■4/27「Hanako WEST 6月号」
マガジンハウス
“Hanako ENTERTAINMENT THERAPY Boys” p.125〜126 2ページ

2ページまるまるオダギリのグラビアです。
衣装は以前、テレビガイド誌に多かった黒のカーディガンにグレーのインナー、白黒ストライプのパンツ、黒のブーツというもの。
適度に力の抜けた、優しい雰囲気の漂う表情のバストショットが1ページ。
2ページ目の写真では、コンクリートのブロックのようなものにまたがるようにして腰を掛け、顎を上げるようにして宙を見つめています。
印象に残った言葉は以下のもの。

『去年、海外の映画を選んでいたのは、日本の現場に居心地のよさを感じ始めたから』
(でも)今はむしろ甘えたくて。(笑)日本の現場の安心感って絶大なんですよ。芝居のことだけ考えてればいいですからね』
『僕は「前略おふくろ様」のような古いドラマが好きなんです。ああいうスピリットを感じさせる人間ドラマになるといいですよね。関わる以上はいいものにしたいですから』

撮影真っ只中の今もそう思いながらやってくれてたらいいな。