多賀谷さんそのままではないにしても、監督にも「素のオダギリに近い」と言われるオダギリ。
若手と呼ばれるにはちょっと上だけど、ベテランと言い切られるのもどこか落ち着かない。(私が。。)
そういう(いい意味で)微妙で曖昧な年齢の間に、今のオダギリが自然と共感できたことを力を抜いて演じることで、結果自然と役を成立させてしまえた多賀谷という役。
現場や出演への経緯なんかはもしかしたらものすごーく男臭いものだったのかもしれないけれど、作品が、期待することすら完全に忘れてしまっていたラブストーリーだったということも含めて(笑)、本当に私たちをこの役に出会わせてくれてありがとう〜(>_<)

オダギリジョーが語る「午前3時の無法地帯」の魅力とは?(ぴあ映画生活)