ありがたいことに早々に救済して頂きました‥
いつもこんなにラッキーとは思うなよと、自分にしっかり言い聞かせつつ、
観てないみなさまにお裾分けv
(追記:あ、1回目と2回目の放送内容が反対だった〜!まぁ‥いいですよね?^^;)
 
 
5/20『ズームインSUPER』
「速報!カンヌ国際映画祭/鈴木清順監督がカンヌ入り」
 
N:『カンヌ国際映画祭の栄誉上映作品として招待されている、「オペレッタ狸御殿」の鈴木清順監督がカンヌ入り。宿泊先のホテルで主演のオダギリジョーさんと合流しました。』
ラフな格好で手を上げながら歩いてくる監督。
ノーネクタイ?っぽい黒のスーツに、黒っぽい柄の帽子(=hat)をかぶって、ちょっと緊張したような照れくさそうな丸い目をして立っているオダギリ。

(監督と向かい合って照れくさそうな表情で)
オダギリ:「お疲れだったんじゃないですか?」
清順監督:「そうですね、歳ですからね」
オ:「いえいえいえ‥(笑)(移動時間が)長いですからね」
清:「12時間以上ですからね」
オ:「そうですよねぇ」

1回目の放送がこういう感じ。(6時台と7時台に2回放送がありました)
そして2回目も、タイトル、ナレーションなどはほとんど同じような感じで、

(やはり手を挙げながら近づいてくる監督。向かい合って話す2人。)
清順監督:「オダギリさんはいつ来たんですか?」
オダギリ:「僕もう‥10日からなんで一週間くらい‥」
清:「あ、そんなにいるんですか!あそうですか、それはそれは。土地勘もだいぶ‥(ニッコリ)」
オ:「いやいやいやそんなことないですけどね(笑)。はい」 そして監督に、
オ:「今回連れて来てきていただいてありがとうございます」 そう言って頭を下げるオダギリ。
清:「いやとんでもない!こちらこそ」 
オダギリに向かって更に丁寧に下げられた監督の頭頂部がとてもかわいい‥(笑)

N:『共演者のチャン・ツィイーさんも今日カンヌに到着し、3人でレッドカーペットを歩きます。この「オペレッタ狸御殿」、日本公開は今月28日です。』

こんな感じでした〜。オダギリ、なんだかホワッとした顔つきをしていましたv
監督とのツーショット、きっと回りはマスコミが囲んでいたりして、本人的には緊張していたかもしれないけれど、海外‥しかもカンヌとは思えないくらい(いい意味で)、2人の間にはホノボノした雰囲気が漂っていたように見えました(笑)。