10/25(木)「2012 STYLE ICON AWARDS」
韓国・ソウル
(WEB中継20:00〜)
プレゼンター:オダギリジョー

WEBでの中継が始まって50分程経過した21時前、車からオダギリが登場。
レッドカーペットに降り立ち、すずなりになっている人たちに視線を向けながら、1人で歩きます。(車から降り会場に入るまで、レッドカーペットを歩くのは1人(もしくはひと組)のみ) 
手には、車から降り立った際渡されたと思われる、白に青い色がさした一輪のバラ。
他の有名人はみんな、その花を手にしたまま歩いていましたが‥オダギリは少し歩いたところで、そのバラをお客さんの方にポーンと投げようとします。
でも軽さもあってか、下から投げられた花は前というよりは上に飛んでしまい、高く宙を舞った後、残念ながらレッドカーペットの上にポタリ(笑)。(ニュースを集めた記事の中に画像あり/笑)
一瞬苦笑のような表情を浮かべたようにも見えましたが、何事もなかったかのように歩いて、屋内でのマスコミの撮影へ。

大きなイベントのようなのに、会場はそれほど広くなく?ステージ際までお客さんが詰めかけていて、そのほとんどが女性。そんな会場にオダギリが姿を見せたのは授賞式の後半です。
式の進行に関しては、細かいことがほとんどわからない中^^;マイクを持って話をしていた男性が、
『‥〇×△オダギリジョー・シ(さん)』
って言った!と思ったら、同時に会場から歓声が上がり、オダギリが登場
よくある“ステージ脇から”ではなく、派手な音楽が流れる中、観客席に挟まれたランウェイのようなところを歩いてステージに立ったオダギリは、マイクの前に立ったところで(日本ではなかなかないような)大きな声で、女性ファンから何か声をかけられています(笑)。

オダギリ:えー、こんばんは。オダギリジョーです。(キャー!の歓声)

女性の通訳さんが、オダギリの言葉をひと区切りごとに通訳していきます。

オダギリ:今日は〜ある‥トークショーの収録で韓国に来てました。
で、偶然そこで、ある重要な情報を耳にしまして、えー、ここに“来ることに!”しました。
(←なぜかここに力を込めて話し、ちょっと表情を緩ませます/笑)
えー、僕のすごく(「すぅごく」と力んで)大切な先輩が、この賞を受賞します。
まずはVTRをご覧ください。

口調はキリリ(笑)。
ここからは、下の記事にアップした動画の通りの進行ですが、会場のスクリーンにチャン・ドンゴンさんの顔が大きく映し出され、会場からは更に大きな『キャー!!』という歓声が上がります。
私もキャー!! そうか、チャン・ドンゴンさんのプレゼンターを務めるために出席していたんだ〜!と初めて分かった瞬間でした*^^*

チャン・ドンゴンさんの超二枚目映像が披露された後、ご本人の登場。(今、こう打ちながら、ああいう正式に作られたオダギリの映像も観てみたいなあ〜と思ったり(笑)。日本でも授賞式前などに紹介映像として会場に映像が流れたりしますが、大抵ほんの数秒なので;)
オダギリと握手し、ハグするドンゴンさん。ドンゴンさんの背中に回ったオダギリの手が、きちんと指を揃えた形でポンポンポンと彼の背中を叩いています^^
そして、オダギリにトロフィーを手渡されたドンゴンさんのスピーチ。
ドンゴンさんが「‥オダギリジョー・シ‥」と口にした時には、少し後ろに立っていたオダギリも、ちょっと微笑みを浮かべて軽く頭を下げます。
いやしかし、この会場でのオダギリはかなりの美人さんで、時折、チャン・ドンゴンさんと並んで映し出されるツーショットはほんと〜〜に素敵だった〜(>▽<)

スピーチが終わり、2人でランウェイを歩いて退場。
でも‥私の思い込みでなければ!? 他の人の時には数秒程度しか映らなかった退場シーンが、オダギリとチャン・ドンゴンさんの時には、2人がステージから退場し、通路を通って別のゾーンに出て行くまでずっと、正面からしっかり撮り続けてくれていました*^^*
その間も2人は歩きながら話し、顔を見て頷いたり笑い合ったりと、なんとも和やかな様子です。
その後、チャン・ドンゴンさんは別のゾーンでインタビューがあったのですが、その際にもオダギリがチラッと顔を覗かせたり(笑)。(文字通り、うっかり覗いてしまって引っ込んだという感じでした/笑)

そしてそして。式典の最後、受賞した人の中から1人だけ選ばれる『Style of the year』の発表。
韓国の芸能界については全く知らないのに‥^^;ですが、「2012年のアイコン」という言葉から、“韓国で今で流行っている人”“注目されている人”なんかが選ばれるのかなとなんとなく思っていたところ、何の根拠もない予想に反して^^;ベテラン実力派のチャン・ドンゴンさんが受賞
さすがという感じでした^^