7/30(金)「スーパーモーニング」
テレビ朝日(9:39頃)
“ガラポン芸能特報/「捜査官」オダギリジョー(34)謎の失踪事件を解明する”

ドラマについての紹介とあらすじ、そしてメイキング映像なども流れる中、ふと気がつけば、スタジオの様子を映していた小窓にオダギリの顔が!

(よく知らないのですが多分?)上宮アナ:‥ということで、今朝はスタジオにオダギリジョーさんにお越ししいただいています!

スタジオ内:おはようございます!(盛大な拍手)

オダギリ:おはようございまぁす。

言い方はのんびりながらも、あちこちに視線をやって、何度も丁寧に頭を下げるオダギリ。
当たり前のようでいて、実はここまでしている人ってなかなかいないような気がするんですよねぇ。

上宮アナ:みなさん!オダギリさんのこのファッション!ちょっとご覧下さい。ちょっと靴見て下さい。(周囲から『ほお!』の声)
左右違うんですよ‥独特のねえ。できないですよねぇ。
本当にいつも独特のスタイルでいらっしゃるオダギリジョーさん、今回もこの、3年ぶりに三木聡監督とタッグを組んで、金曜ナイトドラマに再び帰っていらっしゃったということで、今、意気込みはいかがですか?

オダギリ:そうですね‥あの、「時効警察」のときも、あの‥(手を口元から鼻辺りにもってきて、グーのような手でちょこっと鼻をつまむ仕草) 独特な作品が出来て、とっても嬉しかったんですけども、今回また三木さんと、同じ金曜ナイトドラマという枠で、え〜また新たな作品を作れるということに、多分、僕が一番喜んだんだと思います。(小さく頷きながら)

淡々とした口調ですが、実はかなり熱いことを語っているって、スタジオのみなさんはお気づきだったかな‥^^; 
オダギリが三木監督の名前が出した瞬間から、オダギリの横にある大きなモニターには三木監督の姿が大写しになっていたのですが、日焼けした肌に茶髪+真っ赤なTシャツと、明らかにオダギリより派手な三木監督!(笑) 
今テレビをつけた人は、きっと画面の端のほ〜うに立っている地味な色合いの人が「オダギリジョー」だなんて、すぐには気づかないんじゃないかなぁ‥とおかしくなったり(笑)。

上宮アナ:なんかちょっと、とぼけたエリートみたいな感じですかねぇ?役柄といいますか‥

オダギリ:そ‥うですね、あの、アメリカのFBIにあたる機関を、こう想定して、新たに、あの‥ま、架空で作った組織の中の、あの‥ま、捜査官ですね。はい。

上宮アナ:ほんと、普段見られないような、ちょっとオールバックのような‥ヘアスタイルでね?(とオダギリの後ろに立ててある「熱海の捜査官」のポスターを指す)

オダギリ:(ポスターをチラッと振り返って)そうですね(笑)、はい(笑)。

上宮アナ:ですよねぇ!
さあ、このドラマの中に出てくる、ちょっとね、変わった機械がありまして、「イエスノーマシン」
(本当はランプ?)というものがあるんですね。なんかちょっと迷ったときに使う機械、ということでよろしいですか?

オダギリ:そぉうですね!(と元気よく言ったものの)僕もよくわかってないんですけども‥(周囲から笑い)

上宮アナ:ちょっとね!赤と青の、とにかくこちらのモニターに出てますが(モニターには星崎捜査官が機械を手にしているシーン)なんかこう、握ってね、あの〜オダギリさんが握るとこう、答えがちょっと出るような感じで‥(と言いながら、後ろから何かを取り出してくるのを、一緒に振り返って見ているオダギリ/笑) 
ということで、オダギリさんに「イエスノークイズ」、ちょっと答えていただこうと思いまして。ちょっとこちら挙げていただきたいんですが。

苦笑いを浮かべながらも、『わかりました』という感じにうんうんと頷いているオダギリに、さっさと「Yes」「No」の棒つき札を押し付ける上宮アナ(笑)。

上宮アナ:では、参りますよ!こちら。ジャジャン!

その横で、「Yes」「No」の札の裏と表を覗き込んで確認し、両手にきちんと揃えるようにして持って待機するオダギリ(笑)。
上宮アナが出してきたフリップには

<星崎剣三=オダギリジョー!?>
「直感力に自信がある」
「コーヒーが苦手」
「電話での相談が多い」

という3つの質問が書かれています。

上宮アナ:まず、「直感力に自信がある」かどうか!?

オダギリ:‥はい。(と言いながら、そろそろ‥と挙げたのは「Yes」)

上宮アナ:お!Yesですね!‥ちょっとまず、一通り質問していきます。
続いて、「コーヒーが苦手」。これ、ドラマでなんかちょっとコーヒーが苦手というようなシーンもありましたが。

オダギリ:はい。(今度はサッと「Yes」を挙げる)

上宮アナ:実際も!?(周囲からも『へぇ〜』というような声)
‥ちょっと意外ですねえ。続いて、「電話での相談が多い」。

(オダギリ、スッと「No」を挙げる)

上宮アナ:「No」。これもドラマの中でちょっとね、謎の人物に電話をするというシーンがちょこちょこあるんですが‥

小木アナ?(男性の声):誰かにね?

上宮アナ:そうなんですね。じゃちょっとずつ聞いていきたいんですが、「直感力に自信がある」ということで、どういう風に直感力が発揮されるんですか?

オダギリ:(首の後ろに手をやってから戻し)いやあ!あの〜こういう、YesかNoか、‥出す時にやっぱり!直感力がかなり‥(上宮アナの方をチラリと見ながら)使われてますね。

一瞬の後、周囲から「あははは!」という笑い声(笑)。
オダギリも自分の言ったことがおかしかったような、苦笑いしているような、照れ笑いのような、ホッとしているような、そんな感じが入り混ざった笑顔です(笑)。
そこから全員がワイワイと好きにコメントし始め、なんだかよくわからなくなった中、「そうですね(笑)」と誰かに相槌を打っているオダギリ(笑)。

上宮アナ:道に迷わないとか、右左がすぐわかるとか、そういうこと‥でもなく?

オダギリ:あの〜ただまあ(笑)(鼻の横をポリポリ)‥仕事柄こう、ものをよく見るっていうことは、あの‥自信がる。‥‥。

全員:‥‥あははは!!

この流れもおかしかった〜。ちょっと解説してみますと、オダギリの「自信がある」という言葉の後には「‥ような気がします」など、何か続きがありそうな間があったのですが‥自分でも予想外に?「ある。」と力強く言いすぎたせいか、その後すぐに言葉が継げず、結果、「ある。」とエラそ〜うに言い切った風となってしまい(笑)、全員が拍子抜け→爆笑!となった感じでした。
加えて、オダギリの表情もチャーミングでした*^^* 
「‥自信が、ある。」と言った後、かすかに唇が動いたものの、すぐにキュッとつぐみ‥と思ったら、みるみる口角が上がり目じりが下がって、自分も笑い出してしまうその表情*^^*

上宮アナ:(笑)‥コーヒーが苦手ということで、

オダギリ:はい。

上宮アナ:大変意外でした!いつもなんかこう、じゃ好んで飲んでらっしゃる飲み物ってあるんですか?

オダギリ:えーっと〜ま、コーヒーが飲めないんで、まあ紅茶なり、お茶なり‥えー‥ま、最近好んでいるのは、レモンのお酢です。

上宮アナ:レモンのお酢‥(回りからも『へぇ〜』という反応)

オダギリ:(頷きながら)はい。。

上宮アナ:確かに夏は酸っぱいジュース、いいですかねぇ?

オダギリ:そぉうですね。あの〜クエン酸が。‥はい。

小木アナ:結構健康に気をつけていらっしゃるんですか?(ニヤリとして)

オダギリ:(笑顔でキッパリと)最近は(笑)。‥はい(笑)。(ドアップで「はい」と言いながら、大きく頷く笑顔がいい*^^*)

上宮アナ:さあそして3つ目。「電話での相談が多い」ということで、ま、電話をかけるシーンがドラマの中でちょこちょこありますが、

オダギリ:はい。

上宮アナ:電話自体あんまり‥という感じですか?

オダギリ:そぉうですね!あの、昨日も携帯が‥なんかどっかに行ったなぁと思って、あの、鞄の中にあったんですけど、結局‥朝から夜までその鞄の中にありながらも、一件もかかってきてなかったんです(笑)。

上宮アナ:え!あの、ロケで遠くに行ってる時ちょっと、奥様と連絡とかどういう風にされてるんですか?

オダギリ:ぜぇんぜんないっすね、だから。はい(笑)。

というか、普通のおうちでも、自分が働いていたり、家族が働いていたりする時って、特別な用がない限りは、電話なんてしないというのが普通なんじゃないかと思うんですが‥^^;

赤江アナ:オダギリさん、あの、おとぼけの役がね、お上手ですけれど、やっぱり、本心は‥

オダギリ:いやいや(笑)、そんなことないです。

小木アナ:はははは!

オダギリ:‥ほんとに(苦笑い)。

赤江・上宮アナ:素の部分がね、出てらっしゃるような感じ‥(笑)

上宮アナ:今回もドラマ、かなりしっくりしてらっしゃるという感じですが、「熱海の捜査官」、今夜11時15分、一部の地域を除いてスタートです。(「面白い」など口々にワイワイガヤガヤ)
‥細かいところ、いっぱい注目して下さい!ありがとうございました、オダギリさん!

オダギリ:ありがとうございました。(何度か「ありがとうございました」と頭を下げる)