こちらは、ドラマ「時効警察」のネタバレOKエントリーです。
テレビ、DVDなどで作品をご覧になられた方は、
是非感想を残して行って下さいね。

尚、【ネタバレ感想OK】の作品一覧はこちらから見られます。
【ネタバレ感想OK】作品リスト


・2006年1月〜3月テレビ朝日系放送
・霧山修一朗役


#1「時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言では無いのだ」
脚本・監督 三木聡 /ゲスト 東ちづる

#2「偶然も極まれば必然になると言っても過言ではないのだ!」
脚本・監督 三木聡 / ゲスト 池脇千鶴

#3「百万人に無視されても、一人振りむいてくれれば人はしあわせ…じゃない?」
脚本・監督 岩松了 /ゲスト 緒川たまき

#4「犯人の575は崖の上」
脚本・監督 園子温 /ゲスト 永作博美

#5「キッスで殺せ!死の接吻は甘かったかも?」
脚本高山直也、塚本連平 /監督 塚本連平

#6「恋の時効は2月14日であるか否かはあなた次第」
脚本・監督 園子温 /ゲスト 森口瑤子

#7「主婦が裸足になる理由をみんなで考えよう!」
脚本 岩松了 /監督 塚本連平 /ゲスト 葉月里緒奈

#8「桜咲く、合格通知は、死への招待状?」
脚本 ケラリーノ・サンドロヴィッチ、山田あかね /監督 ケラリーノ・サンドロヴィッチ /ゲスト 櫻井淳子

#9「さよならのメッセージは別れの言葉とは限らないと言っても過言ではないのだ!」(最終話)
脚本・監督 三木聡 /ゲスト りょう




時効警察 DVD-BOX

時効警察 オリジナル・サウンドトラック

時効警察オフィシャル本

時効警察(小説本)



★ここから先の「comments」欄はネタバレOKですのでご注意ください★