「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」初日舞台挨拶の様子、各局で合わせて軽く十回以上?放送がありましたね〜
「蟲師」の時も、『あ、これは玲愛ちゃんに持っていかれたな』と思いましたが、今回は『希林さんとオトンだな』と思った通りの結果で(笑)、ほぼ全部樹木希林さんのお話がメインでしたね。
大体似たような内容だったと思いますが、少し違ったかな?というものを紹介してみます。


■7時台の「ズームイン!!SUPER!」
舞台挨拶時のオダギリ:「この映画に関われてよかったなと思いますし」
というコメント。


7時台の「めざましテレビ」
ステージ上で笑顔で話している1人1人の方のアップや花束が渡されるシーンが。


スーパーモーニング
これは樹木さんのコメント関係中心の内容でしたが、面白かった(?)ので紹介(笑)。

オダギリほか、舞台挨拶の様子が流れた後、なんと内田裕也さんを直撃!だそうで‥(すごい勇気だなと‥/笑)
道を歩いている内田裕也さん。
キャップにサングラスでものすごーく近寄りにくそうな雰囲気です‥(先入観)

『「東京タワー」はもう観られましたか?』

裕也さん:「見てねぇよ!まだ‥」 ‥ドキドキ。

『見に行かれ
ますか?』

歩きながらチラッとカメラの方を見て、
裕也さん:「こそっと見に行くけどよ」 
いやん裕也さんったら強面だけどカワイイ‥(笑)

ここで可愛らしい上目遣いで!?喋っているオダギリの映像。そしてマスコミの囲み取材の様子などが。
更に、『離婚問題について語る樹木希林(当時37歳)』など、迫力のある若き樹木さんの映像が次々と流された後(かなりカッコよかった)、また歩く内田裕也さんの姿が映し出されます。

『樹木さんと内田さんが共演されている作品が初日を迎えましたが?』

裕也さん:「希林氏のほうはねぇ、大丈夫だと思うけど、ま、也哉子はね、初めての経験だから大丈夫かなと‥」
「一応まぁオレもロックンロール・ファーザーだから心配はしてるよ‥」

まさか内田裕也さんのレポをすることになるとは思いませんでしたが(笑)、舞台挨拶時の樹木さんの「頑張れ!ロックンロール!」の「ロックンロール」は本当についていたのか、それとも樹木さんのリップサービスだったりするのか‥なんてちょっと思わないでもなかったんですよね。
でも、この裕也さんでああそのままだったんだと即納得(笑)。
内田さんちの「時々、オトン」は、中川さんちに負けないくらいチャーミングでした*^^*


■2時っチャオ!
これが内容も時間も一番充実していたかな。
ステージ上でマイクを持って
オダギリ:「この映画に関われて、よかったなと思いますし、いい作品が残ったことも‥とても、嬉しく‥思います」

記者会見場で。
Q:この映画に出演した理由は?

オダギリ:「いやいや別にそんな‥理由はいっぱいありますよ^^」
「‥いろんなこと、考えて仕事を受けるわけですから、ね」
‥最後は俯いて。

すると並んだ列の一番端っこにいた樹木さんが顔を覗かせるようにして、

「ボク、はっきりしゃべらんといかんよ^^」

他のみなさんからドッと笑いが(笑)。

ナレーション:『(と、希林さんは)映画さながらのオカンぶりで、主演のボクをフォロー』

言った後の希林さんが、「言っちゃったv」なのか「ボクったらv」なのかわかりませんが(笑)、キュッと目を閉じたチャーミングな表情で笑っていたのが印象的でした^^