以前「矢印プレス」が当たった〜という話をさせていただきましたが、実はその時オマケのように一緒に袋に入れられていた『Stylejam Line up 2007-2008』というStylejamのカタログのようなものに、オダギリ監督作品「さくらな人たち」についての紹介が掲載されていました。(かなり昔の話ですみません;)
以前お知らせしたこともある写真と、簡単なストーリーについてわかりましたので、紹介してみますね。



■『Stylejam Line up 2007-2008』
Stylejam Line up






表紙は黒。

*********************************
<Stylejam Line up 2007-2008>
01-サッド ヴァケイション
06-転々
13-さくらな人たち
14-そして夏がきた (←こうなっていました)

<Library>
19-パビリオン山椒魚

*********************************

全35作品、写真1p+作品紹介1pという見開き2ページずつの紹介で構成されている、A4サイズのStylejamのラインナップ集。
「さくらな人たち」の写真は以前ネットで見たものと同じでしたが、今回は大きな写真なので、あれは誰だろう?だった方がやっと確認できました(笑)。
(以下、「さくらな人たち」の簡単なあらすじ等を掲載しています。)

写真にはドン!と真ん中にタクシーが写り、こちらを向いている男性が3人。
まず、運転席に河原さぶさん。
後部座席に次長課長の河本準一さん。
そして、タクシーの向こう側から少しだけ顔を覗かせながら、よく見えなくて『誰だろう‥?』だった人は山田くんだとわかりました(笑)。



<Looking for Cherryblossoms>
さくらな人たち

オダギリジョー監督作品。
日本映画界&お笑い界の若手旗手による
注目のコラボレーション!

『少々ボケはじめ、病院生活を送っているじいちゃんのもとに、毎日のように届く桜の絵葉書。
見舞いに来ていた孫の剛史は、その差出人の名前がない絵葉書が気になってしかたがない。
ふとしたきっかけで、その桜のある場所を知るタクシー運転手と出会った剛史は、ジャックと名乗るその男とともに、桜を目指し旅立つのだった‥。
日本映画界を代表する人気実力派俳優・オダギリジョーが、若手お笑い芸人として絶大な人気を誇る“次長課長”・河本準一を主演に迎えて贈る待望の監督作品。
この異色コンビネーションから生み出される物語は観る者を惹き付けて止まない!?
<2007年夏、完成予定>
(『Stylejam Line up 2007-2008』より)