観られましたか〜
なんと「チェリー・ザ・ダストマン」のPVが2回も流れてびっくり。
オダギリのコメントもバッチリ流れて嬉しかった。
最初は、ちょっと(番組全部を聴く)時間がないかな?と思っていたのですが、気がつけば2時間、じっくり聴いてしまっていました^^;
また改めて追記したいと思います。



■『勝手にしやがれ15周年記念特番ニコニコ生放送』
配信日時:2012年6月20日(水)22:00〜24:00過ぎ
出演者:勝手にしやがれ ほか/ 星野卓也(MC)

勝手にしやがれのメンバー全員と、MC役の星野さんがみなさん揃って掘りごたつの和室に大集合(笑)。
乾杯もして、スーツ姿であることを忘れたら、画的には普通の飲み会のような雰囲気です(笑)。

番組始まって20分過ぎ、お祝いコメントの一番バッターにオダギリが登場

どこかの一室で。髪はスッキリアップで、黒い衣装の上半身ショットです。

えー勝手にしやがれのみなさん、15周年おめでとうございまぁす。
オダギリジョーです。

Q.(テロップ):勝手にしやがれとの出会いは?

えー‥6年前に、「チェリー・ザ・ダストマン」という曲を、えー、一緒に作業させていただきまして、当時は(すぅーっと息を吸って)よく、えー朝まで飲みに連れて行かれて‥(笑)。まあとにかく!武藤さんが朝まで長いんで、あの〜ほんとに空がこう明るくなって、ようやく帰れるかなぁと思っても、あぁの武藤さんが(笑)「じゃっ隣のカフェに行こう!」って、飲み屋の隣にあるカフェにそのまま入って行くっていう‥
(顔を仰け反らせるようにして笑いながら)うわ、またもう一杯飲まなきゃいけないんだ』っていう朝を、あの〜何度も過ごしたのを覚えてますね。あのっ、直してほしいといえばそこですかね。(なぜ直してほしい話になっているのだろう‥/笑)
あの〜(うんうん頷いてにやっとしながら)帰りたい時に帰してほしいっていう、そういう(吹き出す)ことですかね(笑)。はっはっ(笑)。

こういう放送には、リアルタイムに送られてくるコメントが映像にテロップ表示されますが、オダギリが登ジョーすると、様々な表現での「イケメン」「カッコいい」「イイ男」「良い声だなあ」といった感想が続々と(笑)、その他、「チェリー・ザ・ダストマン〜」「また歌ってほしい」「顔小さい」「画面映えする」等々、それからさすが勝手にしやがれファンで「たみお観たよ」的コメントも多数ありました^^

Q.勝手にしやがれの第一印象・音楽について。

そうですね!僕の第一印象は‥あぁの、勝手にしやがれさんのやっぱ音楽が、すごく‥カッコよくって、ストイックで、アルバムの写真が点あの〜ダイナマイトを顔に巻いている(手で写真の状況を説明/笑)、えっとージャケット写真があったんですけど、それを見て、あのすごく‥『ああ〜映画好きで、「勝手にしやがれ」もきっと、あの〜映画からとったんだろうなあ』と思って、カッコいいことを深めていく‥いってくれてるバンドだなと思って。

ここでは上のようなコメントに加えて、ダイナマイト話題繋がりで「ダイナマイト!」「早川正義〜」というようなものも(笑)。(私も大好き!なアルバムのジャケット話でしたが、オダギリからいきなり「ダイナマイト」という言葉が出てちょっとびっくり/笑)。

Q.勝手にしやがれへメッセージ


「チェリー・ザ・ダストマン」で、監督をしていただいた喜田さんという女性の監督が、また武藤さん含め勝手さんと飲みに行きましょうって言ってましたんで、僕も、これからちょっと楽‥スケジュール的に楽になりそうなので、えー改めて、ご一緒に飲みに行きたいと思いますので、その時はよろしくお願いします。(お辞儀)また、連絡します^^(お辞儀)
えー、ほんとに15年‥15周年!おめでとうございます。
これからも応援してますんで、カッコいい音楽作って下さい。オダギリでした〜
(深くお辞儀)


VTR終わってみなさんで拍手。
MCの星野さんに『オダギリさんからのコメントはどうでした?』と聞かれ、

武藤さん:(しみじみとした口調で)‥俺と飲むの、嫌だったんだねえ^^;

周囲:あはははは!

武藤さん:帰してほしかったんだね。今反省しました(笑)。

周囲:あははは!

いつも飲むところが5時までしか(!)開いていなくて、それが終わったら「もうちょっと飲もっか」「じゃあ隣行こうか」と隣のカフェに行こうとすると、

武藤さん:(オダギリの口調を真似して)『まじっすか!武藤さん^^;』。
その表情ってつまり、ああいうことだったんだねえ。

周囲:あははは!

MC:気づかなかったんですか!(笑)

続いて、星野さんに『オダギリさんとのコラボは?』と聞かれ、

武藤さん:いやっ、いい男だねえ、やっぱり。なんか単純にね。仕事熱心で。なんかね、なんつーのかな、作品に向かう気持ちっていうのとすれば、勝手のメンバーだけでやってると、みんなそれなりに一生懸命頑張ってくれるんだけど、そうじゃない人と一緒に仕事した時の、この人はこうやって仕事に向かってるんだっていうのが、やっぱ、コラボやることによって見えるから。
んで、オダギリくんの仕事のやり方っつーのはよく、すげえな!っていうのをすごい感じて。うん。なんか、なんかすごい勉強させてもらった。

MC:どういうとこがすごいんですか。

武藤さん:いや、彼、ストイックで‥(笑)、だから、俺と一緒に飲むって言っても、ただ飲んでるんじゃなくて、どうやったらどういう楽曲をやっていこうっていうのを、すんげー綿密に飲みながらミーティングしてる、それが飲みだったの。
んで、もう朝までこうだよねああだよねっていうような感じでずうっと言ってて、んで、実際スタジオの現場に現れた時も、すっごい自分で頑張って挑戦してくれて、こうだなああだなってやっぱやってくれて‥うん。ま、この男(→)斉藤に比べたらもう〜

すかさず星野さんから『いい話だったのに(ここで)なんで斉藤さんと比べるんですか(笑)』というツッコミがあり、周囲は爆笑です。確かに‥(笑)
武藤さん曰く、『(オダギリくんと)対極ということで。(引き合いに出した)』とのことでしたが(笑)、斉藤さんは勝手にしやがれの中でも一番と言っていいほど大人の男っぽいビジュアルでありつつも最年少な方で(笑)、『世代がオダギリと同じ』(しかしオダギリよりも更に下)ということもあったようでした(笑)。

そんな中、福島さんが「(オダギリさんの)サインもらったよ」とちらっと。。

武藤さん:サインもらってんだ(笑)。俺ももらってないのに(笑)。

でも実は、福島さんのお友達のお子さんに何か事情があったようで、その子がオダギリの大ファンだったということで、なんとか励ましたいということでサインをお願いしたら、本当に〜快く引き受けてくれた(そんな人だった)というお話でした。
福島さんは「僕も欲しかったけど‥」(我慢した!?/笑)と言われていました(笑)。

ここで、武藤さんからの曲紹介があり、「チェリー・ザ・ダストマン」のPVが流れます。(番組終盤にも再度流れました
PVを初めて観た人もいたようで、「カッコい〜!!」「かっけ〜!」的コメントが数え切れないほど、「大好きだった」「拡声器がかっこいい」「オダギリ華がすごくある」等々の感想テロップが躍っていました*^^*

(とりあえずオダギリ部分はEND)