雑誌の付録のDVDはまだ観ていないので、同じかどうかの確認はしていないまま、とりあえず(やりかけたので‥)続きを。(VOL.1に続いて、本田翼さんとオダギリ部分のみです)

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.1(オダギリジョー)

■「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.2(6分)
BeeTV

本田翼
ももこ役

本田翼さん:キャストの方、ひとりひとりのことをちゃんと山下監督は考えてくれていて、だから、なんだろう、ほんとに、自分らの演じてるキャラがブレないですし、その自分が演じてるキャラを、突き詰める‥というかなんだろう、すごく深い、深く理解できました。
監督と話し合って、ほんとに作り上げていけたし、理解もできたと思います。

Q:二人の監督から演出を受けるのはどうでしたか?

本田翼さん:あの〜もちろん、戸惑いもありましたし、でもそれをちゃんと今泉監督に言ったら、あの〜俺はこうこうこうはこうだと思うからとか言って下さったので、すごく何かにつまづいたりとかはしませんでした。

今泉監督とやっぱり山下監督の演出の仕方も若干違うので、そこがまた面白かったです。

グレーのキャップに茶色のジャケット姿で。

オダギリジョー
多賀谷役

Q:二人の監督との仕事はいかがでしたか?


オダギリ:あの〜〜もちろん、自分が思う多賀谷像っていうものが、あ〜真ん中にこう、ある中で、山下監督が思う多賀谷像、今泉監督が思う多賀谷像‥もし、そこが全く違うものであったとしても、そこでバランスを取るのが自分だと思っているので、その、監督が意図するところも、どういうポイントで監督がこういう演出を‥ま、しようとしているのかってところだけがわかれば、あとは自分なりにその〜、多賀谷というキャラクターを通してそれを表現すればいいと思っているので、そんなに、あぁの監督が変わったりとか‥全く価値観の違う人が来たとしても、そこは問題にならないとは思ってます。
やっぱり、そういう話し合いの中から作品は、ま、育つものだと思うので、‥うん、それは大事なことだとは思ってるんですけどね。
ただまあ、みんな同世代の‥男‥っていう、みんながみんな多賀谷のような‥ま、歳の男なので、言い争うこともなく、すごくわかり合いやすかったとは思います。

言葉をそのまま文字にしたので、ちょっとのんびりした感じになってしまったかな?ですが^^;口調はわりとハッキリとした感じです。

撮影の合間。監督と話しているオダギリからは多賀谷さんのほんわかオーラが消えて、普通にオダギリ、普通に相当カッコいい人‥に見えるのが今更ですがスゴイ‥^^;

【レポ】「午前3時の無法地帯」SPECIALメイキング映像 VOL.3(オダギリジョー)