おおお〜今たまたま目に入ったのですが、AmazonのDVD売り上げ(予約)ランキングで、「帰ってきた時効警察」、昨年に続き、堂々の1位でした!
という話はこの記事とは全く関係なく‥^^;

国際口笛大会で総合優勝 分山貴美子さん(YOMIURI ONLINE)

映画「東京タワー」で印象的な口笛の主は?(BIGLOBEニュース)

分山さんは4月に米ノースキャロライナ州で行われた国際口笛大会の成人女性の部で優勝された方で、少し前、この方ともう1人、十代男子のクラシック部門、ポピュラー部門両方で優勝した儀間さんという方が、テレビで演奏&共演なさっているシーンを何回か見掛けたことがありました。
本当にとても人間が口で吹いている音とは思えないような、太く、力強い澄んだ音色で、お2人ともまるで楽器のように細かい音階を操られていました。
そのあと、たまたま上の記事が目に入ったので覗いてみたところ、思わぬところから「東京タワー」の文字を発見。

記事には『映画「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」(松岡錠司監督)のワンシーンに挿入された口笛が評判』とありますが‥評判だったんですね!(全然知らなかった/笑)
ただ、その口笛シーンは結構印象に残っていて‥‥確か『中学生になったボクが、オカンと一緒に小倉のばーちゃんちを出て、新居となる病院跡に着くまで』‥辺りで鳴っていたような気がします。

そう言えば「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」、関東では今週末まで上映という映画館が多いようです。
口笛を再確認という方は(!?)お早めに〜^^