02年7月2日
「『ぷっ』すま」
テレビ朝日系

<第6フレーム目>

ルーマニア:「サルマーレ」
「躊躇しないね、オダギリくん。」
ユースケさんの言葉通り、豪快で美しいフォームで投球しますが、この回、オダギリチームの結果は5皿。
草ナギくんの方もストライクを出してしまい、引いたのは4皿。
5皿の料理と、トーンダウン中の鶴田さんを前にして、 「これはもう僕、頑張りますよ!」と男気を見せるオダギリジョー。

ナレーション:『脅威の粘りを見せるオダギリは 苦しみながらも料理を平らげていく。』

そうして「味がよく分かんないっす」と言いながらもほとんど1人でクリア。
鶴田さんが残していたひとかけらも、鶴田さんのお皿にフォークを伸ばして食べてあげています。うん、男らしいよ〜(>_<)

<第7フレーム目>

ロシア:「ピロシキ」
ピロシキを見たオダギリ、なぜか急に「これならぺロッといけそう」などと余裕の発言(笑)。大丈夫っすか‥^^;
しかし鶴田さんが残したピンを、オダギリが見事1本だけ残して全部倒します!
結果、ナギスケチーム3皿、オダギリチーム1皿。
宣言通り、ピロシキを1人で1個キレイにぺロッと?食べ切り軽々クリアv
<第8フレーム目>

インド:「チキンカレー」
今度は鶴田さんが残したピンをオダギリが1本も倒せず、結局7皿!ヤバイでしょ〜!!
ナギスケチームは「1本残し」に成功で、既に余裕の勝利宣言です(笑)。
「やっぱり力入りすぎましたかね?」に、「いやぁ、入りすぎました!正直!」とオダギリ。
並べられた7皿のカレーを前に、自分の手をしっかり握りしめたままほとんど動こうとしない鶴田さん(笑)は、あの色っぽい声でまたまたオダギリにギブアップを誘いますが、ここでオダギリが取った行動は‥‥‥‥‥『おねだり』。(笑)
なんと、ナギスケチームに悪びれる様子も無く、
「ヘルプ、2枚あるなら1枚下さいよ」
とおねだりしています‥。え。なんですと?^^;
あまりに大胆な申し出に、『‥へっ?』という表情で固まるユースケさん(笑)。
でも、「いいじゃん」と余裕の優しさを見せてくれた草ナギくんのお陰で何とかOKをもらい、お譲り頂いたヘルプカードを即使用のオダギリチーム(笑)。
いや‥アナタって案外世渡り上手だったのね‥

「新井さんね、今までね、青と黄色に入ってたんですよ。赤に新井さん入ってんじゃないかな」
オダギリの鋭い「新井予想」は三たび的中、全部のカーテンに
新井さんが入っていらっしゃるのではと思えてくるくらいの確率で、新井さん、またまたオダギリの前に登場です(笑)。そして画面には『 ミラクル。』の文字。
すっかりゲストチーム専属フードファイターのようになっている新井さんと、「ご無沙汰しています!」(!?/笑)と嬉しそうに熱い握手を交わすオダギリジョー。
そうして、オダギリが三たび引き当てた最強の助っ人は、オダギリたちの行く手を阻んでいた難題を難なくクリアしていきます。

<第9フレーム目>

台湾:「愛玉子(オーギョーチー)」
ここに至って鶴田さんが初ストライクを出してしまったものの、引いたくじは3皿で何とか良しということに。
ナギスケチームは、ユースケさんがまた見事な1本残し!スゴイなぁ‥
でもこのデザートはナギスケチームに大好評で、なぜかオダギリチームの1皿までナギスケチームが食べてくれたv ラッキー(笑)

<ラストフレーム>

エチオピア:「山羊のカバブ」
最後に出てきたのはへビィな串焼き。ラム肉がダメというユースケさんと鶴田さんには最初からどんより放棄ムードが漂っています‥(笑)
そんな中、鶴田さんが第一投で残したピンは7本。次はオダギリの『ラスト』一投です!

「ジョー君がどんだけ、最後やるかっつーことですよ!」
励ましつつ、しっかりプレッシャーもかけてくれるユースケさん(笑)。
オダギリ:「これ、最後ですもんね」
ユースケさん:「今までのすべてをここでね、集大成を‥」
オダギリ:「わかりました!」

この言い方、とてもステキでした。緊張もためらいも意識していないかのような真っ直ぐな返事。ああこの人のこんな所が好きだなぁと。
そんな一言の後、真剣な面持ちのオダギリ、最後の投球フォームに入ります。

ナレーション:『さぁ、男オダギリジョーを見せられるのか!?』

最初から変わらない思い切りのいいフォーム。

ナレーション:『ああーーー!素晴らしいーー!』

なんと、オダギリの手から離れたボールは1本のピンだけを残し、他は見事全部倒すという最高の結果を出したのでした。
集大成をと言われてのこの結果、ちょっと感動だよ‥

両手でガッツポーズをしながら、『やった!!』を全身で表すかのように、嬉しそうにクルックルッとジャンプするオダギリ。捲れたシャツの下からお腹まで見せてくれるサービス付きです(笑)。
そんなちょっとカワイイ勇姿の下には『 ヒーローというテロップ。
もちろん、ナギスケチームからも「カッコいいー!!」と感嘆の声が上がっています。
ユースケさん:「これはちょっとね、男を上げましたね」
オダギリ:「ありがとうございます!」

ほとんど最初から孤軍奮闘だったにも拘らず(笑)、決める所で決めたオダギリ、本当にカッコよかった。ゲームとは言え、ドキドキするくらいカッコよかったよ。

そんな大盛り上がりの中、オダギリを称えつつも、自らも力強く1本残しを宣言するユースケさん。
しかし結果は見事なストライク(笑)。
そして引いたクジは、バラエティ的には最高の「10皿です!(めちゃくちゃ笑いました)
しかもナギスケチームの最後の頼みの綱=へルプカードも、カーテンの向こうから現われた美しい大食いレースクィーンの「‥ラムは苦手。」のひと言でジ・エンド(笑)。
なんと‥おねだりオダギリを危機から救ったにも拘らず、ここでナギスケチームがついにギブアップ。
よって、最初からかなり危なっかしかったオダギリチームが勝利です!
いやぁ‥執念?結果オーライ?とはまさにこういうこと?(笑) すごいなぁ‥(笑)
(ユースケさんと草ナギさんは最初のルール通り、自腹で料理の代金総額を支払わされていました‥/笑)


その後、「ドラマ宣伝ボウリング」でゲットした27秒で、「サトラレ」の番組宣伝をした2人でしたが‥‥オイオイこのために死闘(?)を繰り広げて来たんじゃないの!?と言いたくなるほど、気の抜けた、チームワークもあったもんじゃない番宣です‥(笑)
さっきまでの男らしさ、キレのよさはどこへやら‥で、いつものようにまったりのほほ〜んでペースを乱している若干1名のせい?という感じもありましたが^^;

でも、きっとドラマでは息の合った所を見せてくれるはず(笑)。
「サトラレ」‥楽しみです!