08.7.19「たみおのしあわせ」初日舞台挨拶
シネスイッチ銀座
2回目13:40〜の回上映前
登壇者:オダギリジョー、麻生久美子、原田芳雄、小林薫



より続き。

ポニョは最後で歌っていただくとして(笑)、現場でのお二人はどんな感じ?

原田さん:今のままでほんとにうるさい(笑)。年柄年中二人でごちょごちょやってる(笑)。
お二人とも初対面だったんですけど、オダギリさんは(俳優として)我々のカテゴリーに入りきらない人。ほんっとに毎回楽しみで。
僕は自分で何かを演ずるというより、オダギリさんに対してただリアクションを起こしていただけ。
麻生さんもほんとにドキッとするシーンがたくさんありました。


小林さんはユニークな役ですが現場の雰囲気は?

小林さん:(役の設定についてのお話をされた後、そういう役なので)みなさんと親しくお話する機会はなかなか無かったんですが(笑)。

好きなシーンは?

小林さん:なんか懐かしいなと思うのは、オダギリくんと麻生さんが初デートの時に、自転車に乗ってるシーン。

確か、小さい頃に観た映画のシーンのような、でも「イマドキこんなヤツいねぇよ」みたいな、爽やかで不思議な感じがするから好きという話をされた後、

小林さん:対照的な僕と大竹さんの自転車の相乗りも、同じく注目していただきたいなと(笑)。
★初デートの自転車のシーンは?

オダギリ:そうですね、あれがちょうどあのー‥初日だったんですね。

撮影の?

オダギリ:ええ。初日で、僕はほんっとうに、麻生さん、自転車に乗れないんじゃないかなぁと思って‥。
乗れるタイプの人じゃないんで‥。


どこまで本気なんだか^^;ですが、かなり真面目くさった口調です(笑)。
とりあえず、麻生さんも笑ってくれていますが‥^^;

運動神経的に?

オダギリ:いやぁほんとに運動神経も全くないですし、女優としての華やかさも一切ないですし‥(会場爆笑) 

いいんですかこれっ!?と思いつつ、私も笑ってた気が‥^^;

麻生さんがマイク持ってない時に限って‥(笑)

あの〜という口調で、
麻生さん:すいませぇん、ほんっとやめてください〜(-_-;)

オダギリ:いやでもあのー、なんか恥ずかしかったのは憶えてますね。
あの〜自転車で二人で川原をデートするっていうところ‥
(メモ取れず不明)‥恥ずかしがってた顔になってますね。


見どころを。

この辺りから、また“やんちゃ”がチラチラ顔を出し始めたオダギリ、麻生さんを思い遣るフリをしつつ、「マスコミがいないから」話をまた蒸し返し出します^^;
「これから観る人がいるんだから、(自分にとって)すごいマイナス!(笑)」と麻生さんに怒られる(?)始末です(笑)。

オダギリ:見どころ‥というのか、この映画は、今の時代、なかなか珍しいタイプの、ん〜日本映画の香りがする日本映画だなぁと。
ま、そういうところと、あと麻生さんの髪型と‥楽しみにしていただきたいと思います。

原田さん:見どころと言いますか、岩松さんという人はわりあい素直じゃないんでしょうね(笑)、自分が考えていることをそのまま素直に出さない。逆のことを(劇中の台詞で)言ったりしますんで。
この中にはいろんな沈黙があります。
今日観ながら、その中身を考えてください。

(当然のようにサラリと)それでは麻生さん、「崖の上のポニョ」、お願い致しますv^^

麻生さん:♪ポォ〜ニョ♪ ポーニョ♪ ポニョ♪

マイクを手に、いきなり大きな声で元気よく歌い出した麻生さんに会場は爆笑の渦です!
やんちゃを通り越し気味のオダギリを笑顔と突っ込みでかわし、こういうところではノッてくれる麻生さん。カワイイ声だった〜*^^*
(もちろん、オダギリも嬉しそうに笑っていました)

★ありがとうございます!(笑)

麻生さん:え〜、この作品はほんとに大好きで、全部見どころって言いたくなるんですけど‥

長めの原田さんのお話とポニョの衝撃で(笑)、続きをちゃんと書けなかったんですけど、麻生さんは、岩松さんの書く台詞が好きで、「瞳」が“思ってもいないこと”を言っている台詞などもあるので、これは本気なのかなどを考えながら、観て頂けたら‥という風に言われていました。

小林さん:私は、冨士真奈美さんとか、ベテランの川辺さんとかとご一緒する機会が多かったんですけど、(映画には)老人グループが出てきて、ベテランなのに、すっげー可愛いんですよ。

小林さんのお話も長くて、言葉としてはちょっとあやふやなんですけど‥^^; その“老人グループ”のベテラン役者さんたちが、まるで児童劇団か子役のような、余計で大袈裟なお芝居を入れてくる。
岩松さんは「余計なことはしないで」と言われるのだけど(笑)、僕は可愛くて好きだった‥と、そんなお話をニコニコされていました。

小林さん:オダギリくんと麻生さんの自転車のシーンも初々しいですけど、老人の方々も初々しいです(笑)。

最後に一言、という感じで、

オダギリ:(真面目な口調で)麻生さんに対して数々の暴言失言を謝りたいです。すみませんでした。

謝るなら最初から言うんじゃないー!ですが(笑)、狙っての暴言失言(!?)に対して(少なくとも公の場では/笑)謝罪なんてしてるところは見たことがないので、なかなか素晴らしい大人の対応だったということにしておきましょうか‥(笑)

麻生さんとの仲の良さは、ほんっとーぅに多方面から聞いていましたが、ほんっとーぅに夫婦漫才を見ているような、とっても楽しい舞台挨拶でした(笑)。
(Yさん、記憶(?)のフォローありがとうございましたv)