08.7.19「たみおのしあわせ」初日舞台挨拶
シネスイッチ銀座
2回目13:40〜の回上映前
登壇者:オダギリジョー、麻生久美子、原田芳雄、小林薫



1回目でオダギリについて書くのを全く忘れていました^^;
アップされている画像などを見ていただければ‥ですけど、一応、リボンのようなものが巻かれた黒のつばのある帽子、オフホワイトの透けた長袖のニット(裾はわざとほぐしたような感じ)の下に黒のタンクトップ、パンツはベージュで、裾が太いワイドパンツのような感じ‥という衣装でした。(後ろ側の裾に赤×白のチェックのような模様が入っていました)
外ハネの髪は以前よりはやや軽めかな。髭あり。靴はよく見えず。
普段、男性のセクシーさについては、かなりニブい私ですが、オダギリのニットの下に透けて見える黒のタンクトップの、ショルダー部分の細いラインが妙に色っぽく見えました‥^^;
みなさん、私が座っていた席のすぐ脇を通っていかれたのですが、オダギリ、相変わらず薄かった‥!
あと、髪の間から見える、鼻を中心とした小さな顔のスペースの凹凸が豊かすぎ!
‥ってどちらも今更ですけど(笑)。

2回目の舞台挨拶は、下北沢の方で「羊と兵隊」という舞台にご出演のため、岩松さんは残念ながらご欠席。
なので、監督の立ち位置には等身大(?)の岩松監督パネルが置かれていました(笑)。
その横に、みなさん1回目と同じ順で並ばれます。


1回目と同じ司会の方から、『「ポニョ」一色の中、「たみおのしあわせ」に来て下さって‥』という感謝の言葉があった後(笑)、

★普通は監督中心にお話を聞いていきますが、今回はオダギリさんを中心に‥^^

オダギリ:おはようございます。オダギリです。

会場からの熱い拍手に

オダギリ:イヤイヤイヤ。手が疲れますから。

‥と、『必要ないです』風に手を振りながら、例によってテンション低めの口調で(笑)。
ほんと、自分に向けられる“熱さ”には距離を置きたがる方です‥^^;

オダギリ:この間、初日の舞台挨拶がつくチケットは2000円だと聞きました。え〜300円くらい高いんですね。

麻生さん:(助け船的な口調で)200円。

オダギリ:200円。200円分僕らがトークすればいいんですね。(会場笑い)
今後参考にしていただきたいのは、1回目ってマスコミが入るんですよ。マスコミが入ると僕はもうほっとんど喋りません。(会場笑い)
今後は、1回目より2回目の200円を払っていただいた方が、よろしいかと。
ということで、今回ここにいらっしゃったみなさまは成功者です(笑)。
(会場拍手!)

原田さん:どうもこんにちは。
オダギリくんと麻生さんが100円ずつで、僕の分はサービスとなっております(笑)。
昨日までただのフィルムだったものが、今日観ていただいて初めて映画になります。
ほんとに「いわまつのしあわせ」です(笑)。

1回目での挨拶が「よしおのしあわせ」だった原田さん。
2回目は不在の岩松さんの分の「しあわせ」なんですね*^^*

麻生さん:200円分のトークができるか自信がないですけど、初日を迎えられてホッとしています。
この映画が大好きなので、みなさんに観ていただけるとすごく嬉しいです。

小林さん:オダギリくんの、僕らの舞台挨拶が200円って‥やっすい!‥っていう^^;
しかもオダギリくんと麻生さんが100円でわしらは値段がない‥知らなかったァ〜!みたいな!(笑)(会場爆笑)
今日はお値打ちかと。岩松さんになりかわりまして、お出掛け下さってありがとうございます。

ここで、司会の方が、小林さんも「カムイ外伝」を撮影中でいらして、今日はわざわざこのために沖縄から来られたことを紹介されます^^


★(監督がいらっしゃらないので)今回はオダギリさん中心にお話を‥。「時効警察」と「たみお」の雰囲気の違いは?

そう訊ねられ、
<直前まで「時効警察」の撮影だったので、「たみお」は時効の岩松さんの作品だし、時効の二人というイメージもあるから、ちょっと変化をつけたいと、麻生さんが髪をバッサリ切った>
‥というステキな話をしてくれたオダギリですが、

オダギリ:マスコミが入らないということで言えることなんですけども。

と、ここだけ的なノリで、ここぞとばかりに放送禁止用語まで使って!? 麻生さんをいじり?いじめ?始めます。
ったく小学生じゃないんだからァ!^^;(笑)

そういう訳で、オダギリの要望(?)もあり、 映画をきちんと正しく観るためにも(というか、ボーゼンとしてほとんどメモらなかった部分だったりもして^^;)

〜〜〜〜〜〜  (略)  〜〜〜〜〜〜

‥ということにさせていただきますm(__)m

で、続き(笑)↓ ↓ ↓

オダギリ:‥ま、マスコミがいないんで(笑)。


★‥1回目とオダギリさん別人ですね^^;
マスコミがいないから語れるオダギリさんは?


麻生さん:そうですね、オダギリさんは〜現場でたむけんの物真似をよくしてましたね。(会場ザワザワ/笑)
(オダギリに)ここでやったらどうですか?(会場拍手)

確かに以前、たむけんが好き発言、してましたよねぇ(笑)。

オダギリ:あの‥(笑)、物真似というか〜ちゃ〜!だけですよ?
ちゃ〜ちゃ〜言ってただけですよ(笑)。麻生さんが知らなくて、ちゃ〜ってなぁにィって。
それでたむけんっていう芸人さんがいてって‥

この後も何か言っていたんですけど、ちょっと不明。
でも、この時のオダギリの口調が、なんだか意味なく穏やかで優しくて、とても感じよかった印象があります‥‥って、さっきまでのあまりの違いにダマされてるだけ!?!?

オダギリ:麻生さんがあの〜、今日、是非やりたいって言ってたのは、是非、この場で『ポニョ』を歌いたい!と(笑)。

会場は爆笑&拍手の嵐です(笑)。

麻生さん:いやっ、あたしじゃなくてオダギリさんが!(笑)
ポニョが頭から離れないって言うから、じゃあ歌ったらどうですかって言ってて。


オダギリ:‥‥ほんと、実のない話はこの辺にして‥(笑)

麻生さん:(笑)

へ続きます。