今日夕方、ニコニコ動画で生放送された「マイウェイ 12,000キロの真実」来日会見の模様をレポします。
一部省略しているところもあります。
(ちなみに来日会見と舞台挨拶は別もので、映画の前に行われたのが舞台挨拶、私が映画鑑賞中に^^;行われていたのが来日会見です)

オダギリジョーとチャン・ドンゴンの『マイウェイ』会見がニコ生で生中継(マイナビニュース)



12/19(月)「マイウェイ 12,000キロの真実」来日記者会見(ニコニコ動画)
出席者:カン・ジェギュ監督、オダギリジョー、チャン・ドンゴン、ファン・ビンビン

司会者(伊藤さとりさん):(キャスト、監督以外の部分は内容を省略しています)
一言ずつご挨拶を。まずはオダギリジョーさん。

オダギリ:あ、どうもみなさん、こんばんは、オダギリです。
今日初めて、日本で公開、公開じゃないですね、上映することになって、すごくまあ緊張というか心配というか不安というか、えーそういう気持ち、です。
なかなか日本で戦争映画って、あの〜ま、作ることもないですし、あまり観る機会がないものだと思うんですけども、こちらにいるカン・ジェギュ監督が「シュリ」とか「ブラザーフッド」とか、日本でも大ヒットした、韓国でも、なんていうんですかね、こう‥歴史に残る監督と言われている監督なので、ま、そういう戦争映画の醍醐味みたいなものをちゃんとフィルムに焼き付けていると思いますし、是非期待してもらえれば嬉しいです。
今日はよろしくお願いします。

チャン・ドンゴンさん:(日本語で)こんばんは、チャン・ドンゴンです。
(以下通訳の方の言葉)
みなさま、お久しぶりです。今回僕は「マイウェイ」という映画をみなさまにご紹介するために日本にまいりました。日本と韓国でほぼ同じ時期に公開されるということは初めてでしたので、いつにも増して緊張しておりました。またその一方で、とても、みなさんがどう観て下さるのか、そういった期待で胸を膨らませております。1年近い歳月をかけて、スタッフが全員苦労して作った作品ですので、どうぞみなさまたくさんの愛情と声援をお願いします。ありがとうございます。

ファン・ビンビンさん:(日本語で)こんにちは。
(通訳) みなさん、こんにちは。また日本に来ることができて、しかも「マイウェイ」という、また別の映画を持ってくることができて大変うれしく思っています。日本のみなさんに是非この映画を気に入っていただきたいなと思います。この映画は監督、そして私たち俳優、ほんとに苦労して撮りましたので、是非応援して下さい。宣伝の方、よろしくお願い致します。

カン・ジェギュ監督:みなさん、こんばんは。「マイウェイ」という映画なんですけども、シナリオを書いてから完成するまで4年という歳月が経ちました。日中韓の多くのキャストとスタッフが集まって、渾身の力を集めて作った作品です。ワンカットワンカット、本当に最後までベストを尽くして作りました。ですので、この場を借りて、みなさんに感謝申し上げたいと思います。
この「マイウェイ」なんですが、日中韓の映画の発展に少しでも役に立てればという気持ちです。
それから、日本と韓国がこの映画を通じて、少しでも近くなって、お互い理解する上で、この映画が1つのきっかけになればという風に思っています。ありがとうございました。

伊藤さんの方から代表質問。

Q:1枚の写真からストーリーを考え、映画になったと伺ったが。

カン・ジェギュ監督:正確に申し上げますと、実は6年前に1つの出来事がありました。それは‥(経過も含めてかなり細かい話なのですみませんが省略;)
‥ドキュメンタリーを観て私は驚きました。
今の現代史の中で、小説よりもより小説的な、そういう話が存在するんだなあと思いまして、なにがあっても、どんな困難なことがあっても映画化したいと思いました。それで4年前に、私の方から新しくシナリオを書き直しました。

Q:アクションが壮絶だったが、スタントなしと伺ったがいかがでしたか。

オダギリ:(1音1音区切るように)いかがでしたか^^;(そう言われてもねえ‥という感じで)(会場笑い)
あの〜それはもう、キツかったですねえ。多分あの‥表現として適しているのはこの世のものとは思えないということじゃないですかね、その‥酷さが。(会場笑い)
えー、ま、日本であまり、戦争映画というか、戦争をテーマにした作品って、ま、なんていうんですかね、こう、親子愛だったり愛国心だったり、そういうものをテーマにすることはありますけど、大きな戦闘シーンを作るということは、やっぱり日本の土地では無理だと思いますし、まあお金もかかりますし、そういう意味で全く、僕の経験のない戦闘シーンの毎日だったので、まあ〜ほんとにあの〜みなさんの想像をはるかに絶する‥酷い現場でした(笑)。伊藤さん大笑いの声)
あの〜ま、ニコニコ動画とかで生放送されてるらしいんで、ちょっと言葉をね、ちゃんとしなさいよと言われたものですから、あの、言葉を選んで行きたいんですけども。。
えー、ま、戦車とかも、あの、本物の戦車を3台くらい作ったんですかね。あの、その〜戦車が行きかう現場っていうのもなかなか見ることも今後もないでしょうし、マシンガンを撃ちまくるみたいなものとかも、まあ今後そういう映画に出ることもないでしょうし、本当にいい経験をさせてもらったなと思いますね。
ありがとうございます。

司会の伊藤さん、かなり笑ってます^^;

Q:今回の撮影現場は。

チャン・ドンゴンさん:実はカン・ジェギュ監督とは以前、7年前に「ブラザー・フッド」という作品を通して、一度お仕事をしたことがありました。
ですから、そういった意味で以前にも一度戦争映画は経験しておりました。
ですから今回も、それが役に立つのではないのかなと思っておりまして、最初は戦争映画に出演するのが初めてという俳優さんにアドバイスをしたりなんかしていたんですけれども、でも実際、撮影現場に行ってみたら、そういった以前の経験は全く役に立たないような、そういった状況でした。それくらい、以前と比べて、ほんとにスケールの大きなそういったシーンがたくさんありました。
特に一番苦労したのはやっぱり寒さでした。
昨年の冬、韓国は極寒の寒さでして、そういった寒さの中で戦闘シーンを撮影しなければなりませんでした。気温がマイナス17度という中だったんですけれども、また、撮影した現場が海辺の地域でしたので、ほんとに、骨身に沁みるような、そういった寒さの中で撮影しなければなりませんでした。ですから、そういった中でも、薄い軍服1枚を羽織って撮影をしなければいけないということだったので、俳優さんたちは中に薄いシャツですとか、そういったものを何枚か重ね着をしながら撮影に臨んでいたんですけども、あまりにも寒かったので、中にパーカーを1枚着て、それで撮影に臨むという俳優さんもいらっしゃいました。
そういった寒さで苦労したということが記憶に残っています。

ファン・ビンビンさん:大変だったかと言われれば、確かに大変で、実際撮影現場では誰も私を女性扱いしてくれないという状況でした。
まず、中国にいる間に射撃の訓練と、それから取っ組み合いをしますので、その訓練も受けまして、韓国に来てからは、アクション監督に韓国との俳優さんとの殴り合いとかそういうのも指導してもらったんですね。
現場では、監督はじめチャン・ドンゴンさんもオダギリさんも、とてもよくしてくれたんですけれども、女であってはいけないという、そういう状況でした。
で、走るシーンがあるんですけども、4、5人の男性と一緒に、もう必死で、とにかく私としても負けられないので、最高の速度で走ったつもりです。
チャン・ドンゴンさんほど脚が長くないので、なかなか大変なんですけれども、必死で走りましたし、氷水のような川の中に、男性と一緒に飛び込みましたし、監督さんに出ると約束したからには、女優はあまり戦争映画って出たくないんですけれども、お約束した以上はちょっとやらなくちゃ!と思いましてやりました。
この映画、確かに戦争のシーンがたくさんあるわけですけれども、あの、実は描いているのは、戦争の中でも、人間同士の愛、人間同士の心が触れ合うという、そういう話です。
実際、歴史的な史実の中にはいろいろ残酷なことが起こったわけですけれども、でも今と同じような人間同士ふれあいというものがあった、お互いを思い合う心があったということを描いている点がこの映画の大事なところだと私は思います。

カン・ジェギュ監督はこのファン・ビンビンさんの話を、通訳さんを通してうんうんと頷きながら聞かれています。
続いて、記者からの質問コーナーへ。

Q:(監督に)それぞれの国からこの3人を選んだ最大の理由を教えて下さい。
(以下、監督のコメントにネタバレ箇所があり、映画未見の方は読まない方がいいかと思いますので、白にしてあります)

カン・ジェギュ監督:手短に申し上げたいと思います。
まず、チャン・ドンゴンさんですが、
ノルマンディー上陸作戦のシーンでですね、辰雄と再会をして、私たちはあまりにも遠くまで来てしまったという話をするんですね。そういった、その時の感情と眼差しを表現できる役者さんは誰がいるんだろうと思った時に、私はチャン・ドンゴンしかいないと思いました。

それからオダギリジョーさんですが、私はほんとに映画で一緒に仕事をできると思わなかったんですけども、ほんとに繊細で丁寧なお芝居ができる方だなと、素晴らしい役者さんだなという風に常に思っていました。
今回本当に運よく仕事することができてよかったと思っています。

それから、ファン・ビンビンさんですが、韓国と中国の合作映画にも出演されていまして、普段いい女優だと思っていました。
しかし、残念なことに今回の「マイウェイ」では早く死んでしまうんですね。ですので、たくさんのファンががっかりすると思います。ですので、次の作品ではですね、早く死なないで最後まで長生きするような、そういう役でもう1回仕事をしてみたいと思います。

カン・ジェギュ監督:それから、チャン・ドンゴンさんとオダギリジョーさんが一緒に出ることになった時に、2人が一緒に出るシーンを想像するだけでですね、男である私が観てもですね、本当に2人とも男前ですし、魅力的なんですね。そうすると、日本と韓国にいらっしゃるたくさんの女性の観客、ファンがどれだけ喜ぶんだろう、この2人が出ることでどれだけ喜ぶんだろうと思うだけでほんとに嬉しくなりました。

「おっしゃる通りだと思います」と伊藤さん。
オダギリ、照れくさそうに眉をしかめて苦笑い気味です。

Q:このシーンは観てほしいというシーンがあれば。

オダギリ:その質問が、まあ、大体困るんですよねえ(笑)。
んー、あの〜ま、ぶっちゃけた話をま、し‥しない方がいいんですけどね?ほんとはね?ハハ!(笑) 
ちょっとだけぶっちゃけると‥
(この言い方がなんだかかわいい!/笑)やっぱりあの〜韓国‥では、あの、ヒットしなけばいけないのはもちろんなんですけども、日本でもヒットしないと監督は喜べないと思うんですよ。なので〜まあ1人でも多くの方に観ていただきたいという、それが本心なんですね。
で、このシーンを是非観てもらいたいというのはないです!もう、映画をとりあえず観てもらった方が(笑)スタッフ一同みんな幸せになりますんで。。
ま、特に見どころとかは書かなくても結構です(笑)。
(会場爆笑)
とにかく「観てくれ」っていうことだけ伝わればいいと思ってます(笑)。‥‥はい(笑)。

伊藤さん:じゃあ、チャン・ドンゴンさん、いかがですか。

チャン・ドンゴンさん:(日本語で!)‥そのとおりです(笑)。(会場爆笑)

でも、「もう少し長く‥(笑)」と促されて、

チャン・ドンゴンさん:(通訳)僕もですね、オダギリジョーさんと同じような心境です。ただ、1つだけ申し上げるのであれば、先ほどオダギリジョーさんも少しおっしゃっていましたけれども、この映画というのは、特に日本の観客の方たちが観た場合には、あまり観たことのない戦争シーン、スケールの大きい戦争シーンがありますので、非常に新鮮な、そういったシーンとして映るという風に思います。
ですから、そういった視覚的な面白さ、プラス、2人の男性の間でのストーリー、そういったところに注意を傾けながら観ていただければ、面白くご覧いただるのではないかなと思います。

ファン・ビンビンさん:2人のおっしゃる通りだと思います(笑)。(会場笑い)
今日、記者の方から個別インタビューを受けてたんですけれども、そのうちのお1人の記者の方が、初め、実は観に行く時に、2時間20分と言われて、ちょっと長いなと思ったんだけれども、観たらもうほんとにあっという間に終わってしまって、それでも足りないというくらいに感じましたと言って下さって、ほんとにそういう映画だと思います。
この映画は、中国、日本、韓国のスタッフ、キャストたちがほんとに苦労して撮りましたので、きっと映画を好きな方だったら、こうしたアジアの力を結集した映画を観て、きっと失望することはないと思います。
どこか1点と言われたら、観た方が自分が良かったと思う1点を友達に伝えてほしいなと思います。

フォトセッションへ。
(終了)