごく好きです。
 
伊佐山ひろ子さん:ありがとうございます。
私が好きなシーンは、居酒屋で加藤剛さん演じられる先生が、『狭いテーブルの上で、辞書の構想の話をされるシーンで、テーブルを海、箸置きを舟に見立てて、あの声で夢を』語られるところが一番好きです。
 
小林薫さん:あの〜全く考えて来なかったんですけど^^;今漠然と思いつくのは、僕たち編集部でも食事したりお酒飲むシーンがあるんですけど、馬締と香具矢の食事のシーン。2人が御飯を食べてるシーンが、とってもあったかい感じがしていいなと思って観てました。
 
Q:この作品には素晴らしいキャストが出演されていますが、現場で演出されてどうでしたか。
 
石井裕也監督:今日はどうもありがとうございました。監督の石井です。
みなさん、個性豊かな方々ばかりですから、変わってるというか、魅力的だっていうことなんですけど、そういうみなさんが、現場で瞬間的にガッと同じ方向を向くとき、要するにお芝居をしている時なんですけど、僕はモニターを見ず間近で見るのが好きで、ほんとに楽しかったです。
 
Q:みなさんの好きな言葉とその理由を教えて下さい。
 
石井監督:いろいろ考えたんですけど、「気合い」。
今までの人生であんまり使ったこともないし、多分これからも使うことないと思うんですけど、でもなんか存在していてほしい、近くに置いときたい言葉です。

小林さん:あの‥「楽」。「楽しい」ですよね。音楽の「楽」でもあるんですけど。
うーん、楽しい方がいいなあっていう。

小林さんのお話が特にちゃんと書けなかったのですが
『映画撮影などでもみんな大抵苦労話があったりするけれど、時間が少し経つと楽しかったなと思えたりする。回りから見たら大変そうでも、本人にとっては意外と楽しいことになっていたり。全てそういう風に受け止められたらいいな、なるべく楽しい方がいいな』という思いから「楽」を選んだというお話でした。
 
伊佐山さん:私は「さようなら」です。
(「さようなら」は少し寂しい言葉でもあるがと言われ)でもあの〜学生時代にはちゃんと「みなさんさようなら」とか言ってたのに、考えてみれば、じゃあね、とか、またね、とか、さようならと言わなくなってる自分がいるので、「さようなら」を言える人になりたいと思いました。
 
松丸アナが「ステキですね」というような話をされている時、オダギリが何か(恐らく肯定的な?)反応をしたらしく、松丸さんが「オダギリさんが‥(笑)」「いいですね」と笑い出し、オダギリも笑って、客席にも笑いが起こっていました。
しかし私はメモを見下ろしていた時で(>_<) 隣の男性が「ははは」と笑ったことで気づいた次第で、なんだったのかよくわからず‥あ〜残念^^;
 
黒木さん:私は‥「楽しむ」ですね。なんか‥楽しいといいなぁって思うので。
私が、なんですけど、余裕がなくなったり楽しめてないなあと思うと、あんまりいいことがないので‥。
楽しんでやれて、余裕を持っていけたらいいなあと思うので、「楽しむ」です。
  
オダギリ:えーっと〜あの〜‥ジャッキー・チェンが‥(会場クスクス)
(笑って) さっきテレビで観たんですけども、もうすぐ60歳だそうで、あの歳であんなにアクション頑張って、一生懸命作品を作っている姿を見て、やっぱりあの〜自分も‥そうっありったぁいっなっ(笑)(←表記は適当ですが;こんな感じに吹き出しながら)‥っていう風にまあ、思うかどうかは別にして(会場笑い)、ま、言葉は、「押忍!」です。

松丸アナ:押忍!

オダギリ:はいっ(笑)

松丸アナ:最近あんまり聞かないですけど。

オダギリ:そうですね。
 
辞書に「押忍」って載っているんでしょうかという松丸アナに、
 
オダギリ:あぁぁ押忍は載ってるんじゃないですか、やっぱり。ええ。(会場クスクス‥)
あの〜いつでもどこでも使えるんで。ま、そういうところで便利かなあと思って。
 
松丸アナ:珍しい言葉が出てきました。「押忍」。
 
オダギリ:押忍!(笑)
 
「押忍」。以前テレビで観たことがあるのですが、昔の海軍での挨拶「おはようございます」(←すごく普通)が変化した言葉らしいですね(笑)。
当時、船と船の甲板の間でも「おはようございます!」と挨拶し合ったりしていたそうですが、ダラダラ言うより!?「お」と「す」だけの方がよく聞こえ伝わりやすいということで「おす!」となり、後のカッコ良さげな「押忍」という字は全くの当て字だというお話だったような^^;
でも「押忍」=「おはようございます」だとすれば、オダギリも芸能人なのだから挨拶用語として見事正解!?(何が?^^;)
‥ああ中断が長くなった‥

宮さん:私は「おもてなし」という言葉が好きです。
食事に行っても気持ちのいいおもてなしをしていただくと、嬉しくなりますし。
やり過ぎても相手に気を遣わせてしまったり、至らないとおもてなしできていないというになってしまうので難しいですが、楽しいことだなあと思うので、
好きな言葉です。
 
松田さん:あの‥被ったんですよ。「楽、し、み」。
あの〜楽しみたいなと思って。‥‥‥。(会場笑い)
あの〜やっぱ緊張しちゃうんで。なんでも楽しんでやりたいなと思って。
 
松丸アナ:今は楽しんでいらっしゃいますか。
 
松田さん:今はあの〜映画をもう観てくれた方たちなんで、ちょっと楽しいです。(ニコッ)(会場笑い)

この時の松田さん、誰よりも可愛かったかも‥(笑)
オダギリも笑っています。
 
松丸アナ:(最後に)初日を観て下さったみなさんへ一言お願いします。
 
松田さん:え〜もう、感謝の言葉しかないんですけど(笑)、初日一番初めの回を映画館まで足を運んでくれてすごく嬉しいです。ありがとうございます。
欲を言えば、まだ観てない方に勧めていただけると‥幸いです。‥「幸い」でいいんでしたっけ(笑)。
 
松丸アナ:はい!「幸い」で合ってます(笑)。
 
松田さん:お願いします。ありがとうございます。
 
ここで、「舟を編む」と筆で書かれたパネルが運び込まれ、みなさんの元へ。
書道家の‥というアナウンスがあったので、なんとなく『武田双雲‥』と思ったらやっぱりそうでした(笑)。
ムービーの撮影があるということで、例によって「お手振り」が促されますが、女性陣などが振る中、オダギリ1回目は手を挙げず(笑)。
でも、もう1度お願いのアナウンスがあった時、ついに!?オダギリが左手を広げて、「ムービー」じゃなく「静止画仕様」のように、パーのままほんの少し上に挙げて見せ、隣の松田さんも(なんでそんな低いところで動かないパー!?‥と思ったかどうかはわかりませんが/笑)それを見て笑っていました(笑)。
(メモには『松田さんも〇〇も笑う』と書いてあったのですが、どうも人の名前ではなさそうな感じで、でも字が雑過ぎて判読できなかった‥