最初の時点で、取扱店情報が少なかったこと&送料がやや高めだということで、必要以上にバタバタ(?)してしまいましたが最終的には遭遇出来る可能性がかなり高くなって来たようですね。
バラバラ書いたecocolo情報をまとめますと、
 
・最初にアップされていたHP情報より、取扱店が増えています。こちらからどうぞ。
・HPに載せられている取扱店以外にも置いてある書店があるようですね。
★京都 河原町三条のブックファースト京都
★大阪 ジュンク堂
などで見掛けたとお知らせいただきました!(ありがとうございました)

あとでこの続きに簡単レポを載せますので、取り寄せられる方は少しでも参考にしていただければと‥

11/26 『ecocolo No.1 December 2005 』
エスプレ
“エコキシン 第1回/Joe Odagiri by Kishin Shinoyama” 
カラー6p p.60〜65

‥エコキシンってなんだろう?私の知らない言葉だな‥
そう思いながら本を手にしてやっと『‥‥‥エコ紀信 !?』
なんですぐに気づかなかったんだろうと今となっては不思議なくらいですが(笑)、今回の写真は『写真:篠山紀信 スタイリング:北村道子』というもの!
既にこれだけでもうやられたっという感じ。
そんな感じで、妙な気合いを入れてページを開いた私でしたが‥そこで会えたのは、いつものようにモードだけれど、いつものように気負いのない目をした、いつものオダギリでした。
テーマは「篠山紀信エコな場所でのエココロなオトコの魅力」。
その栄えある第一回目がオダギリです。

写真は3点。
最初の2点は美しい緑の屋外でのもの。
衣装はグレーやベージュ系+ブラックのシンプルな(‥だけど値段はびっくりの)グッチ。
朴武ばりのオールバックに完全ヒゲなし顔です。

1点目は見開き2ページ。
緑を背に地面で脚を伸ばし、目を閉じて空を仰ぐオダギリ。
イメージは『降り注ぐ光のシャワーを浴びる横顔』。←イメージというかそのまんま
素肌に羽織ったシルクのガウンから覗く白いお腹と、誰もが好きだろう(笑)アゴ〜首のラインがとってもセクシー。
(実はステキなこの写真を眺めているうちに、ふと、知る人ぞ知る>「SLAPSTICKS」でのオダギリ武富士ポーズを思い出しました‥^^;)

2点目。1ページ大で木の前で両手両脚を開き気味にして立つオダギリ。
これで強烈な目ヂカラがあれば、『ハッと身構える朴武!』『追い詰められた朴武!』なんて妄想に浸れそうなくらい武に似てますが(そういや同じ人だったか‥)、例によっていい意味で目には力も気負いもなく。
手首で絞られたやや光沢のあるシャツ+黒のパンツは、オダギリの肩のラインと身体の薄さを際立たせています。
右に1ページ掲載されているインタビューでは、「よく寝る」「ニ○○ク卵黄+○酢で健康に気を遣う」「小さなビニール袋を握りしめる」「ゴミにうるさい」エコな?オダギリに会えますよ

3点目。再び見開きで、オールバック&タキシード姿の(‥だけど衣装はほとんど写ってないくらいの)顔アップ。
『‥実業家として成功していたらきっとこんな感じだったんだろうなぁ‥武‥‥(涙)』 ←あ、朴さんの方です
みたいな感じでしょうか‥(笑)
美しいというよりは、オダギリらしいカッコよさが漂う!1冊です。