映画を観に行ったところ、「パビリオン山椒魚」の赤いVer.チラシを発見。(ヒゲをつまんだ芳一氏の全身が載っているもの)
このタイプは私は初めてだったので内心喜んでいたら、よく見ると同じ場所に『号外パビリオン山椒魚』というフリーペーパーが!

号外「パビリオン山椒魚」
『号外パビリオン山椒魚』
‥はB4サイズで4p。
トップページには変身後!?の芳一さんのカラーのドアップ。
中(見開き)には、山椒魚を手にした変身前の芳一さんとあづきの白黒ツーショット。(他にも写真あり)
そして、その写真を囲むように、40人近くの著名人の「パビリオン山椒魚」に贈るコメントが掲載されているのですが、オダギリを含む出演者のほか、次長課長の河本さん、エアギタリストの金剛地武志さん、放送作家の鈴木おさむさんなどなど、なんとな〜くいつもの雰囲気とはちょっと違う、「パビリオン」らしい顔ぶれ??(笑)

個人的には、私も行ったことのあるせんだいメディアテーク学芸員小川さんという方の
『キンジロー財団に就職したい!いや、第二農響もいい!いや、やっぱり山賊がいい!』
というものが私はストレートで好きだなと(笑)。
あと、俳優の杉山彦々さんの
『冨永監督の現場なのにお弁当が毎食支給されて驚いた。
お弁当欲しさに14時入りの日も9時入りした。
幸せな現場でした。』
というコメントにも、ウケながらもややプチカンゲキ。
 
さて、オダギリのコメントですが
『部分痩せって言った?今。そうそう頭蓋骨の内部だけどね。』
オダギリジョー(俳優)
 
というものでした(笑)。あらあらそんなとこが痩せちゃったのねぇ〜(コラ?)

最後の4面目には、ここにも載せたことがあったり無かったり(?)の「パビリオン山椒魚」関連情報がギッシリ。
多分、『映画読本』についてなどは詳しく紹介はしていなかったと思いますので、とりあえず書籍、CD関連情報分を掲載しておきます。
小説「パビリオン山椒魚
監督自身によるノベライズ
冨永昌敬 著
河出書房新社 刊
224頁
1600円
9月中旬発売予定(以前は9/16頃となっていましたが‥?)
 
オリジナルサウンドトラック「パビリオン山椒魚」
音楽:菊地成孔
23曲 2200円 9/16発売
 
映画読本「パビリオン山椒魚 Annex」
写真:黒田光一
著者:富永昌敬、菊地成孔ほか
河出書房新社 刊
128頁
予価:2300円(税込)
9月中旬発売予定