既に過ぎてしまっていますが、8/5のタクシーの日、みなさんどうでしたか。(何が)
(ちなみに『タクシーの日』とは、1912年(大正元年)に、東京数奇屋橋のタクシー自動車会社が日本で初めてタクシーの営業を開始したということから、1989年にタクシー業界が制定したものなんだそうです。)

ところで、8/5をあと数日後に控えたある日のこと。
いつものように駅を目指し早足で歩きながら、久々にタクシーチェック。
ステッカー貼り付け率はほぼ100%だし、どのタクシーも同じようなところに貼っているので、チェックは楽だな!‥と思っていたら、1台だけ妙〜に上の方(しかも窓の真ん中辺り)に貼ってるタクシーを発見(笑)。
いやぁ、貼り方1つにしても個性ってあるんだな(笑)。
内心ニヤニヤしながら、更に数台の横を進んだその時。
『!!
弦之介が運転手さんを狙ってる!?』
 
後で考えてみると、そのタクシー、窓を少し開けていたのでしょうか。
恐らく通常パターンの位置に貼られていたはずのステッカーが、窓が開けられたためかドアの中に半分隠れ、結果、
『目から上だけ覗かせて、運転手さんを後方から狙っている弦之介の図』が出来上がっていました(笑)。
ご存知のように、弦之介の目つきがシリアスでカッコ良すぎるだけに、
『なんでそんなとこからそんな目でこっそりうかがってんのよ〜っ!!』
とおかしくておかしくておかしくて。(しつこい)
慌ててタクシーの方を見るのはやめにして、緩んでくる顔を必死に堪えながら、
やっぱりまた電車に乗った私でした(涙)。
(結局「SHINOBI」タクシーに乗る機会はなかったなぁ〜)