終わりましたねぇ。
DVDももちろん持っているけれど、民放初の放送ということで、しっかり観てしまいました。
多少カット部分はあったし、エンディングも早々に切られてしまったのは残念でしたが、ラストシーンでいきなりブチリということも多い中、「東京にもあったんだ」に入ってくれた時は嬉しかった。
私は「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のオダギリが好きなんですよねぇ*^^*
正直、作品ではもっと好きなものもありますけど(笑)、私はオダギリのこの役が好きという話はできても、〇〇役のオダギリが好きという言い方をしたことって、多分、これまでないんじゃないかなと思うんですよね。
でも、あの「ボク」はオダギリにしかできなかった「ボク」だと、他のどんな作品よりも素直に思えてしまう。
もしかしたら、どの役よりも、素に近いオダギリの表情を見せてくれているような気がしているのかも?‥しれません。
たくさんの人が観てくれていたらいいですね〜(>_<)


「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」のネタバレ感想はこちらです。
【ネタバレ感想OK】 「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」