ブログネタ
「SINOBI」 に参加中!

<一応最後までアップしました>
実は私くし、一応両方回の舞台挨拶を観たのですが、始まってすぐペンを紛失しました
しかも行かれた方はおわかりかと思うのですが、非常〜に不思議で面白い説明しづらい舞台挨拶でしたので、詳細レポートは早々に諦めました
オダギリの不思議〜な長めのコメントは堪能したものの、帰宅する間に細かいニュアンス等すっかり忘れてしまい‥^^;
「SHINOBLOG」やWEB動画などにアップされることを願いつつ(あ、オダギリ不思議コメントはマスコミのいない1回目だった‥)、もしよかったら今日行かれた方で覚えていらっしゃる方、感想等を頂けましたらありがたいです‥
ただ、書きたいことは結構ありますので、
また後ほど書いてみたいと思います!
→とりあえず「SHINOBLOG」で舞台挨拶の様子がアップされています。

ハリウッドリメイク話も進行中!豪華キャスト陣が勢ぞろい「SHINOBI」初日舞台 (CINEMA TOPICS ONLINE)

■「SHINOBI」初日舞台挨拶
丸の内プラゼール

1回目の上映後と、2回目の上映前に行われた「SHINOBI」初日舞台挨拶。
来られたのは(当初の予定とは少し変更あり)下山監督のほか、(並んだ順で右から)坂口拓さん、椎名桔平さん、仲間由紀恵さん、オダギリ、黒谷友香さん、虎牙光揮さん。
みなさん、「SHINOBI」らしく揃えた黒っぽい衣装がカッコよく、オダギリは↑の画像の通りですが、下は黒のロングスカートからパンツの脚が見えているという感じでした。
1回目、マイクに向かって挨拶を始めた途端、フフ、フフフと笑いが混じり出し、ついには笑い出してしまった仲間さん。
一体どうしたのかと思ったら、緊張感から、何を話していいやらとどうもつい笑えてしまっている様子(笑)。
お話によると、「作品(SHINOBI)を観た後の人」に向かっての挨拶は今回が初めてだそうで、ほとんどの方‥監督までが、口を揃えて「緊張しますね〜」と困っていらっしゃいました(笑)。

そんな空気の中、「メゾン・ド・ヒミコ」の挨拶では
随分慣れた感じを見せてくれたオダギリの番に。
‥なんとな〜くこの戸惑い気味の空気を断ち切りたかったのか、それとも助けたつもりなのか、単に調子に乗ってみたかったのか(笑)。
いきなり気合満々声で、
「おはよぉございまぁぁす!!!」
‥生であんな大声聞いたの、「SLAPSTICKS」以来かも(笑)。
ほとんど絶叫したに近い声で、場内は一瞬の沈黙の後、笑いの渦に。

それから、いや、やっぱりみなさん緊張なさっているんですよというような話から、言葉を繋ぎ繋ぎ、ハッキリ言ってあまり意味のないまったり挨拶を延々と‥(誰よりも長かったかも/笑)
その前には、椎名桔平さんがフランクで大人
な挨拶で場を和ませていらっしゃいましたが、オダギリも表情だけは負けないくらい余裕あり。
ただ、コメント内容は意味不明気味で^^; 最後は『世の中は三連休だが、三連休の初日でいいスタートを切れて、SHINOBIも三連休のように云々‥』みたいな感じとなり、自己完結だったような。
でも、オダギリが<喋ろうとしている>だけでちょっと嬉しかったりして^^;

それにしても。桔平さん、顔が小さくて背が高くて予想通りカッコよかった。
黒谷さんは、それより更に顔がちっちゃくて、ヒールを履いているにしても脚長すぎ!身体の半分以上が脚だなんて人、初めて見ました!
坂口さんと虎牙さんは、とにかくアクションシーンが迫力ありで本当にカッコよかったのに、舞台の上では慣れない素朴な感じがとてもステキでした(笑)。
そして、時々視線を交わしながらひそひそ話をしている仲間さんとオダギリ。
別にフツーのことなんでしょうけど、いい雰囲気でした。



そして2回目。2回目はマスコミも参加。
1回目と同じように下山監督からの挨拶から始まりますが、今度は「これから観るお客さんだから」か(笑)、1回目と違ってかなり口調が生き生き。やぱり観る前だと話しやすいのかな‥と思っていると、監督の口から、下の記事にも書いた最新のお知らせが!
キャストのみなさんもまだ知らされていなかったということなので、その場にいる人全員で同じように驚くことが出来た大ニュースでした。
その後、「これから観るお客さん」だからか(しつこい)、前回よりは余裕の表情の挨拶が続く中、「メゾン・ド・ヒミコ」に続いて、またまた企んでいた男が1人。
いきなり、
「先ほど下山監督の方から(ハリウッドの)発表がありましたが、僕もここで発表をしたいことがありまして」宣言。
場内 『!?』
「この間仕事でタクシーに乗ったんですが」
場内 『 ?』 
「‥ドアに足を挟まれました。」
それで話が終わっていることを、劇場内の人たち(私を含む)が確認するまでに要した時間約1〜2秒。
「‥あっ?こんなところで話す話じゃなかったですか(笑)」
とぼけた口調&表情から計画的なボケだったことが判明。オイオイ(笑)。
その後、どこでどうなったか「よろしくお願いします。」と強引にシメていたオダギリですが、ちょっとちょっとヒミコの時と違って「SHINOBI」は2回目にマスコミが来てるんだよ〜それでいいのか本当に〜〜!と、思わず私が心配したくなりました(苦笑)。

また、2回目にはキャストへ質問タイムがあり、司会の日テレの男性アナが、オダギリに「好きなシーン、見どころは?」というような質問を。もしかしたら、例の鳥のシーンなどのことを言ってほしかったのかも。
でも、「これから観る人の前でその質問はどうなんですかね(笑)」とあっさりかわし(ある意味ごもっとも)、それは人それぞれあるでしょうから、それぞれが見つけてもらえたらというようなことを言っていました。

その後、みんなで『 SHINOBI 大ヒット !! 』(←アナウンサーの方によるとこれは確定なんだそうで/笑)と書かれたボード(?)を持ってマスコミのフォトセッション。
劇場の後方で、『こっち、こっち(にも視線を送って)』という感じで手を振るテレビカメラマンに、仲間さんが1人手を振り返していました。それが本当にカワイかった。
また、退場の際一番最後になる下山監督が、二回とも扉のところで立ち止まり、ちゃんと振り返って観客の方にきちんと頭を下げられていたのが印象的でした。ステキな方だなと思いました。