レモンは絶対持たないけど三十代半ばでバナナの着ぐるみを着るオダギリ。改めて奥深い!?人だな〜と思いました(笑)。
とは言え、着ぐるみと言えば、あの役所さんだって唐沢さんだって‥ですが。。ってもしやオダギリも、十年後にはお二人のようなカッコいい系着ぐるみ(?)を着られるよう目指しているんだったりして‥(笑)

あと。動物関連の話題が出ると、なぜか「オダギリさんは動物が苦手では?」という質問をされることがあるのですが、オダギリは「動物は好き」(嫌いじゃない)と言ったことはあっても、「嫌い」「苦手」と言っていたことはないと思います。
以前、あるスタジオで撮影されていた小さな犬を、たまたまそこを通りがかったオダギリが見つけ、喜んで写真に撮っていったという話を聞いたこともありますし‥^^
なので、オダギリと猫との戯れは素の様子だと思いますが、単に『微笑ましい癒し系の映像』‥を狙ったCMではなさそうというところで、あ〜オダギリらしいなぁ〜と思いました(笑)。



■「TSUTAYA(DISCAS)」CM/ネコ篇 

「バナナ篇」と同じく、オダギリの話し方は『いかにも演技している』風です(笑)。
猫の扱い方はかなり手馴れた感じ!
でも、猫の方は最初からかなり突っ張って困惑している様子です(笑)。
もちろんオダギリだからというんじゃなく、最初から最後まで、カメラ目線まで抱き上げられたり、ぶら下げられたり、片手で抱えられたり、逃げようとしても捕まえられたりしているからなんでしょうけど(笑)。

男性のナレーション:オダギリは映画をよく観る。

<俳優 オダギリジョー 34歳>

オダギリ:は〜

茶っぽい猫を抱いて、リビングのソファーにひと息ついて座るオダギリ。
髪はソフトなオールバック(+ちょっとだけ前髪垂らし)。ピンク系のきれいな柄の、テレッとした丸首シャツの重ね着+赤っぽいパンツで、緩めな感じの服装です。

オダギリ:TSUTAYAのネット宅配レンタルでね。

部屋にいたらしい姿無きインタビュアー:『ネットで予約、自宅へ届き、ポストで返せる』やつですか?

『ネットで予約、自宅へ届き、ポストで返せる』‥が小窓で実演されている間、猫を抱いて可愛がっているオダギリの笑顔がずっと映っていますが‥猫ちゃんは脇を抱えられてバンザイになっていたりと、かなり迷惑そう^^;

オダギリ:そう。便利ですよ。(笑顔)

インタビュアー:入会金とか送料は?

オダギリ:(当然ですよという表情で)や、0円ですよ。返却期限もないし。

そう話すオダギリの腕の中で、猫は『ワ〜ォ』と鳴きながら、なんとか逃れようともがいていますが‥もちろん逃がすまいと笑顔でしっかりキャッチするオダギリ。

ナレーション:オダギリは意外にも抜け目ない。

オダギリ:じゃあ‥!届いたやつ観るんで。(爽やかな口調+笑顔)

右手にはTSUTAYAの封筒、左手にはぶらーんとぶら下げられている、やっぱり迷惑そうな猫。

平和の象徴のようなBGMが流れ出し‥

ナレーション:猫と戯れるオダギリの顔は少年のようにあどけなかった。

「猫と戯れるオダギリ」のアップ。白い歯がこぼれていますが‥かなり‘わざとらしい’笑顔に見えます‥^^;

ナレーション:オダギリはTSUTAYAで検索する。

左手で猫を抱えたまま、パソコンの前に座って画面を見ているオダギリ。
‥と、猫がオダギリの隙を見て、オダギリの腕から脱出しようとしますが、 『あ゛ぃあ゛っち(?)』というような声をあげながら、猫を押さえ込むオダギリ。
でも結局スルリと逃げられ『あ゛っ‥』(笑)。

ナレーション:それがTSUTAYAのネット宅配レンタル。無料お試しレンタル実施中だ。

猫を顔の横に抱き上げ、ツーショットでのキメの笑顔。
諦めの表情でだらんとしている猫と、口角をキュッと上げ、カメラ目線でキラッキラの笑顔全開のオダギリ‥‥でEND(笑)。



あ〜もう、全編に漂うこの妙な違和感〜(笑)
猫と戯れというよりは、猫と格闘といった方がいいかもですが(笑)、この違和感の正体は、言うまでもなくオダギリの「笑顔」です〜(この笑顔と同じ笑顔を前にも観たことがある‥何の映像だったかな‥^^;)
このCMに出演している「俳優オダギリジョー34歳」さんは、このCM用にわざと笑顔を作っているのだろうか‥いや、この人はきっといつも人前ではこんな感じなんだろう。そして、猫が好きで猫っ可愛がりはしているものの、猫にはいつも迷惑がられて逃げられているに違いない。。‥と容易に想像させてくれるオダギリの演技力に感服、でした。(ややこしい/笑)