最近、livedoorブログがいろいろリニューアルされているのですが(絵文字も勝手に変わってしまい‥)、その関係があるのかないのか、現在ブログの左右のパーツが落ちてしまっています(T_T)
見づらいと思いますが、下にスクロールしていただければとりあえず見られますので‥m(__)m
(→戻りました〜

九州のローカル局RKBの「今日感テレビ」という番組で、福岡での「奇跡」撮影の様子が取り上げられたのですが、その番組が見られましたのでちょっとレポしてみますね。
(この番組で、「奇跡」は来年5月から6月公開予定であること、また、樹木さんと橋爪さんは兄弟の祖母、祖父役であることがわかりました。ということは、樹木さんはまたオダギリのオカン、もしくは義理のオカンなんですね〜*^^*)


■9/29(水)「今日感テレビ」
RKB
(九州)(約7分)

<オダギリジョー 初めての父親役映画!福岡でクランクイン>

女性アナ:さあ、続いては映画の話題です。九州新幹線を題材にした映画「奇跡」が福岡でクランクインしました。
出演のオダギリジョーさん、大塚寧々さんにもお話を伺ってきました。

<福岡でクランクイン 映画「奇跡」>
[9月22日(水) 舞鶴公園 福岡中央区城内]

女性リポーターが原っぱのようなところに向かって歩いています。原っぱの真ん中にはロケ隊のような集団が‥。
遠目にもオダギリとわかる男性と子供たちの姿。周囲にはマスコミや取材の人たちも。


女性リポーター:(小声で)オダギリジョーさんが、今、5メートル先にいらっしゃいます!*^^*

ギターを弾きながら歩いているオダギリ。赤とベージュの七分袖のシャツ、ジーンズ、スニーカーらしき白い靴。髪は「塀の中の中学校」会見の時のように、以前よりちょっと短めになっています。

<映画「奇跡」/福岡でクランクイン、九州新幹線を舞台に9月下旬から九州各地でロケ>

原っぱにピクニックシートを敷き、家族4人でお弁当を食べているシーン。
天気もよく、まえだまえだの2人はお揃いのTシャツを着ています^^

ナレーション:この映画は、来年春開業予定の九州新幹線を舞台に展開する、ある兄弟の物語。ロケは先週福岡から始まり、今後九州各地で行われ、来年初夏に全国ロードショーの予定です。

<両親の離婚により、離ればなれになった兄弟 しかし、新幹線がすれ違う時に奇跡が起きる?!>

とても和やかで平和な幸せそうなシーンのようですが‥ネタバレになるかもしれないので伏せますが、このシーンにはある「設定」らしきものがあるかもしれないよう?です。

ナレーション:今回指揮をとるのは数々の話題作を生み出し、世界的にも注目される是枝監督。
キャストは主役の兄弟に天才子供漫才コンビのまえだまえだ、その両親役にオダギリジョーさんと大塚寧々さん、祖父と祖母役に橋爪功さんと樹木希林さん。その他にも‥(略)‥豪華キャストです。

新聞にも載っていた、家族並んで笑顔のショット。
大塚寧々さんは本当に優しそうで綺麗なお母さん。でも、しっかり者そうに見える大塚さんに比べ、ダンナさまとしてはどうも頼りなさげに見えるオダギリパパ(笑)。
ただ、リラックスした表情で子供たちの横にいる姿は‥不思議と貫禄あるお父さんに見えるんですよね、これが。

ここで、撮影中のキャストに徐々に近づきながら、『私も(キャストの)5メートル以内にいるから、ほぼ共演者と言っても過言ではない』と真剣な顔でいう女性リポーター(笑)。でも、スタジオではすぐ却下されています(笑)。
そして、ここからはまえだまえだの2人をクローズアップ。
女性リポーター:暑くない?
旺志郎くん(弟):暑くない。
女性リポーター:疲れないの?
旺志郎くん(弟):そんなん疲れてたまるかっちゅう。(と言いながら飛行機で遊んでいる)
楽しかったら元気がわく。(と言いながら、やっぱり遊んでます)
などなど、2人は元気いっぱい、食べたいものもいっぱい(らしい/笑)。
ここで、大塚寧々さんとお兄ちゃんの航基くんへのインタビューがあり。話題は食べ物の話など(笑)。
そしてそして。

ナレーション:そして、もう一つの見どころが父親役のオダギリジョーさん。オダギリさんは、今回が初の父親役なんです。

合間合間に映る家族ショットは本当に微笑ましく、ギターを抱えるオダギリはかなりカッコいいのですが‥‥

<オダギリ・ジョーは今回が初の父親役>

少し前のインタビューなのか、髪がまだやや長めのオダギリ。どこかの音楽スタジオのような室内です。

Q :子供とかと一緒に接するっていうのは?

オダギリ:(眉を寄せて)いや、すごく苦手なんですよ。あんまり‥‥‥仲良くできないというか(笑)‥あんまり父親‥父親っていうことに興味がないんですよね。

ブルブルと震えたような文字で<オダギリ・ジョーはこどもが苦手らしい‥>のテロップ^^; 
毎回そうですけど、別にわざわざアピールせんでも‥というか、「あまり得意ではない」程度にしておけばいいのにと思ったり‥^^;

オダギリ:特に今回、あの、まえだまえだのお二人‥は、すっごい喋りまくってるんですよ、控え室で。(わざとでしょうが、目にちょっと怯えた表情を浮かべています^^;)だから‥‥相槌打つので精一杯みたいな。(うんうん頷いて)そんな感じですね。なんか、あんまり、どう接していいかわかんなくて。(ちょっと笑いながら)

オダギリのコメントに対して?スタジオからちょっと笑い声が漏れ聞こえてきますが

ナレーション:そうは言っても、今回は子供たちの行動が数々の奇跡を生み出していくというストーリー。オダギリさんの演技に注目です!

是枝監督:
子供が奇跡を求めて動くんですけど、あの〜でも、その子供自体が周りにこう、ちょっと小さな奇跡を起こしていく、というか、彼らがこう、走ったり、動いたり、叫んだりすることで、未来が切り開かれていく。そんなものが捉えられるといいなと思っています。

ここで、大塚寧々さんと航基くんに「奇跡とは」という質問が。
大塚さんは「奇跡というのは、起こらないんじゃなくて起こること。本気で思ったことは叶うような気がする」と。
航基くんは「理想の終着点」と。(すごい!)

オダギリ:<ファンへのメッセージ>というテロップ)
子どもたちの夢‥とか奇跡とか、そういう‥内容で、まぁその子たちを取り巻く親とか、おじいちゃんおばあちゃんとか、そういう年代の人たちの奇跡も含めて、え〜様々な人がこう、楽しめる映画になっていると思いますので、ぜひ楽しみにしていただければと思います。

<2011年初夏に全国ロードショー予定>

ここからはスタジオへ。九州新幹線が舞台というのが嬉しいですね〜とみなさん。このスタジオの隣りにある小学校でもロケが行われたとのこと。
まえだまえだの2人が大きくなったとか、芸人ですね〜など感心したあと、オダギリさんもどう接したらいいのかわからないって、
来年パパになるのに〜と突っ込まれていました。
ただ、『(まえだまえだの)あの2人のペースはオダギリさんのテンポとは合わないと思います(笑)』と納得のコメントも(笑)。
オダギリのお父さんっぷりが楽しみというようなことも言われていました^^