時間が近くなったので、記事を上に上げておきます。

今日行われる「奇跡」試写会の、是枝監督×糸井重里さんのトークショーの生中継がこちらで観られます。
20:45過ぎ頃からだそうですよ〜

HOBONICHI LIVE(USTREAM)
(放送後もアーカイブから観られるそうです)

現在配信中‥‥(試写後の対談なので、お二人の話にネタバレがあるかもしれないです)




■映画『奇跡』是枝裕和監督×糸井重里トークショー(USTREAM)

映画とはほとんど関係ない話ばかりになるのかな〜(笑)と思いそうになったところで、ネタバレ満載な展開に‥
ですので、これから過去のアーカイブから観ようという方は、映画を観た後に観られた方がいいかもしれません。

お二人のお話で印象に残った部分を少し残しておきます。(話のごく一部で、要旨という感じです)
ネタバレはありません。

糸井さん
この映画を地震の後で観た。
正直、(観る予定にはなっていたもののなかなか観る気持ちになれず)「開通」の映画なんていつ観るんだよと思っていた。
観たら、そんな自分を裏切ってくれたのが役者さんたちだった。
まえだまえだの2人が1歩ずつ進めてくれた。

是枝監督
オダギリくんの描き方、子供に父親にさせてもらっている感じは、僕がそこに縋ろうとしている感じ。
自分が娘と一緒に過ごせていないので、父親が何ができるんだろうと考えた。

是枝監督
会った時から(まえだまえだの)2人はああいう感じ。この子たちの個性をきちんと撮りたいなと僕が無理を言った。
あの子たちに負けない子(役)を選ぶのは大変だった。
(まえだまえだの2人と芝居をすると)自分のリズムが壊れる子や大阪弁になる子がいた。
自分のリズムや言葉を持っている子を選ぶのは大変だった。
あの2人はいるだけで回りが幸せになる。
2人といてホテルに帰ってくると元気になってる。
お母さんに聞いたら、唯一の教育方針が「無人島に置き去りにされても生き残れるような子」。
僕も一緒に(自分の子供を)育てたいなと思った。

是枝監督
大人の役者さんたちにも面白がってやっていただいた。
あのテクニックを持った子供を受けるのは大変だったと思う。

是枝監督
希林さんと2人でご飯を食べた時、今回すごい役者さんばかりだけど、子供の映画なんだから(大人の)アップは要らないから、と言われた。一人一人の見せ場は要らないからと。
希林さんはカッコいい。
そのお陰で(余計なことは考えず)今回はそれで行くんだと思えた。

是枝監督
「空気人形」という映画を撮った後、そのプロデューサーが亡くなってしまった。
唯一と言っていいくらい、継続的に支えてくれていた人だった。
その人がいたお陰で僕はオリジナルの企画をやってこれた。
暫く映画を休もうかと考えたが、こういう企画をもらって、子供たちがはじけ始めたら(自分も)元気になっていた。
僕が元気になるためにこの(「奇跡」という)映画が必要だった。


そのほかにも、なぜ「奇跡」というタイトルにしたのかや、オダギリと大塚寧々さんの夫婦に関する話、役者さんやシーンについてなどの興味深い話はあったものの、映画の内容に関することなのでやめておきます。
糸井さんは是枝監督の数倍話されていましたが、映画とは直接は関係ない話か、完全ネタバレ話のどちらかだったので(笑)、面白い話はたくさんされていたものの、大半がカットとなりました‥(笑)