旧前川邸

自分でも唐突だなーと思いつつ、
今回は八木邸の斜めお向かい、八木邸と同じく、
新選組の屯所となっていたお馴染みの!?旧前川邸です。
 
「新選組!」では、
お梅さんが最初に折鶴を折っていたシーンや、
お梅さん追い出し作戦会議に芹沢さんが乗り込んだお宅、
それから、古高俊太郎の拷問が行われた場所(土蔵)や、
山南さんが切腹した場所などがこの前川邸でした。
 
あまりに有名なので今更ですが、この画像には写っていない、これより右側の壁に、山南さんが明里と最後の別れを惜しんだと言われている出窓(格子戸)があったそうです。
現在、その出窓は無く、旧前川邸は別の方の会社となっているため、その内部は一応非公開となっています。
実際、この辺りを歩いてみると、「新選組!」内で、隊士たちが屯所付近を歩いていた時の距離感、位置関係などが何となく分かって来る。
テレビを観ながらも、『そうそう、あんな感じだったなぁ』とか、『あれっ、あそこからここに来たのだったら、反対側から現れるはずじゃない?』と突っ込んだりとか。
‥いや、これはかなり方向音痴な私の思い違いかもしれないけど。
壬生辺りを歩いたことで、「新選組!」のそういう楽しみ方も出来たことはとても楽しかったです。
ところで、前川邸とは関係ないのですが、最初、八木邸を宿舎としていた近藤勇、芹沢鴨たちとは別で、斎藤一さん(←本物)は南部邸という所を宿舎にしていたそうですね。
が、実際には斎藤さんは、近藤さんたちがいる八木邸にほとんど入り浸り状態で、八木邸でよく雑魚寝していた‥というエピソードを、後に八木為三郎おじいちゃん(笑)が語っています。
史実の斎藤一さんと、「新選組!」の斎藤一って、イメージ的にはかなり違う感じもするのに、このエピソードには、『やっぱり同じ人物〜!!』と妙〜に納得してしまうものがある気が(笑)。
実在した斎藤一さんのエピソードで、私が特に好きなものの1つです。