別件でたまたま録画していた「モーニングバード」で、嬉し悲しな感じで『別人サインに韓国騒然!?』‥と、7分近く取り上げていました^^;
とは言え、内容にはサラッと触れ、あとはスタジオにいる方たちのコメントや感想等が主でしたが‥
あと、会見の様子や舞台裏にいるオダギリの映像が結構流れたので、それはちょっと嬉しかったですが^^;
サラッと紹介しますと‥


■12/14(水)「モーニングバード!」
テレビ朝日
“別人サインに韓国騒然!?”

小松アナ:韓国でも現在人気の俳優、オダギリジョーさんなんですが、昨日韓国で映画の試写会に登場しました。
で、その後に実は謝罪をしているんですが、その原因となったのがこちら‥(と、白紙の色紙を掲げる)
色紙に書いたあるサイン、これを巡って、韓国で大変な騒動になっているというんです。さあ、果たしてオダギリジョーさんは一体どんなサインをしてしまったというんでしょうか。

韓国での『映画「マイウェイ 12,000キロの真実」完成披露試写会』(となっていました)の舞台に上がってくるオダギリの姿。既にステージ上にはカン・ジェギュ監督、チャン・ドンゴンさんの姿もあり、すごいフラッシュです。
オダギリのアップが映りますが、心なしか口元に笑みらしきものを浮かべてもいるような‥
(細かいナレーションは省きます)

マイクを持って話すオダギリ:韓国を侮辱したような行動だ、みたいな報道をされたというのを日本で聞いて、僕自身すごいあの〜驚いたし、ま、ショックだったんですよね。

舞台の裏らしきところで、人に囲まれて立っているオダギリの右側からの映像。
後頭部付近まで映っていますが、少なくとも(下部分は)真後ろまで髪がなくこんなところまで刈られているんだ!‥と感心(笑)。
騒動の経緯を簡単に説明するナレーションがあり、イラストとの合成で、レストランに入り→食事をし→サインを求められるオダギリの様子が再現されますが、この時のオダギリの顔写真のチョイスがなかなかよくて(笑)、かなりかわいく楽しげなオダギリになっています(笑)。
韓国内でのネットで流れている反応が紹介された後、試写会の会見の映像。
後ろについた通訳さんの話を真剣な顔で聞くオダギリ。鼻を触るような仕草のアップなども流れます。

ナレーション:オダギリさんは、昨日ソウルで行われた映画の完成披露試写会に出席。この騒動について、報道陣の前で自ら釈明しました。

マイクを持つオダギリ:(ほんの少し笑みを浮かべたような表情、明るめのハッキリとした声で)本当のことを言うと、ま、もちろん悪意なんてなくて、あの、日本でもおんなじようなことをやってて、あの、他の人の名前を書いたりとか、絵を描いたりとか、なんかその時に浮かんだ言葉を書いたりとか。。

オダギリ:(報道を見て)嫌な気持ちになったりとか、不快な気持ちになった方がいるんであれば、そういう方にはまあ‥申し訳なかったなあとは思うんですけど‥

ナレーション:ちょっとした遊び心から発展した今回の騒動。(テレビにはオダギリのサイン画像に『遊び心』という文字が(好意的な感じで)添えられています) 
オダギリさんの真意は韓国のファンに伝わったのでしょうか。

以下、スタジオにいる方々のやりとりから。(簡単にまとめているものもあります)

赤江アナ:日本だったら「オダギリさん、またまた〜」という風に通じるけれど、字が読めない場合は、これが大好きなオダギリさんのサインとなってしまう。それでわ〜となるのはわからないでもないけど‥(とVTR中に羽鳥さんに話されたそうで、羽鳥さんが代わってコメント)

羽鳥さん:ま、今のオダギリさんの話を聞いても、猛烈な悪意があったとは思えないですけどね。

神田瀧夢さん:髪型も冗談みたいな感じで現れてますしね。

‥とツッコミらしきものをした途端、周囲から「(あれは)お洒落、お洒落ですよ!」「(あなたこそ)冗談みたいな顔してもう〜(羽鳥さん)」と突っ込まれまくるかわいそうな神田さん(笑)。

東ちづるさん:(サインについて聞かれ)人の名前を書くなんていうのはもちろんないけれども、食事をしている時にお店の方がサインを求めてきたら、え、終わってからにしてほしいなあ^^;と思うことはある。
あと、「サインお願いします、ファンなんです‥でもちょっと名前は思い出せないんですけど」と言われたりすると複雑^^;

神田さん:宇治原くんが言っていたんだけれど、普通崩して書くサインを、カチッと誰でも読めるように「オ・ダ・ギ・リ・ジョ・ー」と書いていたら、もしかしたら面白かったんじゃないかと。

うーん??^^;羽鳥さんの反応もかなりイマイチです(笑)。
というか、カチッとした「小田切譲」を緩く「オダギリジョー」に‥はとっくにやっているわけで、そちらの方がずっと面白いと思うんですが。。
あと、オダギリのサインは元々そんなに崩してもいないから、カチッとしたカタカナをカチッと書いてもね‥と内心ブツブツ(笑)。

が、ここで面白い話が!(以前にも聞いたことがあるような気はするのですが)実は羽鳥さんは「他人のサイン」をしたことが一度だけあるんだそうです(笑)。
え〜!!というスタジオの反応。

羽鳥さん:街でインタビューしてる時に、「安住さん、サイン下さい」って言われて(スタジオ笑い)、どうしようかなあと思ったんですけど、その人、間違ったこと言っちゃったと思わせるのも悪いし、多分ね、どこか遠くから来た人なんですよ!東京来たら安住さんに会えるんだと思ってる人の夢を壊したちゃいけないと思って、悩んだ結果、「安住紳一郎」ってサインしちゃったんですよ。

「書いたんですか!」「それ、どうよなあ!」と、和気藹々とした雰囲気で、驚きと笑いに包まれるスタジオ。

羽鳥さん、安住さんにはちゃんと伝えたそうですが、ご本人は知らないままだろうと。
「この場を借りて‥(あのサインをしたのは)私です!」‥と、超カメラ目線の羽鳥さん(笑)。
「僕はサインした上で、よくあるのが『好きな漢字を一文字書いて下さい』というもの。でも全然浮かばなくて、相方の名前の『菅』という一文字を書いたことがある」という宇治原さんに、「でも(それもその人が)期待していたものとは違う^^;」とすかさず突っ込む東さん(笑)。

羽鳥さん:(かなり控えめな口調で)今後、更に(この騒ぎは)広がっていくん、ですかね、我々の感覚だと、まあ、ちょっと、おも、面白いかなって‥(←ちょっと大きくしてみました)

小松アナ:ま、でも釈明していますんでね!‥サインには気をつけよう、という話でした(笑)。


‥という感じで、オダギリの最新映像を交え、なかなか楽しい感じでした
公共の場でもあり、他国の話題でもあり、自分たちもファンあっての身でもあるからか、みなさん結構控えめな反応でしたが、オダギリの話題についてはともかくも、お酒でも飲みながら『こんなサイン(お願い)は困る!』ということについて語り合ったら、かなり言いたいことがありそうな方々だな〜という印象でした(笑)。