DVC00027-1

やーっと観に行けました!
シネマライズと言えば、「メゾン・ド・ヒミコ」の舞台挨拶があったところ。
あの頃に比べればオダギリも貫禄が出てきたなあ〜なんて思いながら着席するも、みなさんのお話通り人はまばら。。
ただ、上映開始直前にぐるりと周囲を見回してみると‥なんと場内にいる人の半分くらいが年配の男性。しかもかなりの(笑)。
映画ファン、映画通‥いろんな方がいらっしゃるとは思いますが、「今日はなぜこの映画を観に来られたんですか」と、お一人お一人出口調査させてもらいたいくらいでした(笑)。

映画についてはネタバレの方に書くとしまして、もう行かれた方も多いと思いますが、残念ながらパンフレットというものは作られていないようです(T_T)
ただ、劇場のカウンターのようなところに、えらく立派な大きなフォトブックのようなものが置かれてありましたので、忘れずチェックしてくださいね。
どこまで本物かはわかりませんが、表紙はずっしりと重みのある革で、(狼の?)毛皮のようなものまでついていて、中はザラザラした荒いキャンバス生地のページに、映画のスチールが印刷されていました。
B4?A3?とにかく大きく見応え、触り応え!?があります。
オダギリのステキなアップもあり、『(恐らく商品ではないのだろうと分かりつつも)これ、売られていたらどうしよう!?!?(一体いくら!?デカすぎ!?やっぱり買う!?)』と意味なく焦ってみたりしている自分がいました(笑)。