下書きにいろいろ眠らせていました‥^^;

(このレポートは放送当時に書いたものです)

2002年9月23日「秘密の超爆笑大問題」(最終回)
日本テレビ系

ついに、地上波レギュラー最後の番組となっていた「秘密の超爆笑大問題」も最終回を迎えてしまいました‥。
思えば、各局のバラエティに引っぱりだこだった時も、映画の撮影で、テレビ画面から姿が全く消えてしまっていた時も、連ドラを掛け持ちするほど人気者になってからも、この番組の中では、いつも変わらず、気負いのない姿を見せてくれていたオダギリ。
他の出演者の方からも可愛がられていることがよく伝わって来て、そんなオダギリを毎週見られることが、最高の幸せだったのに‥本当に終わってしまうなんて。(T_T)
ラストを飾るのは
「完全永久保存版 みんなで楽しんだ!総集編SP!」
『出演者、スタッフ達が選んだ名場面SP』
です。

まず、本編とは関係ない話ですが、オダギリの「爆笑大問題」は、2001年4月、プラチナブロンドの麗しいバーテンダー姿からスタートしました。
斜めからの凛々しいアップで、実際にシェーカーを振った経験もあるというオダギリのそのスマートな振り方に、うっとりした方も多かったことでしょう。。
(しかしその後、シェーカーからは、カクテルではなく色々おかしなモノが出て来るようになり、寄りのアップからカメラが引くと、実はシェーカー以外のものを振っていたり‥と、澄ました顔でいろんなお茶目なことをやってくれました/笑)

さて、選ばれた名シーン(?)の中から、オダギリ関係のものをいくつかピックアップ!

■「2002年2月25日放送 イントロクイズ」(爆笑娘。の2人がセレクト)

曲名が分かった人は、ボールを取りに走ってから答えるという方式のイントロクイズ。
オダギリ、画面の左端で見事な「スタンディングスタート」の姿勢で構えています(笑)。
でも、超有名な「UFO」のイントロが流れた時、大騒ぎの『UFO世代の競争&狂騒』とは全く別世界に取り残されていたオダギリ。金髪リーゼントでキメたクールな姿で、見事な『ポカーン』顔を見せてくれました(笑)。
ええっ、「UFO」も聴いたことないの!? と、ちょっぴりショックを受けた私。
でも、「UFO」が流行った年は、オダギリジョーさんが生まれた年だった‥仕方ない?か‥^^;

■「2001年5月2日放送 風俗店の名前を考える」(リーダーセレクト)

この回、リーダー渡辺さんが素晴らしい冴えを見せ、トップを独走した回でしたが(笑)、オダギリもこの苦手そうな話題で何とか頑張っていました。
とは言え、自分で書いたものを見せながら苦笑してたけど‥。
華都比呼さまの長髪のプラチナブロンドが美しかった。

■「2001年6月4日放送 やくみつるさんのお宝疑惑」(ナレーター木村匡也さんセレクト)

通販で入手したという、マイケル・ジャクソンが「スリラー」撮影時に着用したという赤のレザージャケットを持って来られたやくみつるさん!
しかし、首の後ろ部分に付いていた『M(サイズ)』というタグを指摘され、『ニセモノじゃないのか』とみんなに攻められ突っ込まれ‥‥だんだんと不安の色を隠せなくなってきたやくさん(笑)。
しかし、そんなやくさんを見事救ったのは、絶妙なタイミングでのオダギリのこの一言!
「‥‥マイケル・ジャクソンのMかも。」
スタジオは大爆笑、やくみつるさんは「救われたな〜」と、オダギリをまるで天使でも見るかのような目で見ていました(笑)。
これ、出そうな気がしていました。私の中でもかなり上位ランク。
オダギリの一番出世ギャグ(?)だった様な気がします(笑)。

■「2001年11月12日放送 わが町こいこい第1回目」(オダギリ氏&爆笑娘。のお1人がセレクト ‥ってなんで2人よ?)

内容以上に、オープニングが大好評だったのでは?という気がする、オダギリのいくつめかのコーナー。(でもこれは短命だった気が/笑)
‥というのも、オダギリがアップで「わが町、来い、来い」とタメる時のその表情がチャーミングな上、「来い」の度にカメラがオダギリへ寄るから。
本当に素晴らしくありがたい「寄り」でした‥(笑)

■「2001年7月9日放送 男だらけの編み物教室」(編集アシスタントさんセレクト)

編み物の大御所広瀬光治さんの仕事場に押しかけ、好きな毛糸を自分で選び、1人ずつ指編みでマフラーを編んだ回。
この日、この番組では珍しく!なぜかブラックモードだったオダギリ。
リーダーの突っ込みを黙らせる鋭い切り返しもあり、内心手を叩いて喜んでいたら‥実はこの時、オダギリは高熱を押しての撮影だったそう。
後でわかったときには、『編み物なんて辛かっただろうなぁ‥』とちょっとしんみり。
しかし‥じゃあまてよ。‥とすると、あの珍しく遠慮のない鋭い切り返しが出来たのも‥もしかしたら熱のせい?^^;
民放でのブラックオダギリ、是非また見てみたいな〜

■「2002年2月18日 江古田ロケ」(爆笑娘。の2人がセレクト)

爆笑問題のお2人が大学生時代を過ごした思い出の地のロケ。
この時のオダギリは、「初体験」の敦史くんバージョンのちょっと長めの金髪で、フェミニンな細身のAラインのコートで街を歩きました。
まるで王子様のようだ、いや可憐な少女のようだったなど、かなり話題になりました。(私周辺で‥/笑)


番組としては4年半、オダギリジョーのレギュラー番組としては1年半続いた「爆笑大問題」。
振り返ってしみじみ思うのは、この1年半でタレント部分では大きな成長を見せてくれたオダギリだけれど、最後まで人間部分は変わらなかったなぁ‥ということ。
途中「毒吐き宣言」をしながらも、自分が仕切る場では得意とする“ブラックさ”も先輩方の前ではすっかり鳴りをひそめ、最後までかわいくておとなしいものでした(笑)。
やっぱり尊敬する人達の前では、最後まで礼儀正しく、遠慮がちな突っ込みしか出来なかったよねぇ‥ってそこがステキなのですが(笑)。

それから、深夜番組レギュラー出演にも拘らず、(少なくとも人前での?)女性絡みの下ネタ系^^;が苦手そうだなぁ〜とヒシヒシと伝わってくる態度も、最初から最後まで変わらなかった‥(笑)。
男だからって無理に話を合わせる様子も無く、調子を合わせて無理に笑う訳でも無く。
そんな、正直で純粋で、どこまでも天然っぽい自然なオダギリジョーのままでずっと変わらずいてくれたことが嬉しかった。
でも、最後にレギュラー陣の出演が無かったのは寂しかったな。先週はまだ「最後!」という心の準備は無かったから余計に。
またどこかで、この4人が顔を合わせている所を見てみたいな。
爆笑問題さんの「ジョー君」、渡辺さんが突っ込む時の「オダギリ〜!」がまた聞きたいなぁ。。