こちらは「悲夢」のレビューです。
ストーリーに多少触れている内容ですが、なるほど、こういう作品だったんだ‥でした。

【レビュー】『悲夢』、幻想と愛の鎮魂歌(朝鮮日報)