去年、オダギリがポルトガル語を勉強しているとは小耳に挟んでいたのですが、3ヶ月も語学学校に通っていたんですね〜(by グラマラス)
雑誌がかなりたまってきたので、とりあえず内容を簡単に。。


<予約受付中>
no-image

日本映画HEROES 3(3/18)
コスミック出版
「PLASTIC CITY」関連


no-image

Cut  2009年4月号(3/19)
ロッキング・オン
「PLASTIC CITY」関連



【オススメコーナー(!?)】(笑)

3/7「GLAMOROUS 4月号」
GLAMOROUS (グラマラス) 2009年 04月号 [雑誌]
GLAMOROUS  2009年4月号
講談社
“Catchup! Celebrity /今月の2人 オダギリジョー” p.359 1p

「今月の2人」ということで、見開きでトム・クルーズさんと並んでいます(笑)。
写真は柔らかい笑みを浮かべたもの。
衣装は最近のグラビアに多い、ベージュのコートに赤のチェックのパンツ姿です。
インタビューはそれほど長くはないですが、ブラジルの映画「シティ・オブ・ゴッド」が好き、友人へのメール、ポルトガル語の勉強、20代の頃のこと、女性にはすすめられない「さくらな人たち」‥などなど、これまでのものとはまたちょっと違う、新鮮な話をたくさん語ってくれています。
あと、感動したのは
『僕の人生なんてスーツケースひとつで大丈夫なんだな』
という言葉。
そんなオダギリについてなら、1時間は軽く語れそうですッ!?
厚い雑誌のわりには記事は1ページですが、付録になかなかステキな立派な手帳もついているし、何よりオダギリの話がいい。
ワタシ的にはかなりお勧めです〜


■3/1「PS 4月号」
PS (ピーエス) 2009年 04月号 [雑誌]
PS  2009年4月号
小学館
“Culture PS /Book /俳優オダギリジョー” 2色刷り p.219 1p

自分の「好きな本」を手にした写真。その本についても語っています。


■3/2「CINEMA SQUARE vol.23」
no-image





CINEMA SQUARE vol.23
 日之出出版
“「PLASTIC CITY」オダギリジョー〜アジア映画の時代〜” p.88〜89 2p

「役者以外でプライベートでやってみたいこと」として、「農作業です」とキッパリ。


■3/5「キネマ旬報3月下旬号」
no-image





キネマ旬報 3/15号
キネマ旬報社
“オダギリ、アジア進出作品第2弾” p.12 
‥茶色のスーツ姿で、アンソニー・ウォンさんとツーショット写真。1p大。

“「PLASTIC CITY」対談 アンソニー・ウォン×オダギリジョー” p.60〜65 白黒6p


■3/10「FINEBOYS 4月号」
no-image





FINEBOYS 2009年4月号
日之出出版
“Pick up!アクター&アクトレス /オダギリジョー” p.120 白黒1/2p

過酷な環境に耐えた撮影を振り返り、もうこんな文句は言わない(笑)という話の内容が具体的に(笑)。写真2点。


■3/9「TOKYO HEADLINE vol.399」(フリーペーパー)
“Movie21 /主演映画「PLASTIC CITY」 /SPECIAL INTERVIEW オダギリジョー、ブラジルへゆく” 3/4p

思いのほか大きい記事でびっくり。大きさは3/4p大ほどですが、B4くらいのサイズなので、かなりのものです。(写真は「グラマラス」に載っているものと同じ)
最初は行きたくなかったブラジル。でも、帰りたくなくなったブラジル。
税金の使い方に不満(笑)、スポーツが楽しいという話。「あのシーンを見て一番ビックリした人間は僕ですね(笑)」という話‥などなど、最近のオダギリのインタビューは、以前にも増しての「縛られてない感」がいいなぁ。。
また後ほど、詳細を紹介できるのではと思います^^