HAZARD/ハザード デラックス版

来ました来ました〜
ほんと、「HAZARD」がDVDになって手元にあることが信じられないです。
こんな日が来るよって昔の自分に教えてやりたいくらいです^^


■「HAZARD(デラックス版)」
<本編>(103分)

<特典映像>(48分)
●園子温監督による解説音声

園監督によるコメンタリー。
シーンごといろいろ話されていて面白いですが、例えば
この頃のオダギリくんっていうのはどうでした?と聞かれ、
『いやぁすごく将来性は感じましたね。すごく大きくなるんじゃないかなぁと思った。すごく‥なんていうんだろ、古い俳優に似てるなと思った。真面目な感じ。昔の俳優っぽいなと』
また、後半のシーンでのオダギリの『アドリブ』がおかしいと評判だった等々、オダギリについてもあれこれコメントされています〜v

●HAZARD MAKING VIDEO(35分)

・オダギリがやっぱり2002年の頃の、当たり前だけど「HAZARD」の時の顔をしています〜(>_<)
当時、これがついこの間まで「サトラレ」をやっていた人の顔なのか‥と何度も思ったものでした。
精悍でちょっとシャープで‥鏡を叩き割るシーンに取り組む前のオダギリなんて、誰にも近寄れないような表情だよ〜
でもそんなオダギリがばっちりとシンの衣装で決めつつ、「あっつぁつぁつぁ(熱い)」なんて言っていたりも(笑)。
また、交通事故やら犯罪やら火災やら、まるで「○○署24時間なんとか」みたいなスクープ映像も満載‥^^; これぞメイキングの醍醐味!?(ちょっと違うかも‥)

・「HAZARD」という映画自体がそんな感じですが、メイキングを見ていると自分まで不思議な空間に迷い込んだような感じがしてきます。
怖いけれど楽しいような、汚いのに美しいような、危険なのに楽園のような、全く知らない世界なのになぜか懐かしいような‥
尖った表情から一転、クシャッと全開の
笑顔を浮かべるオダギリにハッとさせられます*^^*

・あと、園監督のビジュアルが笑ってしまうほど迫力あり!(笑) 
この数ヶ月後に監督を初めて間近でお見掛けした私は、そのままのイメージを2004年(映画祭で「HAZARD」上映)〜2005年の「夢の中へ」の完成披露試写会まで抱き続けていたのですが、この時オダギリたちと一緒にいる監督を初めて見て、『こんなに気さくな人だったんだ!』と驚いたのでした‥(笑)
その後はイメージだけでなく、ビジュアルもどんどん変化を遂げられている(?)園監督‥これからも楽しみです(笑)。

・渋谷での撮影はこんな感じだったんだなぁ。
この頃は「サトラレ」「天体観測」の放送も終わっていたから、気付いた人もそこそこはいたでしょうけど、今じゃこんな風にはなかなか撮影できないでしょうねぇ‥

■劇場公開初日舞台挨拶(10分)

「隙間から覗いている」オダギリの隙間を確認出来て^^; それから、とても印象的だった深水さんの笑顔とジェイさんの胸を張ったような表情がもう1度見られて嬉しかった。

■劇場予告篇

■TVスポット(30秒)

■TVスポット(15秒)