用があり図書館に寄った際、たまたま目に入った本を手に取りパラパラ。。『‥‥!?』 『‥‥!!』 『‥‥!!!(笑)』 
というわけで、ついつい借りてしまった、三浦しをんさんの「桃色トワイライト」(>▽<)
今更なのでご存じの方もいらっしゃると思いますが、私が手に取ったのは、(オダギリのファンを公言されている/笑)三浦しをんさんの2005年版のエッセイ本が、今年文庫本化されたもの。
『あ、三浦しをんさん』と思い、何となくパラパラッとしただけだったのに‥いきなり目に飛び込んできた、いくつもの「オダジョー」「オダギリジョー」「オダ〇ョー」というカタカナ(笑)。

放送中の「新選組!」について本の中で熱く語り、合コンでもついつい語ってしまうしをんさん。
「仮面ライダークウガ」をレンタルし、クウガとオダギリジョーの布教活動に励みつつ、ついにはDVDまで買ってしまうしをんさん。
オダギリジョーが表紙という理由だけで買ってしまった「メンズ〇ンノ」に、自分で「いかがなものか」と考え、「悲しくてやりきれない」を百回以上リピートし、「最近どんな感じの毎日?」に「『若〇者』ばっかり飲んでる毎日」と答え、若〇者を買う時は、『この女、CMにつられて買ったな』と店員に思われていないかドキドキするしをんさん。
でも、観たい「若〇者」や「ライ〇カード」のCMが流れた時には、必ず家族に邪魔されてしまうしをんさん‥(笑)

「メゾン・ド・ヒミコ」や、最近では「時効警察」について熱く語っていらっしゃったのは知っていましたが、「新選組!」の頃から一生懸命観られていたんだなあ(笑)。
オダギリファンにとってはいい意味で、『こんな話題を活字で読めるとは‥』と驚ける贅沢な1冊かもしれません(笑)。
しをんさん、かなり可愛いです(笑)。


桃色トワイライト (新潮文庫)
桃色トワイライト (新潮文庫)