4/17(金)「サカスさん」
TBS 16:53〜17:50
ゲスト:オダギリジョー、長澤まさみ

「ぼくの妹」の紹介コーナー(?)。
ダイジェスト版が流れ、ゲストの登場?‥かと思ったら、江上盟の紹介から、思いもしなかった“俳優オダギリジョー”の紹介へ!

ナレーション:‥実はもともと、俳優よりも映画監督を志望していたんです!
高校卒業後に、国立大学理学部に合格するも、これを辞退し、映画監督の勉強をするため、単身アメリカに留学しました〜
ところが、ここで信じられないことが!
なんと、映画監督の勉強をするはずが、実は俳優の養成学校だったことが判明したんです!

テロップとナレーションはオダギリについて、なのに、バックに流れている映像は全て「ぼくの妹」の盟のシーン。
しかも、話の展開に微妙に合わせた『ショック‥』『悩ましい‥』といった盟の表情を使っているので、それがなんだかおかしくておかしくて。

ナレーション:しかし、これがキッカケとなり、帰国後、すぐに「仮面ライダークウガ」の主役に大抜擢!!
出演する作品が次々とヒットし(「アカルイミライ」(2002年)「蟲師」(2007年)「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(2007年)というテロップ表示)、日本を代表する俳優に!

ひと昔前によく流れたようなプロフィール紹介文言ですが、久々な感じでなんだか新鮮な感動が‥*^^*
長澤さんに関しては、「これまでは清純派のイメージがあったけれど、お金が大好きなキャバクラ嬢に挑戦!」というだけで、この番組では(なぜか/笑)オダギリに時間を割いてくれていました^^


この後、二人がスタジオに登場、ということで、スタジオの映像へ。
オダギリと長澤さんが既に司会の方々と並んで席に座っています。

オダギリ・長澤さん:よろしくお願いしまぁす。
オダギリはこういう時、お辞儀をきちんとするので、とってもステキなのですが‥いざ身体を起こしてみると、あの超脚の長い長澤さんより座高が低く、かなりの沈み込み度で着席しているのがひと目でわかる‥
こりゃ高め(というか普通の‥)テンションは全く期待できなさそう‥^^;

久保田アナ:先ほど第一話をご覧になったということで、いかがでしたか?

再び顔の向かって右半分が、すっかり隠れてしまっているオダギリ。。あ、という顔で、

オダギリ:あぁの〜思っ‥たより面白くて‥安心しましたね。(ちょっとニヤリとして)

スタジオ:ハハハ‥^^;

オダギリ:はい。

久保田アナ:(でも)出来上がりに満足なさったと。

オダギリ:そぉうですね、キレイごとを言うと。(ニヤリと苦笑

久保田アナ:どぉうしたんですか〜^^;

さすがの長澤さんもちょっと苦笑気味の笑顔です‥

久保田アナ:撮影ではじゃあいろいろあったんですか!?

オダギリ:いやいや!そんなことないですよ!はい。(じゃあ言うなってば‥)

久保田アナ:長澤さんはいかがでしたか?

長澤さん:そぉうですね〜あの‥そぉうですね、あの(笑)、一緒にメイクさんと、スタイリストさんと一緒に観たんですけど、面白かったんで、えー、テレビの前のみなさんも、期待して待っていてくれたらなぁと思いました^^

長澤さんの言葉の後、一緒に頷いているオダギリですが‥^^;
長澤さんがつい同じフレーズを繰り返してしまったのは、オダギリの言葉の後、自分がどう話を運ぶかで、頭の中がすごいスピードで回転していたからに違いない〜!(それとも気が遠くなっていた?^^;)

久保田アナ:今回は、初共演で兄妹の役ということですけれども、お互いの撮影現場での印象などいかがですか?

長澤さん:んー。

オダギリ:あ。あの〜、とっても居心地のいいというか、あの‥妹っぽい感じを自ら‥

長澤さん:(可愛い声で)あはははは。

オダギリ:‥出してくださるんで、とても助かってます。

接近して真横に座っている久保田アナの方をほとんど直視しない(できない?/笑)で喋るオダギリ(笑)。

久保田アナ:(二人に向かって)どういうところがなんでしょうかね?

ここで、困ったように一瞬首を傾げ、返答に窮しそうになっているように見えたオダギリをかばうように、

長澤さん:ま、でも‥それは‥やっぱり、私たちにしかわからないのかもしれない、ですね(笑)。

その言葉に目を伏せ気味にして、ちょっと申し訳なさそうに?小さく頷くオダギリ。

長澤さん:(懸命に身振り手振りをまじえて)こう‥一緒に、二人の兄妹の役で、兄妹のシーンが多いので、こう、掛け合いだったりとかしてる時に、やっぱりこう、会話の中でそう感じるところがたくさんあるんじゃないかなぁと思いますね。

オダギリ:(無言でウンウン何度も頷く)

久保田アナ:さ、それでは、そんな現場での様子をですね、目安箱で見ていきたいと思います。

<撮影現場の目安箱>
どうやら、撮影現場スタッフからの質問を、キャストに訊ねるコーナーのよう。。
目安箱から取り出した1つ目の質問は、「長澤まさみさんへ」ということで、

男性アナ:ロケバスのドライバーさんからです。

長澤さん:はい‥(笑)

男性アナ:『長澤さんには実際にお兄さんがいらっしゃると聞いたんですが、オダギリさんとどっちが優しいですか』という質問です。

ドライバーさん?と半信半疑の様子で笑う長澤さんですが、

長澤さん:それは‥ちょっと‥天秤にかけられない‥(笑)

スタジオ:ははは!

オダギリも番組が始まってから、一番リラックスしたような笑顔で笑っています。

男性アナ:人の優しさはね、(天秤に)かけちゃいけませんよ!ねぇ!?

長澤さん:二人とも優しいです!^^ 

男性アナ:二人とも優しい?

オダギリ:(感心したように)ほぉ〜!

なぜか急に、ここで会話に参加するオダギリ(笑)。
長澤さんの気の利いた返事が嬉しかったのかも?ですけど(笑)、妹に優しいと言ってもらえる(実の)お兄さん、お兄さんをハッキリと優しいといえる妹‥にかなり感心している風に見えました。

長澤さん:でも最近はオダギリさんの方がよく会うので(久保田アナの方も長澤さんの方も見ず、カチカチに前だけ向いて、でも、ふんふんと話を一生懸命聞いている風のオダギリのアップ/笑)、オダギリさんの優しさの方がちょい勝ちかなぁって*^^*

そう言われて、ちょっと感心したような、ホッとしたような表情で、

オダギリ:ああ〜‥(大きく頷いて)ありがとうございます〜

としみじみ呟くオダギリ。
でもなんかもう、完璧な答えに私まで感激でした(>_<)
オダギリも、そういう長澤さんの真っ直ぐに人を気遣えるところを、本気で尊敬しているんだろうなぁ。
この辺りのオダギリの表情から、本当にそう感じました。

2つ目の質問は「オダギリジョーさんへ」。

男性アナ:えー、制作部の方からいただきました。
『いつもお弁当を注文しているコジマです。』

オダギリ:(うんうん頷いて)はい。

男性アナ:ご存知ですか?

オダギリ:(頷いて)よっちゃん‥

男性アナ:えー『汁物がお好きと聞いているんですが、ご用意できずすみません。オダギリさん、お弁当のお好みはありますか?』という質問です。

オダギリ:僕、すごく‥撮影の時って、ご飯‥が大切なんですよ。そこしか楽しみってないじゃないですか。

スタジオにちょっと慌てたような「そうなんですか〜?^^;」という笑いが起こりますが、これは特別悪い意味で言っているんじゃないんですよね。。

オダギリ:‥ただ、お弁当もあの‥その制作のよっちゃんに、いつも、おいしかったかおいしくなかったかを言うんですよ。

周囲から感心とも驚きともつかない「え〜‥」の声。
長澤さんも、ははは、と笑っています。

オダギリ:あの、好みで言うと、あの、あったかい方がいいですね、やっぱり。

久保田アナ:例えば汁物とかそういうことですか?

オダギリ:あの、お弁当自体が。あったかい方が‥‥好きですねぇ。

男性アナ:へぇ〜。その中でももっとガッツが出るようなとんかつだったり、油っこいもの、あっさりしたもの(など)、好みってありますか〜?

オダギリ:油っこいものはあまり好きではないですねぇ。はい。

久保田アナ:イメージ的にオーガニックな、野菜を食べてらっしゃるんじゃないかなって、勝手に思ってたんですけど〜

オダギリ:フフッ(と苦笑?しながら、そうそうという風に頷きながら)はい、最近、もう歳なのか肉があまり食べられなくなって‥

スタジオ:あははは!
男性アナ:そんなことありませんよォ。

オダギリ、ついこの間までは、「朝から焼き肉でもOK!」なんて言っていたのに(笑)。

久保田アナ:やっぱりじゃあイメージ通りという‥

オダギリ:(頷きながら)そうですね、野菜の方が多いです、はい‥

すると、横から大きな明るい声で、「身体に気ィ遣ってるんですよ!^^」と、長澤さんがまるでお兄ちゃんのフォローをしているかのような口調で。
以前、インタビュー記事で、「妹だってお兄ちゃんを守りたいと思っているもの」と言われていましたが、その言葉が今、「兄」もいず、お二人とはなんの関係もない私に、ものすごーく沁みてきています‥(笑)

久保田アナ:長澤さん、撮影現場でもそういう風に感じられますか?

聞いた瞬間、これってわざとじゃないにしても、長澤さんにとってはちょっと難しい、意地悪な質問だなぁと思いました。
いくらオダギリ本人がそれらしいことを言っていても、まだまだ健康な若い男性が、歳の離れた女の子に、「健康に気を遣ってます」なんて話をする機会、普通はなかなかなさそうなのに‥って。

長澤さん:そうですね、やっぱり、あの〜撮影ってほんとに毎日朝から晩までで、ほんとに忙しいっていうか‥体力的にも大変だし、そんな時にやっぱ、気を遣えるのってそこ(食事)だけだったりもするから。。

なのに、質問にちゃんと答えながら、オダギリの「食事しか楽しみはない」という話の言葉の足りなかった部分をしっかり補ってくれた長澤さん‥(T▽T)
オダギリと言えば、申し訳のなさと共感と感心と感謝の入り混じったような表情を浮かべて、ひたすら長澤さんの話にうんうんと頷いているように見えました‥(笑)

久保田アナ:(オダギリに)しっかりした妹さんというような‥

オダギリ:はい、そう‥!(そうなんですという表情)

長澤さん:えへへへへ^^

ここで、19(日)の「ぼくの妹」生放送イベントの紹介があり。

久保田アナ:今日はお付き合いありがとうございました。

オダギリ・長澤さん:ありがとうございました。