■昨日の忌野清志郎さん関連のワイドショーでは、オダギリも結構映像に映っていましたね。
オダギリの姿を観て、嬉しいような悲しいような‥という経験は初めてだったかも。。

<追記>
私が観たものでは、どの番組でも「オダギリジョー」というテロップとアナウンスがあり、サングラスはしておらず、憂いの漂うやや厳しい表情で、右手から正面を向いて来て→左側の横顔を見せながら歩いていくものと、左手から来て、右横顔、後ろ姿を見せながら歩いて行くものの2種類がありました。
(オダギリ、刈り上げているのは右側だけなのかと思ったら、ある高さまでぐるっと全部、みたいですね。
髪が長い部分を全てまとめていたこともあって、刈り上げ部分とひっつめ部分の境目のラインが、わざと入れたラインであるかのようにくっきりしていて、ちょっと驚きました。)




■今日のNHKスタジオパークは大森南朋さんでしたね。
大森南朋さんは役者さん以前に、かなり好きなタイプ、雰囲気の方なので、しっかり録画して観ました(笑)。
大森さんが幼稚園の頃、『働いているお父さんの姿』を描きましょうという時間があり、白い紙を見ながら『白じゃ(白の絵は)描けないな‥』と考え、肌色を使って素直に『ハダカで踊るお父さん』の姿を描いたところ、お母さんが幼稚園に呼び出された‥なんて楽しいお話もたくさん!(お父様は白塗りで踊る舞踏家、演出家、俳優でも有名&オダギリ作品でもお馴染み(?)の麿赤児さんですね)
その麿赤児さんからのコメントなどもあり、本当に面白かったです(笑)。(オダギリもこの番組に出たことがあるなんて、ほんと夢みたい‥^^;)

また、大森さんが監督されたという10分ほどの短編作品の紹介で、いきなり光石さん、そして田中哲司さんが出てきた時には笑ってしまいましたが、「刑事が主人公」「1分に1回は笑いを(盛り込まなければならない)」という企画もの、という大森さんの説明に、『あ、刑事(デカ)まつり!』と思ったら、やっぱりそうだった(笑)。
ブログでもむか〜し話題にしたことがありますが、スゴイ大御所の方がこんな作品をっ!?^^;‥というものもあったりして、かなり変な、いや、とても面白い“まつり”なんですよね〜
開催の回数も増え、作品数も多くなっていたので、大森さんの「リハビリ刑事」は観たことはありませんが、10分ほどの作品に、光石さんのほか、佐野史郎さん、阿部サダヲさん、村上淳さんなどが出ていらっしゃって、驚くほど豪華でした。
そういや‥(急に思い出した)「帰ってきた時効警察」のオダギリ監督回には、大森さんが出ていらっしゃいましたよね。
久々に観てみようかな〜

で、全くのどうでもいい話なんですけど、私が行っている美容院には大森南朋さん似の美容師さんがいて、私の担当はほぼその方だったり‥(笑)
見た目だけでなく、とても落ち着いた穏やかな話し方をする人で、でも、さりげなく細かい気配りをしてくれる方なので、密かにとっても居心地のいい時間を過ごせてます(笑)。
ほろよいプチ飲み会に参加して下さった方は憶えていらっしゃるかもですが、私のアバターのヘアスタイルはほぼリアル髪型(色は違うかな)で、その大森さん似の美容師さんが勧めてくれた仕様となっています(笑)。