■「転々」ロケ地画像 /神社&出会った人々

紅葉





















全く人の気配のない静かな境内。
大きな神社に比べればこじんまりした感じのところですが、木々の紅葉&黄葉が美しくて、天気のせいもあったでしょうが、日向と日陰がくっきりと分かれていて、隠れられそうなところがたくさんあって、子供に返れたら思わず遊びたくなるような、そんな雰囲気がありました。

神社5















並んで参拝していましたね。

神社6

























この縄(?)のあまりに見事な色に、またまた『もしかして美術さん‥?』と思ったりもしていたのですが、そのまんまでした
折角来たからと私もお賽銭を入れて手を合わせました。

神社7






















文哉が子供たちにボールを蹴り返した場所。
不思議な空間のように思えたので、ここも『本当に同じところにあるのかな?』と思っていたのですが、映画で文哉が向いていたそのままの方向にこの景色が広がっていました。

神社8 



























こんな写真を境内でただ1人撮っていたところでふと見ると、今度は私の撮影を邪魔しないよう立ち止まってくれていた上下スウェット姿の50代後半くらいの女性が1人。
慌てて、「すみません、どうぞ^^」と言うと、遠慮気味に私の前を通って拝殿の前へ‥。
それから見るともなしに見ていると、その女性は福原さんにも負けないくらいの長い時間、手を合わせていらっしゃいました。

その後ろ姿を見ながら、そろそろ次へ出発するかなぁと神社の入り口まで戻ったところで、突然その女性が
「映画ですか?」
と後ろから話しかけて来られました。
え、なんでわかったんだろう‥。というか「映画ですか?」ってどういう意味かな(@_@;)

「(←AKI)ええ、最近見た映画でこの神社のシーンがあったので、ステキだなぁと思って来てみたんです〜*^^*」
とりあえずそう説明したところ、「あら〜私、てっきり‥!」
この神社では時々撮影が行われたりもするため、私を映画撮影の下見に来ている映画関係者か役者のような人だと思っていたのだそう‥って、私、そんなマニアックな感じで撮っていましたか

慌てて、いえいえ違います違いますということで、
「「転々」という、直木賞も受賞されたことのある作家の方の作品なんですけど、中央線沿線を散歩するという感じの映画でそれを見て‥」
と言ったところで、「ああそういう!」
その言い方が、『なるほどそういうマイナーな感じの!』というニュアンスに聞こえたので、
「いえ、有名な監督さんの作品で、有名な俳優さんも出ている映画なんですよ^^」
と言うと、
「あらっごめんなさい!ここで時々撮影なんかやってるんだけど、あんまり知らない役者さんばかりだし、勝手に無名の映画だなんて決めつけちゃって〜!」
顔立ちはキレイな感じの方でしたが、なんだかお茶目で可愛くて、何となく嬉しくなってしまったり*^^*

「役者さんも有名な方なんですよ〜^^ 主演が三浦友和さん(とりあえずその方の年代から考えて三浦さんを先に/笑)とオダギリジョーさんで、小泉今日子さんなんかも出てらっしゃって」
と言った後、恐る恐る「三浦友和さん‥ご存知ですよね」と尋ねてみると、いやだァという感じで
「もちろん知ってますよ〜オダギリジョーくらいまでは!
と力強く!返して下さいました。で、内心ニコニコの私*^^*(数年前ならこうは行かなかった‥/笑)

「私、ここに日参しているんですけど、(撮影があったのは)私が(お参りに)来ていなかった時かしらね‥そうかもしれないわねぇ‥(真剣)」
「撮影されたのはちょうど1年前くらいなんです」
「あ、やっぱり!残念ねぇ〜。知り合いが三浦友和を見かけたことがあってキレイだったって言ってたんですけどキレイなんでしょう〜?(となぜか私に)
今はちょっとこう(両手で頬がふくよかポーズ/笑)みたいだけど‥昔は二枚目なだけで下手だってイメージがあったけど、今はいろいろされているみたいでねぇ?」
「そうなんです〜(笑)この作品でも、元借金取りという役をされているんですけど、とっても魅力的な中年男性でステキなんです〜*^^*」

‥などなど、15分くらい神社の入り口付近でお喋りしました(笑)。

その方は、最近ずっとこの神社に日参していること、介護しているご家族がいること、この神社はわりと撮影に使われることが多いこと、もう少し行ったところに大きな神社があって、そこでは有名な芸能人なんかが結婚式を挙げたりするけれど、ここでも時々(通な、拘りのある人が‥というニュアンスで)結婚式をしている人はいること、でもここがよく撮影で使われるのはどうしてなのか、こじんまりしていていいのか、撮影許可が下り易いのか‥等々、合間合間に「あらっ、聞かれてもいないのにベラベラ喋っちゃって〜時間も無いでしょう〜^^;」と言いながら、いろいろと楽しい話をして下さったのでした*^^*

本当は「転々」、ちょっぴりオススメしてみたかったのですが‥介護しているご家族がいらっしゃるというお話があったのでやめておきました。
でもタイトルだけでも覚えていて下さったらいいなぁ。。

私に何となく付き合って下さる方(や生き物/笑)たちがいたお陰で、単なる“映画のロケ地”の楽しさだけではなく、本当に思い出すだけであったかい気持ちになれる散歩の思い出が出来たような。
改めて、三木監督にも感謝でした*^^*
(‥が、この日の徒歩での旅はまだ続くのでした〜/笑)